スポーツ ゴルフ 全英オープン

全英オープンゴルフ2017│優勝賞金や出場選手と予選ラウンドの結果は?

更新日:

2017年7月20日から男子ゴルフのメジャー第3戦目となる「第146回全英オープンゴルフ」が開幕します。本大会は世界最古の世界選手権大会で最も歴史と権威があります。

6月に行われた全米オープンゴルフ2017では、日本の松山英樹選手が2位タイと青木功さんに並ぶ、メジャー最高位をマーク。さらに、世界ランキングも日本人初の2位に上昇。全米オープンの勢いのまま松山選手が全英オープンでどんな活躍を見せてくれるか楽しみですね。

ここでは、全英オープン2017の出場選手一覧や出場選手の世界ランキング(全米オープン前後)やテレビ放送、予選ラウンドの結果などをご紹介します。

▼全英オープン2017関連記事
決勝ラウンド(3日目、最終日)の結果やティータイムは?

 

スポンサーリンク

 

◆予選ラウンド結果

イーグル:  、バーディー:  
ボギー:  、ダブルボギー/worse:  

松山 英樹

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN 合計
PAR 4 4 4 3 4 4 3 4 4 34 4 4 3 4 3 5 4 5 4 36 70
Day1 33 35 68
Day2 33 39 72

▼初日
 スコア/-2、順位/T12

▼2日目
 トータルスコア/E、順位/T10

予選通過

▼全英オープン2017関連記事
松山英樹(3日目、最終日)の結果やティータイムは?

 

谷原 秀人

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN 合計
PAR 4 4 4 3 4 4 3 4 4 34 4 4 3 4 3 5 4 5 4 36 70
Day1 38 +3 39 77
Day2 38 37 75

▼初日
 スコア/+7、順位/T142

▼2日目
 トータルスコア/+12、順位/T136

予選落ち

 

池田 勇太

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN 合計
PAR 4 4 4 3 4 4 3 4 4 34 4 4 3 4 3 5 4 5 4 36 70
Day1 36 35 71
Day2 40 39 79

▼初日
 スコア/+1、順位/T58

▼2日目
 トータルスコア/+10、順位/T124

予選落ち

 

宮里 優作

HOLE 1 2 3 4 5 6 7 8 9 OUT 10 11 12 13 14 15 16 17 18 IN 合計
PAR 4 4 4 3 4 4 3 4 4 34 4 4 3 4 3 5 4 5 4 36 70
Day1 36 34 70
Day2 40 +3 42 82

▼初日
 スコア/E、順位/T40

▼2日目
 トータルスコア/+12、順位/T136

予選落ち

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆全英オープン2017出場選手一覧

※世界ランキングは2017年7月16日のもの

世界
ランク
選手名
1ダスティン・ジョンソンUSA
2松山 英樹JPN
3ジョーダン・スピースUSA
4ローリー・マキロイNIR
5セルヒオ・ガルシアESP
6ジェイソン・デイAUS
7ジョン・ラームESP
8ヘンリック・ステンソンSWE
9アレックス・ノーレンSWE
10リッキー・ファウラーUSA
11ブルックス・ケプカUSA
12ジャスティン・ローズENG
13ジャスティン・トーマスUSA
14トミー・フリートウッドENG
15アダム・スコットAUS
16ポール・ケーシーENG
17ラファ・カブレラベロESP
18マット・クーチャーUSA
19フランチェスコ・モリナリITA
20ダニエル・バーガーUSA
21シャール・シュワルツェルRSA
22パトリック・リードUSA
23ルイ・ウーストヘイゼンRSA
24ティレル・ハットンENG
25ケビン・キスナーUSA
26フィル・ミケルソンUSA
27ブライアン・ハーマンUSA
28ケビン・チャペルUSA
29ベルンド・ウィスベルガーAUT
30トマス・ピータースBEL
31ジェイソン・ダフナーUSA
32キム・シウKOR
33ブラント・スネデカーUSA
34マーク・リーシュマンAUS
35ブランデン・グレースRSA
36ウェスリー・ブライアンUSA
37ビル・ハースUSA
38ジミー・ウォーカーUSA
39チャーリー・ホフマンUSA
40マシュー・フィッツパトリックENG
41ダニー・ウィレットENG
42パット・ペレスUSA
43ロス・フィッシャーENG
44ライアン・ムーアUSA
45ビリー・ホーシェルUSA
46エミリアーノ・グリージョARG
47ラッセル・ノックスSCO
48ゲイリー・ウッドランドUSA
49バッバ・ワトソンUSA
50谷原 秀人JPN
51ブレンダン・スティールUSA
52J・B・ホームズUSA
53ラッセル・ヘンリーUSA
54アダム・ハドウィンCAN
55チャールズ・ハウエルⅢUSA
56ウィリアム・マクガートUSA
57リー・ウェストウッドENG
58カイル・スタンリーUSA
59ウェブ・シンプソンUSA
60アン・ビョンフンKOR
61マルティン・カイマーGER
62池田 勇太JPN
63クリス・ウッドENG
64トニー・フィナウUSA
65ワン・ジョンフンKOR
66アンディ・サリバンENG
67アニルバン・ラヒリIND
68ジェームズ・ハーンUSA
70ケビン・ナUSA
71ザック・ジョンソンUSA
72シェーン・ローリーIRL
73ジョナサン・ベガスVEN
74ショーン・オヘアUSA
75スティーブ・ストリッカーUSA
76ソレン・ケルドセンDEN
78イアン・ポールターENG
79アレクサンダー・レビーFRA
80ユースト・ロイテンNED
81ブライソン・デシャンボーUSA
82ディラン・フリテリRSA
83ソービヨーン・オールセンDEN
84ザンダー・ショーフリーUSA
85ジェイミー・ラブマークUSA
87カン・スンKOR
88ピーター・ユーラインUSA
89マーティン・レアードSCO
94ブランドン・ストーンRSA
95ライアン・フォックスNZL
97ファブリツィオ・ザノッティーPAR
100トンチャイ・ジェイディTHA
102パブロ・ララサバルESP
103キム・キョンテKOR
106スコット・ヘンドAUS
107リ コウトウCHN
110マイケル・ヘンドリーNZL
112アンドリュー・ジョンストンENG
115ソン・ヨンハンKOR
116アレクサンダー・ビョークSWE
119デビット・リプスキーUSA
124デビッド・ホーシーENG
126宮里 優作JPN
130ロベルト・カストロUSA
133マシュー・パボンFRA
134パドレイグ・ハリントンIRL
139ロバート・ストレブUSA
145リチャード・ブランドENG
150マイケル・ロレンゾ・ベラFRA
152アーロン・バデリーAUS
154アンドリュー・ドットAUS
158カラム・シンクウィンENG
161キャメロン・スミスAUS
169リッチー・ラムゼイSCO
170チャン・キムUSA
171スチュワート・シンクUSA
172マシュー・サウスゲートENG
196パチャラ・コンワットマイTHA
207ジェイブ・クルーガーRSA
216プラヤド・マークセンTHA
218ジュリアン・スリUSA
234ダレン・フィカートRSA
246ポール・ウェアリングENG
263デビッド・ドリスデールSCO
274セバスチャン・ムニョスCOL
277ショーン・ノリスRSA
279アダム・ブランドAUS
300シブ・カプールIND
373アシュリー・ホールUSA
350ポール・ローリーSCO
364チャン イギュンKOR
417アーニー・エルスRSA
464マシュー・グリフィンAUS
520スチュアート・マンレイWAL
524オースティン・コネリーCAN
560マーク・フォスターENG
561キム・ギワンKOR
632ケント・ブルUSA
627トビー・ツリーENG
752ロバート・ディンウィディーENG
852ローリー・カンターENG
1022ニコラス・マッカーシーENG
1025ダレン・クラークNIR
1273アダム・ホドキンソンENG
1357ライアン・マッカーシーAUS
1739ルカ・チェンケッティ(a)ITA
1241ヘイドン・マカレンENG
1751マーベリック・マクニーリ(a)USA
1837ジョン・デーリーUSA
1951デビッド・デュバルUSA
1957トム・レーマンUSA
1957トッド・ハミルトンUSA
1957サンディ・ライルSCO
1957コナー・サイムSCO
1957アルフィー・プラント (a)ENG
9999ポール・ブロードハーストENG
9999マーク・オメーラUSA
9999ハリー・エリス (a)ENG
9999ジョー・ディーンENG

▼全英オープン2017関連記事
決勝ラウンド(3日目、最終日)の結果やティータイムは?

 

◆全英オープン2017概要

全英オープンは世界最古の世界選手権大会で、第1回大会は1860年に行われました。4大メジャー大会のなかで、最も威厳のある大会となっています。

<開催期間>
2017年7月20日~7月23日

2日間の予選ラウンドを行い、36ホール終了時点で70位タイまでの選手が残り2日間の決勝ラウンドに進出することができます。

<賞金総額と優勝賞金>
今年の全英オープンは、ポンドから米ドルに変更になると全英ゴルフ協会が発表。イギリスがEU連合からの脱退した影響や現在の外貨市場を考えて判断したということです。

賞金総額:1025万ドル(約11億4800万円)
優勝賞金:184万5000ドル(約2億1000万円)
2位   :106万ドル(約1億2000万円)

ちなみに、前回大会は

賞金総額:650万ポンド(約8億5700万円)
優勝賞金:117万5000ポンド(約1億5500万円)
2位賞金:67万5000ポンド(約8900万円)
3位賞金:43万3000ポンド(約5700万円)

 

<テレビ放送予定>
▼放送局
テレビ朝日系列

▼日時
・1日目/7月20日(木)
 午後11時15分~翌4時00分

・2日目/7月21日(金)
 午後11時15分~翌4時00分

・3日目/7月22日(土)
 午後11時05分~翌4時00分

・最終日/7月23日(日)
 午後9時58分~翌2時40分

 

◆全英オープン出場の日本選手

カッコ内は全米オープン2017終了後の世界ランキング(2017.7.16)

松山 英樹(2位)
谷原 秀人(50位)
池田 勇太(62位)
宮里 優作(126位)

 

<全英オープン日本選手の主な成績>
青木 功
1978年、1979年、1988年/7位タイ

倉本 昌弘
1982年/4位タイ

中嶋 常幸
1986年/8位タイ

丸山 茂樹
2002年/5位タイ

谷原 秀人
2006年/5位タイ

松山 英樹
2013年/6位タイ

 

<全英オープン2016 日本選手の成績>
池田 勇太/72位タイ
市原 弘大/79位タイ
今平 周吾/予選落ち(89位タイ)
宮里 優作/予選落ち(111位タイ)
松山 英樹/予選落ち(111位タイ)
谷原 秀人/予選落ち(122位タイ)
塚田 陽亮/予選落ち(130位タイ)
小平  智/予選落ち(138位タイ)

優勝者/ヘンリク・ステンソン(スウェーデン)

▼全英オープン2017関連記事
決勝ラウンド(3日目、最終日)の結果やティータイムは?

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, ゴルフ, 全英オープン

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.