スポーツ 東京五輪 マスコット

東京五輪マスコット最終候補3作品が発表!!投票による決定はいつ?

更新日:

2017年11月16日、2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、一般公募した東京五輪マスコットの最終候補3作品を12月7日(木)に公表すると発表。

4度の選考を経て、いよいよ最終段階に来た東京五輪マスコット。果たして、小学生による投票でどんなマスコットが、東京五輪の顔になるのか今から楽しみです。

ここでは、東京五輪マスコットの選考の流れや、12月7日に公表される最終候補3作品、そして東京五輪のマスコットがいつ発表され、どのマスコットに決定したのかをご紹介します。

<2017年12月7日追記>
2020年東京五輪のマスコット最終候補3作品が発表されましたので、情報を更新しました。

 

スポンサーリンク

 

東京五輪マスコット選考の流れと選考メンバー

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は、一般公募した東京五輪マスコットの最終候補3作品を12月7日(木)に公表すると発表。

ここに至るまで、マスコット審査会メンバーや、東京都職員が審査を行いました。ここでは、マスコット審査会メンバーと、最終選考までの流れをご紹介します。

<マスコット審査会メンバー>

▼座長
宮田亮平

文化庁長官

▼副座長
生駒芳子

ファッション・ジャーナリスト
アート・プロデューサー

▼委員
あんびるやすこ

絵本作家
一般社団法人日本児童出版美術家連盟理事
一般社団法人日本美術著作権連合副理事長

石井リーサ明理
照明デザイナー

石川和子
一般社団法人日本動画協会理事長

垣内俊哉
株式会社ミライロ代表取締役社長

官浪辰夫
デザインコンサルタント

北原照久
株式会社トーイズ 代表取締役
ブリキのおもちゃ博物館 館長

杉山愛
スポーツコメンテーター
元プロテニスプレーヤー

田口亜希
パラリンピック射撃日本代表
一般社団法人パラリンピアンズ協会理事

鳥嶋和彦
株式会社白泉社 代表取締役社長

中川翔子
歌手、タレント

長澤忠徳
武蔵野美術大学 学長

夏野剛
慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科特別招聘教授

林いづみ
弁護士
桜坂法律事務所パートナー
中央大学法科大学院客員教授

日野晃博
株式会社レベルファイブ代表取締役社長/CEO

陸川和男
株式会社キャラクター・データバンク代表取締役社長
一般社団法人キャラクターブランド・ライセンス協会理事

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

<最終選考までの審査の流れ>

1.形式要件チェック

(2017年8月22日~23日)

東京2020職員による応募要項の形式要件を満たしているかチェックし、さらに弁護士などによる形式要件(法務)の審査を実施。

応募総数2,042件→1753作品通過

2.デザインチェック

(2017年8月29日~30日)

小学生に対する影響力などを検証し、各企業の専門家を審査員とし、デザイン・プロフィールを審査。

1753作品→98作品通過

 

▼デザインチェック審査員一覧
植田真弘/バンダイ
ボーイズトイ事業部

小野由佳/タカラトミー
ガールズ事業部

井坂尊/集英社
週刊「少年ジャンプ」編集部

古川純平/小学館
コロコロコミック編集部

平尾麻由子/小学館
ちゃお編集部

小堺加奈子/ポプラ社
児童書出版局

上田彩乃/バンダイナムコ
エンターテインメントCS事業部(ゲーム)

青海亮太/スクウェア・エニックス
第6ビジネス・ディビジョン(ゲーム)

内藤圭祐/東映アニメーション
テレビ企画部(アニメーション)

叶多弘和/セガ・インタラクティブ
マーチャンダイジング部(ぬいぐるみ)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

3.マスコット審査会による審査

(2017年9月13日~14日、2017年9月28日)

98作品の中から大会ビジョン、オリンピック・パラリンピックの精神に相応しいものであるかをマスコット審査会による審査を実施。

98作品→16作品通過

4.最終候補3作品の選定

(2017年10月13日)

マスコット審査会が最終候補3作品を選定し、商標調査等の手続きを実施。12月7日に最終候補3作品を公表し、小学生による最終投票へ。

16作品→3作品通過

5.小学生投票

(2017年12月11日~2018年2月22日)

2017年12月11日より、全国各地の小学校(約21,000校超)の学級単位による投票を行い、最多得票の作品が選ばれます。

なお、マスコットのネーミングについては、マスコットのデザイン確定後、別の方法で選考するそうです。

 

◆東京五輪マスコット最終候補3点は?

▼マスコット候補「ア」

マスコット候補アは、青い子がオリンピックマスコット、ピンクの子がパラリンピックマスコットとなります。

↓動画の内容まとめ。

オリンピックマスコット「ア」
伝統と近未未来がひとつになった温故知新なキャラクター

【性格】
古風 最新情報に詳しい
【特徴】
正義感が強い 運動神経バツグン
【特技】
どんな場所にも瞬間移動できる

伝統の市松模様と近未来的な世界観から生まれました

パラリンピックマスコット「ア」
桜の触角と超能力を持つクールなキャラクター

【性格】
物静か いざとなるとパワフル
【特徴】
強い信念 自然を愛する優しさ
【特技】
石や風と話したり、見るだけで物を動かせる

市松模様と桜を力強く表現して生まれました

<五輪マスコットとパラマスコットの関係性>
性格は正反対ですが、お互いを認め合い、大の仲良し。

おもてなしの精神で、みんなを応援するためにベストを尽くします。

 

▼マスコット候補「イ」

マスコット候補イは、赤を基調としたキツネっぽい子がオリンピックマスコット、水色を基調としたライオンっぽい子がパラリンピックマスコットとなります。

↓動画の内容まとめ。

オリンピックマスコット「イ」
日本を温める炎と大地から生まれたキャラクター

【特徴】
足が速い 縁側で昼寝
【役割】
お祭りの活気を伝える
【特技】
炎の尻尾で元気を与える

福を呼ぶ招き猫や神社のキツネをモデルに生まれました

パラリンピックマスコット「イ」
日本を四季を呼ぶ風と空から生まれたキャラクター

【特技】
雲のたてがみで枯れ木に花を咲かせる
【特徴】
軽い身体で空を飛ぶ
【役割】
四季の魅力を伝える

神社の守り神である狛犬をモデルに生まれました

<五輪マスコットとパラマスコットの関係性>
生まれや見た目、性格は違うけど、ふたりは大親友であり、良きライバル。

日本の大地や大空を舞台に競い合い、お互いを高めあっています。

 

▼マスコット候補「ウ」

マスコット候補ウは、キツネっぽい子がオリンピックマスコット、たぬきの子がパラリンピックマスコットとなります。

↓動画の内容まとめ。

オリンピックマスコット「ウ」
日本昔話の世界から飛び出してきたキツネのキャラクター

【特徴】
すばしっこい スポーツ万能
【性格】
人懐っこい リーダータイプ
【味方】
風の精霊

キツネに日本古来の勾玉を組み合わせて生まれました

パラリンピックマスコット「イ」
頭の上の葉っぱを使い、自由に変身するタヌキのキャラクター

【特徴】
おっとりしている 運動神経がいい
【性格】
まわりを楽しませるムードメーカー
【味方】
森の精霊

日本古来の化けるタヌキから生まれました

<五輪マスコットとパラマスコットの関係性>
おめでたい紅白カラーに金の水引を背負ったキツネとタヌキ。

仲が良く、お互いの得意分野を理解し、いつも励ましあっています。

 

いかがでしたでしょうか?キャラクター設定やストーリーがしっかりとしており、どのマスコットが選ばれても東京五輪で大活躍をしてくれそうなマスコットになりそうです。

どのマスコットも優劣つけがたいのですが、個人的には「イ」のマスコットが好みです。

果たして、多くの小学生から支持を受けるのはどのマスコットになるのか…。最終決定が楽しみです♪

 

◆東京五輪マスコット決定はいつ?

東京五輪・パラリンピックのマスコットは、小学生による投票が行われた後、2月下旬ごろに決定マスコットが発表される予定になっています。

 

▼関連記事
オリンピック歴代マスコット

東京五輪2020 全競技種目一覧

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 東京五輪, マスコット

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.