リオ五輪 選手プロフィール バレーボール

2016リオ五輪/4大会連続出場!バレーボール女子・日本代表選手一覧

更新日:

s-title

2016年5月21日、リオデジャネイロ五輪世界最終予選・第6日のイタリア戦で、全日本女子(火の鳥NIPPON)は2セットを奪えば五輪出場という条件で臨みました。

そして、見事第1、第4セットを奪いリオ五輪出場を決定しました。ゴールデンタイムで放送していたので、ご覧になった方は多かったのではないでしょうか?

現在世界ランキング5位(2015年10月時点)の日本。メダルを十分狙える位置につけています。

ロンドン五輪では、全日本女子は見事に銅メダルを獲得しています。また、現在の代表チームにはロンドン五輪を経験した選手が荒木選手、木村選手、迫田選手、山口選手と4名います。そして宮下選手、エース長岡選手など有望な若手選手の活躍にも目が離せません。

前回大会を経験しているベテランがいると、五輪初出場となる若手選手はかなり心強いのではないでしょうか?

それでは、2016年6月27日にリオ五輪に出場する代表選手が正式に発表されましたのでご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

全日本女子代表選手

<セッター>

宮下 遥
みやした はるか
1994年9月1日(23歳)
三重県桑名市出身
身長/177cm
最高到達点
スパイク/298cm
ブロック/272cm
出身校:大阪国際滝井高校
所属 :岡山シーガルズ
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位

<宮下選手略歴>
小学1年生からバレーを始め、中学入学後にアタッカーからセッターに転向しました。

2009年にVプレミアリーグ・岡山シーガルズに選手登録され、各クラブチームでの戦いの1年の総決算ともいえる黒鷲旗に最年少出場を果たします。

そして、15歳の時にVプレミアリーグ開幕戦でも最年少出場。さらに日本代表にも15歳で選ばれます。

宮下選手は、日本の司令塔としてリオ五輪での活躍が期待されています。

 

田代 佳奈美
たしろ かなみ
1991年3月25日(26歳)
滋賀県栗東市出身
身長/173cm
最高到達点
スパイク/283cm
ブロック/273cm
出身校:古川学園高校
所属 :東レアローズ
五輪出場
初出場
主な代表歴
2013年U23女子バレーボール選手権/3位
2012年アジアカップ女子大会/5位

<田代選手略歴>
田代選手は母親の影響で小学1年生よりバレーを始めます。

中学では、JOCカップで長野県選抜の一員として優勝を飾ります。そして高校では、春高バレー準優勝、アジアユース選手権では優勝に貢献します。

高校卒業後は、東レアローズに入社し、2010年Vプレミアリーグ開幕戦で初出場を果たします。

ちなみに田代選手は、人気漫画「JIN-仁-」のファンであり、主人公・南方仁にちなみニックネームは「ジン」です。

 

<ウィングスパイカー>

長岡 望悠
ながおか みゆ
1991年7月25日(26歳)
福岡県山川町出身
身長/179cm
最高到達点
スパイク/310cm
ブロック/298cm
出身校:東九州龍谷高校
所属 :久光製薬スプリングス
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位
2014年ワールドグランプリ/2位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位

<長岡選手略歴>
3人姉妹の末っ子で、お姉さんの影響で小学2年生よりバレーを始めます。

高校時代には、春高バレー、インターハイ、国体優勝という年間3冠達成に貢献します。また、天皇杯・皇后杯全日本バレーボール選手権大会では、プレミア勢(社会人バレー)から大金星を飾る原動力となりました。

ユース代表やジュニア代表時代も数々の大会で優勝に貢献します。

高校卒業後、久光製薬スプリングスに所属し、2010年12月にプレミアリーグに初出場を果たします。

デビュー後、プレミアリーグでも素晴らしい活躍を見せ、チーム6年ぶりのリーグ優勝に貢献、自身もMVP・ベスト6に選ばれました。

長岡選手は所属するチームでも日本代表でも、不動のエースとしてリオ五輪の舞台でも活躍してくれることは間違いないと思います。

ちなみに、長岡選手のアタックは素人目から見てもめちゃくちゃカッコイイフォームで、スパイクを打ち込む姿を是非見てほしいと思います。

 

 

木村 沙織
きむら さおり
1986年8月19日(31歳)
埼玉県八潮市出身
身長/185cm
最高到達点
スパイク/304cm
ブロック/293cm
出身校:下北沢成徳高校
所属 :東レアローズ
五輪出場
アテネ、北京、ロンドン
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位

<木村選手略歴>
バレーボールをしていた両親の影響を受け、小学2年生からバレーを始めます。所属したチームは守備練習が中心で、レシーブ練習を多くこなしたことから現在のレシーブ力に生かされるようになったとコメントしています。

中学校はバレーボールの名門校・成徳学園中学校に進学し、ここでのちのチームメイト大山加奈さん(スポーツ解説者)らと出会います。

以後、中学時代は主力選手として全国大会などで優勝に貢献し、自身も技術を磨きプレーに幅が出てくるようになります。

高校も名門の成徳学園高校に進学し、春高バレーでは2連覇に貢献、インターハイでも活躍を見せます。インターハイ後は全日本代表の強化合宿に招集され、代表の道を歩むようになります。

ただ、木村選手は腰の状態(椎間板ヘルニア)が思わしくなく立つのもやっとだったため、アテネ五輪ではほとんど出場の機会がなく初めての五輪を終えます。

その後も悪化した腰痛のため、全国私学大会に出場するものの得点を決めることなく高校最後の大会に幕を閉じました。

東レアローズに所属してからは、プレミアリーグ、世界大会で数多くの活躍を見せます。3度目の出場となるロンドン五輪では、28年ぶりの銅メダル獲得の立役者ともなります。

ロンドン五輪後は、世界最高峰のトルコリーグに移籍したり、欧州チャンピオンズリーグでは優勝を経験します。

大きく成長した木村選手は、再び2014年に東レアローズに復帰し、リオ五輪の代表チームでは全日本女子キャプテンに就任しました。

全日本女子の大黒柱として、リオ五輪でも多くの得点を奪ってメダルを獲得してほしいです。

 

鍋谷 友理枝
なべや ゆりえ
1993年12月15日(23歳)
神奈川県川崎市出身
身長/177cm
最高到達点
スパイク/302cm
ブロック/285cm
出身校:東九州龍谷高校
所属 :デンソーエアリービーズ
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2015年ワールドグランプリ/6位
2013年世界U-23女子選手権大会/3位

 

石井 優希
いしい ゆき
1991年5月8日(26歳)
岡山県倉敷市出身
身長/180cm
最高到達点
スパイク/302cm
ブロック/286cm
出身校:就実高校
所属 :久光製薬スプリングス
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

迫田 さおり
さこだ さおり
1987年12月18日(29歳)
鹿児島県鹿児島市出身
身長/175cm
最高到達点
スパイク/305cm
ブロック/279cm
出身校:県立鹿児島西高校
所属 :東レアローズ
五輪出場
ロンドン
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位

 

<ミドルブロッカー>

山口 舞
やまぐち まい
1983年7月3日(34歳)
三重県志摩郡志摩町出身
身長/176cm
最高到達点
スパイク/304cm
ブロック/292cm
出身校:大阪国際滝井高校
所属 :岡山シーガルズ
五輪出場
ロンドン
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2014年世界選手権/7位
2011年ワールドカップ/4位

 

島村 春世
しまむら はるよ
1992年3月4日(25歳)
神奈川県鎌倉市出身
身長/182cm
最高到達点
スパイク/299cm
ブロック/290cm
出身校:川崎市立橘高校
所属 :NECレッドロケッツ
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2013年世界U-23女子選手権大会/3位
2013年モントルーバレーマスターズ/5位

 

荒木 絵里香
あらき えりか
1984年8月3日(33歳)
岡山県倉敷市出身
身長/186cm
最高到達点
スパイク/304cm
ブロック/301cm
出身校:下北沢成徳高校
所属 :上尾メディックス
五輪出場
北京、ロンドン
主な代表歴
2011年ワールドカップ/4位
2010年世界選手権/3位
2009年ワールドグランドチャンピオンズカップ/4位

 

<レシーバー>

座安 琴希
ざやす ことき
1990年1月11日(27歳)
沖縄県うるま市出身
身長/159cm
最高到達点
スパイク/270cm
ブロック/255cm
出身校:県立中部商業高校
所属 :久光製薬スプリングス
五輪出場
初出場
主な代表歴
2015年ワールドカップ/5位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位
2011年ワールドカップ/4位

 

<リベロ>

佐藤 あり紗
さとう ありさ
1989年7月18日(28歳)
宮城県仙台市出身
身長/164cm
最高到達点
スパイク/275cm
ブロック/266cm
出身校:東北福祉大学
所属 :日立リヴァーレ
五輪出場
初出場
主な代表歴
2014年世界選手権/7位
2013年ワールドグランドチャンピオンズカップ/3位
2013年ユニバーシアード競技大会/5位

 

まとめ

2016年バレーボール女子・世界最終予選が終了し、全日本女子は3位(アジア1位)という結果をおさめました。

リオ五輪出場が決まった瞬間、試合会場が大いに沸いたのは印象的でした。リオでもメダルを獲得して、喜びの瞬間を味わいたいものですね。

全日本女子は、リオ五輪本番前にワールドグランプリ2016に出場します。これは世界の強豪28チームが世界各地で熱戦を繰り広げます。

予選ラウンドの第3週(6月24日~26日)は、京都市の島津アリーナ京都が会場となっています。応援に行くことが出来る人は、会場に足を運んでみてはいかがでしょうか?

このワールドグランプリでいい成績を残して、五輪本番に臨んでほしいと思います。

頑張れニッポン!!

2016.06.27追記
京都で行われたワールドグランプリ。残念ながら3勝6敗で一次リーグ敗退となりましたが、残り僅かな時間でチームの底力を上げて頑張ってほしいです。

試合終了後、リオ五輪代表メンバー12名が正式発表されました。素晴らしい選手が多い中、眞鍋監督はロンドンに続き、今回の代表選手選出も悩んだそうです。

眞鍋監督は最重要視したのは「チームワーク」と「ディフェンス力」。

前回のロンドンでキャプテンを務めた荒木選手と今回キャプテンを務める木村選手がタッグを組んでチームを引っ張り、チームの良さを引っ張り出してくれることを期待しているそうです。

荒木選手と木村選手の2人でチームの力をすべて出し切り、悔いのない戦いをしてほしいです。

8月6日、午後9時半(日本時間)から始まる予選ラウンド。初戦は韓国戦です。精一杯応援したいと思います。

 

試合日程、放送時間はこちらから
2016リオ五輪・バレーボール女子/試合日程・放送時間・結果は?

その他の競技はこちらのリンクからご覧ください(鋭意制作中)
2016年第31回リオデジャネイロ五輪/28競技と種目一覧と日程

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-リオ五輪, 選手プロフィール, バレーボール

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.