おんな城主直虎 あらすじ

おんな城主直虎|14話のあらすじ/竜宮小僧の正体はあの人だった!?

更新日:

前回の「おんな城主直虎」では、井伊直虎(柴咲コウ)を城主として認めない井伊家家臣や虎松(寺田心)の後見人にしたくないしの(貫地谷しほり)との間でいざこざがありました。

さらに、井伊家が治める村々から借金の帳消しを求められたり、井伊家が借金まみれだったことがわかったりと頭を悩ませる直虎。

今後、どんな知恵でこの苦難を超えるのか楽しみです。

さて、柴咲コウさんの演じる直虎を見ていると、直虎の子ども時代を演じた新井美羽ちゃんのおとわと上手くリンクさせて演じているなあと感じます。ちょっとしたおとわのやんちゃさが見え隠れして面白いです。

それでは、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の第14話「徳政令の行方」のあらすじと主な登場人物をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おんな城主直虎/第14話あらすじ

前回のあらすじはこちらから
第13話「城主はつらいよ」

 

「徳政令の行方」

百姓たちを年貢と瀬戸方久への支払いから解放する妙案を思いついた井伊直虎。しかし、方久の従者が急ぎ知らせた話によると、百姓たちは祝田村の蜂前神社(はちさきじんじゃ)の禰宜(※ねぎ・神職の名称)を通じ、今川家に徳政令を直訴したという。

 

 

井伊を飛び越えて今川に徳政令を願い出る。これは、百姓たちが今川の支配を望んでいる…ということになるのだ。

となれば、瀬戸村と祝田(ほうだ)村は誰が納めるのか…。方久と直虎は考えた。今川は小野政次に後見を任せたいと思っている。つまりは、百姓たちの訴えを隠れ蓑にした、政次の乗っ取りであるのではないか…?

かくして、方久の読みは当たっていた。政次は中野直之、奥山六左衛門と連れ立って、しのが身を寄せている新野の屋敷を訪れた。

そして、直虎は方久に借金の返済を迫られぬよう機嫌を取るため、瀬戸村と祝田村をくれてやった…。そんな話をするのだった。

「私に虎松様の後見をお任せいただければ、必ずや村はお返しいたしますが」

政次はしのの心を揺さぶるのだった。

 

 

一方、直虎と方久は、夜更けに南渓和尚のもとを訪れ、今川が徳政令を出したとしても対抗できるよう協力を頼んだ。それは、「仮名目録」に定められたとある掟を利用した、起死回生の策だった。

 

翌朝。評定(会議)の場では直之ががなり立てていた。曰く、

・瀬戸村と祝田村を返す
・方久を家臣の列から除く

これができなければ、直虎を領主とは認めない…。それは奥山、新野、中野の総意だと言うのだ。

直虎が虎松の後見は誰にやってもらうのかと尋ねると、「但馬殿にやってもらう」と直之は答える。

「気は確かか!」と声を張りあげた直虎だったが、直之は、「どちらが頼りになるかは明らかだろう」と言い返してきた。

そこへ、今川からの書状を携えた政次が姿を現した。その書状は、徳政令を出せという今川からの下知(命令)だった。

「直虎様より、速やかなるご発布を」

政次の言葉に、直虎は戸惑いの表情を浮かべた。そして、実は…と、方久に目配せすると、方久がこう言った。

「やはり、いきなり私が所有するのは風当たりが強いかと、瀬戸・祝田の土地を龍潭寺に寄進してしまったのでございます」

政次の表情が一変した。直虎は“仮名目録”を取り出す。寺領は守護不入と記載がある。つまり、特定地域は今川でも手が出せないというものだった。

「今川のお沙汰を、はねつけるとおっしゃるのですか」

「そうではない。奇しくも、発布ができかねる様子となってしまっておるというだけのことじゃ」

「なるほど。では、駿府へはその事情を申し上げ、お返事といたしましょう」

そう言うと、政次はその場を後にした。

だが、納得できない直之は、なぜお沙汰に従わないのかと、直虎に食ってかかる。直虎が、結局は瀬戸も祝田も但馬のものになってしまうと反論するも、直之は「但馬は村を返すと言っておったではないか!」と声を荒げる。

「政次が今までどのようなことをしてきたか、知らぬのか!」と、負けじと直虎も言い返す。

「方久に土地を預けるのはこれからの井伊のためじゃ!今の井伊には金もなければ人もおらぬ。このままでは先細るばかりじゃ。何とかするためには、裸一貫から成りあがった方久のような者の才覚が、新しいやり方がいるのじゃ!」

直虎は熱く語るも、直之の心には響かず、あまつさえ侮辱の言葉を述べると、足音も高らかに出ていってしまった。六左衛門は直虎に一礼し、そのあとを追った。

 

 

直虎が瀬戸と祝田を龍潭寺に寄進するという策に出たことで、政次はまたしても裏で動いた。蜂前神社の禰宜を使い「強欲な領主と商人のせいで、今川の出した徳政令が骨抜きにされた」という流言を広めたのである。

そしてその夜。とんでもない事件が起きた。百姓たちが方久の屋敷を襲い、方久を人質に取ったのだ。

翌朝、直虎の元に方久の従者がやってきて、そのことを告げられ、百姓の一人である八助からだという脅迫状らしき書状を渡された。

そこには、「今川の徳政令を受け入れると記したものを蜂前神社に届けよ。さむなくば、方久の命はない」とあった。

その場に居合わせた祐椿尼は、「随分と知恵の回る百姓たちですね」と素直な感想を述べる。

「裏で糸を引いておる輩がいるのです」

直虎の脳裏には、薄ら寒い笑みを浮かべる政次の顔が浮かんでいた。

「おのれ…!」

直虎は怒りもあらわにその場を駆けだした。それを見たたけが、「姫様!お供を!誰か姫様にお供をお連れください!!」と、悲痛な叫び声をあげた。

 

一人飛び出した直虎は、百姓たちと話をしようと瀬戸村に足を運んだ。しかし、百姓たちはどこにもおらず、祝田村も同じ有様。これはいわゆる「逃散(ちょうさん)」という、百姓の抗議行動だった。

万策尽きた直虎は、百姓たちの要求をのむべく、蜂前神社に向かった。その直虎の後ろ姿を見送る謎の人影があった。どうやら竜宮小僧だったかもしれない。というのも…。

 

 

蜂前神社には、手回しのよろしいことに、墨と筆と書状が用意されていた。

「徳政の発布はゆめ疑いなし」と書いた直虎。その時、一陣の風が吹き、気づけば一匹の亀がのっそりと歩いてくる。そして、書状の上に居座り動かなくなった。

 

 

「これ、どけ、どけ、亀…亀」

久しぶりに口にした「亀」の名に、直虎は直親のことを思い出していた。

「これは…違うか、亀。われも、違うと思う」

直虎はその場を後にした。

 

 

瀬戸村に戻った直虎は、田植えを待つばかりとなった稲の苗を発見した。今はちょうど田植えをしなければならない時期であり、これ以上苗が育つと田に根付きにくくなる。それは、百姓にとって悔やんでも悔やみきれないこと。

直虎は龍潭寺の僧たちや井伊谷の百姓らに協力してもらい、田植えをしようと考えた。皆で手に手に鍬や鋤を持ち、瀬戸村へと向かう。逃げた百姓たちは、必ず戻ってくることを信じて…。

 

一方で、田植えのために瀬戸村に向かう直虎たちの姿を見て、武器を手に百姓たちを捕まえに来た…という勘違いが生まれた。そして、蜂前神社の禰宜の先導で、隠れていた農民たちは別の場所に移動するため慌てていた。

そこへ、稲の成長を心配して、こっそり様子を見に行っていた角太郎が戻ってくる。

「あれは俺たちを捕まえに来たんじゃねぇ」

甚兵衛たちが村に戻ってみると、直虎たちが今まさに田植えをしようとしていたところだった。

 

直虎は、甚兵衛たち数人が戻ってきたことに気付いた。

「おぬしらの稲が育たねば、われらも困るからな。勝手だが、田に入らせてもらった」

甚兵衛は、瀬戸村を借金のかたに方久に売ったのだろう…と、直虎を責めた。だが、直虎は瀬戸村と祝田村を方久の土地にしたのは、井伊の借金をなくすためではなく、おぬしらの返済のためでもあるのだと説明した。

方久の土地となれば、方久には年貢が入る。それをもって返済を猶予してもらうことにしたのだ…と。

だが、百姓の一人から、「借金が減らないなら徳政の方がいい」という声があがった。すると直虎は、「目先の話ばかりするな!」と叱りつけた。

「徳政が出れば、今ある借金はなくなる。しかし、人手もなければいつ凶作になるかもわからない。欲が深い方久は借金を棒引きにはしてくれないが、村を任せれば今よりも潤い、おのずと借金を返せる仕組みを作ると約束してくれた。その方がよくはないか?」

直虎の言葉に、百姓の一人が「そんだって禰宜様は…」と反論する。

「われと禰宜と、どちらを信じる!」

百姓たちは押し黙り、直虎を見つめた。

「方久は何を考えているかわからないところはあるが、銭のためなら何でもすると言っている。己の所領となれば意地にかけても村を潤すと思う。そして、そのために欠かせぬそなたらを、無下に扱うようなことはせぬ。われはそのように信じておる」

物陰から様子をうかがっていた六左衛門は、直虎の言葉に感動し、涙を流していた。同じく感動した百姓たちは一人、また一人と田んぼに入っていった。

直虎は村の心をとらえた。だが…。

 

 

後日。新野の屋敷を訪れた祐椿尼は、新野の娘たちには自身の化粧料分(※1)を、しのには川名の一部を渡すことで今回の件は収めてはくれまいかと提案した。新野の長女・あやめは恐縮しつつそれを受け入れたが、しのは「祝田村を返さぬ限り、直虎を虎松の後見とは認めない」という姿勢を崩さなかった。
(※1)…化粧料とは上級の武士の娘が嫁入りする際に持参する田地のこと

 

龍潭寺。直虎は南渓和尚に、書状を書いていた時に亀が現れた話をした。南渓和尚は亀を放ったのは竜宮小僧ではないか?と言い出す。

直虎は深いため息をつきながら、「まことにそうなら、またお助けいただけませぬかね…」と肩を落とした。

「一番厄介なことが、まだ残っておるではないですか」

 

その頃、駿府にある今川の館では、寿桂尼が政次を「出家あがりのおなごに手こずるとは…」と、叱責した。

「二度までも沙汰に背くとは…。謀反の意ありと疑われてもしかたあるまい。直虎を駿府に、申し開きに越させよ」

寿桂尼の命令に、平伏する政次は動揺する。直満や直親と同じ運命が、直虎の前に立ちはだかろうとしていた…。

 

※あらすじは、書籍「NKH大河ドラマ・ストーリー」を参考に、本放送を合わせてまとめています。

次回、おんな城主直虎のあらすじはこちら
第15話「おんな城主 対 おんな大名」
※放送後、更新します。

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

おんな城主直虎/相関図(城主編)

※第14話時点で登場していない人物も含みます。また、ネタバレ要素もあります。
※画像をクリック(タップ)で拡大します

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

まさか新井美羽ちゃんが竜宮小僧で登場していたとは…。なかなか嬉しい演出をしてくれてよかったです。最終回あたりで子ども時代を演じた3人が登場してくると嬉しいな(笑)

さて、家臣の奥山六左衛門や村民との絆が深まった直虎。ひとつ問題が解決し、ひと段落と言ったところですが、そうは問屋が卸さないです。

一難去ってまた一難は物語の王道ですが、いきなり今川に申し開きに来いとは…。直親と同じ道を辿らされています。果たして、この苦難をどう乗り切るのか楽しみですね。

 

▼あらすじ・キャスト・観光スポットなど直虎関連のページはこちらから
おんな城主直虎:サイト内リンクまとめ

▼サブタイトル(副題)について
おんな城主直虎のサブタイトルの元ネタって何?

 

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-おんな城主直虎, あらすじ

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.