おんな城主直虎 あらすじ

おんな城主直虎|15話のあらすじ/おんな大名におんな城主が挑む!?

更新日:

前回の「おんな城主直虎」では、今川の命に従わない井伊直虎(柴咲コウ)に、寿桂尼(浅丘ルリ子)が申し開きに来るよう小野政次(高橋一生)に命じました。

政次の脳裏によぎるのは、駿府に申し開きに行く途中で、謀殺された先代当主・井伊直親のこと。果たして、この難局を直虎や政次はどう切り抜けるのか…。

それでは、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の第15話「おんな城主 対 おんな大名」のあらすじと主な登場人物をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

第15話の登場人物

※あらすじの中の主な登場人物です。

 

おんな城主直虎/第15話あらすじ

前回のあらすじはこちらから
第14話「徳政令の行方」

 

「おんな城主 対 おんな大名」

今川からの「徳政令を発布せよ」との下知を、無視する形となった井伊。二度までも今川の下知に背いたため、直虎が直々に駿府へ申し開きに来るようにと、寿桂尼は命じた。

ついにその時が来た。政次の脳裏には、駿府へ向かう途中で討たれた直親が浮かぶ。自分に任せてはもらえぬかと、寿桂尼に進言する政次だったが、寿桂尼は飄々と「申し開きに来いと言っているだけじゃ」と取りつく島もなかった。

 

駿府から戻った政次は、直虎に書状を手渡した。その書状には、「後見、瀬戸・祝田村の徳政」について命に従わなかった理由を、駿府まで直虎が申し開きに来い…というものだった。

「行けばどのようなことが待っておるのかは、重々お分かりのことと存じます。駿府へ行かずとも済む手立てはただ一つ。私を虎松様の後見にすることです。さすれば、そのあとのことは万事取り計らいましょう」

直虎は政次の提案を受け流し、申し開きに行くことを覚悟を決めた。

 

直虎は南渓和尚の元を訪れ、駿府行きのことについて話をしていた。腕の立つものを揃え、いざとなれば政次を人質にしようと考えていることを告げた。

「次郎はますます物騒なおなごになっていくのう」

南渓和尚は苦笑し、必ず生き残れる策を思いついたと言う。それは、

「もう駄目じゃと思ったら、政次に後見を譲ると言ってさーっと帰ってしまうのじゃ」

というものだった。そして、「何事も、命あっての物種じゃ」と、諭すように言った。

直虎は神妙な顔をして、「胸に刻んでおきます」と返した。

 

龍潭寺から井伊の屋敷に戻った直虎。直虎のやり方にへそを曲げてしまっていた直之が、険しい顔で待ち構えていた。駿府行には武人として腕が立つ直之を同行させたい直虎だったが、直之は頭ごなしに「すぐに後見を降りて駿府の言うことをお聞きなされ」と怒鳴った。

直之は、直虎が直親の二の舞になることを危惧していた。供の者たちが犬死することも目に見えている。さらに声を荒げた直之は「後見を降りると言え!」と、直虎に怒声を浴びせ詰め寄る。

だが、直虎は「誰に向かってものを言うておる!」と怒鳴り返した。

直之は完全にへそを曲げてしまい、その場を立ち去った。その後、六左衛門の説得も効果はなく、直之は直虎の駿府行の護衛にはつかなかった。そこで、直虎の護りとして、龍潭寺の腕利きの僧たちが同行することとなった。

 

出立の前夜。ご初代様の井戸の前に、直虎の姿があった。直虎は、井戸の傍らに植えられている橘に話しかける。

「直親…因果なものでな。明日、われも駿府に申し開きに行くことになった。いざとなれば尻尾を巻いて帰ってくるつもりだが。できれば、道中、守ってくれればありがたい」

 

翌日、直虎は六左衛門に留守を任せ、母・祐椿尼といざというときは逃げ帰る…と約束をし、昊天と傑山をはじめとする龍潭寺の屈強な僧たち、政次などの供を連れ、駿府へと旅立った。

 

 

直虎一行を街道の端で眺めていた直之は、南渓和尚に声を掛けられ、百姓たちに字を教える手伝いをすることになった。

というのも、直虎が百姓たちに字を教える約束をしており、南渓和尚は直虎に頼まれていたからだった。

集まった百姓たちは字の練習に励むが、直之はしぶしぶ墨をする…。そんな直之に礼を言う瀬田村の甚兵衛が「直虎様はいかがお過ごしで」と訪ねると、「殿は、駿府から呼び出しを喰らったのじゃ」と直之は渋面で答えた。

すると、楽し気に字の練習をしていた百姓たちが、一瞬静かになった。甚兵衛が「ご先代の直親様の時のようなことにゃぁ!」と声を荒げると、百姓たちが立ち上がり、直虎を守りに行こうと色めき立つ。直之は足手まといになるだけだと百姓たちを止めるが、

「直虎様はおなごだで」

「お守りできんじゃ、男じゃねえだ!」

百姓たちは直之にそう返す。だが、南渓和尚は飛び出さんばかりの百姓たちに、「ここにいても直虎を助ける方法があるとすればどうじゃ?」と言った。

思案顔の直之はその場を離れ、意を決してどこかへ向かって駆けだした。

 

 

一方、駿府に向かっていた直虎たちは、途中にある山寺で夜を明かすこととなった。いざというときのために、直虎が休む部屋の外には傑山が陣取っている。厠へ行く政次が通りかかると、傑山は立ち上がりその後を付いていこうとする。

と、そこへ直虎の小さな悲鳴があがった。一匹の蛇が、今にも直虎に飛びかからんばかりに蠢いていたのだ。その挙動が怪しまれている政次を、傑山は羽交い絞めにし、その隙にやってきた昊天が蛇を捕まえ事なきを得たが…。

「こ、腰が抜けた…」

直虎は顔を歪め、呟いた。

 

 

その頃。龍潭寺の南渓和尚のもとをなつが訪れていた。なつは南渓和尚に政次のことを相談しに来たのだ。曰く、「義兄上(政次)には子がおらず、井伊の後見となり井伊を手に入れたところで先がない…。にもかかわらずこだわるのは、井伊を今川から守る盾になろうとしているのではないか」というものだった。

「仮にそれが政次の本意であったとしても、政次は認めぬであろうな…本意を読まれてしまえば、もう盾にはならぬからの」と、南渓和尚は答えた。

 

翌朝。山寺を旅立つ一行。直虎は蛇騒ぎのせいか元気がない。

「おとわ」

政次は歩き出そうとする直虎を呼び止め、危ない目に遭わぬためにも後見を降りるよう詰め寄った。直虎は険しい顔…。

そこへ、ミシミシと怪しい音がしたかと思うと、巨大な木が直虎めがけて倒れ込んできた。とっさに政次が直虎を押しのけ、倒木に巻き込まれることはなかったが、間髪入れずに手斧が数個、直虎の頭上をかすめ飛び、山寺の壁に音を立てて突き刺さった。

それを合図に隠れていた刺客たちが現れ、少し先で待っていた傑山らを襲う。直虎はその様子を目でとらえ、慌てて逃げ出した。その後を政次が追いかける。

しかし、行き止まりに行く手を阻まれた直虎は、別の場所から現れた数人の刺客に追い詰められた。刺客の後ろに位置している政次は、静かに刀を抜く…。

だが、直虎めがけて刺客の刀が振り下ろされようとした瞬間、何者かの矢が刺客の胴を貫いた。間髪入れずに二の矢、三の矢が放たれ、刺客がその場に倒れ込む。矢を放った主、直之が姿を現し、鬼神のような形相で次々に刺客を倒していった。

「怪我はござらぬか!」

「来てくれたのか」

「女子のくせにでしゃばるから、かような目に遭うのじゃ!」

恐怖ですくんでいた直虎は、目を丸くして直之を見たが、「女子は関りなかろう…」と、息も絶え絶えに反論する。

再び現れた数人の刺客を、事も無げに切り捨てた直之は、村の男たちが直虎を守ると、駆けださんばかりの勢いだったこと話した。

「殿は女子ゆえ、われらが守らねばと。そなたはさようなことを考えたこともなかろう!」

直之の言葉に、直虎は返す言葉もなかった。

 

昊天や傑山ら僧たちが駆けつけてきた。みな、直虎の無事を見て安堵したが、怪我をし、泥で汚れ、汗だくで疲れ切っていた。そんな様子を見た直虎は、政次を呼ぶと「虎松の後見はそなたに任す」と言い、政次を駿府へと送り出した。

「よし、では、われらは戻るか」

直虎は昊天たちに声をかける。その前に、直之に「少し話さぬか」と、山寺の境内に呼んだ。

「実は、一つ頼みたいことがある。これは、そなたにしかできぬことじゃ…」

 

その夜、街道にはたいまつを持って馬を駆る、直之の姿があった…。

 

 

翌日。駿府に到着した政次は、寿桂尼に直虎からの書状を渡した。寿桂尼は満足げに書状を読み、「初めからこうしてくれていればよいものを」とわずかに口の端を緩める。

そこへ家人が現れ、井伊の中野が書状を持って来たと告げた。眉をしかめる政次だったが、「殿が不在ゆえ、私が会おう」と、寿桂尼は立ち上がり主殿へ向かう。

平伏していたのは直之…?しかし、面をあげたその顔は、直虎だった。唖然とする政次。寿桂尼は「但馬に後見を託し、井伊に戻ったと聞いたが」と問う。

「こたびこそはお下知に逆らうまいと井伊を出たのでございますが、道中、何者かに付け狙われ…。これではたどりつけぬ、またお下知に逆らうことになると、但馬を隠れ蓑に使い、その何者かを欺きましてございます」

直虎はそう述べた。昨夜、たいまつを持って馬を駆っていたのは、直之の着物を着た直虎だったのだ。方や直之は直虎の着物を着て、井伊に戻っている頃…。

寿桂尼は直虎に、徳政を行わなかったことを問いただした。直虎は、瀬戸村と祝田村が寺社領になっていたため徳政は行えなかった。「仮名目録」第二十二条、寺社領においては守護といえど介入はできぬ…という掟に従ったまでと説明した。

寿桂尼は直虎が根拠とした仮名目録に記載がある件は、すでに義元公により追加の掟があり、守護不入であってもお下知には背くなと改められていることを告げた。

「掟に従うと申すならば、下知には背かぬのが道理。速やかに徳政を行われよ」

「私に徳政を行えと?」

「そうじゃ」

「それは、私こそそれにふさわしき者…後見とお認めになっておられるということなりますが、さように受け止めてよろしいのでございましょうか」

直虎の話に割り込むように、政次は虎松の母から一通の文を預かっていると、寿桂尼に渡した。その文には、直虎の後見は望まぬと書かれており、寿桂尼は「生母が望まぬ後見なぞ、火種になるのは目に見えている」と、直虎の後見を認めるのは難しいと言い出した。

万策尽き、首を垂れた直虎だったが、家人が井伊からの届け物だと、大きな巻物を手に現れた。寿桂尼に広げるよう命じられ、家人が巻物を広げると、そこにはつたないながらも瀬戸村と祝田村の百姓たちの名前がずらっと書かれていた。

「瀬戸村祝田村一同、井伊直虎様の後見を伏して願い奉りまする」とあった。

さらに、南渓和尚が書き添えた、直虎の後見を許してほしい旨を記した書面を読んだ寿桂尼は、直虎に井伊を任せたとしたら、どう治めるかと尋ねた。

「潤すことで」

民が潤えば井伊が潤い、井伊が潤えば今川の潤いになっていく…直虎はそう答えた。

寿桂尼は直虎の答えを聞くと、おもむろに立ち上がり、「井伊直虎…そなたの後見を許す。ただし次はない。もう二度と生きて申し開きができると思わぬことじゃ」

寿桂尼は平伏する直虎を見ることもなく、主殿を後にした。

 

今川の屋敷を出ると、六左衛門が待っていた。百姓たちが署名した巻物を届けたのは、六左衛門だったのだ。直虎は泣き笑いの顔で「戻るぞ!」と声をかけ、二人は駿府を後にした。

井伊谷に戻ると、百姓たちが直虎を出迎えた。井伊の屋敷の前には、祐椿尼を始め、昊天と傑山や新野三姉妹、なつ、たけ、直之の姿もあり、みなが直虎の無事を喜んだ。

姿が見えない南渓和尚は、ご初代様の井戸端に盃をずらりと並べ、あの世でも心配していたであろう直盛や直親たちと、直虎の帰還と女城主の誕生に祝杯をあげた。

 

※あらすじは、書籍「NKH大河ドラマ・ストーリー」を参考に、本放送を合わせてまとめています。

▼サブタイトル(副題)について
おんな城主直虎のサブタイトルの元ネタって何?

 

おんな城主直虎/相関図(城主編)

※第15話時点で登場していない人物も含みます。また、ネタバレ要素もあります。
※画像をクリック(タップ)で拡大します

▼あらすじ・キャスト・観光スポットなど直虎関連のページはこちらから
おんな城主直虎:サイト内リンクまとめ

▼サブタイトル(副題)について
おんな城主直虎のサブタイトルの元ネタって何?

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-おんな城主直虎, あらすじ

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.