リオ五輪 選手プロフィール 水泳 競泳

2016年リオ五輪/競泳「トビウオジャパン」男子代表選手一覧

更新日:

トビウオジャパン

日本水泳連盟は、リオデジャネイロ五輪の代表選手を発表しました。男女合わせて34人が選出されました。そのうち、男子が17人中12人、女子は17人中9人と21人が五輪初出場となります。

代表選考会で北島康介さんの五輪5大会連続出場も注目されましたが、残念ながら出場を逃すこととなりました。ただ、引退表明をしたあとテレビ番組に出演している北島さんの表情を見ると、やることはやり切ったというすっきりした表情が印象に残りました。本当にお疲れ様でした。

それでは2016年8月6日より始まる競泳の男子日本代表選手をご紹介します。ちなみに代表の愛称は「トビウオジャパン」です。

競泳女子代表はこちらから
2016年リオ五輪/競泳「トビウオジャパン」女子代表選手一覧

 

スポンサーリンク

 

自由形

s-萩野 公介

萩野 公介
はぎの こうすけ
1994年8月15日(22歳)
栃木県小山市出身
177cm
71kg
出身校:作新学院
所属:東洋大学
五輪:ロンドン、リオ
主な戦績
2012年ロンドン五輪
400m個人メドレー:銅メダル
リオ五輪出場種目
200m自由形、200m個人メドレー
400m個人メドレー、4×200mフリーリレー
自己記録
200m自由形   :1分45秒23(日本記録)
200m個人メドレー:1分55秒07(日本記録)
400m個人メドレー:4分07秒61(日本記録)

※萩野さんは、リオデジャネイロ五輪の競泳日本代表副将を務めます。

<萩野選手略歴>
幼少期は両親の方針でピアノに英会話なども含む、色々な習い事をしていた萩野選手。その中でも一番熱心に取り組んだのが水泳だったそうです。

幼稚園児のころから選手育成コースで鍛えられ、その実力は小学校2年でジュニアオリンピック優勝を果たすほど。「天才小学生スイマー」と呼ばれ、早いうちから将来の五輪選手として期待されていました。

高校に入学した2010年の日本選手権では、400m個人メドレーで2位。2012年の同大会では400m個人メドレーで日本新記録をマークし、同種目でのロンドン五輪代表選手に確定しました。

ロンドン五輪では同種目で日本新記録を更新し、銅メダルを獲得する快挙を遂げました。

2013年には同じく日本選手権で400m個人メドレーと200m個人メドレーで日本新記録を出し優勝。これらの種目以外でも3種目で優勝し5冠を達成しました。

2014年のアジア大会では金メダル4個、銀メダル1個、銅メダル2個という記録を残して大会MVPに。
現在の日本男子競泳のエースとしていかんなく実力を発揮しています。また、これらの活躍から、萩野選手自身が目標としているアメリカの競泳選手、マイケル・フェルプスになぞらえて「和製フェルプス」と呼ばれることも。

前回のロンドン五輪では日本競泳陣一番目のメダルをもたらし、その後のチームの活躍に一役買った萩野選手。

17歳だった当時を振り返って、ラッキーだったと評しました。リオ五輪では幼少のころからの憧れ、史上最高のスイマーと呼ばれるフェルプス選手と再度対戦します。

190㎝のフェルプス選手に対し、萩野選手は177㎝とリーチでは負けていますが、30歳の相手に対して萩野選手はまだ21歳。

10代で出場したロンドン五輪から4年、名実ともに日本のエースに成長しました。優勝する自信はあるときっぱり言い切る萩野選手が、再び踏む五輪の舞台でどんな活躍を見せるのでしょうか。

 

 

s-中村克

中村 克
なかむら かつみ
1994年2月21日(23歳)
東京都出身
183cm
75kg
出身校:早稲田大学
所属:イトマン東進
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/50m自由形:優勝、100m自由形:優勝
2015年ワールドカップ東京/50m自由形 優勝、100m自由形 優勝
リオ五輪出場種目
50m自由形、100m自由形
4×100mフリーリレー、4×100mメドレーリレー
自己記録
50m自由形  :21秒90
100m自由形:48秒25(日本記録)

 

s-塩浦慎理

塩浦 慎理
しおうら しんり
1991年11月26日(25歳)
神奈川県伊勢原市
188cm
89kg
出身校:中央大学
所属:イトマン東進
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/50m自由形:2位、100m自由形:2位
2015年ジャパンオープン/50m自由形:優勝、100m自由形:2位
リオ五輪出場種目
50m自由形、100m自由形、4×100mフリーリレー
自己記録
50m自由形:21秒88(日本記録)
100m自由形:48秒51

 

s-小長谷研二

小長谷 研二
こばせ けんじ
1987年7月31日(29歳)
北海道札幌市
180cm
79kg
出身校:中央大学
所属:岐阜西SC
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/100m自由形:3位
リオ五輪出場種目
4×100mフリーリレー
自己記録
50m自由形:22秒72
100m自由形:48秒99

 

s-古賀淳也

古賀 淳也
こが じゅんや
1987年7月19日(29歳)
埼玉県熊谷市
181cm
72kg
出身校:早稲田大学
所属:第一三共
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/100m背泳ぎ:3位
2014年仁川アジア大会/50m背泳ぎ:優勝
リオ五輪出場種目
4×100mフリーリレー
自己記録
50m背泳ぎ:24秒24
100m背泳ぎ:52秒26

 

s-松田丈志

松田 丈志
まつだ たけし
1984年6月23日(33歳)
宮崎県延岡市
184cm
83kg
出身校:中京大学
所属:セガサミー
五輪:北京、ロンドン、リオ
主な戦績
2012ロンドン五輪/200mバタフライ:銅、400mメドレーリレー:銀
2008北京五輪/200mバタフライ:銅メダル
リオ五輪出場種目
4×200mフリーリレー
自己記録
200mバタフライ:1分52秒97(日本記録)
800m自由形  :7分49秒65(日本記録)

 

s-江原騎士

江原 騎士
えはら ないと
1993年7月30日(23歳)
山梨県甲府市
172cm
59kg
出身校:山梨学院大学
所属:自衛隊
五輪:初出場
主な戦績
2015年ジャパンオープン/400m自由形 2位、1500m 3位
2015年ユニバーシアード/200m自由形 4位、800mリレー 3位
リオ五輪出場種目
400m自由形、4×200mフリーリレー
自己記録
200m自由形:1分48秒07
400m自由形:3分48秒70

 

s-小堀勇気

小堀 勇気
こぼり ゆうき
1993年11月25日(23歳)
石川県能美市出身
183cm
77kg
出身校:日本体育大学
所属:ミズノ
五輪:ロンドン、リオ
主な戦績
2015年世界水泳/400mリレー 6位
2014年パンパシフィック選手権/800mリレー 2位
2014年アジア大会/800mリレー 優勝
リオ五輪出場種目
4×200mフリーリレー
自己記録
200m自由形:1分47秒27
200mバタフライ:1分55秒08

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

背泳ぎ

s-入江陵介

入江 陵介
いりえ りょうすけ
1990年1月24日(27歳)
大阪府大阪市出身
178cm
64kg
出身校:近畿大学
所属:イトマン東進
五輪:北京、ロンドン、リオ
主な戦績
2012年ロンドン五輪/200m背泳ぎ 銀メダル、
400mメドレーリレー 銀メダル、100m背泳ぎ 銅メダル
2008年北京五輪/200m背泳ぎ 5位
リオ五輪出場種目
100m背泳ぎ、200m背泳ぎ、4×100mメドレーリレー
自己記録
50m背泳ぎ :24秒79
100m背泳ぎ:52秒24秒 (日本記録)
200m背泳ぎ:1分52秒51(日本記録)

<入江選手略歴>
乳児のころからスイミング教室に通って水に親しみ、小学2年生から五輪競泳選手を多く輩出するイトマンスイミングスクールの玉出校へ。

中学に入学してからは背泳ぎの選手として活躍しました。高校時代は高校総体日本選手権アジア大会などの200m背泳ぎ部門で多数優勝を経験。
2008年の日本選手権の200m背泳ぎで派遣標準記録を達成し優勝したことで、同年の北京五輪の代表選手に選出されました。

北京五輪では同種目で5位入賞という成績を残しています。ロンドン五輪以降も世界大会で複数のメダルを獲得し、2012年のロンドン五輪の代表選手となります。

2度目のロンドン五輪では、100m背泳ぎで銅メダル200m背泳ぎと400mメドレーリレーで銀メダルと、3つのメダルを獲得しました。

しかしその後思うような成績が残せず、また椎間板ヘルニアに罹るなど体調面でも低迷した時期が続きました。

それでも入江選手は今年のリオ五輪代表選考会を兼ねた日本選手権では、体調不良をおして100mと200m背泳ぎで優勝。200m背泳ぎに至っては前人未到のV10を達成し、リオ五輪代表に決まりました。

今回のリオで五輪は3度目となる入江選手。ロンドン五輪後の不調時には現役続行への意欲も失われていたそうですが、見事に復活。

そのきっかけになったのは、2014年のソチ冬季五輪に出場していた、フィギュアスケートの浅田真央選手の姿だったとか。

最高の演技をすることだけに集中していた浅田選手を見て、自分にできる最高のパフォーマンスを追求することが大事だと気持ちを切り替えることができたのだそうです。

現在26歳の入江選手は、リオ五輪の競泳チームの中では年長組の一人。

シドニー五輪から4大会に出場し続けた北島康介選手がいない今、日本競泳チームを牽引する存在として頼られています。

今のところ2020年の東京オリンピックは視野に入れていないと話している入江選手ですが、この度のリオ五輪で完全燃焼、渾身の泳ぎを見せてほしいと思います。

 

s-長谷川純矢

長谷川 純矢
はせがわ じゅんや
1993年12月13日(23歳)
静岡県島田市出身
179cm
69kg
出身校:中京大学
所属:ミキハウス
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/100m背泳ぎ 2位
2015年日本学生選手権/100m背泳ぎ 3位
2015年ユニバーシアード/50m背泳ぎ 優勝、100m背泳ぎ 優勝
リオ五輪出場種目
100m背泳ぎ
自己記録
50m背泳ぎ :25秒22
100m背泳ぎ:53秒49

 

s-金子雅紀

金子 雅紀
かねこ まさき
1992年3月27日(25歳)
埼玉県川越市出身
181cm
75kg
出身校:筑波大学大学院
所属:YURAS
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/200m背泳ぎ 2位
2015年日本選手権/100m背泳ぎ 2位、200m背泳ぎ 2位
リオ五輪出場種目
背泳ぎ200m
自己記録
100m背泳ぎ:53秒56
200m背泳ぎ:1分56秒30

 

 

平泳ぎ

s-小関也朱篤

小関 也朱篤
こせき やすひろ
1992年3月14日(25歳)
山形県鶴岡市出身
188cm
84kg
出身校:日本体育大学
所属:ミキハウス
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/100m平泳ぎ 優勝
2016年コナミオープン/平泳ぎ100m 優勝、200m平泳ぎ 優勝
リオ五輪出場種目
100m平泳ぎ、200m平泳ぎ、4×100mメドレーリレー
自己記録(短水路)
100m平泳ぎ:56秒34
200m平泳ぎ:2分02秒03

<小関選手略歴>
高校までは全くの無名で過ごし、2009年の日本高等学校選手権水泳競技大会で100m平泳ぎ3位の記録が残るのみ。

日体大に進学した頃からトレーニングに力を入れ、3年生の時には本格的に平泳ぎに転向。

2013年のジャパンオープン男子100m平泳ぎで北島康介選手に肉薄する泳ぎで2位、日本代表として出場した夏季ユニバーシアード優勝を飾るなど、目覚ましい活躍を見せました。

さらに2014年には、短水路競泳日本選手権で50m・100m・200m平泳ぎで3冠、日本選手権で100m平泳ぎ優勝、ジャパンオープン200m平泳ぎ優勝と、やや遅咲きながら素晴らしい成績を残しました。

今年の日本選手権では100m平泳ぎは五輪代表を逃しましたが、200m平泳ぎで代表入りしたほか400mメドレーリレーにも出場決定。

北島康介選手に代わり、日本の平泳ぎを牽引する存在として大きな注目を集めています。

リオ五輪代表入りを決めた直後には、「金メダルを獲って初めて一人前」とコメントし気を引き締めていました。

 

s-渡辺一平

渡辺 一平
わたなべ いっぺい
1997年3月18日(20歳)
大分県津久見市出身
193cm
76kg
出身校:佐伯鶴城高校
所属:早稲田大学
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/200m平泳ぎ 2位
リオ五輪出場種目
100m平泳ぎ、200m平泳ぎ
自己記録
200m平泳ぎ:2分8秒83

 

バタフライ

s-瀬戸大也

瀬戸 大也
せと だいや
1994年5月24日(23歳)
埼玉県毛呂山町出身
174cm
72kg
出身校:早稲田大学在学中
所属:JSS毛呂山
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/200mバタフライ 優勝
2015年世界水泳選手権/400m個人メドレー 金メダル
2014年パンパシフィック水泳選手権/200mバタフライ 金メダル
リオ五輪出場種目
200mバタフライ、400m個人メドレー
自己記録(短水路)
200mバタフライ:1分48秒92(日本記録)
400m個人メドレー:3分56秒33(日本記録)

<瀬戸選手略歴>
小学校入学前から水泳を始め、小学校時代にはすでに4泳法すべてで全国大会に出場し活躍していました。

萩野公介選手とはジュニア時代からのライバル。競技大会で競り合う場面が多々ありました。

中学時代はジュニアオリンピックで400m個人メドレー優勝などの成績を収めています。

高校時代はインターハイを400m個人メドレーで3連覇するなど才能を発揮し、ロンドンオリンピック代表の有力候補とされていました。しかし、2012年の日本選手権では辛くも萩野選手に競り負け、五輪出場を逃してしまいました。

2013年には世界選手権に代表として出場、400m個人メドレーで並み居るライバル選手を抑えて金メダルを獲得。

2014年は飛躍の年となり、世界短水路選手権での400m個人メドレー、パンパシフィック水泳選手権とアジア大会での200mバタフライで金メダルを獲得したほか、多数のメダルを手にしました。

2015年には世界水泳400m個人メドレーで、2013年以来2度目となる金メダルを獲得。この成績でいち早く同種目でのリオ行き内定を勝ち取りました。

さらに今年の日本選手権では200mバタフライで派遣標準記録を切り、この種目でもリオ五輪代表選手に選ばれました。

今回五輪初出場となる瀬戸選手。同じ400m個人メドレーに出場するライバル・萩野選手とは、ゴールデンウィーク返上で行われた代表合宿で、互いに刺激を与えながら良い練習ができた様子。

前回のロンドン五輪で日本競泳チームはメダルを量産しましたが、唯一金メダルの獲得はなりませんでした。

今回は「複数の金メダル」を目標に掲げている日本競泳チームですが、金メダル有力候補の一人として期待されているのが瀬戸選手です。

過去の金メダリストたちのインタビューを見まくって、勝つためのイメトレも繰り返し行ったとか。

瀬戸選手にとっての初五輪で金メダル、決してただの夢ではありません。

 

s-坂井聖人

坂井 聖人
さかい まさと
1995年6月6日(22歳)
福岡県柳川市出身
182cm
72kg
出身校:柳川高校
所属:早稲田大学
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/200mバタフライ 2位
2015年ジャパンオープン/200mバタフライ 2位
リオ五輪出場種目
200mバタフライ
自己記録(短水路)
100mバタフライ:52秒98
200mバタフライ:1分55秒08

 

s-藤井拓郎

藤井 拓郎
ふじい たくろう
1985年4月21日(32歳)
大阪府河内長野市出身
184cm
75kg
出身校:早稲田大学
所属:コナミスポーツクラブ
五輪:北京、ロンドン、リオ
主な戦績
2009年~2016年日本選手権/100mバタフライ(8連覇)
2012年ロンドン五輪/400mメドレーリレー 銀メダル
2008年北京五輪/400mメドレーリレー銀メダル
リオ五輪出場種目
100mバタフライ、4×100mメドレーリレー
自己記録(短水路)
100m自由形:48秒49
100mバタフライ:51秒24

 

 

個人メドレー

s-藤森太将

藤森 太将
ふじもり ひろまさ
1991年8月7日(25歳)
神奈川県横浜市出身
176cm
70kg
出身校:日本体育大学
所属:ミキハウス
五輪:初出場
主な戦績
2016年日本選手権/200m個人メドレー 2位
2015年ワールドカップ東京/200m個人メドレー 金メダル
リオ五輪出場種目
200m個人メドレー
自己記録(短水路)
200m個人メドレー:1分57秒66

 

 

競泳男子代表出場種目一覧表

s-男子代表まとめ

 

まとめ

代表選手たちがリオ五輪に向けて厳しいトレーニングをしていると思います。

ただ、オリンピックのような大きな大会では、どれだけトレーニングを積んでも緊張や不安をぬぐうことは難しいことだと思われます。

こんな時、圧倒的な強さを誇る選手がいれば、周りの選手たちも安心できるということを耳にします。今回の五輪からは絶対的なチームの柱として存在していた北島康介さんはいません。
ですが、勝負の世界なので、いずれは世代交代はおとずれます。そんな中で、今回出場する選手たちがどんなチームワークを見せてくれるか楽しみです。

また、萩野選手、入江選手、小関選手などメダルを獲得できる選手が多数います。

彼らを中心に「トビウオジャンパン」がリオデジャネイロで最高のパフォーマンスを見せてくれることを期待しています!

男子の試合結果はこちらから
2016リオ五輪・競泳男子/代表選手成績とメダル一覧

競泳女子代表はこちらから
2016年リオ五輪/競泳「トビウオジャパン」女子代表選手一覧

試合日程、放送局、放送時間はこちらから
2016リオ五輪・競泳/試合日程・放送日・放送時間と結果は?

その他の競技はこちらのリンクからご覧ください
2016年第31回リオデジャネイロ五輪/全競技28種目一覧と日程

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-リオ五輪, 選手プロフィール, 水泳, 競泳

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.