スポーツ レスリング 世界選手権

レスリング世界選手権2017│結果と日程は?男子フリースタイル日本代表選手一覧

更新日:

2017年8月21日からフランス・パリで開幕したレスリング世界選手権。男子・女子と合わせて24階級で世界一が争われます。

大会2日目では、男子グレコローマン59kgで文田健一郎選手が日本男子34年ぶりとなる金メダルを獲得。ほかの階級の選手らに勢いがついたのではないでしょうか?

さて、男子フリースタイルは、8月25日(金)から始まり、リオ五輪に出場した高谷惣亮選手は最終日に登場。高谷選手にはメダル獲得が期待されていますが、7月末に右足首のじん帯を損傷し、入院していたということもあり、本番では本来の力が発揮できるか気になるところです。

また、男子フリーでは若手期待の藤波勇飛選手が70kg級に出場。藤波選手は幼少から主要タイトルを獲得し、2020年東京五輪のターゲット選手にも選ばれています。藤波選手の活躍に期待です。

ここでは、レスリング世界選手権の男子フリースタイルの日本代表選手や試合日程と結果などをご紹介します。

▼レスリング世界選手権関連記事
女子(フリースタイル)の日本代表と結果

男子(グレコローマン)の仁保代表と結果

メダリスト&日本勢の結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆大会日程と放送について

▼大会日程
※女子の合わせて掲載

<男子グレコローマン>
▼日程を開く

 

<女子フリースタイル>

▼日程を開く

 

<男子フリースタイル>

8月25日(金)/57・61・86・125kg級
高橋 侑希(57kg)、中村 倫也(61kg)
松坂 誠應(86kg)、山本 泰輝(125kg)
各階級決勝の開始時間(日本時間)
8月26日(土) AM2:00 ~
8月26日(土)/65・70・74・97kg級
鴨居 正和(65kg)、藤波 勇飛(70kg)
高谷 惣亮(74kg)、赤熊 猶弥(97kg)
各階級決勝の開始時間(日本時間)
8月27日(日) AM2:00 ~

 

▼放送について
<日テレジータス>
9月2日(土) 10:30~12:30
9月5日(火) 2:00~4:00(再放送)

地上波での放送予定はなく、CS放送の日テレジータスで放送が行われます。

なお、生中継で見たい方は、レスリング世界選手権の公式サイト(海外)で、ライブ放送が行われてますので、そちらをご覧ください。

ただ、日本代表選手がどのマット(A~D)で何時に対戦するかは調べがつきませんでしたので、そこはご了承くださいm(_ _)m

 

◆男子FS 57kg級日本代表選手と結果

高橋 侑希(たかはし ゆうき)
年 齢 23歳
出身地 三重県
身 長 159cm
所 属 ALSOK
出身校 山梨学院大学
世界選手権 3大会連続3回目
世界選手権成績
2015年 57kg級(FS)/9位
2014年 57kg級(FS)/5位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(57kg級)/優勝
アジア選手権  (57kg級)/優勝
ヤリギン国際大会(57kg級)/23位

 

<男子FS 57kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS57kg級は29選手が出場

【高橋 侑希選手の結果】
1回戦  ○[14-4]Aso PALANI(カナダ)
2回戦  ○[14-3]Sandeep TOMAR(インド)
準々決勝○[4-4]Bekhbayar ERDENEBAT(モンゴル)
準決勝 ○[7-2] Vladimir Vladimirov DUBOV(ブルガリア)
決 勝 ○[6-0]Thomas Patrick GILMAN(米国)

高橋選手は、決勝序盤からリードを奪い、試合を有利に進めます。試合後半になっても、相手のトーマス・ギルマン選手は攻め手に欠け、逆に高橋選手が試合終了間際、ダメ押しの2点を奪い6-0で優勝!!

高橋選手は世界選手権3回目の出場で悲願の金メダル獲得となりました。

なお、男子フリースタイルでの金メダル獲得は、1981年大会で世界選手権を制覇した朝倉利夫さん以来となる36年ぶりの快挙となりました。

↓高橋選手の決勝の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Jong Hak-jin(PRK) 4          
トーマス・ギルマン(USA) 5     トーマス・ギルマン(USA) 0
高橋 侑希(日本) 7     高橋 侑希(日本) 6
Vladimir Dubov(BUL) 2        

 

3位決定戦   銅メダル
Andriy Yatsenko(UKR) 12   Andriy Yatsenko(UKR)
Jong Hak-jin(PRK) 2  
Erdenebatyn Bekhbayar(MGL) 9   Erdenebatyn Bekhbayar(MGL)
Vladimir Dubov(BUL) 2  

 

<メダリスト>

高橋 侑希(日本)
トーマス・ギルマン(USA)
Andriy Yatsenko(UKR)
Erdenebatyn Bekhbayar(MGL)

 

 

◆男子FS 61kg級日本代表選手と結果

中村 倫也(なかむら りんや)
年 齢 22歳
出身地 埼玉県
身 長 170cm
所 属 博報堂DYスポーツ
出身校 専修大学
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権  (61kg級)/優勝
ダン・コロフ国際大会(61kg級)/9位

 

<男子FS 61kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS61kg級は31選手が出場

【中村 倫也選手の結果】
1回戦 ○[7-3]A.PERPELITA(モルドバ)
2回戦 ●[1-10]H.ALIYEV(アゼルバイジャン)
敗者復活1○[10-0]A.OSMONOV(キルギス)
敗者復活2○[10-0]M.BOLOTNJUK(スロバキア)
3位決定戦●[0-10]ジョリス・ボンネ(キューバ)

敗者復活から勝ち上がり、3位決定戦に臨んだ中村選手は、ロンドン五輪に出場し、2014年の世界選手権で銅メダルを獲ったジョリス・ボンネ選手(キューバ)と対戦。

試合はベテランのボンネ選手がひとつのタックルをきっかけに試合を有利に運び、中村選手の手を封じ、試合を制しました。

世界選手権初出場の中村選手は、あと1勝でメダルでしたが、まだまだ若いので今後の活躍に期待です。

↓中村選手の3位決定戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Gadzhimurad Rashidov(RUS) 8          
Cengizhan Erdogan(TUR) 2     Gadzhimurad Rashidov(RUS) 1
Haji Aliyev(AZE) 10     Haji Aliyev(AZE) 7
Yowlys Bonne(CUB) 0        

 

3位決定戦   銅メダル
Vladimer Khinchegashvili(GEO) 3   Vladimer Khinchegashvili(GEO)
Cengizhan Erdogan(TUR) 0  
中村 倫也(日本) 0   ジョリス・ボンネ(CUB)
ジョリス・ボンネ(CUB) 10  

 

<メダリスト>

Haji Aliyev(AZE)
Gadzhimurad Rashidov(RUS)
Vladimer Khinchegashvili(GEO)
ジョリス・ボンネ(CUB)

 

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆男子FS 65kg級日本代表選手と結果

鴨居 正和(かもい まさかず)
年 齢 25歳
出身地 香川県
身 長 167cm
所 属 自衛隊
出身校 山梨学院大学
世界選手権 3回目(※65kg級は初出場)
世界選手権成績
2015年 61kg級(FS)/5位
2014年 61kg級(FS)/18位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(65kg級)/優勝
アジア選手権  (65kg級)/3位
ヤリギン国際大会(65kg級)/20位

 

<男子FS 65kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS65kg級は31選手が出場

【鴨居 正和選手の結果】
1回戦  ●[4-7]Kim Kuk-Gwang(北朝鮮)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Z.Iakobishvili(GEO) 3          
A.Gogayev(RUS) 3     Zurabi Iakobishvili(GEO) 3
M.Gadzhiev(POL) 1     Magomedmurad Gadzhiev(POL) 1
A.Valdés(CUB) 1        

 

3位決定戦   銅メダル
Mustafa Kaya(TUR) 2   Alan Gogayev(RUS)
Alan Gogayev(RUS) 8  
Azamat Nurykau(BLR) 2   Alejandro Valdés(CUB)
Alejandro Valdés(CUB) 4  

 

<メダリスト>

Zurabi Iakobishvili(GEO)
Magomedmurad Gadzhiev(POL)
Alan Gogayev(RUS)
Alejandro Valdés(CUB)

 

 

◆男子FS 70kg級日本代表選手と結果

藤波 勇飛(ふじなみ ゆうひ)
年 齢 21歳
出身地 三重県
身 長 173cm
所 属 山梨学院大学
出身校 いなべ総合学園
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権 (70kg級)/優勝
▼2016年戦績
全日本大学選手権 (70kg級)/優勝
国民体育大会   (65kg級)/優勝
世界ジュニア選手権(66kg級)/3位
全日本学生選手権 (70kg級)/優勝
リオ五輪予選最終戦(65kg級)/11位
JOC杯ジュニア (66kg級)/優勝

 

<男子FS 70kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS70kg級は27選手が出場

【藤波 勇飛選手の結果】
1回戦 ○[7-0]O.Gadjimurad(アゼルバイジャン)
2回戦 ○[11-0]K.Miroslav(ブルガリア)
準々決勝 ○[7-6]H.Moustafa(イラン)
準決勝 ●[3-5]G.James(米国)
3位決定戦 ○ [11-0] E.Zurabi(ジョージア)

惜しくも準決勝敗退となった藤波選手は3位決定戦に回り、ズラビ・エルボソナシビリ選手と対戦。

試合開始早々、5秒でポイントを奪った藤波選手が主導権を握り、エルボソナシビリ選手を圧倒し、テクニカルフォールで勝利。

見事、世界選手権初出場で銅メダルを獲得しました。

↓藤波選手の3位決定戦の模様はこちらから

 

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
James Green(USA) 5          
藤波 勇飛(日本) 3     James Green(USA) 0
Frank Chamizo(ITA) 5     Frank Chamizo(ITA) 8
Yakup Gör(TUR) 2        

 

3位決定戦   銅メダル
Z.Erbotsonashvili(GEO) 0   藤波 勇飛(日本)
藤波 勇飛(日本) 11  
Akzhurek Tanatarov(KAZ) 4   Akzhurek Tanatarov(KAZ)
Yakup Gör(TUR) 2  

 

<メダリスト>

Frank Chamizo(ITA)
James Green(USA)
藤波 勇飛(日本)
Akzhurek Tanatarov(KAZ)

 

 

◆男子FS 74kg級日本代表選手と結果

高谷 惣亮(たかたに そうすけ)
年 齢 28歳
出身地 京都府
身 長 177cm
所 属 ALSOK
出身校 拓殖大学
世界選手権 4大会連続4回目
世界選手権成績
2015年 74kg級(FS)/14位
2014年 74kg級(FS)/銀メダル
2013年 74kg級(FS)/7位
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(74kg級)/優勝
Beat the Street (74kg級)/1敗
ヤリギン国際大会(74kg級)/6位

 

<男子FS 74kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS74kg級は31選手が出場

【高谷 惣亮選手の結果】
1回戦 ○[14-0]G.Grigor(アルメニア)
2回戦 ●[2-12]B.Jordan Ernest(アメリカ)
敗者復活 ●[1-6]S.Ali(ベラルーシ)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Soner Demirtaş(TUR) 0          
Khetag Tsabolov(RUS) 10     Khetag Tsabolov(RUS) 6
Jordan Burroughs(USA) 6     Jordan Burroughs(USA) 9
Bekzod Abdurakhmonov(UZB) 5        

 

3位決定戦   銅メダル
Jabrayil Hasanov(AZE) 0   Soner Demirtaş(TUR)
Soner Demirtaş(TUR) 5  
Ali Shabanau(BLR) 8   Ali Shabanau(BLR)
Bekzod Abdurakhmonov(UZB) 4  

 

<メダリスト>

Jordan Burroughs(USA)
Khetag Tsabolov(RUS)
Soner Demirtaş(TUR)
Ali Shabanau(BLR)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

 

◆男子FS 86kg級日本代表選手と結果

松坂 誠應(まつさか まさお)
年 齢 23歳
出身地 長崎県
身 長 176cm
所 属 自衛隊
出身校 日本体育大学
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権  (86kg級)/優勝
アジア選手権    (86kg級)/10位
デーブ・シュルツ国際(86kg級)/2位

 

<男子FS 86kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS86kg級は34選手が出場

【松坂 誠應選手の結果】
1回戦 ○[5-2]Deepak DEEPAK
2回戦 ●[2-3]Zbigniew BARANOWSKI(ポーランド)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Vladislav Valiev(RUS) 0          
Hassan Yazdani(IRI) 4     Hassan Yazdani(IRI) 10
Boris Makojev(SVK) 6     Boris Makojev(SVK) 0
J'den Cox(USA) 3        

 

3位決定戦   銅メダル
Aleksandr Gostiyev(AZE)   Vladislav Valiev(RUS)
Vladislav Valiev(RUS)  
Mihail Ganev(BUL) 0   J'den Cox(USA)
J'den Cox(USA) 8  

 

<メダリスト>

Hassan Yazdani(IRI)
Boris Makojev(SVK)
Vladislav Valiev(RUS)
J'den Cox(USA)

 

 

◆男子FS 97kg級日本代表選手と結果

赤熊 猶弥(あかぐま なおや)
年 齢 26歳
出身地 福岡県
身 長 180cm
所 属 自衛隊
出身校 拓殖大学
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権(97kg級)/3位
アジア選手権(97kg級)/5位
デーブ・シュルツ国際大会(97kg級)/2敗

 

<男子FS 97kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS97kg級は26選手が出場

【赤熊 猶弥選手の結果】
1回戦 BYE
2回戦 ○[8-3]C.Nicolae(モルドバ)
準々決勝 ●[0-10]S.Kyle(アメリカ)
敗者復活 ●[0-10]M.IBRAGIMOV(カザフスタン)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Kyle Snyder(USA) 9          
Aslanbek Alborov(AZE) 2     Kyle Snyder(USA) 6
Abdulrashid Sadulaev(RUS) 2     Abdulrashid Sadulaev(RUS) 5
Georgy Ketoyev(ARM) 0        

 

3位決定戦   銅メダル
Mamed Ibragimov(KAZ) 2   Aslanbek Alborov(AZE)
Aslanbek Alborov(AZE) 3  
Elizbar Odikadze(GEO) 2   Georgy Ketoyev(ARM)
Georgy Ketoyev(ARM) 2  

 

<メダリスト>

Kyle Snyder(USA)
Abdulrashid Sadulaev(RUS)
Aslanbek Alborov(AZE)
Georgy Ketoyev(ARM)

 

◆男子FS 125kg級日本代表選手と結果

山本 泰輝(やまもと たいき)
年 齢 20歳
出身地 静岡県
身 長 182cm
所 属 拓殖大学
出身校 飛龍高校
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
全日本選抜選手権  (125kg級)/3位
アジア選手権    (125kg級)/3位
デーブ・シュルツ国際(125kg級)/2敗

 

<男子FS 125kg級の結果>

※結果はベスト16より掲載します
※男子FS125kg級は24選手が出場

【山本 泰輝選手の結果】
1回戦 ○[10-0]Dezheng JIANG(中国)
2回戦 ●[6-16]Aiaal LAZAREV(キルギス)

▼トーナメント表を開く

 

▼準決勝 ~ 決勝&3位決定戦

準決勝   決 勝
Taha Akgul(TUR) 10          
Nick Gwiazdowski(USA) 0     Taha Akgul(TUR) 8
Levan Berianidze(ARM) 2     Geno Petriashvili(GEO) 10
Geno Petriashvili(GEO) 12        

 

3位決定戦   銅メダル
N.Zolboo(MGL) 1   Nick Gwiazdowski(USA)
Nick Gwiazdowski(USA) 5  
Anzor Khizriev(RUS) 0   Levan Berianidze(ARM)
Levan Berianidze(ARM) 3  

 

<メダリスト>

Geno Petriashvili(GEO)
Taha Akgul(TUR)
Nick Gwiazdowski(USA)
Levan Berianidze(ARM)

 

 

▼レスリング世界選手権関連記事
女子(フリースタイル)の日本代表と結果

男子(グレコローマン)の仁保代表と結果

メダリスト&日本勢の結果まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, レスリング, 世界選手権

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.