しゃぼん玉ニュース

ニューイヤー駅伝2017│区間エントリーや区間賞・総合優勝などの結果は?

      2017/01/01

2017年1月1日、元旦に開催されるニューイヤー駅伝。お正月の風物詩として非常に人気のある駅伝大会ですね。

2020年東京五輪を目指す選手にとって、アピールする絶好の場にもなってきますね。どんな選手が活躍するか楽しみです。

それでは、出場チームの区間エントリーや区間賞、総合優勝などの結果をご紹介します。
※区間エントリーの変更あり
※レース結果が分かり次第更新します

▼ニューイヤー駅伝関連記事はこちら
出場チーム・コース・テレビ放送など

エントリー選手と自己ベスト一覧

▼箱根駅伝などの大会まとめはこちら
2016年度駅伝大会まとめ

 

<スポンサーリンク>

 

区間エントリー一覧

<エントリー変更について>
出場競技者の区間最終エントリーの受付は終了していますが、大会当日の朝8時までに審判長に届け出て許可を得た選手のみ変更が認められます。

※表は左右にスクロールできます
※スマホの場合は横向きにすると見やすくなります

区間エントリー一覧を開く

 

<スポンサーリンク>

 

レース結果と区間記録

<1区>

区間記録
34分16秒/マーティン・マサシ(スズキ)
第51回大会(2007年)
通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
135:15戸田 雅稀
日清食品
135:15
235:16文元 慧
カネボウ
235:16
335:17東 遊馬
九電工
335:17
435:17浅岡 満憲
日立物流
335:17
535:17目良 隼人
MHPS
335:17
635:18高宮 祐樹
ヤクルト
635:18
735:18山口 浩勢
愛三工業
635:18
835:21山崎 亮平
中国電力
835:21
935:23今井 篤弥
トヨタ自動車九州
935:23
1035:24藤本 拓
トヨタ自動車
1035:24
1135:24田口 雅也
Honda
1035:24
1235:25大谷 卓也
プレス工業
1235:25
1335:26村山 紘太
旭化成
1335:26
1435:26古賀 淳紫
安川電機
1335:26
1535:27篠原 義裕
西鉄
1535:27
1635:28阿久津 圭司
SUBARU
1635:28
1735:28高谷 将弘
JR東日本
1635:28
1835:31小西 祐也
黒崎播磨
1835:31
1935:32後沢 広大
YKK
1935:32
2035:32梅枝 裕吉
NTN
1935:32
2135:36後藤田 健介
DeNA
2135:36
2235:36三岡 大樹
大塚製薬
2135:36
2335:40安田 昌倫
愛知製鋼
2335:40
2435:46相葉 直紀
中電工
2435:46
2535:46鈴木 柊成
中央発條
2435:46
2635:47久保岡 諭司
JFEスチール
2635:47
2735:47山田 速人
トヨタ紡織
2635:47
2835:47設楽 啓太
コニカミノルタ
2635:47
2935:48関戸 雅輝
NTT西日本
2935:48
3035:50田中 佳祐
富士通
3035:50
3135:53金森 寛人
小森コーポレーション
3135:53
3235:57松岡 紘司
マツダ
3235:57
3336:03松田 佑太
SGHグループ
3336:03
3436:25中川 智春
トーエネック
3436:25
3536:34甲斐 翔太
八千代工業
3536:34
3636:35岩崎 祐樹
セキノ興産
3636:35
3737:05上手 慶
NDソフト
3737:05

 

<2区>

※第53回から区間距離変更

区間記録
21分54秒/ジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)
第53回大会(2009年)
日本人最高
23分20秒/八木勇樹(旭化成)=18位
第58回大会(2014年)
通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
157:25ジョナサン・ディク
日立物流
222:08
257:27ポール・タヌイ
九電工
322:101人抜き
357:37ビダン・カロキ
DeNA
122:0118人抜き
457:41バルソトン・レオナルド
日清食品
422:26
557:53パトリック・ムワカ
愛三工業
622:352人抜き
658:02マミヨ・ヌグセ
安川電機
822:368人抜き
758:03デビット・ジュグナ
ヤクルト
1222:45
858:08カレミ・ズク
トヨタ自動車九州
1222:451人抜き
958:10ダニエル・キトニー
カネボウ
1522:54
1058:14ウィリアム・マレル
Honda
1422:501人抜き
1158:15エノック・オムワンバ
MHPS
1722:58
1258:18サムエル・ムワンギ
コニカミノルタ
522:3116人抜き
1358:24マチャリア・ディラング
愛知製鋼
1122:4410人抜き
1458:27ジェームス・ムワンギ
NTN
1622:556人抜き
1558:30ロナルド・ケモイ
小森コーポレーション
922:3716人抜き
1658:32テレッサ・ニャコラ
マツダ
622:3516人抜き
1758:33メラク・アベラ
黒崎播磨
1923:021人抜き
1858:34ダニエル・キプケモイ
西鉄
2123:07
1958:42ポール・カマイシ
中国電力
2423:21
2058:49鎧坂 哲哉
旭化成
2523:23
2158:51ジョン・マイナ
富士通
1823:019人抜き
2258:52アレックス・ムワンギ
YKK
2223:20
2358:57ヒラム・ガディア
トヨタ自動車
2723:33
2459:06ジェームス・ルンガル
中央発條
2223:201人抜き
2559:13加藤 光
JR東日本
3123:45
2659:18チャールズ・ディランゴ
JFEスチール
2623:31
2759:20松本 葵
大塚製薬
3023:44
2859:21池田 紀保
プレス工業
3323:56
2959:21アモス・キルイ
トヨタ紡織
2823:34
3059:33監物 稔浩
NTT西日本
3123:45
3159:36カッサ・マカショウ
八千代工業
1923:024人抜き
3259:38サイラス・キンゴリ
SGHグループ
2923:351人抜き
3359:47アレクサンダー・ムティソ
NDソフト
1022:42
341:00:27エドワード・ロノ
SUBARU
3724:59
351:00:31西岡 喬介
中電工
3624:45
361:00:40ジョン・カリウキ
セキノ興産
3424:05
371:01:02小澤 洸太
トーエネック
3524:37

 

 

<スポンサーリンク>

 

<3区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
37分52秒/宮脇千博(トヨタ自動車)
第55回大会(2011年)
通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
11:35:51上野 裕一郎
DeNA
238:142人抜き
21:36:50牟田 祐樹
日立物流
2039:25
31:36:54大石 港与
トヨタ自動車
137:5720人抜き
41:36:57菊地 賢人
コニカミノルタ
438:398人抜き
51:37:00山中 秀仁
Honda
638:465人抜き
61:37:02小野 裕幸
日清食品
1739:21
71:37:05木滑 良
MHPS
738:504人抜き
81:37:08石川 裕之
愛三工業
1439:15
91:37:15坂本 大志
トヨタ自動車九州
1039:07
101:37:17圓井 彰彦
マツダ
538:456人抜き
111:37:19大六野 秀畝
旭化成
338:309人抜き
121:37:22小椋 裕介
ヤクルト
1639:19
131:37:25代田 修平
カネボウ
1439:15
141:37:31寺内 將人
愛知製鋼
1039:07
151:37:41山下 洸
NTN
1339:14
161:37:43吉元 真司
黒崎播磨
1239:101人抜き
171:37:43岡本 直己
中国電力
939:012人抜き
181:37:49潰滝 大記
富士通
838:583人抜き
191:38:12佐護 啓輔
安川電機
2840:10
201:38:14濵口 隆幸
九電工
3540:47
211:38:25楠 康成
小森コーポレーション
2539:55
221:38:35大隅 裕介
JR東日本
1839:223人抜き
231:38:43大池 達也
トヨタ紡織
1839:226人抜き
241:38:49上村 和生
大塚製薬
2239:293人抜き
251:38:53村刺 厚介
YKK
2740:01
261:39:03千葉 一慶
八千代工業
2139:275人抜き
271:39:05益田 賢太朗
NTT西日本
2339:323人抜き
281:39:35後藤 敬
西鉄
3641:01
291:39:37沖守 怜
SGHグループ
2639:593人抜き
301:39:39松村 元輝
JFEスチール
2940:21
311:39:42相場 祐人
中央発條
3240:36
321:40:03坂本 智史
プレス工業
3340:42
331:40:13牧 良輔
SUBARU
2439:461人抜き
341:40:56近並 郷
NDソフト
3741:09
351:40:57松尾 修治
中電工
3040:26
361:41:25小林 巧
セキノ興産
3440:45
371:41:31小山 裕太
トーエネック
3140:29

 

<4区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
1時間2分45秒/設楽悠太(Honda)
第60回大会(2016年)
通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
12:40:08髙木 登志夫
DeNA
111:04:17
22:40:12服部 勇馬
トヨタ自動車
51:03:181人抜き
32:40:19井上 大仁
MHPS
31:03:144人抜き
42:40:22今井 正人
トヨタ自動車九州
21:03:075人抜き
52:40:25市田 孝
旭化成
11:03:066人抜き
62:40:30村澤 明伸
日清食品
61:03:28
72:40:46神野 大地
コニカミノルタ
71:03:49
82:41:04横手 健
富士通
41:03:1510人抜き
92:41:16山本 憲二
マツダ
81:03:591人抜き
102:41:36設楽 悠太
Honda
131:04:36
112:41:51日下 佳祐
日立物流
161:05:01
122:41:52園田 隼
黒崎播磨
91:04:094人抜き
132:41:55米澤 類
中国電力
101:04:124人抜き
142:42:29淀川 弦太
愛三工業
211:05:21
152:42:41棟方 雄己
カネボウ
191:05:16
162:43:07松村 和樹
愛知製鋼
251:05:36
172:43:14中本 健太郎
安川電機
171:05:022人抜き
182:43:27猪浦 舜
八千代工業
121:04:248人抜き
192:43:34山田 直弘
YKK
151:04:416人抜き
202:43:43竹ノ内 佳樹
NTT西日本
141:04:387人抜き
212:43:53五ヶ谷 宏司
JR東日本
201:05:181人抜き
222:43:57髙橋 裕太
大塚製薬
181:05:082人抜き
232:44:07池田 宗司
ヤクルト
301:06:45
242:44:15塩田 好彬
トヨタ紡織
221:05:32
252:44:31中村 信一郎
九電工
281:06:17
262:45:12濱崎 達規
小森コーポレーション
321:06:47
262:45:12菊池 貴文
SGHグループ
241:05:352人抜き
282:45:14小島 大明
中央発條
221:05:323人抜き
292:45:23小山 陽平
NTN
361:07:42
302:45:50岡本 雄大
JFEスチール
271:06:11
312:46:48福島 弘将
プレス工業
301:06:451人抜き
322:47:02石田 和也
西鉄
341:07:27
332:47:04鈴木 駿
NDソフト
261:06:081人抜き
342:47:53松宮 祐行
セキノ興産
291:06:282人抜き
342:47:53塩谷 桂大
SUBARU
351:07:40
362:48:49河合 代二
トーエネック
331:07:181人抜き
372:49:50小山 大介
中電工
371:08:53

 

<スポンサーリンク>

 

<5区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
44分57秒/坪田智夫(コニカ)
第46回大会(2002年)
通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
13:27:01村山 謙太
旭化成
146:364人抜き
23:27:08押川 裕貴
トヨタ自動車九州
246:462人抜き
33:27:35早川 翼
トヨタ自動車
347:00
43:27:46山本 浩之
コニカミノルタ
447:233人抜き
53:27:53松村 康平
MHPS
547:34
63:28:38永井 秀篤
DeNA
1448:30
73:29:01松枝 博輝
富士通
747:571人抜き
83:29:29矢野 圭吾
日清食品
2448:59
93:30:07清谷 匠
中国電力
1148:124人抜き
103:30:08住本 雅仁
マツダ
2348:52
113:30:21竹内 竜真
日立物流
1448:30
123:30:22金子 幸司
黒崎播磨
1448:30
133:30:33鈴木 卓也
愛三工業
1048:041人抜き
143:31:06石川 末廣
Honda
2749:30
153:31:07松藤 大輔
カネボウ
1348:26
163:31:08松宮 隆行
愛知製鋼
948:01
173:31:09高橋 尚弥
安川電機
647:55
183:32:05渡辺 力将
NTT西日本
1248:222人抜き
193:32:32辻 茂樹
大塚製薬
1948:353人抜き
203:32:37髙久 龍
ヤクルト
1448:303人抜き
213:32:39斉藤 翔太
JR東日本
2048:46
223:33:09村山 徳宏
八千代工業
3249:42
233:33:19西山 凌平
トヨタ紡織
2549:041人抜き
243:33:23三輪 晋大朗
NTN
848:005人抜き
253:33:34及川 佑太
YKK
3750:00
263:33:42佐久間 祥
小森コーポレーション
1448:30
273:34:07岩見 和明
九電工
2849:36
283:34:38橋爪 孝安
SGHグループ
2649:26
293:35:04櫻井 亮太
中央発條
3549:50
303:35:28大谷 健太
JFEスチール
3049:38
313:35:36山田 翔太
プレス工業
2148:48
323:36:41小山 司
SUBARU
2148:483人抜き
333:36:41鴛海 辰矢
西鉄
3149:39
343:36:56兼子 侑大
NDソフト
3649:52
353:37:30小澤 信
セキノ興産
2949:37
363:38:32植木 章文
トーエネック
3349:43
373:39:34大﨑 翔也
中電工
3449:44

 

<6区>

※第55回から区間距離およびコース変更

区間記録
36分35秒/高井和治(九電工)
第56回大会(2012年)

市田 宏(旭化成)区間新記録を達成

通過
順位
通過
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
14:03:33市田 宏
旭化成
136:32
24:04:31田中 秀幸
トヨタ自動車
236:561人抜き
34:05:34奥野 翔弥
トヨタ自動車九州
2338:26
44:05:42的野 遼大
MHPS
1237:491人抜き
54:05:58前野 貴行
富士通
436:572人抜き
64:06:03須河 宏紀
DeNA
837:25
74:06:18宇賀地 強
コニカミノルタ
2538:32
84:07:20栁 利幸
日立物流
536:593人抜き
94:07:27武藤 健太
日清食品
1637:58
104:07:27藤川 拓也
中国電力
637:20
114:08:02服部 翔大
Honda
236:563人抜き
124:08:32黒木 文太
安川電機
737:235人抜き
134:08:34久井原 歩
黒崎播磨
2038:12
144:08:39吉村 直人
愛知製鋼
937:312人抜き
154:08:43名倉 啓太
マツダ
2838:35
164:09:02中西 玄気
愛三工業
2438:29
174:09:12大西 一輝
カネボウ
1838:05
184:10:10其田 健也
JR東日本
937:313人抜き
194:10:54福士 優太朗
ヤクルト
2138:171人抜き
204:10:57馬場 翔大
NTT西日本
3038:52
214:11:04田口 裕弥
トヨタ紡織
1137:452人抜き
224:11:05山田 稜
八千代工業
1437:56
234:11:06堀 正樹
大塚製薬
2738:34
244:11:44佐藤 寛才
小森コーポレーション
1738:022人抜き
254:11:46長谷川 裕介
NTN
2238:23
264:11:57高井 和治
九電工
1337:501人抜き
274:12:30山本 拓巳
YKK
3238:56
284:13:33大西 亮
プレス工業
1537:573人抜き
294:13:38西澤 俊晃
SGHグループ
3439:00
304:14:03松島 良太
中央発條
3338:59
314:14:22森脇 佑紀
JFEスチール
3138:54
324:14:48山﨑 敦史
SUBARU
1938:07
334:15:33青木 達哉
NDソフト
2938:371人抜き
344:16:19野中 久徳
西鉄
3639:38
354:16:50池沢 健太
セキノ興産
3539:20
364:17:05須崎 大輝
トーエネック
2638:33
374:19:16牧野 俊紀
中電工
3739:42

 

<スポンサーリンク>

 

<7区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
44分53秒/J・ドゥング(ホンダ浜松)
第46・47回大会(2002年、2003年)
到着
順位
到着
タイム
名前区間
順位
区間
タイム
備考
14:49:55佐々木 悟
旭化成
246:22
24:51:02宮脇 千博
トヨタ自動車
546:31
34:52:18大津 顕杜
トヨタ自動車九州
846:44
44:52:23定方 俊樹
MHPS
746:41
54:52:26野口 拓也
コニカミノルタ
146:082人抜き
64:52:50山口 祥太
富士通
1246:52
74:53:27高橋  憲昭
DeNA
2247:24
84:53:52高瀬 無量
日清食品
346:251人抜き
94:53:57松井 智靖
中国電力
446:301人抜き
104:54:26田口 大貴
日立物流
1947:06
114:55:33馬場 圭太
Honda
2547:31
124:55:34久保田 大貴
安川電機
1847:02
124:55:34中村 悠二
愛知製鋼
1446:55
144:55:35坪内 淳一
黒崎播磨
1747:01
154:55:37富永 光
マツダ
1346:54
164:56:10堀合 修平
愛三工業
2047:08
174:56:30門田 浩樹
カネボウ
2147:18
184:57:40寺田 夏生
JR東日本
2447:30
194:57:41白栁 智也
トヨタ紡織
646:372人抜き
204:57:43加藤 德一
ヤクルト
1146:49
214:57:45山村 隼
NTT西日本
1046:48
224:57:53奥谷 裕一
大塚製薬
946:471人抜き
234:58:43北澤 健太
八千代工業
2847:38
244:59:22秋葉 啓太
小森コーポレーション
2847:38
254:59:37天野 正治
NTN
3147:51
264:59:51吉川 修司
九電工
3247:54
275:00:25永井 良祐
YKK
3347:55
285:01:02飯沼 健太
SGHグループ
2247:241人抜き
295:01:07下里 和義
プレス工業
2647:34
305:02:23石井 格人
中央発條
3648:20
305:02:23吉田 憲正
SUBARU
2747:351人抜き
325:02:26土久岡 陽祐
JFEスチール
3448:04
335:03:52小針 旭人
NDソフト
3548:19
345:04:00西川 凌矢
トーエネック
1446:552人抜き
355:04:05福田 穣
西鉄
3047:46
365:05:37石田 康雄
セキノ興産
3748:47
375:06:15二岡 康平
中電工
1646:59

 

<スポンサーリンク>

 

総合順位と区間賞

<総合順位>

大会記録(100km)※参考
日清食品グループ
4時間49分32秒/第56回大会(2012年)
順位チーム名総合タイムタイム差
1旭化成4:49:55
2トヨタ自動車4:51:02+01:07
3トヨタ自動車九州4:52:18+02:23
4MHPS4:52:23+02:28
5コニカミノルタ4:52:26+02:31
6富士通4:52:50+02:55
7DeNA4:53:27+03:32
8日清食品4:53:52+03:57
9中国電力4:53:57+04:02
10日立物流4:54:26+04:31
11Honda4:55:33+05:38
12安川電機4:55:34+05:39
13愛知製鋼4:55:34+05:39
14黒崎播磨4:55:35+05:40
15マツダ4:55:37+05:42
16愛三工業4:56:10+06:15
17カネボウ4:56:30+06:35
18JR東日本4:57:40+07:45
19トヨタ紡織4:57:41+07:46
20ヤクルト4:57:43+07:48
21NTT西日本4:57:45+07:50
22大塚製薬4:57:53+07:58
23八千代工業4:58:43+08:48
24小森コーポレーション4:59:22+09:27
25NTN4:59:37+09:42
26九電工4:59:51+09:56
27YKK5:00:25+10:30
28SGHグループ5:01:02+11:07
29プレス工業5:01:07+11:12
30中央発條5:02:23+12:28
31SUBARU5:02:23+12:28
32JFEスチール5:02:26+12:31
33NDソフト5:03:52+13:57
34トーエネック5:04:00+14:05
35西鉄5:04:05+14:10
36セキノ興産5:05:37+15:42
37中電工5:06:15+16:20

 

<区間賞>

区間 名前 チーム名 区間タイム 2位との差
1区 戸田 雅稀 日清食品グループ 35:15 1秒
2区 B.カロキ DeNA 22:01 7秒
3区 大石 港与 トヨタ自動車 37:57 17秒
4区 市田 孝 旭化成 1:03:06 1秒
5区 村山 謙太 旭化成 46:36 10秒
6区 市田 宏 旭化成 36:32
区間新記録
24秒
7区 野口 拓也 コニカミノルタ 46:08 14秒

 

まとめ

旭化成の皆様おめでとうございます。

本大会は3連覇を狙うトヨタ自動車有利の声が多く聞かれましたが、見事その下馬評を覆す走りで旭化成が18年ぶり22回目の優勝を手にしました。

序盤は難しい順位でのレース運びとなりました。しかし、中盤から巻き返しが始まると5区の村山謙太選手で逆転。そのままトップを譲らず名門復活を印象付ける走りを見せてくれました。

ちなみに、もし2016年のプロ野球で横浜ベイスターズがリーグ優勝をしていたとすると18年ぶりという記録になります。旭化成も同じように長い期間、優勝から遠ざかっていたということですね。

アンカーを務めた佐々木悟選手は、優勝インタビューで明日からマラソンでいい結果を出せるよう頑張るとコメントをしていましたが、とにかく優勝を飾った日は、羽目を外して18年ぶりの美酒に酔いしれてほしいですね。

最後に、ゴールテープを切って倒れ込んだ佐々木選手を、胴上げを撮影するカメラの下まで無理やり引きずっていく様に笑いを禁じえませんでした(笑)

 

▼ニューイヤー駅伝関連記事はこちら
出場チーム・コース・テレビ放送など

エントリー選手と自己ベスト一覧

▼箱根駅伝などの大会まとめはこちら
2016年度駅伝大会まとめ

 

<スポンサーリンク>

 

 - スポーツ, テレビ番組, ニューイヤー駅伝, 実業団駅伝