おんな城主直虎 あらすじ

おんな城主直虎|13話のあらすじ/城主直虎に家臣が猛反発!井伊家はどうなる?

更新日:

前回の「おんな城主直虎」では、南渓和尚(小林薫)の策により、おんな城主直虎(柴咲コウ)が誕生。井伊家再興のため立ち上がりました。

また、井伊家の出演者もガラッと変わり、今までと違ったドラマの雰囲気になるでしょう。果たして、柴咲さんがどんな感じの城主を演じてくれるのか楽しみです。さらに、少しずつダークサイドに落ちていく高橋一生さん演じる小野政次がどうなっていくのか…。

そんな出演者の演技と合わせて、ストーリー展開も楽しみですね。

それでは、NHK大河ドラマ「おんな城主直虎」の第13話「城主はつらいよ」のあらすじと主な登場人物をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

おんな城主直虎/第13話あらすじ

前回のあらすじはこちらから
第12話「おんな城主直虎」

 

「城主はつらいよ」

家臣の集まる評定(会議)の場で、次郎が井伊直虎として井伊谷の領主となることが発表された。中野家を継いだ直之が、「おなごに井伊を任すなどと!」と、声を荒げ猛反発。奥山を継いだ六左衛門は、南渓和尚が還俗して後見になっては…などと言い出す始末。

しかし、南渓和尚が「駿府からは但馬を後見にという話がきておるが、その方がよいか?」と尋ねると、直之も六左衛門も気まずそうに口をつぐんだ。

ちなみに、とわは本領安堵のために出家し次郎となったが、次郎は還俗せず、領主としての名を直虎とすることや、直虎は虎松が元服するまでの後見であることなどを南渓和尚は説明した。

※本領安堵のエピソードについては、第4話のあらすじをご覧ください。

おんな城主 直虎│2話から4話のあらすじまとめ(子ども時代)

 

さて…。覚悟を決め、井伊谷の領主となった直虎。しかし、政務については経験がない。南渓和尚はそんな直虎に「仮名目録」なる書物を渡した。南渓和尚によると、「仮名目録」とは、今川の先々々代が国を治めるために作った掟ということだった。寿桂尼が作った…という噂もあるとか。ともかく、直虎は仮名目録を真剣に読むことにした。

 

一方、奥山六左衛門は、次郎が直虎となり井伊谷の領主となったことを、亡き新野左馬助の屋敷に身を寄せている妹のしの・なつに知らせた。

直虎が虎松の後見になることを聞かされていなかったしの。

「あのおなごが後見など、認めたくはありません」

しのは怒りにをたたえた声音で言う。だが、六左衛門が「政次様が後見になる方がよいのか?」と尋ねると、驚きで目を見開き、

「どちらも嫌でございまする!」

と、癇癪を起した。

 

 

翌日、新米領主の直虎は、何から手をつければいいかと思案していた。そこへ、瀬戸村の甚兵衛をはじめとする百姓たちが訪ねてきて、陳情したいことがあるから、一度村に来てほしいと願い出た。直之の「領主は軽々しく村まわりはしない」という言葉を聞き流し、直虎は翌日には瀬戸村に足を運んだ。

そこで直虎が見たのは、耕されずに放棄された荒地の数々…。その理由を甚兵衛に訊ねると、度重なる戦で男手が足りなくなり、耕せなくなったと言う。それでも年貢は納めねばならず、銭や米を銭主(※せんしゅ・債権者のこと)から借りなくてはならず、結果的に百姓たちは年貢と銭主の二重の支払いに苦しめられているという。

「ご領主様、徳政令をお願いいたします!」

甚兵衛を筆頭に、集まった百姓たちは土下座し、直虎に徳政令を願い出た。徳政令とは、平たく言えば「銭主に借金を棒引きさせる法令」のこと。

「わかった。すぐに手配をする」

即答する直虎に、「さようなこと、安請け合いなさっては…」と、直之は食ってかかるが、直虎は意に介さず「領主はわれじゃ」と言うのだった。

 

 

ところが、屋敷に戻った直虎のもとに、政次から井伊家の財政状況を知らされた六左衛門が、証文の束を手に血相を変えて走り寄ってきた。証文の束には、銭二十貫文、銭十五貫文、銭三十貫文…どうやら、戦のたびに商人から借り入れをして支度をしていたようだった。

しかも、どの証文にも“瀬戸方久”という名前が記されていた。瀬戸村の甚兵衛たちが口にしていた銭主も同じ名前だった。

そんな最中、たけが来客を告げにやってきた。訪ねてきたのは“瀬戸方久”だというのだ。いささか緊張の面持ちで面会に向かう直虎。平伏していた瀬戸方久が顔を上げると、直虎は不思議そうに首をひねった。

「…どこかで会ったことはないか?」

すると、方久は「ございますよ」と言いながら、袂から櫛を取り出した。

それは、亀之丞(直親)が井伊谷を追われた幼い頃のこと。鶴丸(政次)との夫婦約束をしたくなかったとわ(直虎)が家出をしたことがあった。

その時に腹を空かせていたとわを、櫛と引き換えに一晩泊めてくれて、褒美欲しさに突き出したのが、かつて村に養われていたこの男…瀬戸方久だった。

方久はとわを井伊谷に連れ帰ったときに貰った褒美を元手に、今の豪商にまで成り上がったのだ。

浜名湖畔の豊漁で安くなった魚を買って干物にし…

村でたくさん売りさばき…

得た銭でつぶれかかった茶屋を買い…

安く茶を出し商売繁盛…

やがて茶屋で仕入れた情報から戦場で商いを始め…

さらに、銭を得て…

蔵が立った!

 

方久は自分を銭の犬だと言う。「ワンではなく銭を求めて貫と鳴きまする。うー、カンカンカン!」

笑い合う直虎と方久。直虎はおもむろに、頼みがある…と身を乗り出した。

「瀬戸村の借金を棒引きにしてほしいのじゃ」

ぽかんとする方久に、徳政令を出す約束をしたと説明する直虎。しかし、井伊の借金を今すぐ返すのなら、瀬戸村の借金を棒引きにしてもいいと方久は言う。しかし、そんなことができるわけもない…。

その夜、直虎は直之と六左衛門とともに井伊家の財政を洗い直した。結果、破綻寸前であることが判明。方久への返済だけでも三十年はかかる計算になってしまう…。

徳政令を出さなければ済む話だと、直之が言う。だが、すでに騒ぎは大きくなってしまっていた。

翌日、井伊の屋敷の庭には、百姓たちが詰めかけていた。瀬戸村の者たちだけでなく、徳政令の話を聞きつけてきた祝田村の者たちもおり、祝田村にも徳政令を出してくれと言い出した。

だが、直虎は徳政令は出せぬと、一堂に向かっていった。徳政令を出せば井伊家も潰れてしまうから…と。

途端に、百姓たちは怒声をあげ、直虎を罵った。直虎はどうすることもできず、屋敷の中に逃げ込むしかなかった。

 

 

翌日から、直虎は井伊谷の農村を見て回った。汗水たらして働く農民たちの姿を見て、年貢と方久への返済…二重の苦しみにあえいでいる甚兵衛たちを放っておくわけにはいかないと思う直虎。方久の屋敷を訪ね、支払いを待ってはもらえぬかと交渉した。

しかし、方久は首を縦には降らない。が、方久が、村の土地を使って商いをしてはどうかと提案した。これをきっかけに、直虎は妙案を思いつく。

それは、方久を家臣とし、瀬戸村と祝田村をその所領として与えるというもの。方久には年貢が入るのだから、それをもって借財の返済を猶予させる。

一方の百姓たちは、猶予期間があけるまでは年貢のみを納めるだけとする。そして、村に新しい商いを起こし、百姓たちが返済できるように方久が面倒をみる…というものだった。

良い考えと思いつつも、一抹の不安を覚えた直虎は、南渓和尚に相談した。南渓和尚は直虎に「自灯明」すなわち、自分の信じたものを明かりとして進んでいくしかないと説いた。

後日、評定の場が開かれ、直虎は方久を家臣の列に加えること、瀬戸村と祝田村を方久の所領とすることなどを宣言した。

当然といえば当然だが、直之も六左衛門も直虎の宣言に反発し、怒りの面持ちで立ち去ってしまった。冷笑を浮かべた政次も、その場を後にした。

だが、方久はけろっとした顔で、村から銭が湧き出るようになれば、皆手の平を返すだろうと言った。

「あの石頭どもの鼻を、明かしてやりましょうぞ」

方久の言葉に、直虎は微笑む。だが、すぐにその顔は険しくなった。方久の従者が慌ててやってきて、「瀬戸村と祝田村の百姓たちが、徳政令を出すように今川に願い出た」と告げたのだった。

 

※あらすじは、書籍「NKH大河ドラマ・ストーリー」を参考に、本放送を合わせてまとめています。

次回、おんな城主直虎のあらすじはこちら
第14話「徳政令の行方」

 

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

 

おんな城主直虎/相関図(城主編)

※第13話時点で登場していない人物も含みます。また、ネタバレ要素もあります。
※画像をクリック(タップ)で拡大します

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

予想通り前途多難なおんな城主直虎が描かれていますね。これからどんな困難が待ち受けているのか楽しみです。

さて、ドラマの方を見てて、中野直之役の矢本悠馬さんの演技がかなり印象に残りました。私が矢本さんの演技を始めてみたのは、2016年のTBSドラマ「仰げば尊し」でした。この時の役柄は、吹奏楽部のお調子者で、不良グループにちょっと脅されるとビビる古庄芳喜を演じていました。きのこヘッドが特徴。

※画像はドラマ「仰げば尊し」公式サイトとNHK大河ドラマ「おんな城主直虎」公式サイトより

 

そんな矢本さんがおんな城主直虎では、全くテイストの違うキャラを演じています。中野直由(筧利夫)の息子とあって、腕っぷしの強い役どころです。

役者なので演じ分けが出来るのは当たり前なんでしょうが、雰囲気からして全く違うのが印象的です。井伊家重臣の一人なので矢本さんの今後の演技に注目したいですね。

 

▼あらすじ・キャスト・観光スポットなど直虎関連のページはこちらから
おんな城主直虎:サイト内リンクまとめ

▼サブタイトル(副題)について
おんな城主直虎のサブタイトルの元ネタって何?

 

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-おんな城主直虎, あらすじ

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.