社会 社会問題

第5回ブラック企業大賞2016/ノミネート企業が発表!!大賞は?

更新日:

s-title_black

・「なぜだろう 社員のほとんど 20代」
・「辞められない 身体を壊す その日まで」
・「いい社員 使い勝手が いい社員」
・「残業代 出たら年収 一千万」

いきなりですが、上記の川柳のように、違法な条件で働かせ、過重な労働を課して心身ともに消耗品のようにしか扱わない「ブラック企業」。

社会問題にもなっており、我々が働く労働環境は悪化の一途をたどっています。

さて、弁護士やジャーナリストなどで構成する「ブラック企業大賞企画委員会」は、12月1日にこういった問題がある企業を指摘する「第5回ブラック企業大賞2016」のノミネート企業(法人)10社を発表。

今回、厚生労働省が複数の事業所で違法な長時間労働を行う企業に対して、初めて企業名を公表するなどの動きがありました。

ただでさえ、日本の人口減少により労働力が減っている現状なのに、その労働者を叩き潰すブラック企業の自分本位の労働環境を早急に改めるべきです。

それでは、ブラック企業大賞の概要やノミネート企業、過去大賞に選ばれた企業をご紹介します。
※結果が分かり次第追記します
※冒頭の川柳は書籍「ブラック企業川柳 残業代 出たら年収 一千万」より

<2016.12.23追記>
12月23日、大賞等が発表されましたので追記しました

 

スポンサーリンク

 

大賞決定

2016年12月23日(金)、「ブラック企業大賞2016」の授賞式が都内にて行われました。受賞企業は以下になります。

<大賞>
株式会社 電通

<WEB投票賞・特別賞>
日本郵便株式会社

<業界賞>
株式会社プリントパック

ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)

<ブラックバイト賞>
DWE Japan(「しゃぶしゃぶ温野菜」FC企業)

大方の予想通り「電通」が選出されました。大賞に選ばれたことで、電通に追い込まれ自殺を選んでしまった方々や遺族の無念が晴れることはないでしょう。しかし、世間にどういう企業なのか明らかにし、電通の労働環境を改めるにはある程度の効果はあったりするのではないでしょうか?

ちなみに、このブラック企業大賞に関して、個人的に違和感を少し感じます。それは、「大賞」や「特別賞」などといった響きに関してです。

細かいことですが、やはり亡くなられた方がおり、褒められることではないものに「賞」などといった言葉を使うのはどうかと思います。悪ふざけとも取れますよね。

「賞」などという言葉を使用せず、例えば「ブラック企業ワースト1」とか、もっと別の言葉を選んでみてはと思いました。

まあ、労働基準監督署などの機関がビシバシ取り締まるのであれば、こんな「ブラック企業大賞」なんてものはないのでしょうが…。

 

ブラック企業大賞概要

ブラック企業大賞とは

運営の主体は「ブラック企業大賞企画委員会」であり、作家や弁護士や大学教授などで構成されています。

ブラック企業の個別の事例はもちろんのこと、それらブラック企業を生み出す背景や社会構造の問題を広く伝え、誰もが安心して働ける環境をつくることを目指すことを目的としています。

 

ブラック企業大賞でのブラック企業の定義

1.労働法やその他の法令に抵触し、またはその可能性があるグレーゾーンな条件での労働を、意図的・恣意的に従業員に強いている企業。

2.パワーハラスメントなどの暴力的強制を常套手段として従業員に強いる体質を持つ企業や法人(学校法人、社会福祉法人、官公庁や公営企業、医療機関なども含む)。

 

大賞発表やウェブ投票

<ウェブ投票>
下記のサイトにて投票ができます。
第5回ブラック企業大賞 ウェブ投票

<投票期間>
2016年12月1日(木)~12月22日(木)17:00

<大賞の発表日>
大賞の決定は、インターネットでの一般投票などを経て、2016年12月23日(金・祝日)の授賞式で大賞が発表されます。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

第5回ブラック企業大賞2016ノミネート

株式会社エイジス

(棚卸し代行業者)
4か所の営業所で合計63人の従業員が月100時間を超える残業を違法にさせられていました。全国初のケースとして、厚生労働省から企業名を公表されました。

 

株式会社 電通

(広告代理店)
日本において最大手企業としても有名。2015年新入社員が長時間労働の末に自殺。また、3年前には30歳の男性社員の病死が過労死と認定。13年前にも入社2年目の男性社員の自殺が過労死と認定されています。

ちなみに、社長セッション(社長から社員に向けての説明会)のあと、出待ち取材で「自浄能力がない会社だなと思う」等の感想を述べた20代社員に対して、始末書を書かせて「戒告」の懲戒処分を下していたことが発覚。

この社員の言うように、本当に自浄作用はなかったようです。

 

株式会社 ドン・キホーテ

(ディスカウントストア)
関東地方を中心にディスカウントストアを展開する企業。町田駅前店など都内3店舗の従業員4人に対し、労使協定で定めた3カ月120時間を42~287時間超える時間外労働をさせた疑い。

同社と男性執行役員ら8人を書類送検しましたが、8人は不起訴処分となりました。東京簡裁は罰金50万円の略式命令を出し、同社は納付。

 

株式会社プリントパック

(印刷業)
同社では過密労働で離職率も高く、「過労死ライン」である月80時間前後の残業を労働者に強いていました。

これに対し、労働者は組合を結成するも会社側は組合員に配転を命じたり、残業時間の長さを会社への貢献度と査定して、組合員に対し昇給差別や夏季・年末一時金などのボーナスを支給しないなどの扱いをしました。

ここのホームページを見ればわかりますが、「安い」「早い」「送料無料」などの謳い文句やメニューの”超特急便”など、全部社員に煽りがいってそうですね。多分、ギリギリの人数で仕事を裁いていそうな気がします。

 

関西電力株式会社

(近畿地方などを営業区域にする電力会社)
2016年4月20日、高浜原発1、2号機の運転延長申請を担当していた管理職の男性が自殺。男性は技術系管理職で、工事計画を担当。

期限までに規制委の審査手続きを終えなければ廃炉が濃厚とされていた高浜原発1・2号機の申請で使う、設備の詳細設計をまとめる仕事を担当。

審査手続きの申請資料にミスが見つかるたびに、原子力規制委員会の対応に追われ、1か月最大200時間に達したり、ホテルに滞在しながら業務に当たっていたそうです。

廃炉が濃厚だったといわれており、男性に相当プレッシャーがかかっていたと見られています。

 

佐川急便株式会社

(運送事業)
佐川急便に入社し経理を担当していた男性が、約1年後に自殺。直属の上司から日常的に仕事のミスで注意を受け、自殺する直前にはエアガンで撃たれたり、唾を吐きかけられたりする暴行や嫌がらせを受けていました。

男性はうつ病になり退職を訴えるも上司は「そんなの関係ない」と一蹴し、残務処理を指示していたそうです。

ちなみに、学生時代のバイト先の道を挟んだところに佐川急便の集荷場がありました。そこからは「お前ら、さっさと荷物を入れろや、ボケッ!!」なんていう叫び声が拡声器かマイクかを通じて、佐川急便の敷地外まで聞こえてきたことがありました(( ;゚Д゚))ブルブル

 

サトレストランシステムズ株式会社

(飲食業)
「和食さと」「すし半」などを全国展開する飲食店。

従業員に対し、長時間労働や残業代の未払いなどで、全国の労働基準監督署から18回におよぶ指導を受けるも改善が見られなかったことから、2015年12月、大阪労働局の過重労働撲滅特別対策班が強制捜査(かとく)に踏み切りました。

かとくの強制捜査を受け、同社は調査委員会を発足。その結果、約650人の従業員に対して総額4億円あまりの未払い賃金が判明しました。未払い賃金は支払われたそうです。

 

宗教法人 仁和寺

世界文化遺産にも登録されている京都市右京区にある真言宗御室派の総本山寺院。

仁和寺が境内で運営する宿坊の元料理長の男性が、長時間労働により精神疾患を発症しました。男性は2004年12月に正規採用され、翌年に料理長として調理や献立作成などを担当。

しかし、2011年春頃から時間外労働が毎月140時間を超過、多い月では240時間以上に達しました。さらに、年間の勤務日数が”356日”(うち”349日”は連続して出勤)という状況だったそうです。

男性は同寺を相手取り提訴。京都地裁は男性の訴えを認め、同寺に約4200万円の支払いを命じました。控訴はされず判決は確定しています。

このような連続出勤は初めて聞きました…。お寺様は何を考えているんでしょうか?

 

ディスグランデ介護株式会社(「茶話本舗」FC企業)

(通所介護)
茶話本舗で働く女性が「介護・保育ユニオン」に賃金などの未払いを相談。話によると、人手が少なく日勤では10人近い利用者を2人で対応しなければならず、また、利用者に入浴などがある場合、1人で残りの利用者にも対応しなければなりませんでした。

そのような勤務体制だったため、まともに休憩を取ることもできなかったのに、毎日1~2時間ほどが「休憩時間」として労働時間から引かれていました。

さらに、夜勤は1人体制で、呼び出しがある日は十分な仮眠を取れず、日中出来なかった事務作業も行っていたそうです。

ちなみに、未払い賃金は約74万円にまでのぼったそうです。

 

日本郵便株式会社

(郵便事業)
福岡県飯塚市の郵便局に勤めていた男性が、うつ病を発症し休職。その後、年賀はがきを受け取るため局を訪れた際、駐車場に止めた車内で心疾患のため亡くなられました。男性の遺族は、死亡したのは上司のパワーハラスメントによるストレスが原因だとして提訴。

福岡高裁での判決は、死亡とパワハラの因果関係は認めなかったが、裁判所は、局長が面談で「いつやめてもらってもいいぐらいだ」と発言したことなどをパワハラと認定し、男性のうつ症状悪化との因果関係を認め、同社に330万円(1審では220万円)の支払いを命じた。

他では、愛知県新城市やさいたま新都心郵便局などで、パワハラによる自殺として提訴が起されています。同社では、パワハラに関する問題が多く指摘されています。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

過去の受賞企業

※このブラック企業大賞において、賞を受賞してしまった企業のなかでも、その後労働環境を改善した企業もあるようです。

2015年受賞結果

▼大賞
株式会社セブンイレブンジャパン

▼WEB投票賞
株式会社引越社関東
(アリさんマークの引越社)

▼ブラックバイト賞
株式会社明光ネットワークジャパン(明光義塾)

▼特別賞
暁産業株式会社

▼アリ得ないで賞
株式会社引越社関東
(アリさんマークの引越社)

 

2014年受賞結果

▼大賞/Web投票賞
株式会社ヤマダ電機

▼業界賞
株式会社A-1 Pictures
株式会社不二ビューティ
(たかの友梨ビューティクリニック)

▼要努力賞
株式会社ゼンショーホールディングス

▼特別賞
東京都議会

 

2013年受賞結果

▼大賞
ワタミフードサービス

▼業界賞
クロスカンパニー
(現・ストライプインターナショナル)

▼特別賞
国立大学法人東北大学

▼教育的指導賞
ベネッセコーポレーション

 

2012年受賞結果

▼大賞
東京電力株式会社

▼市民賞
株式会社ワタミ

▼業界賞
株式会社富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ
株式会社フォーカスシステムズ

▼ありえないで賞
株式会社ゼンショー

▼特別賞
株式会社ウェザーニューズ

 

まとめ

皆さんの職場の労働環境はいかがでしょうか?

生活のための仕事が、仕事のための生活になっていることなんて当たり前の世の中…。当然、それを甘んじて受け入れ、嫌なことがあってもぐっと堪え、安い賃金でいつか良いことがあるだろうと信じて働くのが仕事というものとされています。

先輩方の本当かどうかわからない武勇伝を聞かされ、疑問に思いつついつの間にか洗脳され、気が付けば社畜。忙しい日々にプライベートは削られ、交友関係は消滅し、彼女・彼氏を作る暇もない。挙句の果てに、若者の「○○離れ」、婚期も遅れて子どもも作れず少子化が進むのも全て若者のせい。それでも、仕事があるだけ幸せと思えと強要される日本。

さすがに、耐えられなくなって辞めてしまう人間は、「弱いやつ」だとか「負け犬」だとか「根性がないやつ」だとか言われてしまう。レールを踏み外せば”自己責任”と嘲笑われる…。

例えば、Facebookで”いいね!”が押されないといけない人生を、皆が誰かに強要されているような幻想を抱いている…そんな風潮が蔓延しているような気がしませんか?

”いいね!”が押されなくても、平々凡々で波風が立たない日々。それを実現するために働いているのに、働くことで波風が立ち、生命を損なわれることに繋がるなんて本末転倒もいいところです。ましてや、私が子どもの頃から「未来の子どもたちのために!」というフレーズはよく耳にしていました。社会はそんな都合の良い言葉を並べ立てておいて、その未来の子どもたちが大人に成長して、社会に出たらあっさり殺しているんじゃあ世話ないですね。

ブラック企業大賞ような企画を通じて、過労やサービス残業、パワハラ、セクハラなどの社会問題を広く世に知らしめ、政治家を動かして世の中を変えていかなければ、ただでさえ人口減少でヤバいのに国力低下も必至だと感じます。

最後に、「生きてて良かった。生まれてきて良かった」と思える人生を送りたいと常々思っているので、私自身思考停止する前に、身の危険を感じた会社から逃げたことがありました。法整備や体制はまだまだ不十分なので、ブラック企業に勤めてる方は心と体が壊れる前に、とにかく自分の身は自分で守ってください!!

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-社会, 社会問題

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.