スポーツ ボクシング

ボクシング世界戦 結果│山中慎介とカールソンの戦績は?

投稿日:

2017年3月2日(木)、山中慎介選手(帝拳)のWBC世界バンタム級タイトルマッチが行われます。この試合では、山中選手の12回連続タイトル防衛で注目されています。

カルロス・カールソン選手(メキシコ)に勝って、防衛記録を「12」に伸ばすと日本歴代単独2位となります。また、久しく破られていない具志堅用高さんが持つ13回連続防衛記録への期待もかかっています。

ここでは、山中選手とカルロス選手のプロフィールや戦績、試合結果などをご紹介します。

※結果はテレビ放送終了後、更新します。

 

スポンサーリンク

 

試合結果

WBC世界バンタム級 タイトルマッチ12回戦

山中慎介(帝拳)
(7R 0分57秒 TKO)
●カルロス・カールソン(メキシコ)

立ち上がりから主導権を握った山中選手が、5Rに左ストレートで2回のダウンを奪いました。続く、6Rにもダウンを奪いますが、カールソン選手も負けじと立ち上がり、チャンピオンにパンチを入れる場面もありました。

しかし、いくら回復力が早いカールソン選手に対しても、山中選手は落ち着いた試合運びで7Rに2度のダウンを奪い試合を決めました。

これで具志堅用高さんの持つ13回連続防衛記録に王手を掛けました。ここまで来たら、具志堅さんの記録を追いつき追い越してほしいですね。

山中選手の次回の試合はさらに注目が集まることは間違いないので、次も見逃したくないですね。

 

プロフィールと戦績

※戦績はBoxRecを元に作成

山中慎介

<プロフィール>
出身地/滋賀県
年齢 /34歳
出身校/専修大学
所属 /帝拳ボクシングジム
身長/171cm
リーチ/177cm
スタイル/サウスポー
デビュー/2006年1月7日

 

<ボクシング戦績>
・アマチュア
   47戦34勝(10KO・RSC)13敗

・プロ:
   28戦26勝(18KO)無敗 2分
   総ラウンド数/195、KO率/64%

 

山中慎介戦績一覧

※対戦相手の戦績はその当時のもの

試合数 日付 対戦相手
(勝・負・引)
結果 備考
(タイトルなど)
1 2006.01.07 高橋 仁
(6勝6敗0分)
〇6回判定
判定3-0
 
2 2006.08.23 横枕 敬治
(6勝4敗1分)
△5回引分
判定1-1
 
3 2006.12.16 佐藤 祐太
(4勝1敗1分)
〇2回
TKO
 
4 2007.04.07 佐藤 武夫
(7勝11敗0分)
〇2回
TKO
 
5 2007.08.29 小阿 洋一
(10勝2敗0分)
〇6回判定
判定2-1
 
6 2007.10.31 白石 豊土
(11勝1敗1分)
〇8回判定
判定2-0
 
7 2008.04.22 山口 憲一
(5勝2敗0分)
△8回引分
判定1-1
 
8 2008.10.04 サラゴサ 上間
(11勝3敗4分)
〇8回判定
判定3-0
 
9 2009.01.17 船井 龍一
(8勝3敗0分)
〇7回
TKO
 
10 2009.03.21 W・シットサイソン
(0勝4敗0分)
〇3回
TKO
 
11 2009.07.04 村田 匡教
(7勝12敗0分)
〇1回
TKO
1R 2:17
12 2009.11.07 上谷 雄太
(9勝0敗1分)
〇1回
TKO
1R 2:02
13 2010.03.06 森本 一春
(9勝3敗3分)
〇1回
KO
1R 1:44
14 2010.06.20 安田 幹男
(16勝4敗2分)
〇7回
TKO
日本バンタム級
タイトルマッチ
15 2010.10.24 J・シルベイラ
(11勝2敗0分)
〇9回終了
TKO
 
16 2011.03.05 岩佐 亮佑
(8勝0敗0分)
〇10回
TKO
日本バンタム級
王座防衛
17 2011.11.06 C・エスキベル
(24勝2敗0分)
〇11回
TKO
WBC世界バンタム級
王座獲得成功
18 2012.04.06 V・ダルチニャン
(37勝4敗1分)
〇12回判定
判定3-0
WBC世界バンタム級
王座防衛 1回
19 2012.11.03 T・ロハス
(39勝13敗1分)
〇7回
KO
 WBC世界バンタム級
王座防衛 2回
20 2013.04.08 M・ツニャカオ
(32勝2敗3分)
〇12回
TKO
WBC世界バンタム級
王座防衛 3回
21 2013.08.12 J・ニエベス
(22勝2敗3分)
〇1回
KO
WBC世界バンタム級
王座防衛 4回
22 2013.11.10 A・ゲバラ
(18勝1敗0分)
〇9回
KO
WBC世界バンタム級
王座防衛 5回
23 2014.04.23 S・ジャモエ
(25勝4敗0分)
〇9回
TKO
WBC世界バンタム級
王座防衛 6回
24 2014.10.22 S・ソールンビサイ
(37勝5敗1分)
〇12回判定
判定3-0
WBC世界バンタム級
王座防衛 7回
25 2015.04.16 D・サンティリャン
(23勝0敗0分)
〇7回
KO
WBC世界バンタム級
王座防衛 8回
26 2015.09.22 A・モレノ
(35勝3敗1分)
〇12回判定
判定2-1
WBC世界バンタム級
王座防衛 9回
27 2016.03.04 L・ソリス
(23勝3敗1分)
〇12回判定
判定3-0
WBC世界バンタム級
王座防衛 10回
28 2016.09.16 A・モレノ
(36勝4敗1分)
〇7回
TKO
WBC世界バンタム級
王座防衛 11回

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

カルロス・カールソン

<プロフィール>
出身地/メキシコ
年齢 /26歳
身長 /169cm
リーチ/177cm
スタイル/オーソドックス
デビュー/2011年3月18日

世界バンタム級/6位

 

<ボクシング戦績>
・プロ:23戦22勝(13KO) 1敗
 総ラウンド数/96、KO率/57%

 

カルロス・カールソン戦績一覧

※対戦相手の戦績はその当時のもの

試合数 日付 対戦相手
(勝・負・引)
結果 備考
(タイトルなど)
1 2011.03.18 A・タピア
(1勝0敗0分)
●4回判定
0-3
 
2 2011.05.27 C・ザバラ
(0勝7敗0分)
○1回
TKO
 
3 2011.09.18 E・フローレス
(0勝3敗0分)
○4回判定
判定3-0
 
4 2012.02.17 J・エスコベド
(1勝0敗0分)
○3回
KO
 
5 2012.04.28 D・ベガ
(0勝1敗0分)
○4回
KO
 
6 2012.05.26 J・イニグエス
(4勝11敗0分)
○4回判定
判定2-1
 
7 2012.08.04 M・リベラ
(0勝8敗1分)
○6回判定
判定3-0
 
8 2012.10.27 F・ロペス
(4勝2敗0分)
○2回
KO
 
9 2012.11.30 S・バレンズエラ
(0勝6敗0分)
○2回
KO
 
10 2013.02.02 A・オリバレス
(6勝2敗0分)
○1回
TKO
 
11 2013.05.11 S・ナエラ
(5勝10敗0分)
○4回
TKO
 
12 2013.08.30 P・キュープル
(8勝13敗0分)
○2回
KO
 
13 2013.10.18 G・バレラス
(8勝1敗2分)
○3回
TKO
 
14 2014.01.10 C・メンドーサ
(1勝7敗1分)
○2回
TKO
 
15 2014.02.28 J・ガロ
(21勝8敗1分)
○8回判定
判定3-0
WBCラテンアメリカ
バンタム級王座獲得
16 2014.07.25 J・トーレス
(13勝4敗0分)
○8回判定
判定2-0
WBCラテンアメリカ
バンタム級王座防衛
17 2014.11.21 M・タマヨ
(16勝10敗2分)
○6回判定
判定3-0
 
18 2015.03.07 J・セラーノ
(6勝1敗2分)
○3回
TKO
 
19 2015.06.13 H・デルガド
(11勝2敗0分)
○4回
KO
 
20 2015.08.21 P・メロ
(15勝9敗2分)
○8回判定
判定3-0
WBCラテンアメリカ
バンタム級王座獲得
21 2015.11.20 J・エストレラ
(14勝8敗1分)
○8回判定
判定3-0
 
22 2016.04.22 G・カロ
(24勝17敗4分)
○6回判定
判定3-0
 
23 2016.09.23 A・レンゲル
(17勝5敗3分)
○3回
KO
NABF北米バンタム級
王座獲得成功

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, ボクシング

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.