スポーツ 実業団駅伝 駅伝 ニューイヤー駅伝

ニューイヤー駅伝2017│区間エントリーや区間賞・総合優勝などの結果は?

更新日:

2017年1月1日、元旦に開催されるニューイヤー駅伝。お正月の風物詩として非常に人気のある駅伝大会ですね。

2020年東京五輪を目指す選手にとって、アピールする絶好の場にもなってきますね。どんな選手が活躍するか楽しみです。

それでは、出場チームの区間エントリーや区間賞、総合優勝などの結果をご紹介します。
※区間エントリーの変更あり
※レース結果が分かり次第更新します

▼ニューイヤー駅伝関連記事はこちら
出場チーム・コース・テレビ放送など

エントリー選手と自己ベスト一覧

▼箱根駅伝などの大会まとめはこちら
2016年度駅伝大会まとめ

 

スポンサーリンク

 

区間エントリー一覧

<エントリー変更について>
出場競技者の区間最終エントリーの受付は終了していますが、大会当日の朝8時までに審判長に届け出て許可を得た選手のみ変更が認められます。

※表は左右にスクロールできます
※スマホの場合は横向きにすると見やすくなります

区間エントリー一覧を開く

 

レース結果と区間記録

<1区>

区間記録
34分16秒/マーティン・マサシ(スズキ)
第51回大会(2007年)
1区の結果を開く

 

<2区>

※第53回から区間距離変更

区間記録
21分54秒/ジョセファト・ダビリ(小森コーポレーション)
第53回大会(2009年)
日本人最高
23分20秒/八木勇樹(旭化成)=18位
第58回大会(2014年)
2区の結果を開く

 

<3区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
37分52秒/宮脇千博(トヨタ自動車)
第55回大会(2011年)
3区の結果を開く

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

<4区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
1時間2分45秒/設楽悠太(Honda)
第60回大会(2016年)
4区の結果を開く

 

<5区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
44分57秒/坪田智夫(コニカ)
第46回大会(2002年)
5区の結果を開く

 

<6区>

※第55回から区間距離およびコース変更

区間記録
36分35秒/高井和治(九電工)
第56回大会(2012年)

市田 宏(旭化成)区間新記録を達成

6区の結果を開く

 

<7区>

※第55回で区間距離修正

区間記録
44分53秒/J・ドゥング(ホンダ浜松)
第46・47回大会(2002年、2003年)
7区の結果を開く

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

総合順位と区間賞

<総合順位>

大会記録(100km)※参考
日清食品グループ
4時間49分32秒/第56回大会(2012年)
順位チーム名総合タイムタイム差
1旭化成4:49:55
2トヨタ自動車4:51:02+01:07
3トヨタ自動車九州4:52:18+02:23
4MHPS4:52:23+02:28
5コニカミノルタ4:52:26+02:31
6富士通4:52:50+02:55
7DeNA4:53:27+03:32
8日清食品4:53:52+03:57
9中国電力4:53:57+04:02
10日立物流4:54:26+04:31
11Honda4:55:33+05:38
12安川電機4:55:34+05:39
13愛知製鋼4:55:34+05:39
14黒崎播磨4:55:35+05:40
15マツダ4:55:37+05:42
16愛三工業4:56:10+06:15
17カネボウ4:56:30+06:35
18JR東日本4:57:40+07:45
19トヨタ紡織4:57:41+07:46
20ヤクルト4:57:43+07:48
21NTT西日本4:57:45+07:50
22大塚製薬4:57:53+07:58
23八千代工業4:58:43+08:48
24小森コーポレーション4:59:22+09:27
25NTN4:59:37+09:42
26九電工4:59:51+09:56
27YKK5:00:25+10:30
28SGHグループ5:01:02+11:07
29プレス工業5:01:07+11:12
30中央発條5:02:23+12:28
31SUBARU5:02:23+12:28
32JFEスチール5:02:26+12:31
33NDソフト5:03:52+13:57
34トーエネック5:04:00+14:05
35西鉄5:04:05+14:10
36セキノ興産5:05:37+15:42
37中電工5:06:15+16:20

 

<区間賞>

区間 名前 チーム名 区間タイム 2位との差
1区 戸田 雅稀 日清食品グループ 35:15 1秒
2区 B.カロキ DeNA 22:01 7秒
3区 大石 港与 トヨタ自動車 37:57 17秒
4区 市田 孝 旭化成 1:03:06 1秒
5区 村山 謙太 旭化成 46:36 10秒
6区 市田 宏 旭化成 36:32
区間新記録
24秒
7区 野口 拓也 コニカミノルタ 46:08 14秒

 

まとめ

旭化成の皆様おめでとうございます。

本大会は3連覇を狙うトヨタ自動車有利の声が多く聞かれましたが、見事その下馬評を覆す走りで旭化成が18年ぶり22回目の優勝を手にしました。

序盤は難しい順位でのレース運びとなりました。しかし、中盤から巻き返しが始まると5区の村山謙太選手で逆転。そのままトップを譲らず名門復活を印象付ける走りを見せてくれました。

ちなみに、もし2016年のプロ野球で横浜ベイスターズがリーグ優勝をしていたとすると18年ぶりという記録になります。旭化成も同じように長い期間、優勝から遠ざかっていたということですね。

アンカーを務めた佐々木悟選手は、優勝インタビューで明日からマラソンでいい結果を出せるよう頑張るとコメントをしていましたが、とにかく優勝を飾った日は、羽目を外して18年ぶりの美酒に酔いしれてほしいですね。

最後に、ゴールテープを切って倒れ込んだ佐々木選手を、胴上げを撮影するカメラの下まで無理やり引きずっていく様に笑いを禁じえませんでした(笑)

 

▼ニューイヤー駅伝関連記事はこちら
出場チーム・コース・テレビ放送など

エントリー選手と自己ベスト一覧

▼箱根駅伝などの大会まとめはこちら
2016年度駅伝大会まとめ

 

 

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-スポーツ, 実業団駅伝, 駅伝, ニューイヤー駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.