スポーツ 競歩

第100回日本選手権20km競歩2017│エントリー選手や優勝候補は?

更新日:

2017年2月19日(日)、第100回日本陸上競技選手権大会20km競歩が兵庫県神戸市にて行われます。本大会では、リオデジャネイロオリンピック(以下、リオ五輪)男子20km競歩に出場し、7位入賞を果たした松永大介選手(東洋大)や本大会2連覇中の高橋英輝選手(富士通)らがエントリーしています。

なお、リオ五輪男子50km競歩に出場し、日本競歩界五輪史上初のメダル獲得をした荒井広宙選手を筆頭に50km競歩の有力選手も本大会にエントリーしています。

競歩という種目では、ベテランが多く活躍しています。しかし、世代交代もこの大会を機に徐々に進むのではないかと予想されています。

リオ五輪終了後、最初の日本選手権であり、なおかつ、世界選手権競歩日本代表の選考会も兼ねているので白熱したレースになるでしょう。

それでは、日本選手権男子20km競歩の大会概要やエントリー選手、優勝候補をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

日本選手権20km競歩大会概要

<開催地>
兵庫県神戸市

<日時>
2017年2月19日(日)

<スタート時間>
男子/9:50

<コース>
六甲アイランド甲南大学周辺コース

<参加資格>
男子20km競歩

20000mW、20kmW 1時間34分0秒以内
10000mW、10kmW 44分0秒以内
50000mW、50kmW 4時間30分0秒以内

※備考
第100回日本陸上競技選手権大会・男子20km競歩は、2017年世界陸上の代表選手選考会も兼ねています。また、女子20km競歩も行われ、こちらも世界陸上代表選考会を兼ねています。なお、ジュニア男子10km競歩、ジュニア女子5km競歩も同時開催されます。

 

エントリー選手一覧

エントリーNo.1~101まで
※松永選手は故障の影響で欠場となりました

No氏  名
(所  属)
自己最高
記録
自己最高
記録種目
1高橋 英輝
(富士通)
1:18:0320kmW
2藤澤 勇
(ALSOK)
1:18:4520kmW
3松永 大介
(東洋大)
1:18:5320kmW
4西塔 拓己
(愛知製鋼)
1:19:4420kmW
5荒井 広宙
(自衛隊体育学校)
1:19:5420kmW
6小林 快
(ビックカメラ)
1:19:1220kmW
7丸尾 知司
(愛知製鋼)
1:19:4220kmW
8山西 利和
(京都大)
1:20:5020kmW
9及川 文隆
(東洋大)
1:20:5520kmW
10谷井 孝行
(自衛隊体育学校)
1:20:3920kmW
11野田 明宏
(明治大)
1:20:0820kmW
12田坂 剛志
(守山35普連)
1:22:4620kmW
13山田 康太
(順天堂大)
1:23:0220kmW
14髙橋 和生
(早稲田大)
1:23:2120kmW
15渡邉 成陽
(東京大)
1:23:2520kmW
16大隈 武士
(JR九州)
1:23:4020kmW
17山﨑 勇喜
(自衛隊体育学校)
1:20:3820kmW
18山下 優嘉
(東洋大)
1:23:0620kmW
19森岡 紘一朗
(富士通)
1:20:1420kmW
20小脇 康平
(龍谷大)
1:24:3520kmW
21石川 昌弥
(東洋大)
1:25:4520kmW
22河岸 良祐
(東洋大)
1:25:4920kmW
23割田 仁志
(ケアホーム)
1:23:5520kmW
24中川 岳士
(北海道大)
1:26:1020kmW
25菅浪 裕也
(びわこスポーツ大)
1:24:5220kmW
26大内 穂高
(茨城陸協)
1:26:1620kmW
27斎藤 駿太
(明治大)
1:26:5020kmW
28大楽 享平
(明治大)
1:26:5620kmW
29種岡 孝介
(山梨学院大)
1:27:0420kmW
30稲吉 悠多
(至学館クラブ)
1:27:2620kmW
31伊藤 佑樹
(IRE)
1:23:4520kmW
32清水 陽介
(同志社大)
1:27:2720kmW
33西口 克洋
(立教大)
1:27:4920kmW
34尾上 雄基
(IRE)
1:27:5320kmW
35山本 将希
(姫路市陸協)
1:28:0420kmW
36石井 克弥
(慶應義塾大)
1:28:0420kmW
37棟重 賢治
(東京大)
1:28:2020kmW
38後藤 秀斗
(順天堂大)
1:24:3020kmW
39髙橋 涼太
(順天堂大)
1:28:3420kmW
40岡畠 勇士
(山梨学院大)
1:28:4520kmW
41高橋 直己
(東京学芸大)
1:28:4520kmW
42境慎 太郎
(熊本陸協)
1:29:0120kmW
43戸松 弘成
(愛知教育大)
1:24:2520kmW
44大嶋 悠斗
(中京大)
1:29:1020kmW
45樋熊 敬史
(NWS)
1:23:0120kmW
46栁澤 優斗
(福井工業大)
1:29:1620kmW
47檜田 隆宏
(福井工業大)
1:27:5420kmW
48植田 孝啓
(龍谷大)
1:30:1020kmW
49皿井 泰光
(横浜国立大)
1:27:3120kmW
50近藤 良亮
(山梨学院大)
1:30:3620kmW
51神澤 俊史
(日本大)
1:30:4020kmW
52田中 達也
(奈良陸協)
1:30:4020kmW
53高取 恭一
(山梨学院大)
1:31:1920kmW
54青柳 至
(日本大)
1:31:2420kmW
55中島 大和
(平成国際大)
1:31:2620kmW
56福澤 弘樹
(中京大)
1:31:4220kmW
57佐々木 和暉
(早大同好会)
1:31:4920kmW
58春木 洋輔
(旭化成水島)
1:28:3420kmW
59平田 准也
(立教大)
1:31:5420kmW
60井上 浩輔
(平成国際大)
1:32:0820kmW
61堀江 駿
(東京大)
1:32:2820kmW
62奥野 哲弥
(筑波大)
1:32:3420kmW
63植田 和真
(福井工業大)
1:32:3520kmW
64吉田 聡
(龍谷大)
1:32:3620kmW
65比嘉 大悟
(至学館大)
1:32:4020kmW
66滝沢 大賀
(平成国際大)
1:32:4120kmW
67粟野 敬介
(明治大学同好会)
1:32:4320kmW
68島田 尚輝
(日本大)
1:32:4420kmW
69鈴木 大介
(さい陸協競技部)
1:29:3320kmW
70尻無浜 悠作
(関西外国語大)
1:33:0220kmW
71竹中 陽平
(岩手大)
1:33:0420kmW
72相武 大輝
(北海道大)
1:33:2220kmW
73佐藤 高嶺
(筑波大)
1:33:3220kmW
74宮島 秀明
(NWS)
1:33:4120kmW
75松尾 直哉
(九州共立大)
1:33:4520kmW
76竹田 大晃
(中京大)
1:33:5120kmW
77大坪 鷹人
(名古屋AC)
4:10:4750kmW
78森田 靖
(龍谷大)
41:19.110000mW
79山本 龍太郎
(富山商高)
0:41:2210kmW
80塩屋 陸
(びわこスポーツ大)
41:29.210000mW
81岡田 健太
(至学館大)
41:33.210000mW
82永原 秀人
(明治大)
41:43.410000mW
83持田 顕人
(同志社大)
41:57.010000mW
84山本 真二郎
(富山商高)
0:42:0610kmW
85髙橋 雄太
(早稲田大)
42:21.910000mW
86尾関 允崇
(同志社大)
0:42:3910kmW
87髙野 圭太
(京都大)
42:43.010000mW
88青山 福泉
(東京学芸大)
41:34.610000mW
89寺田 拓斗
(岩手大)
42:48.810000mW
90風間 公佑
(北翔大)
43:12.810000mW
91遠藤 和也
(名城大)
0:43:2310kmW
92武井 大樹
(城西大)
43:03.210000mW
93樋渡 雄登
(愛知教育大)
43:38.910000mW
94甲斐 奨史
(肥後銀行)
42:41.310000mW
95塩入 滉介
(明治大)
43:49.610000mW
96佐々木 信春
(東北学大)
43:52.610000mW
97木戸 大智
(関西学院大)
43:56.110000mW
98小村 慶太朗
(千葉陸協)
38:54.010000mW
99井上 友康
(びわこスポーツ大)
42:38.310000mW
100大東 優太
(びわこスポーツ大)
43:51.910000mW
101高橋宏敬
(鹿児島大)
43:59.510000mW

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

優勝候補選手は?

日本選手権男子20km競歩には、多くの有力選手が出場します。やはり注目されるのは、リオ五輪の男子競歩に出場した選手たちでしょう。

ざっと見ると、男子20km競歩で7位入賞を果たした東洋大学の松永大介選手、男子50km競歩で銅メダルを獲得した荒井広宙選手らが優勝候補に思えます。

しかし、松永選手は昨年11月に腰の疲労骨折が判明し、治療が長引いているため調子は万全とは言えないことが伝えらえています。また、荒井選手はメダル獲得により、イベントやテレビ出演などに引っ張りだこで練習不足が懸念されています。とは言っても、荒井選手は日本選手権20km競歩では、ここ2大会3位の成績をおさめていますので、上位争いに食い込んでくると考えられます。

さて、本大会の優勝候補として最も名高いのは高橋英輝選手です。高橋選手はリオ五輪では、42位と本来の力を発揮できず残念な結果に終わってしまいました。しかし、リオ帰国後、スタミナ面の向上を重視し、50km競歩の選手と同じメニューを取り入れたトレーニングをしてきたそうです。

その結果、全日本競歩高畠大会20km競歩や2017年元旦競歩20kmなど出場した大会すべてで優勝をしています。今、一番勢いのある選手と言って過言ではないのでしょう。

一方、高橋選手に追随する選手としては、リオ五輪代表になった藤澤勇選手や、2016年全日本競歩能美大会で2位になった西塔拓己選手(愛知製鋼)の名前が挙げられます。

藤澤選手は前回の日本選手権で2位であり、リオ五輪終了後も特に大きなケガもなく順調にトレーニングを積んでいるそうです。また、西塔選手は課題としている歩型の安定とスタミナの向上アップが上手くいっているそうで2013年以来の3位以内が期待されています。

他では、全日本競歩高畠大会競歩で初50km競歩に挑戦し初優勝をした、小林快選手(ビックカメラ)にも注目をしたいところです。小林選手は、すでに50km競歩の世界選手権代表を決めています。また、50km競歩のエントリー選手のなかで20km競歩のタイムが一番速い選手です。どんなレースを見せてくれるか楽しみです。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?各注目選手をまとめてみると

<優勝候補筆頭>
高橋英輝(富士通)

<2番手争い>
小林快(ビックカメラ)、藤澤勇(ALSOK)、西塔拓己(愛知製鋼)

<8位入賞以上>
荒井広宙(自衛隊体育学校)、松永大介(東洋大学)

と予想しています。とはいっても、競歩は当日のコンディションが物凄く重要になるそうなので、全く違う結果になるかもしれませんが…^^;

とにもかくにも、世界選手権の代表選考会も兼ねているので注目をしたいです。

レース結果はこちらから

リオ五輪の競歩の結果はこちら

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 競歩

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.