おんな城主直虎 キャスト

おんな城主 直虎│今川氏・今川家臣のキャストのプロフィール一覧

更新日:

2017年1月8日(日)から放送が始まったNHK大河ドラマ「おんな城主 直虎」。

本作品は、遠江こと井伊谷(現・静岡県浜松市)の領主の家に生まれたおんな城主・直虎の生涯が描かれます。その井伊家を支配する戦国大名・今川氏の面々を浅丘ルリ子さんや尾上松也さんら実力派俳優が演じます。

また、日本テレビ「笑点」の司会を務める春風亭昇太さんは静岡県静岡市の出身。地元の戦国大名・今川義元は子供のころから好きで視聴者が義元を知る機会になればと意気込んでいます。さらに、宝塚出身の花總まりさんはテレビドラマ初出演とあってどんな演技を見せてくれるのか注目です。

それでは、「おんな城主 直虎」の今川氏、今川家家臣のキャラクターを演じる出演者の役どころやプロフィールをご紹介します。

関連記事はこちらから

あらすじと相関図

子ども時代を演じる子役キャスト

「おんな城主直虎」ゆかりの地・浜松のおすすめ観光スポット

 

スポンサーリンク

 

出演者一覧

今川 義元(いまがわ よしもと)

今川家当主。井伊家を支配する戦国大名。駿河・遠江から三河・尾張まで勢力を拡大する。しかし、桶狭間の戦いでは織田信長に敗れる。

<キャスト>
 春風亭昇太(しゅんぷうてい しょうた)

s-%e6%98%a5%e9%a2%a8%e4%ba%ad%e6%98%87%e5%a4%aa

生年月日 1959年12月9日([age 1959/12/09]歳)
出身地 静岡県静岡市出身
身長 163cm
血液型 O型
所属 落語芸術協会
俳優デビュー 1982年
大河ドラマ 3度目の出演

春風亭昇太さんは東海大学時代、ラテンアメリカ研究会に入ろうと訊ねたところ部員が留守だったため、隣の部屋の落語研究部の部員が声を掛けてくれ、落語研究部で待つことに。そこで稽古などを見ているうちに楽しそうに思い落語研究部に入部するになりました。

入部後、「大学対抗落語選手権」で優勝し、先輩の勧めで「ザ・テレビ演芸」に漫才コンビ“ザ・まんだらーず”として出演。そこで見事初代チャンピオンに輝きました。その後、大学を中退し春風亭柳昇に入門。

前座時代から司会などで、テレビに多数出演していました。のちに、新作落語を中心に活動し、型破りな落語で人気を得ていきます。1986年、前座と真打の間の「二つ目」に昇進し、春風亭昇太となりました。

その後は数々の演芸コンクールで賞を受賞するなどの活躍をしました。また、2005年落語を題材としたTBSドラマ「タイガー&ドラゴン」に出演し、一門の出世頭を演じました。

2006年日本テレビ「笑点」の大喜利メンバーに加入し、2016年には桂歌丸さんの勇退により6代目笑点の司会者に就任しました。

 

主な出演作品

新作落語
▼ストレスの海
昇太さんの代表的作品。スピーディーな展開とブラックジョークが持ち味になっている囃です。
▼宴会の花道
会社の宴会でよく見る光景。お酒が飲める人と飲めない人のやり取りが楽しいです。
▼リストラの宴
おごらないことでケチで有名な部長から飲み誘われる男の噺。サラリーマンの悲哀がしみじみと感じられます。
テレビドラマ
誰(タレ)よりも君を愛す!
(テレビ静岡)
下町ロケット
(TBS)
など出演
映 画 
免許がない! エクレール・お菓子放浪記
落語娘 ふしぎな岬の物語
など出演
大河ドラマ
軍師官兵衛 花燃ゆ

 

今川 氏真(いまがわ うじざね)

今川義元の嫡男。父・義元が織田信長に討たれたあとの今川家当主を継ぐ。しかし、家臣の離反により、今川家の弱体化が進み武田信玄と徳川家康の駿河侵攻を受ける。

<キャスト>
 尾上 松也(おのえ まつや)

s-%e5%b0%be%e4%b8%8a%e6%9d%be%e4%b9%9f

生年月日 1985年1月30日([age 1985/01/30]歳)
出身地 東京都中央区出身
身長 178cm
血液型 O型
所属 松竹エンタテインメント
俳優デビュー 1990年
大河ドラマ 4度目の出演

尾上松也さんは、5歳の時に初舞台を踏み、以後持ち前の度胸と端正な顔立ちから子役として活動します。

家柄が物をいう歌舞伎の世界。まだ松也さんが無名だった時に、後ろ盾でもある父・尾上松助さんを亡くしました。

若干20歳にして家族や弟子を抱え、一門を継いでいかなければならなかったのです。お家を守るため、多額の借金を抱えることになりました。また、自主公演「挑む」を主催するも集客に失敗し、さらに借金を重ねることになりました。

後ろ盾が父のみであった松也さんは、歌舞伎界で今の地位にまで登りつめるのに自殺を考えるほど壮絶な苦労があったのです。

テレビ番組では「ある夜、大泣きしながら、家族と大切な友達と一門にメールで遺書を書きました」と語りました。

しかし、20代後半から立役(芝居の主要な役をつとめる男役)を中心に活躍。尾上さんの端正な容姿と涼やかなよく通る声で人気が出始めます。

2014年、コクーン歌舞伎では「三人吉三(さんにんきちさ)」のお坊吉三に抜擢され、連日立ち見が出るほどの大成功をおさめました。

なお、この上演された「三人吉三」は、2016年11月26日~2016年12月2日に映像作品として各地の映画館で上映される予定です。中村勘九郎さん、中村七之助さん、尾上松也さんの魅力が詰まっており、舞台を観た方も、「三人吉三」を観てない方も楽しめるそうです。

 

以後、尾上さんはバラエティ番組に多数出演し、知名度も大きくあがりました。

また、自主公演は現在でも続けており、舞台・ドラマ・バラエティ・CMと活躍中。次世代の歌舞伎役者としても大きな期待が寄せられています。

 

主な出演作品

テレビドラマ
嫌われ松子の一生
(TBS)
永遠の0
(テレビ東京)
など出演
映 画 
シベリア超特急2 源氏物語 千年の謎
NEWシネマ歌舞伎「三人吉三」
など出演
大河ドラマ
八代将軍吉宗 葵 徳川三代
 天地人 

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

寿桂尼(じゅけいに)

今川義元の母。今川家4代に渡って政務を補佐し、全盛期を築き上げ女戦国大名の異名を持つ。

<キャスト>
 浅丘 ルリ子(あさおか るりこ)

s-%e6%b5%85%e4%b8%98%e3%83%ab%e3%83%aa%e5%ad%90

生年月日 1940年7月2日([age 1940/07/02]歳)
出身地 満州国・新京市(現・長春)出身
身長 156cm
血液型 A型
所属 舞プロモーション
女優デビュー 1954年
大河ドラマ 3度目の出演

戦時中、満州国で生まれた浅丘ルリ子さんは終戦後やっとの思いで日本に帰国します。小学校3年生の時に貧しいながらも東京都で落ち着くことになりました。

浅丘さんが中学校の時、読売新聞に連載されていた北条誠さんの小説「緑はるかに」が映画化に向け、ヒロイン役を募集していることを知り、両親賛同のうえ応募します。

約3000人の中から「緑はるかに」の挿絵を担当していた中原淳一さんの強い推薦の下、銀幕デビューに至ります。

そして、ルリコカットが流行し、美少女として脚光を浴びるようになりました。ちなみに、それまで女の子の髪型はおかっぱ頭が主流でしたが、ルリコカットによって女の子のカットは、床屋さんから美容院へと変わっていったそうです。

s-%e3%83%ab%e3%83%aa%e3%82%b3%e3%82%ab%e3%83%83%e3%83%88

浅丘さんのルリコカット

瞬く間にスターになった浅丘さんは、小林旭さんとの離婚を経験し荒んだ生活を送ったこともありましたが、日活の看板女優として数多くの映画に出演します。

また、浅丘さんは大スターになっても遅刻が当たり前という風潮を許さず、先輩・後輩にも厳しい姿勢で接しているそうです。そのなかには、勝新太郎さんや高橋英樹さんらの遅刻にも厳しく接し、謝罪があるまで許さなかったそうです。

なお、浅丘さんは2017年春放送予定の「やすらぎの郷」で31年ぶりに元夫・石坂浩二さんと共演をします。まだまだドラマ出演に意欲的な浅丘さんの活躍に期待できそうです。

 

主な出演作品

テレビドラマ
他人家族
(テレビ朝日)
忠臣蔵・いのちの刻
(TBS)
セクシーボイスアンドロボ
(日本テレビ)
やすらぎの郷
(テレビ朝日)
※2017年春放送予定
など他多数
映 画
緑はるかに
※デビュー作、日本初のカラー映画
南国土佐を後にして 男はつらいよシリーズ
博士の愛した数式
など他多数。※映画出演は150本以上
大河ドラマ
竜馬がゆく 花神

 

太原雪斎(たいげん せっさい)

父・母ともに今川家譜代の家臣。今川義元とともに富士山麓の善徳寺入寺。義元の教育係を務め、先代当主・今川氏輝(うじてる)の没後、義元の家督相続に尽力。政治と軍事の両面で今川家を支え、井伊家の支配にも知恵を授ける。

<キャスト>
佐野 史郎(さの しろう)

生年月日 1955年03月04日([age 1955/03/04]歳)
出身地 島根県松江市出身
身長 176cm
血液型 B型
所属 橘井堂(きっせいどう)
テレビデビュー 1987年
大河ドラマ 4度目の出演

佐野史郎さんは劇団の活動を経て、映画「夢見るように眠りたい」でデビュー、初主演を果たしました。

佐野さんが脚光を浴びることになったのは、テレビドラマ「ずっとあなたが好きだった」(TBS)の桂田冬彦役でした。この役では「冬彦さん=マザコン」のイメージを世間に定着させるほどのインパクトがありました。

さて、佐野さんと言えば、知的で落ち着いた感じだけど、どこかに狂気をはらんだ役での起用が多いです。また、普通の役でもそこにいるだけで、何か佐野さんに期待してしまうほどの存在感を放っているのも特徴のひとつです。

ドラマはもちろん、映画・舞台など多方面で活躍しており、今回の大河ドラマ出演は「花の乱」以来23年ぶり4度目の出演となります。

「おんな城主 直虎」では、今川家の軍師役として、井伊家支配についてさまざまな策略を施します。佐野さんが演じるということもあり、きっと冷徹でしたたかな軍師・太原雪斎というイメージを持ってしまいます。

しかし、佐野さんはそのイメージと裏腹に人と人とのあり方について苦悩する雪斎の姿に注目してほしいそうです。

どんな演技になるのか楽しみですね。

 

主な出演作品(最近のもの)

テレビドラマ
<2016年>
ヒガンバナ~警視庁捜査七課~(日本テレビ)/神藤勇蔵 役
<2015年>
THE LAST COP/ラストコップ(日本テレビ)/遠藤勇二 役
<2014年>
戦力外捜査官(日本テレビ)/小早川安博 役
ほか2時間ドラマなどに多数出演
NHK
<大河ドラマ>
花の乱(1994年)/足利義視 役
翔ぶが如く(1990年)/有村俊斎(海江田信義) 役
独眼竜政宗(1987年)/後藤孫兵衛 役
<その他>
坂の上の雲(2009年-2011年)/陸羯南 役
ほか多数出演
映画
<2017年>
なりゆきな魂、/主演:忠男 役
<2013年>
千年の愉楽/若松孝二 役
<2009年>
美代子阿佐ヶ谷気分/坪田義史 役
ほか多数出演

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

新野 左馬助(にいの さまのすけ)

今川家臣で千賀の兄。今川氏との同盟の証として井伊家へ嫁いだ千賀の兄。井伊家再興のもっとも重要な人物のひとり。

<キャスト>
 苅谷 俊介(かりや しゅんすけ)

s-%e8%8b%85%e8%b0%b7%e4%bf%8a%e4%bb%8b

生年月日 1946年11月26日([age 1946/11/26]歳)
出身地 大分県出身
身長 178cm
血液型 A型
所属 土舞台
俳優デビュー 1971年
大河ドラマ 5度目の出演

大分県出身の苅谷さんは、上京し働きながら俳優に目指して東宝芸能学校に入学します。

1970年日米合作映画「トラ・トラ・トラ!」の助監督を経て、翌年渡哲也さん主演映画「さらば掟」で俳優デビューをします。

その後、石原プロモーションに入社し「大都会」シリーズや「西部警察」シリーズでレギュラー出演し活躍。

また、高校2年生の時、学校をさぼるため近所の発掘現場に通ったことで考古学に興味を持ちます。俳優の仕事のため、考古学からは一時遠ざかっていましたが、故・石原裕次郎さんの新居建設現場から多数の土器を含む遺跡が出土したことで、再び考古学の情熱が再燃しました。

当時、石原プロ副社長の渡利哲也さんに相談し、1982年に石原プロを円満退社。以後、俳優の仕事のかたわら考古学の研究を続け、全国各地の遺跡に関わり、論文なども発表しています。

ちなみに、石原プロ退社にあたり公私ともに親しい舘ひろしさんが、「当面食べていくための金が要るだろうから」ということで、知り合いのレコード会社に頼んで苅谷さんを歌手デビューさせ、印税で生活ができるようお膳立てしたそうです。

 

主な出演作品

テレビドラマ
大都会シリーズ    
(日本テレビ)
西部警察シリーズ
(テレビ朝日)
あぐり
(NHK)
花子とアン
(NHK)
など他多数
映 画
里見八犬伝 もっとあぶない刑事
Go!  
銃夢
声の出演…イド・ダイスケ
など他多数
大河ドラマ
葵 徳川三代 江~姫たちの戦国~
功名が辻 利家とまつ~加賀百万石物語~

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

佐名(さな)

井伊直平の娘。井伊家が今川氏に服従したという証で人質として送られる。今川家臣・関口氏との間に徳川家康の正室となる瀬名(築山殿)を出産する。

<キャスト>
 花總 まり(はなふさ まり)

s-%e8%8a%b1%e7%b8%bd%e3%81%be%e3%82%8a

生年月日 1973年2月28日([age 1973/02/28]歳)
出身地 東京都出身
身長 163cm
血液型 O型
所属 ブルーミングエージェンシー
俳優デビュー 1991年
大河ドラマ 初出演

花總まりさんは5歳からヴァイオリン、小学校からバレエを習い始めました。中学3年生の時、初めて宝塚歌劇の舞台を観たことがきっかけで宝塚歌劇団を目指します。

音大を目指していた花總さんですが、高校1年生の時、宝塚音楽学校の試験を受け、見事合格。1991年、宝塚歌劇団に第77期生として入団。

新人公演では、娘役でありながら主演を演じました。1996年、日本初演「エリザベート」ではエリザベート役を演じ、花總さんの代表作のひとつとなります。

その後も劇団では大役を演じ続け、宝塚100年に1人の娘役の呼び声の中、2006年惜しまれつつ退団。花總さんが宝塚歌劇団の娘役のトップスターを12年3か月続けたことは歴代最長記録です。

宝塚退団後、一時舞台から離れますが2010年に再び舞台に復帰。数々の舞台で活躍を続けています。

そして、大河ドラマ「おんな城主 直虎」は、花總さんにとってテレビドラマ初出演となります。舞台では存在感抜群の演技を見せる花總さん。大河ドラマではどんな演技を見せてくれるか楽しみですね。

 

主な出演作品

舞台
レディ・ベス(2014年)
主演/レディ・ベス
モーツァルト!(2014年)
モーツァルトの姉ナンネール
エリザベート(2015年)
主演/エリザベート
1789-バスティーユの恋人たち-(2016年)
マリー・アントワネット
など他多数

 

 

キャラクター相関図

※相関図は、現在発表されているキャスト情報をもとに作成したものです。追加があれば随時更新していきます。
※画像をクリックすると拡大されます。

 

関連記事はこちらから

あらすじと相関図

子ども時代を演じる子役キャスト

「おんな城主直虎」ゆかりの地・浜松のおすすめ観光スポット

 

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-おんな城主直虎, キャスト

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.