芸能

芸能人最速ランナーズゆうすけのプロフィールと東京マラソンの成績は?

更新日:

現在、芸能人最速ランナーの名をほしいままにしているお笑いコンビ・ランナーズのがんばれゆうすけさん。

そのがんばれゆうすけさんが2017年1月22日に行われた第41回千葉マリンマラソンの一般ハーフ男子に出場し、3位という成績で芸能人初の表彰台に立つ快挙を達成しました。(※前回大会は同種目4位)

果たして芸能界の随一の健脚を持つ、がんばれゆうすけとはどんな人なのかをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

がんばれゆうすけって誰?

コンビ名 ランナーズ(相方 小宮ひろあき)
結成 2013年1月3日(M-1公式サイトより)
本名 猪瀬 祐輔(いのせ ゆうすけ)
生年月日 1984年8月7日(32歳)
出身地 栃木県
出身校 東洋大学
所属 よしもとクリエイティブ・エージェンシー
師匠 宮川大助・花子

がんばれゆうすけさんは、中学1年生で陸上を始め箱根駅伝出場を目指します。しかし、作新学院高校時代は県大会レベルの力しかなく、駅伝有力校からの勧誘を受けることはできませんでした。そこで、東洋大学に志願するも一度は断られますが、推薦枠に辞退者が出たため東洋大学に進学することができました。

入学直後の高校時代の5000mのベストタイムは14分59秒と同期で最下位。しかし、練習を積み重ね2年生の時、第81回箱根駅伝のエントリーメンバーとしてチームに同行。出場には至りませんが、夢の舞台へもう少しというとまで力をつけます。そして、4年生の時に最大のチャンスが訪れます。

箱根駅伝直前の秋にはチーム10番手の力をつけ、本番の約1か月前には、当時の川嶋伸次監督(シドニー五輪日本代表)から「7区を任せたい」と内定を勝ち取ったのでした。

しかし、区間登録当日、箱根駅伝数日前の3000mの練習で後輩に30秒の大差で後れを取ってしまいます。川嶋監督は苦しみ悩んだ末に選手交代を決断。こうしてがんばれゆうすけさんは最初で最後の夢の舞台はかなわなかったのでした…。

ちなみに、この時のことを川嶋監督は冗談交じりに「あの時、猪瀬(がんばれゆうすけ)に刺されるかも、と思った」ほど殺気を漂わせていたそうです。

なお、がんばれゆうすけさんの大学時代の同期にリオデジャネイロオリンピック・男子マラソンに出場した北島寿典さんがいます。

 

大学卒業後、自動車販売店に就職し陸上競技から一時離れます。3年後、市民ランナーの指導者に転身。そこで運命の出会いを果たします。

ランニングを趣味とする夫婦で有名な漫才コンビ宮川大助さん、花子さんと知り合うのでした。宮川夫婦の人間性にひかれ、お笑いの世界へと進むことに。芸名の「がんばれゆうすけ」は宮川大助さんに決めてもらったそうです。

そして、同じく宮川大助さん、花子さんらを師匠に持つ小宮ひろあきさんと2013年1月1日に「ランナーズ」を結成。小宮さんもマラソンを趣味に持つマラソン芸人。ちなみに、小宮さんがマラソンを始めるきっかけになったのは、師匠の宮川さんらが参加するホノルルマラソンに連れて行ってもらったのがきっかけとのこと。

 

お笑いコンビ・ランナーズは芸人としての出番は月に1、2回程度で、収入はランニングステーションでのレッスンや、受付のアルバイトが主です。

また、お笑いのショーレースでは漫才日本一を決める「M-1グランプリ」にも参加しています。しかし、2015年、2016年と1回戦で敗退という結果に終わっています。

がんばれゆうすけさんはM-1リベンジに燃えており、「お笑いの時間も大切にしながら、芸人として走り続けます!」と抱負を語っています。

 

2017年はせめて2回戦に進んでほしいですね…。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

マラソンのベスト記録や成績は?

がんばれゆうすけさんのベスト記録や東京マラソンでの成績をご紹介します。

▼ベスト記録

ハーフマラソン/1:04:59
マラソン/2:25:09

 

▼東京マラソン

参加種目/マラソン男子
※ネットタイムについて/スタートラインを越えるまでにかかった時間を引いたタイム

<2011年>

タイム/2:33:15
ネットタイム(参考)/2:32:50
順位/69位

<2012年>

タイム/2:26:28
ネットタイム(参考)/2:26:09
順位/59位

<2014年>

タイム/2:26:56
ネットタイム(参考)/2:26:47
順位/54位

<2015年>

タイム/2:25:09(ベスト記録)
ネットタイム(参考)/2:24:54
順位/66位

<2016年>

タイム/2:43:44
ネットタイム(参考)/2:43:27
順位/404位

 

 

まとめ

芸能人最速ランナの座にあるがんばれゆうすけさんですが、今年はぜひお笑いのほうでも爪痕を残すよう頑張ってほしいですね。

現在、決まったテレビ出演はないようですが、オールスター感謝祭の「赤坂五丁目ミニマラソン」には出場経験もあるようなので、是非そちらで声がかかるといいのですが…。

また、トレーニングなどランナーとして大変ですが、お笑い…特にM-1で少しでも上の結果が残せるよう二足のワラジで頑張ってください。

最後に、がんばれゆうすけさんは箱根駅伝の本戦で走れなかったことについて以下のように述べています。

「箱根駅伝を走れていれば今、走っていないと思う。生活は大変ですが、ランナー芸人という新しいジャンルで認められるように、がんばります」

月並みな言葉ですが、人生はどうなるかわかりませんよね。箱根駅伝を走った俳優の和田正人さんも活躍しているということもあり、がんばれゆうすけさんもこれから露出が増えるよう心から応援をしています。

 

▼他の東京マラソン関連記事もどうぞ
芸能人エントリーと猫ひろしvsがんばれゆうすけの結果は?

男子国内招待選手のプロフィール一覧

コースや注目選手(国内男子エリートの部)は?

大会結果(男子エリートの部)と世界陸上代表は?

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-芸能

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.