スポーツ 卓球

世界卓球2017│日本代表選手の世界ランキングや日程・テレビ放送は?

投稿日:

2017年5月29日(月)からドイツのデュッセルドルフで、世界卓球選手権2017が開幕。

女子シングルスではアジア選手権で並み居る中国選手を撃破し、金メダルを獲得した平野美宇選手に世界1位の期待がかかります。また、リオ五輪でメダルを獲得した水谷隼選手や石川佳純選手をはじめ、五輪組の活躍にも期待。

ここでは、世界卓球2017に出場する日本代表選手や大会日程、テレビ放送予定をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆世界卓球2017 大会概要・日程など

<大会概要>
▼2017年世界卓球選手権ドイツ大会(個人戦)
期 間/2017年5月29日(月) ~ 6月5日(月)
開催場所/ドイツ・デュッセルドルフ

<試合日程>

5月29日(月)/大会1日目
予選
5月30日(火)/大会2日目
男子ダブルス 1回戦
女子ダブルス 1回戦
混合ダブルス 1回戦・2回戦
5月31日(水)/大会3日目
男子シングルス 1回戦
女子シングルス 1回戦・2回戦
男子ダブルス  2回戦
女子ダブルス  2回戦
6月1日(木)/大会4日目
男子シングルス 2回戦
女子シングルス 3回戦
男子ダブルス  3回戦
女子ダブルス  3回戦
混合ダブルス  3回戦・準々決勝
6月2日(金)/大会5日目
男子シングルス 3回戦
女子シングルス 4回戦・準々決勝
男子ダブルス  準々決勝
女子ダブルス  準々決勝
6月3日(土)/大会6日目
男子シングルス 4回戦
女子シングルス 準決勝
男子ダブルス  準決勝
混合ダブルス  準決勝・決勝
6月4日(日)/大会7日目
男子シングルス 4回戦・準々決勝
女子シングルス 決勝
男子ダブルス  決勝
6月5日(月)/大会8日目
男子シングルス 準決勝・決勝
女子ダブルス  準決勝・決勝

 

<テレビ放送>
▼テレビ東京
5月31日(水)/21:00~22:48

6月1日(木)/19:00~22:48

6月2日(金)/19:00~21:00

※以降、詳細が分かり次第追記します
※放送予定が変わる場合があります

・出演者
メインキャスター:福澤 朗
解説:
宮﨑 義仁(前日本代表男子監督)
河野 正和(前ジュニアナショナルチーム監督)
樋浦 令子(元日本代表)
平野 早矢香(ロンドン五輪団体銀メダリスト)

実況:中川 聡、増田 和也
リポーター:鷲見 玲奈
※テレビ東京アナウンサー

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆世界卓球2017 出場選手一覧

※( )は世界ランキング(2017年5月3日付)

<男子日本代表>

水谷 隼(6位)
木下グループ

丹羽 孝希(11位)
スヴェンソン

松平 健太(18位)
ホリプロ

大島 祐哉(22位)
エースクルーエンタテイメント

村松 雄斗(28位)
東京アート

吉村 真晴(30位)
名古屋ダイハツ

森薗 政崇(63位)
明治大学

張本 智和(69位)
JOCエリートアカデミー

田添 健汰(119位)
専修大学

<女子日本代表>

石川 佳純(6位)
全農

伊藤 美誠(10位)
スターツSC

加藤 美優(32位)
日本ペイントホールディングス

平野 美宇(8位)
JOCエリートアカデミー/大原学園

佐藤  瞳(10位)
ミキハウス

早田 ひな(16位)
希望が丘高校

前田 美優(66位)
日本生命

 

<エントリー種目>

▼男子シングルス
水谷 隼、丹羽孝希、松平健太
村松雄斗、張本智和

▼女子シングルス
石川佳純、伊藤美誠、加藤美優
平野美宇、佐藤 瞳

▼男子ダブルス
大島祐哉&森薗政崇

吉村真晴&丹羽孝希

▼女子ダブルス
石川佳純&平野美宇

伊藤美誠&早田ひな

▼混合ダブルス
吉村真晴&石川佳純

田添健汰&前田美優

 

●まとめ

卓球の国際大会で、権威ある大会のひとつでもある世界卓球。この大会で優勝することは卓球選手として非常に名誉のあること。

その金メダルに女子シングルス、平野美宇選手がすぐそこまで来ています。やはり、アジア選手権で中国のトップ3を撃破したというインパクトは大きいです。

また、平野選手のあのあっけらかんとした性格から、変にプレッシャーを感じずいつもどおり世界卓球の大舞台でもプレーしてくれそうです。なお、平野選手が世界選手権でもし、金メダルを獲得するとなると48年ぶりの偉業となります。

一方、男子では成長著しい張本智和選手がどんな雄叫び…いや、どんなプレーで会場を沸かせてくれるのか楽しみです。この世界卓球で世界ランキングを大幅に上げて、波に乗ってほしい所ですね。

ちなみに、石川佳純選手は女子シングルス・ダブルス・混合ダブルスの3種目に唯一出場します。かなり、タフな大会になるでしょうが、何としてもメダルを獲得してほしいですね。

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 卓球

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.