スポーツ レスリング 世界選手権

レスリング世界選手権2017│結果と日程は?女子フリー日本代表選手一覧

更新日:

レスリング世界選手権がフランス・パリで8月21日から開幕し、男女24階級が実施されます。

女子フリーでは、吉田沙保里選手と伊調馨選手が今回の世界選手権を見送っており、2人が不在の階級がどうなるのか注目です。

吉田選手の53kg級では向田真優選手、伊調選手の58kg級では坂上嘉津季選手らが出場。向田選手は2016年の世界ジュニア選手権(55kg級)を制し、吉田選手の後継者と期待されています。

偉大な選手のあとの階級を戦う向田選手と坂上選手が受けるプレッシャーは半端ないものがあるでしょうが、吉田選手と伊調選手は別格なので気にせず頑張ってほしい力を出し切ってほしいです。

また、リオ五輪を制した川井梨紗子選手と“どしょたん”こと土性沙羅選手らが世界選手を初制覇するできるのか…。そして、将来を有望視されている高校3年生の須崎優衣選手が世界選手権初出場でどこまで登りつめるのかにも注目したいです。

ここでは、レスリング世界選手権の女子日本代表選手や試合日程と結果などをご紹介します。

▼レスリング世界選手権関連記事
男子(グレコローマン)の日本代表と結果

男子(フリースタイル)の日本代表と結果

メダリスト&日本勢の結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆大会日程と放送について

▼大会日程
※男子の日程も合わせて掲載

<男子グレコローマン>
▼日程を開く

 

<女子フリースタイル>

8月23日(水)/55・58・63・75kg級
奥野 春菜(55kg)、坂上 嘉津季(58kg)
川井 友香子(63kg)、鈴木 博恵(75kg)
各階級決勝の開始時間(日本時間)
8月24日(木) AM2:00 ~
8月24日(木)/48・53・60・69kg級
須崎 優衣(48kg)、向田 真優(53kg)
川井 梨紗子(60kg)、土性 沙羅(69kg)
各階級決勝の開始時間(日本時間)
8月25日(金) AM2:00 ~

 

<男子フリースタイル>
▼日程を開く

 

▼放送について
<日テレジータス>
9月2日(土) 10:30~12:30
9月5日(火) 2:00~4:00(再放送)

地上波での放送予定はなく、CS放送の日テレジータスで放送が行われます。

なお、生中継で見たい方は、レスリング世界選手権の公式サイト(海外)で、ライブ放送が行われてますので、そちらをご覧ください。

ただ、日本代表選手がどのマット(A~D)で何時に対戦するかは調べがつきませんでしたので、そこはご了承くださいm(_ _)m

 

◆女子48kg級 日本代表選手と結果

須崎 優衣(すさき ゆい)
年 齢 18歳
出身地 千葉県
身 長 153cm
所 属 JWA・安部学院高校
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(48kg級)/優勝
アジア選手権(48kg級)/優勝
ジュニアクイーンズカップ(48kg級)/優勝
クリッパン女子国際(48kg級)/優勝
ヤリギン国際大会(48kg級)/優勝

 

<女子48kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します

【須崎 優衣選手の結果】
1回戦  ○[10-0]Thalía Mallqui(ペルー)
2回戦  ○[13-2]Julie Sabatié(フランス)
準々決勝○[11-0]Victoria Anthony(アメリカ)
準決勝   ○[5-2]Kim Son-hyang(北朝鮮)
決 勝 ○[14-4]Alina Vuc(ルーマニア)

高校生の須崎優衣選手が、世界選手権初出場で金メダルを獲得しました!!

須崎選手は東京五輪の金メダルを目標にしており、同じ階級でリオ五輪金メダリストの登坂絵莉選手との代表争いが予想されています。

今後、どんな活躍をするのか楽しみです♪

↓須崎選手の決勝戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Kim Son-hyang(PRK) 2          
須崎 優衣(日本) 5     須崎 優衣(日本) 14
Alina Vuc(ROU) 13     Alina Vuc(ROU) 4
Evin Demirhan(TUR) 2        

 

3位決定戦   銅メダル
Victoria Anthony(USA) 1   Kim Son-hyang(PRK)
Kim Son-hyang(PRK) 11  
Viyaleta Chyryk(BLR) 1   Evin Demirhan(TUR)
Evin Demirhan(TUR) 3  

 

<メダリスト>

須崎 優衣(日本)
Alina Vuc(ROU)
Kim Son-hyang(PRK)
Evin Demirhan(TUR)

 

 

◆女子53kg級 日本代表選手と結果

向田 真優(むかいだ まゆ)
年 齢 20歳
出身地 三重県
身 長 157cm
所 属 至学館大学
出身校 安部学院高校
世界選手権 2回目(※53kg級は初出場)
世界選手権成績
2016年 55kg級/優勝
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(53kg級)/優勝
アジア選手権(53kg級)/優勝
ジュニアクイーンズカップ(55kg級)/優勝
ヤリギン国際大会(53kg級)/優勝

 

<女子53kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します

【向田 真優選手の結果】
1回戦  ○[6-2]Yongmi Pak(北朝鮮)
2回戦  ○[12-2]Iryna Husyak(ウクライナ)
準々決勝○[5-0]Stalvira Orshush(ロシア)
準決勝   ○[5-1]Roksana Marta Zasina(ポーランド)
決 勝   ●[6-8]Vanesa Kaladzinskaya(ベラルーシ)

世界選手権2回目の金メダルを目指し決勝に臨んだ向田選手でしたが、試合終了間際にワネサ・カラジンスカヤ選手に逆転負けを喫しました。

吉田沙保里選手が優勝し続けた階級とあってプレッシャーも相当なものがあったかもしれませんが、それでも銀メダル獲得は周囲の期待に応えてくれたのではないでしょうか。

向田選手は、試合後のインタビューで「この負けをバネにして次の大会に向けて頑張りたい」とコメント。向田選手の今後の活躍に期待です。

↓向田選手の決勝戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Vanesa Kaladzinskaya(BLR) 8          
Estera Dobre(ROU) 2     Vanesa Kaladzinskaya(BLR) 8
向田 真優(日本) 5     向田 真優(日本) 6
Roksana Marta Zasina(POL) 1        

 

3位決定戦   銅メダル
MARIA PREVOLARAKI(GRE) 2   MARIA PREVOLARAKI(GRE)
Estera Dobre(ROU) 1  
YONGMI PAK(PRK) 2   Roksana Marta Zasina(POL)
Roksana Marta Zasina(POL) 4  

 

<メダリスト>

Vanesa Kaladzinskaya(BLR)
向田 真優(日本)
MARIA PREVOLARAKI(GRE)
Roksana Marta Zasina(POL)

 

 

◆女子55kg級 日本代表選手と結果

奥野 春菜(おくの はるな)
年 齢 18歳
出身地 三重県
身 長 158cm
所 属 至学館大学
出身校 久居高校
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(55kg級)/優勝
JOCジュニアオリンピック(55kg級)/優勝
ジュニアクイーンズカップ(55kg級)/2位
クリッパン女子国際大会(55kg級)/優勝

 

<女子55kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※女子55kg級は24選手が出場

【奥野 春菜選手の結果】
1回戦  BYE
2回戦  ○[8-0]CAROLA RAINERO(イタリア)
準々決勝○[8-0]BECKA A LEATHERS(アメリカ)
準決勝   ○[11-0]BILYANA Z DUDOVA(ブルガリア)
決 勝 ○[5-4]O.アデクオロエ(NGR)

女子55kg級に出場した奥野春菜選手が無失点の大差で決勝に進出。決勝ではリオ五輪に出場したオドゥナヨ・アデクオロエ選手(ナイジェリア)と対戦。

奥野選手は僅差ながらもアデクオロエ選手を破り、見事金メダルを獲得。文田健一郎選手に続き日本勢は2日連続で金メダルを獲得しました。

↓奥野選手の決勝戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
奥野 春菜(日本) 11          
Bilyana Z Dudova(BUL) 0     奥野 春菜(日本) 5
O.アデクオロエ(NGR) 10     O.アデクオロエ(NGR) 4
Iryna Kurachkin(BLR) 0        

 

3位決定戦   銅メダル
Becka Anne Leather(USA) 4   Becka Anne Leather(USA)
Bilyana Z Dudova(BUL) 2  
Mathilde H Riviere(FRA) 1   Iryna Kurachkin(BLR)
Iryna Kurachkin(BLR) 9  

 

<メダリスト>

奥野 春菜(日本)
O.アデクオロエ(NGR)
Becka Anne Leather(USA)
Iryna Kurachkin(BLR)

 

 

◆女子58kg級 日本代表選手と結果

坂上 嘉津季(さかがみ かつき)
年 齢 24歳
出身地 千葉県
身 長 160cm
所 属 ALSOK
出身校 至学館大学
世界選手権 2回目(※58kgは初出場)
世界選手権成績
2014年 60kg級/9位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(58kg級)/優勝
アジア選手権(58kg級)/3位
ジュニアクイーンズカップ(55kg級)/2位
ヤリギン国際大会(60kg級)/優勝

 

<女子58kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※女子58kg級は28選手が出場

【坂上 嘉津季選手の結果】
1回戦 ●[4-12]Iryna CHYKHRADZE KHARIV(ウクライナ)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
M.C.FAZZARI(CAN) 0          
Helen Louise MAROULIS(USA) 4     Helen Louise MAROULIS(USA) 11
Marwa AMRI(TUN) 8     Marwa AMRI(TUN) 0
Aisuluu TYNYBEKOVA(KGZ) 7        

 

3位決定戦   銅メダル
Ningning RONG (CHN) 5   Aisuluu TYNYBEKOVA(KGZ)
Aisuluu TYNYBEKOVA(KGZ) 6  
Elin Johanna NILSSON (SWE) 0   Michelle Christina FAZZARI(CAN)
Michelle Christina FAZZARI(CAN) 7  

 

<メダリスト>

Helen Louise MAROULIS(USA)
Marwa AMRI(TUN)
Aisuluu TYNYBEKOVA(KGZ)
Michelle Christina FAZZARI(CAN)

 

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆女子60kg級 日本代表選手と結果

川井 梨紗子(かわい りさこ)
年 齢 22歳
出身地 石川県
身 長 160cm
所 属 ジャパンビバレッジ
出身校 至学館大学
世界選手権 3回目(※60kgは初出場)
世界選手権成績
2015年 63kg級/2位
2012年 51kg級/7位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(60kg級)/優勝
アジア選手権(60kg級)/優勝

 

<女子60kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します

【川井 梨紗子選手の結果】
1回戦  ○[2-2]LIUBOV OVCHAROVA(ロシア)
2回戦  ○[6-2]SHOOVDOR BAATARJAV(モンゴル)
準々決勝○[10-0]LINDA MORAIS(カナダ)
準決勝   ○[5-2]Malin Johanna MATTSSON(スウェーデン)
決 勝 ○[13-0]Allison Mackenzie RAGAN (アメリカ)

世界選手権、女子日本代表の最後に登場したのはリオ五輪金メダリストの川井梨紗子選手。川井選手は、リオでは63kg級でしたが、本大会は階級を落としての出場。

初戦こそ僅差の勝利となりましたが、その後は順調に勝ち上がり決勝に進出。決勝ではアリソン・マッケンジー・レーガン選手にテクニカルフォール勝ちで金メダルを獲得。

川井選手の結果をもって、レスリング女子日本代表は金4個、銀1個、銅1個とリオ五輪に続く大活躍を見せてくれました。

↓川井梨紗子選手の決勝戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Allison Mackenzie RAGAN (USA) 6          
Anastasija GRIGORJEVA(LAT) 3     Allison Mackenzie RAGAN (USA) 0
川井 梨紗子(日本) 6     川井 梨紗子(日本) 13
Malin Johanna MATTSSON(SWE) 0        

 

3位決定戦   銅メダル
Shoovdor BAATARJAV(MGL) 3   Malin Johanna MATTSSON(SWE)
Malin Johanna MATTSSON(SWE) 8  
Luisa Helga Gerda NIEMESCH(GER) 2   Anastasija GRIGORJEVA(LAT)
Anastasija GRIGORJEVA(LAT) 3  

 

<メダリスト>

川井 梨紗子(日本)
Allison Mackenzie RAGAN (USA)
Malin Johanna MATTSSON(SWE)
Anastasija GRIGORJEVA(LAT)

 

 

◆女子63kg級 日本代表選手と結果

※女子63kg級では伊藤彩香選手が代表選手に決定していましたが、練習中に左アキレス腱を断裂。急きょ行われた代表決定戦で、川井友香子選手が代表の切符を勝ち取りました。

なお、川井選手は姉・梨紗子選手と姉妹での世界選手権出場となります。

川井 友香子(かわい ゆかこ)
年 齢 19歳
出身地 石川県
身 長 162cm
所 属 至学館大学
出身校 至学館高校
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
世界ジュニア選手権(63kg級)/9位
全日本選抜選手権(63kg級)/3位
JOCジュニアオリンピック(63kg級)/優勝
ジュニアクイーンズカップ(63kg級)/優勝

 

<女子63kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※女子63kg級は23選手が出場

【川井 友香子選手の結果】
1回戦  BYE
2回戦  ○[8-2]Gambarova Elmira(アゼルバイジャン)
準々決勝●[0-2]Jackeline RENTERIA CASTILLO (コロンビア)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Y.OSTAPCHUK(UKR) 13          
Hafize SAHIN(TUR) 5     Y.OSTAPCHUK(UKR) 3
O.PUREVDORJ(MGL) 13     O.PUREVDORJ(MGL) 6
J.CASTILLO(COL) 0        

 

3位決定戦   銅メダル
VALERIIA LAZINSKAIA(RUS) 6   VALERIIA LAZINSKAIA(RUS)
HAFIZE SAHIN(TUR) 2  
BLESSING OBORUDUDU(NGR) 7   JACKELINE RENTERIA CASTILLO(COL)
JACKELINE RENTERIA CASTILLO(COL) 8  

 

<メダリスト>

ORKHON PUREVDORJ(MGL)
YULIIA TKACH OSTAPCHUK(UKR)
VALERIIA LAZINSKAIA(RUS)
JACKELINE RENTERIA CASTILLO(COL)

 

 

◆女子69kg級 日本代表選手と結果

土性 沙羅(どしょう さら)
年 齢 22歳
出身地 三重県
身 長 159cm
所 属 東新住建
出身校 至学館大学
世界選手権 4回目(※69kgは3大会連続出場)
世界選手権成績
2015年 69kg級/3位
2014年 69kg級/2位
2013年 67kg級/3位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(69kg級)/優勝
アジア選手権(69kg級)/優勝

 

<女子69kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します

【土性 沙羅選手の結果】
1回戦  BYE
2回戦  ○[3-3]KOUMBA SELENE FANTA LARROQUE(フランス)
準々決勝○[8-0]ANASTASIA BRATCHIKOVA(ロシア)
準決勝   ○[6-0]MARTINA KUENZ(オーストリア)
決 勝 ○[3-0]アリーネ・フォッケン(ドイツ)

リオ五輪金メダリストの土性選手がドイツのアリーネ・フォッケン選手に判定勝ちで世界選手権初制覇!!

土性選手は4回目の世界選手権で初めての金メダル獲得となりました。本大会日本勢3人目の金メダリストとなりました。

↓土性選手の決勝戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
土性 沙羅(日本) 6          
Martina KUENZ (AUT) 0     土性 沙羅(日本) 3
Yue HAN (CHN) 3     アリーネ・フォッケン(GER) 0
アリーネ・フォッケン(GER) 5        

 

3位決定戦   銅メダル
Koumba Selene Fanta LARROQUE(FRA) 6   Koumba Selene Fanta LARROQUE(FRA)
Martina KUENZ (AUT) 0  
ELMIRA SYZDYKOVA(KAZ) 2   Yue HAN (CHN)
Yue HAN (CHN) 10  

 

<メダリスト>

土性 沙羅(日本)
アリーネ・フォッケン(GER)
Koumba Selene Fanta LARROQUE(FRA)
Yue HAN (CHN)

 

 

◆女子75kg級 日本代表選手と結果

鈴木 博恵(すずき ひろえ)
年 齢 30歳
出身地 京都府
身 長 162cm
所 属 クリナップ
出身校 立命館大学
世界選手権 4回目(※75kg級は2大会ぶり)
世界選手権成績
2014年 75kg級/7位
2013年 72kg級/9位
2012年 72kg級/11位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(75kg級)/優勝

 

<女子75kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※女子75kg級は24選手が出場

【鈴木 博恵選手の結果】
1回戦  BYE
2回戦  ○[10-0]Alena PEREPELKINA(ロシア)
準々決勝  ●[1-6]Yasemin ADAR(トルコ)
敗者復活  ○[2-1]Maria SELMAIER(ドイツ)
3位決定戦○[6-0]Epp MAE(エストニア)

鈴木選手は準々決勝でヤセミン・アダール選手(トルコ)に敗れましたが、アダール選手が決勝に進出したので、敗者復活戦に回り勝利を挙げ復活!!

3位決定戦でエプ・マエ選手(エストニア)に勝利し、見事銅メダルを獲得しました。

女子75kg級でのメダル獲得は、2010年の浜口京子さん以来となる快挙となりました。

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
YASEMIN ADAR(TUR) 8          
EPP MAE(EST) 5     YASEMIN ADAR(TUR) 5
P.PALIHA(CHN) 2     V.MARZALIUK(BLR) 4
V.MARZALIUK(BLR) 4        

 

3位決定戦   銅メダル
鈴木 博恵(日本) 6   鈴木 博恵(日本)
EPP MAE(EST) 0  
JUSTINA DI STASIO (CAN) 3   JUSTINA DI STASIO (CAN)
PALIHA PALIHA(CHN) 1  

 

<メダリスト>

YASEMIN ADAR(TUR)
VASILISA MARZALIUK(BLR)
鈴木 博恵(日本)
JUSTINA DI STASIO (CAN)

 

▼レスリング世界選手権関連記事
男子(グレコローマン)の日本代表と結果

男子(フリースタイル)の日本代表と結果

メダリスト&日本勢の結果まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, レスリング, 世界選手権

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.