イベント 食べ物

第3回ご当地鍋フェスティバル2016/メニューや日程・アクセスは?

更新日:

s-title

冬も本格的になってくると徐々にスーパーのお鍋コーナーが場所を占拠するのようになってきます。毎年、たくさんの種類のスープが発売され、いろいろと試すのが我が家の恒例ともなっています。

お鍋と言えば、なんといっても冷えた体を温めるのにもいいし、何といっても食事の支度が楽だったりしますので、冬は重宝しています。ただし、今年は野菜の価格が高いので例年よりちょっと頻度が減りそうですが…。

さて、そんな冬の到来とともに東京・日比谷公園で「第3回ご当地鍋フェスティバル」が開催されます。

昨年は12万人を超える人出を記録した「ご当地鍋フェス」。全国の秋冬のご当地鍋を集めたグルメイベントが、さらにパワーアップ!各地域の特色を活かしたご当地鍋が一同に介し、食卓の参考にしたいところですね。

それでは、イベント概要、メニュー、アクセス方法などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

イベント概要

ご当地鍋フェスでは、40種類以上の鍋やお鍋と一緒に楽しめるご当地グルメも用意されています。また、特設ステージでは、お笑い芸人・アイドル・大道芸などが出演してイベントを盛り上げてくれます。

▼開催日
2016年12月2日(金) ~ 4日(日)

▼開催時間
12月2日(金)
10:00 ~ 20:00

12月3日(土)、4日(日)
10:00 ~ 17:00

▼開催場所
東京都千代田区日比谷公園
日比谷公園「噴水広場」

▼料金
場内の入場、特設ステージの観覧は無料です。

飲食に関しては、その都度各店舗での購入となります。料金に関しては公表されていませんが、前回大会に足を運んだ方の情報によると、1つあたり600円~700円だったとのこと。

▼アクセス
・東京都メトロ丸の内線・千代田線「霞ヶ関駅」下車徒歩2分

・東京メトロ日比谷線・千代田線「日比谷駅」下車徒歩2分

・都営地下鉄三田線「日比谷駅」下車 (A10・A14)出口すぐ
※A14出口がもっとも会場に近いです

・JR/東京メトロ「有楽町駅」下車徒歩8分

▼駐車場
<日比谷駐車場>
駐車台数:463台
車高  :2.2mまで

<料金>
乗用車 1台
・8:00 ~ 22:00/30分300円
・22:00 ~ 翌朝8:00/30分150円

・平日(月~金) 当日1日最大2,700円
 タイムズクラブカード割引 2,300円

・休日(土・日・祝) 当日1日最大2,700円
 タイムズクラブカード割引 2,300円

自動二輪 1台
 60分 100円

 

ご当地鍋フェス会場図

s-nabemao2016

参照元:ご当地「鍋」フェスティバル公式サイト

※ピンクが「鍋」ブース、黄色が「グルメ」ブース

 

 

ご当地鍋メニュー一覧

ブース番号:01
海のフォアグラあんこう肝鍋(宮城)
マルショウ食品
s-001
味噌味がベースのお鍋。海のフォアグラとも言われるあんこうの肝を使用し、野菜は宮城県産のものが使用されています。2015年の鍋グランプリでは見事1位に輝いたご当地鍋です。
ブース番号:02
近海真鱈 白子鍋(宮城)
マルショウ食品
しょうゆ味がベースのお鍋。真鱈と言えば冬が旬のお魚で、すべての部位が使えて捨てどころがないのが特徴。三陸近海の鱈の白子に豆腐、長ネギとシンプルなお鍋になっています。
ブース番号:03
山形牛すじいも煮(山形)
尾花沢ユキ食品
しょうゆ味がベースのお鍋。しょうゆ味とあって素材の味がじっくりと楽しめそうです。

ちなみに、牛すじと言えば、臭みを残さないための下処理や、柔らかく煮込むためには手間暇が必要な料理のひとつ。それを、手軽に味わえるのは、うれしいですね。

ブース番号:04
さくら鍋/馬か鍋(熊本)
馬鍋 小山商店
s-004
あっさり味噌味がベースのお鍋。九州熊本名物のさくら鍋。馬肉と野菜の甘さを味噌が引き立て、体の芯から温まるお鍋になっています。

ちなみに、このさくら鍋は2015年の鍋グランプリで3位という人気を博しています。

ブース番号:05
焼鳥屋の濃厚水炊き(東京)
赤坂焼鳥 鳳
長時間じっくりと煮込まれた濃厚スープとあらびきつくねのお鍋。赤坂にあるお店では、料理合うに珍しいお酒も取り揃えているそうです。

イベント会場でもお鍋に合う日本酒が用意されています。

ブース番号:06
博多もつ鍋(福岡)
もつ彦
ピリ辛のしょうゆ味噌がベースのお鍋。プリプリとした新鮮なホルモンが使用されており、ホルモン好きは必ず食しておきたい一品ですね♪
ブース番号:07
鶏ときのこの味噌チーズ鍋(北海道)
札幌九兵衛
s-007
特製のカツオだしと合わせ味噌に2種類のチーズと北海道産の牛乳を加えて作られたお鍋。

この濃厚スープと鶏肉、キノコなどがマッチしたお鍋は病みつきになるとのこと。ご飯と一緒に食べたいお鍋ですね。

ブース番号:08
【元祖】納豆もつ鍋(北海道)
黒花火
s-008
地元札幌では人気の看板メニューともなっている納豆もつ鍋。胡麻味噌スープをベースに鶏ひき肉とピリ辛の納豆がトッピングされた珍しいお鍋。

このイベントをきっかけに全国に広がるかも?

ブース番号:09
石狩鍋(北海道)
グルメスター
s-009
全国三大鍋のひとつとも言われる石狩鍋。そのお鍋の歴史も古く、伝統の味として石狩市からの出店されます。

石狩産の生鮭をふんだんに使い、味噌仕立てのスープが身体を温めてくれるのは間違いないですね。

ブース番号:10
蝦夷鍋/鹿肉入りかに鍋(北海道)
ばかうまや
s-010
醤油ショウガをベースにしたお鍋。メニューの名前や写真からしてもすごいお鍋ですね。

かに、鹿肉、ホタテ、じゃがいもなどと蝦夷鍋というだけあって北海道という北海道が詰まっています。ショウガ入りということもあり、身体の芯から温まることは間違いないですね♪

ブース番号:11
上越謙信公 義の塩 鴨と鳥肉鍋(新潟)
火処(ひどこ)
s-011
カモ肉と鶏肉のうま味ダシに、新潟県上越市谷浜の塩田で昔ながらの製法で作られた100%の天然塩
「謙信公 義の塩」を加えて旨みたっぷりのお鍋に仕上がっています。

肉と野菜の旨みを含んだあっさりしたスープが美味しそうです。

ブース番号:12
濃厚カニみそ鍋・地酒(新潟)
新潟マルナカ食品
ブース番号:13
小山ブランド豚、おとんの鍋(栃木)
匠写楽/T-RIP
s-013
栃木県小山市のブランド豚「おとん」を使用したお鍋。「おとん」はおいしい水と清潔な環境で育てられ、柔らかくてジューシーな肉質となっています。

ちなみに、小山市のご当地アイドル「T-RIP(トリップ)」が、今回のご当地鍋フェスティバルで出演予定になっています。

ブース番号:14
チーズミルキー鍋(K-1)
MARINE/卜部功也
ブース番号:15
富士山麓溶岩なべ(静岡)
富士山麓レストラン
s-015
富士山のふもとで育った黒毛和牛、金華豚、新鮮野菜に加えて、駿河湾で獲れた桜エビや魚貝を使った真っ赤なお鍋。

お肉や野菜の旨みに、魚貝の風味が加わったお鍋はどんな味なのか気になります。

ブース番号:16
しょらさん鍋(和歌山)
しょらさん鍋
s-016
いわしとトビウオをすり身にした味噌味のダンゴ汁。お鍋の名前となっている「しょらさん」とは和歌山県の紀南地方の言葉で「恋人」を意味します。恋人に食べさせたい暖かな心のこもった鍋料理ということで名が付いたそうです。

ちなみに、和歌山県の串本町では「本州最南端の火祭り」が行われており、しょらさん鍋が振る舞われています。

ブース番号:17
紅ズワイガニ鍋(富山)
おあじプロデュース 富山県
ブース番号:18
なにわ名物 ホルモン鍋(大阪)
平井商店
ブース番号:19
鮪兜鍋(静岡)
Dining KABUTO
s-019
2015年の鍋グランプリで準グランプリを獲得したお鍋。マグロの兜がまるまる入ったお鍋を味わえるのはこのイベントだけかも?

味もさることながら、目でも楽しみたいお鍋ですね♪

ブース番号:20
漁師いくら鍋(北海道)
AKAMARU
ブース番号:21
横浜ちゃんこ鍋(神奈川)
横浜みなと屋
ブース番号:22
もつ鍋ラーメン(福岡)
九州もつ鍋ラーメン
ブース番号:23
肉吸い鍋(大阪)
YAMATO
ブース番号:24
北海大漁鍋(北海道)
北海大漁鍋
ブース番号:25
ジビエとまと鍋(熊本)
熊本県市長会
s-025
自家製トマト味噌味のお鍋。熊本県で獲れたシカやイノシシと根菜を使用した熊本の自然があじわえる逸品です。
ブース番号:26
鹿児島黒豚しゃぶしゃぶ鍋(鹿児島)
みよちゃんの黒豚鍋
ブース番号:27
松茸と牛霜降り鍋(北海道)
foo dee
ブース番号:28
名古屋八丁味噌角煮鍋(愛知)
foo dee
ブース番号:29
北海道鍋(北海道)
foo dee
ブース番号:30
ハラミシチュー鍋(東京)
foo dee
ブース番号:31
生こうじ味噌の根菜美肌鍋(宮崎)
ぱすてる♡POPcorn
s-031
生味噌を使用したこのお鍋には、宮崎から直送した食材が使われています。根菜類でおなかをスッキリ、お肉でお肌プリプリの美肌鍋となっています。
ブース番号:32
富山湾の宝石 白えび雪見鍋(富山)
DIAMOND HEAD/Vienolossi
s-032
富山湾の宝石とも呼ばれ、深海100m~300mに生息するシロエビを出汁からトッピングまでふんだんに使用した贅沢なお鍋。

今回のフェスティバルでは、富山氷見漁港でとれた旬の「氷見ブリ」も加わるというスペシャルっぷりが粋ですね。

ブース番号:33
プリズムベルのけんちん鍋・酒(栃木)
Prism Bell
ブース番号:34
名取せり鍋(宮城)
名取せり鍋
ブース番号:35
とろけるハラミの塩煮込み鍋(東京)
焼肉清左ヱ門
ブース番号:36
特選 松坂牛すき鍋(東京)
目黒本店 牛かつ かざま
ブース番号:37
鉄板焼ねぎ鍋(埼玉)
俺んち亭
ブース番号:38
牡蠣の土手鍋(広島)
YAMATO
s-038
牡蠣といえば広島県が名産のひとつですよね。広島の牡蠣は小ぶりで濃厚なのが特徴。その濃厚でプリプリな牡蠣を土手鍋で味わうことができます。
ブース番号:39
博多餃子鍋(福岡)
白天餃子房
s-039
福岡グルメはラーメン、もつ鍋、水炊きが有名ですが、博多の餃子も忘れてはいけないですね。

そんな餃子と本格とんこつ味がどんなコラボを見せてくれるのか楽しみなお鍋です。

ブース番号:40
ふっかちゃんこ鍋(埼玉)
ピンナ
ブース番号:41
伊勢の海老塩ナベ(三重)
伊勢の海老塩ナベ
ブース番号:42
鴨白湯ナベ(京都)
鴨白湯ナベ
ブース番号:43
カニ味噌ナベ(北海道)
カニ味噌ナベ
ブース番号:44
ホルジン鍋(北海道)
ホルジン鍋
ブース番号:45
明太鍋(福岡)
明太鍋
ブース番号:46
本まぐろねぎま鍋(静岡)
ロックブックワークス
s-046
天然本マグロが投入された贅沢な逸品。しっかりと火が入れられたマグロは出汁が出るうえ、身の食べごたえが増し、ねぎとの相性もバッチリ!

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

グルメメニュー一覧

<ブース番号:49>
厚岸産特大焼き牡蠣(北海道)/厚岸エージーエス

<ブース番号:50>
小龍包(神奈川)/四五六菜館

<ブース番号:51>
大判しいたけチーズ焼き(北海道)/中標津「想いの茸」

<ブース番号:52>
仙台牛タン(宮城)/仙台牛タン

<ブース番号:53>
唐揚・酒・ジュース(大分)/中津からあげ

<ブース番号:54>
広島焼き(広島)/北斗星

<ブース番号:56>
博多一口餃子(福岡)/白天餃子房

<ブース番号:57>
じゃがバター塩辛のせ(北海道)/夕張あきんど屋

<ブース番号:57>
いかめしコロッケ(北海道)/いかめし阿部商店

<ブース番号:58>
安納芋(鹿児島)/ABC

<ブース番号:59>
ホルモン焼・鯖寿司(京都)/ABC

<ブース番号:60>
本数の子黄金松前(北海道)/布目

<ブース番号:61>
肉の串(岡山)/山田牧場

<ブース番号:62>
広島焼(広島)/YAMATO

<ブース番号:63>
さぬきわらび餅(香川)/松風庵かねすえ

<ブース番号:64>
3種の肉のスペシャルセット(静岡)/HARASHOKU

<ブース番号:65>
佐賀みかん、さがほのか(佐賀)/JAグループ佐賀

<ブース番号:66>
北海道ザンギ(北海道)/HOKUTO

<ブース番号:67>
豚串・焼ホタテ(北海道)/北海道森町物産協会

<ブース番号:68
牡蠣お好み焼き(広島)/カキオコ

<ブース番号:70>
金沢カレー(石川)/金沢ミリオンカレー

<ブース番号:71>
海鮮弁当(北海道)/北海道いまい商店

<ブース番号:72~74>
日本酒めぐり(東京)/はせがわ酒店

<ブース番号:75>
あゆの炭火焼き(宮城)/火処(ひどこ)

<ブース番号:76>
焼きかに(北海道)/舟木商店

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

メニューの画像ざっとではありますが、ご紹介させていただきました。おいしそうな鍋がたくさんあってどれも食べてみたいです。

さて、2015年に開催された時のご当地鍋人気ランキングトップ3は以下のようになっています。

▼3位
さくら鍋(熊本)

▼2位
兜鍋(静岡)

▼1位
海のフォアグラあんこう肝鍋(宮城)

1位になった宮城県の「海のフォアグラあんこう肝鍋」は2年連続の1位を受賞しています。どんな味なんでしょうか?気になりますね。

ちなみに、このご当地鍋フェスティバルは東京以外では「大阪」と「名古屋」で開催されることが決定しています。予定は以下のとおり。

▼大阪(万博公園)
2017年1月6日(金)~9日(日)

▼名古屋(久屋大通公演)
2017年1月13日(金)~15日(日)

東京まで足を運べない方は、大阪、名古屋いずれの都市で楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-イベント, 食べ物

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.