リオ五輪 選手プロフィール 体操 新体操

2016リオ五輪/新体操フェアリージャパン代表選手メダル獲得は?

更新日:

新体操プロフ

新体操女子代表ことフェアリージャパンはリオ五輪で、3大会連続の団体総合と3大会ぶりの個人総合で出場します。

今大会ではメダルを期待されているフェアリージャパン。その代表選手をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

メダルへの期待は?

新体操は今まで五輪でのメダル獲得はありませんが、2015年の世界選手権団体で5位種目別のリボンで銅メダルを獲得するなどメダルも現実味を帯びています。

しかし、ロシア、ブルガリアなどの強豪を含めメダル争いはし烈な争いになることは必至。

まず、課題になるのはミスをしないこと。世界で戦っているチームとはいえ、五輪の舞台を経験しているのは、松原梨恵選手と畠山愛理選手の2人のみ。

初出場となる選手が会場の雰囲気に呑まれず、普段やらないミスをしないかがひとつのポイントです。

また、メダルを目指すには高得点を出せる技を行わなければなりません。そのなかで日本しかやらないリボンの大技があります。

それは4本のリボンを一斉に投げて上げ、4人がキャッチする「4本投げ」です。

杉本早裕吏選手がリボンで描いた輪の中へほかの4選手がリボンを投げ入れ、4本のリボンを投げ返すという技です。

リスクの大きい技ではありますが、決まれば高得点が望める技です。

当たり前ではありますが、メダル獲得にはとにかくミスなく大技を決めることが重要になります。

フェアリージャパンの主将を務める杉本選手は「日本らしい演技で、会場を盛り上げたい」とコメントしています。

世界を驚かせるような演技をして、五輪初のメダルを獲得してほしいですね。

個人総合では、五輪初出場の皆川夏穂選手が出場します。皆川選手は昨年の世界選手権では、15位という結果を残しています。

新体操では、団体中心で強化が行われたため個人の強化はやや遅れたそうです。

個人総合では、山崎浩子さん(現強化本部長)が1984年ロサンゼルス五輪で8位になって以来、日本の入賞は残念ながらありません。

3大会ぶりに出場する個人総合で、皆川選手が32年ぶりの8位入賞ができるか期待したいと思います。

 

 

代表選手一覧

団体総合

杉本 早裕吏
すぎもと さゆり
1996年1月25日(21歳)
愛知県出身
身長/167cm
体重/48kg
出身校/日本体育大学
所属/みなみ新体操クラブ
五輪経験
初出場
出場種目
団体総合

 

松原 梨恵
まつばら りえ
1993年10月21日(23歳)
岐阜県出身
身長/167cm
体重/48kg
出身校/国士舘大学
所属/ALFA
五輪経験
ロンドン
出場種目
団体総合

 

畠山 愛理
はたけやま あいり
1994年8月16日(22歳)
東京都出身
身長/170cm
体重/48kg
出身校/日本女子体育大学
所属/東京ジュニア新体操クラブ
五輪経験
ロンドン
出場種目
団体総合

 

横田 葵子
よこた きこ
1997年5月11日(20歳)
東京都出身
身長/163cm
体重/43kg
出身校/国士舘大学
所属/安達新体操クラブ
五輪経験
初出場
出場種目
団体総合

 

熨斗谷さくら
のしたに さくら
1997年9月29日(19歳)
東京都出身
身長/169cm
体重/48kg
出身校/日本女子体育大学
所属/コナミスポーツクラブ本店
五輪経験
初出場
出場種目
団体総合

 

個人総合

皆川 夏穂
みながわ かほ
1997年8月20日(19歳)
千葉県出身
身長/170cm
体重/53kg
出身校/国士舘大学
所属/イオン 
五輪経験
初出場
出場種目
個人総合

 

まとめ

リオ五輪では、錦織選手が96年ぶりのメダル獲得や、卓球男子の水谷選手が日本勢初のメダル獲得など大きな話題を呼ぶ大会となっています。

新体操でも五輪初のメダルで大きな話題を呼んで、国内の人気を得てほしいですね。

新体操は8月19日(金)の夜から個人総合予選を皮切りに競技が開始されます。

個人的には、「リボン4本投げ」を見てみたいので今から楽しみにしています。

 

新体操の試合日程、放送日時、結果はこちら
2016リオ五輪・新体操/試合日程・放送日・放送時間と結果は?

その他の競技はこちらのリンクからご覧ください
2016年第31回リオデジャネイロ五輪/28競技と種目一覧と日程

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-リオ五輪, 選手プロフィール, 体操, 新体操

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.