おんな城主直虎 観光地

大河ドラマ「おんな城主直虎」ゆかりの地・浜松のおすすめ観光スポット

更新日:

s-ryotanji写真提供:浜松市(龍潭寺)

2017年1月8日(日)から柴咲コウさん主演でNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」が放送されます。

舞台となるのは、遠江国井伊谷(とおとうみのくにいいのや)。現在の静岡県浜松市北区引佐町井伊谷となります。

平安時代からこの地を治めてきた井伊家。戦国時代、戦や謀略などでお家断絶のピンチに陥った井伊家。その井伊家を救った井伊直虎の、代表的なゆかりの地をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

直虎ゆかりの地・観光スポット

1.大河ドラマ館
 (みをつくし文化センター)

s-miwoshi

大河ドラマ「おんな城主 直虎」の世界観を楽しむことができるテーマ館。ドラマに沿った衣装や小道具などが展示される予定です。

まずは、ドラマ館を見学して気分を盛り上げてから出発してみてはいかがでしょうか?

▼所在地
静岡県浜松市北区細江町気賀369

▼営業時間
平成29年1月15日(日) ~ 平成30年1月14日(日)
9:00 ~ 17:00(※最終入場/16:30)

▼定休日
期間中年中無休

▼入場料
・普通入場券
大人 600円(前売480円)/16歳以上の高校生以上
小・中学生 300円(前売240円)/6歳以上16歳未満

・一般団体割引入場券
※有料入場者20名以上の構成団体に適用(混在可)
大人 480円
小・中学生 240円

▼入場券販売窓口について
大手各社コンビニ、東海地方のJTB各支店などで購入が可能です。
コンビニで購入の場合は、以下の商品番号の入力が必要です
前売り券商品番号/0243607

▼問い合わせ先
※入場券購入に関して
053-453-2124

※入場券以外の問い合わせ
053-457-2293

▼アクセス方法
・天竜浜名湖鉄道気賀駅から徒歩1分

▼駐車場
100台

 

2.龍潭寺(りょうたんじ)

写真提供:浜松市(龍潭寺)写真提供:浜松市(龍潭寺)

井伊家代々の御霊をまつる菩提寺。龍潭寺の南渓和尚は井伊直平の子という説もあり、説通りであれば直虎の大叔父にあたります。直虎を城主として立てるなど、井伊家再興の陰の立役者とも言われています。

龍潭寺では井伊家の歴代のお墓があり、直虎や許嫁の直親も祀られています。なお、境内のあらゆるところに井伊氏ゆかりの足跡が境内にあったり、特別展示では井伊家ゆかりの宝物が展示されています(※内容は変更になる場合有り)。

また、本堂の廊下は歩くと“キュッキュッ”ときしみ音が鳴り、いち早く侵入者に気付くための仕組み「鴬張り」を採用していたり、小堀遠州作の国指定名勝「龍潭寺庭園(池泉鑑賞式庭園)」は東海地方随一と言われ必見です。

▼所在地
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989

▼時間
9:00 ~ 16:30(※閉門/17:00)

▼定休日
8月15日、12月22日~27日

▼拝観料
大人 500円
小・中学生 200円

▼問い合わせ先
053-542-0480

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩10分
・JR浜松駅より車で約50分

▼駐車場
45台

 

3.井伊谷宮(いいのやぐう)

s-pho_10_02_b写真提供:浜松市(井伊谷宮)

明治5年(1873年)に創建された、後醍醐天皇第四皇子である宗良親王を祀る旧官幣中社(※1)。南北朝時代、井伊氏は宗良親王とともに奮闘しました。

現在では、学徳成就・家内安全などを願い、多くの人が参拝に訪れます。

※1 旧官幣中社…神社の格を表す目安

▼所在地
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1991-1

▼時間
・境内/終日開放
・絵馬史料館
 9:00 ~ 16:00(※年中無休)

▼定休日
年中無休

▼拝観料
・参拝無料
・絵馬史料館拝観
一般
 大人200円
 小人100円
 
団体割引(20名以上)
 大人180円
 小人 90円

▼問い合わせ先
053-542-0355

▼アクセス方法
・天竜浜名湖鉄道金指駅からタクシーで6分
・JR浜松駅より車で50分

▼駐車場
100台

 

4.共保公出生の井戸
 (ともやすこうしゅっせいのいど)

s-pho_02_03_b写真提供:浜松市(共保公出生の井戸)

龍潭寺の山門から南に徒歩5分歩くと、田んぼに囲まれたのどかな場所にあります。白壁に囲まれた大きな石組みの井戸で、井伊氏初代の共保が生まれたとされています。

▼所在地
静岡県浜松市北区引佐町井伊谷1989 龍潭寺門前

▼時間
見学自由

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-542-0480(龍潭寺)

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩10分

▼駐車場
なし(※龍潭寺の駐車場を利用してください)

 

5.妙雲寺(みょううんじ)

s-pho_05_01_b写真提供:浜松市(妙雲寺 ※旧・自耕庵)

直虎の菩提寺。お寺の名前の「妙雲」は直虎の院号が由来。2015年に直虎の位牌が、2016年には南渓和尚の位牌や肖像画が発見され、曜日限定のみ公開で公開されています。

▼所在地
静岡県浜松市北区神宮寺町28-3

▼時間
9:00~16:00
※位牌は土曜、日曜、祝日限定で公開

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-542-0225

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩5分

▼駐車場
約20台

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

6.渭伊神社(いいじんじゃ)

s-pho_06_01_b写真提供:浜松市(渭伊神社)

井戸や井戸水を信仰の対象とした神社で、井伊氏の発祥とともに氏神となりました。南北朝時代の動乱で龍潭寺の境内から現在の位置に移ったと言われています。

渭伊神社の本殿背後の丘には、40m四方の場所に数十の巨石が点在する遺跡があります。これは古墳時代の天白磐座(てんぱくいわくら)遺跡で巨石祭祀が行われていたそうです。

 

また、この遺跡はパワースポットとしても有名なので、癒しややる気を得たい人は足を運んでみてはいかがでしょうか?

s-pho_07_01_b写真提供:浜松市(天白磐座遺跡)

▼所在地
静岡県浜松市引佐町井伊谷1150

▼時間
見学自由

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-452-1634
(浜松市観光インフォメーションセンター) 

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩20分

▼駐車場
10台

 

7.井殿の塚(いどののつか)

s-pho_04_01_b写真提供:浜松市(井殿の塚)

井伊氏家老・小野氏の讒言(※2)により謀反の疑いをかけられ、今川義元に討ち取られた直満(直親の父)と直義のお墓があります。

ふたりの供養のため、館の一角に塚を築き、一本の松を植えたと言い伝えられています。なお、ふたりは直虎の大叔父にあたります。

※2 讒言(ざんげん)…事実を曲げたり、ありもしない事柄を作り上げたりして、その人のことを目上の人に悪く言うこと。

▼所在地
静岡県浜松市引佐町井伊谷603-4

▼時間
見学自由

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-452-1634
(浜松市観光インフォメーションセンター) 

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩10分

▼駐車場
問い合わせたところ井伊谷城跡南側にある引佐協働センターの駐車場が使用可能。ただし、混雑状況によってはこの限りではありません。

 

8.井伊谷城跡(いいのやじょうし)

s-pho_03_01_b写真提供:浜松市(井伊谷城跡)

標高約115mに丘陵に築かれた城館。井伊氏の本拠地はこの井伊谷城と山麓にあった本丸・二の丸・三の丸、そして三岳(みたけ)城で構成されていました。

現在は城山公園として整備され、土塁などの名残を見ることができます。

▼所在地
静岡県浜松市引佐町井伊谷字城山(城山公園)

▼時間
見学自由

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-452-1634
(浜松市観光インフォメーションセンター) 

▼アクセス方法
・JR浜松駅から遠鉄バス奥山行きで50分、神宮寺バス停下車徒歩25分

▼駐車場
問い合わせたところ井伊谷城跡南側にある引佐協働センターの駐車場が使用可能。ただし、混雑状況によってはこの限りではありません。

 

9.井伊直親の墓(いいなおちかのはか)

s-pho_11_01_b写真提供:浜松市(井伊直親の墓)

直虎の許嫁として育つが、家老の讒言により父・直満を殺害され故郷を追われる。のちに帰国するも家老の小野氏の讒言をされたため、今川氏真への弁明のため駿河へ向かう道中、謀殺されました。

直親のお墓は盛り土の上に小さな石碑が建っています。その石碑の手前にある灯ろうは、江戸末期の大老・井伊直弼が墓参りの際に寄進したものです。

▼所在地
静岡県浜松市北区細江町中川

▼時間
見学自由

▼定休日
年中無休

▼拝観料
無料
 
▼問い合わせ先
053-452-1634
(浜松市観光インフォメーションセンター) 

▼アクセス方法
・天竜浜名湖鉄道金指駅より徒歩15分

▼駐車場
なし

 

観光スポットまとめ

前の章で紹介した観光スポットの位置関係をご紹介します。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

直虎とゆかりが深く、なるべく一日で観光できるスポットを選んでみました。

移動は車がベストですが、公共交通機関でも行けなくはありません(公共交通機関の場合は、ルートや時間の使い方によっては、一日でめぐるのは難しいかもしれませんが)。

いずれにせよ、「おんな城主 直虎」の放送が始まると直虎ゆかりの地は相当混雑すると予想されます。

興味のある方は早めに観光地を回る方がいいかもしれませんね。

ちなみに、浜松市が観光のモデルコースを紹介しています。こちらでは、大河ドラマはもちろん浜松市や浜名湖を堪能できるコースとなっています。是非、観光ルートの参考にしてみてはいかがでしょうか?

「おんな城主 直虎」推進協議会
井伊直虎サイト(おすすめモデルコース)

 

▼あらすじ・キャスト・観光スポットなど直虎関連のページはこちらから
おんな城主直虎:サイト内リンクまとめ

▼サブタイトル(副題)について
おんな城主直虎のサブタイトルの元ネタって何?

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-おんな城主直虎, 観光地

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.