音楽 ミュージックステーション

MステウルトラFES2017│元気が出るウルトラソングBEST100は?

投稿日:

2015年に始まり、2017年で3回目を迎え、恒例化しつつあるミュージックステーションのウルトラFES。

番組は9月18日(月)の“敬老の日”に放送され、司会を務めるのは約1か月前に72歳になったばかりのタモリさん。CMでは、10時間の放送は止めてもらいたいとボヤいていましたが、元気なタモリさんを見てると、来年もまだウルトラFESの司会が務められるんじゃないかと思う次第です(笑)

さて、ここでは、ミュージックステーションウルトラFESの放送中に紹介される“元気が出るウルトラソングベスト100”と出演アーティストやセットリストなどをご紹介します。

▼関連記事
ウルトラFES2016
日本に影響を与えた曲ベスト100

 

スポンサーリンク

 

◆Mステ ウルトラFES出演者一覧

※各時間をクリック(タップ)をすると、午前・午後それぞれの主演者&曲名一覧が開きます。

12:00~<予定出演順昼>
1.Kis-My-ft2
WANNA BEEEE!!!

2.A.B.C-Z
Za ABC〜5stars〜

3.大黒 摩季
熱くなれ

4.観月 ありさ
TOO SHY SHY BOY!

5.HKT48
最高かよ

6.NMB48
僕らのユリイカ

7.SKE48
コケティッシュ渋滞中

8.岡本 真夜
TOMORROW

9.SHISHAMO
明日も

10.高橋 洋子
残酷な天使のテーゼ

11.どうぶつビスケッツ+かばん×PPP
ようこそジャパリパークへ

12.モーニング娘。’17
LOVEマシーン(updated)

13.ももいろクローバーZ
走れ!

14.岡崎 体育
Explain

15.GENERATIONS
AGEHA

16.EXILE THE SECOND
YEAH!! YEAH!! YEAH!!

17.乃木坂46
インフルエンサー

18.Little Glee Monster
【元気がでるウルトラソングメドレー】

19.CHEMISTRY
You Go Your Way

20.ポルノグラフィティ
ミュージック・アワー

21.BEGIN
島人ぬ宝

22.三浦 祐太朗
いい日旅立ち

23.欅坂46
サイレントマジョリティー

24.SEKAI NO OWARI
RPG

25.湘南乃風
睡蓮花

26.THE YELLOW MONKEY
JAM

27.高橋 優
明日はきっといい日になる

28.西野 カナ
トリセツ

29.きゃりーぱみゅぱみゅ
インベーダーインベーダー
にんじゃりばんばん

30.NOKKO
フレンズ

31.エレファントカシマシ
俺たちの明日


17:00~<予定出演順>
32.ゴールデンボンバー
女々しくて

33.ジャニーズWEST
ズンドコ パラダイス

34.関ジャニ∞

35.三浦大知×SOIL&”PIMP”SESSIONS
Cry&Fight

36.亀と山P
背中越しのチャンス

37.POLU
Sing
※Mステへの階段 優勝者

38.WANIMA
ともに

39.タッキー&翼
REAL DX
Venus
夢物語

40.Perfume
エレクトロ・ワールド

41.Sexy Zone
Lady ダイヤモンド

42.NEWS
チャンカパーナ

43.葉加瀬太郎
アナザー・デイ・オブ・サン
情熱大陸

44.槇原敬之
どんなときも。 キャラメルVer.

45.Hey!Say!JUMP
キミアトラクション

46.水谷千重子 with 八公太郎
フレンズ音頭

47.DEAN FUJIOKA
History Maker

48.AKB48
365日の紙飛行機
フライングゲット
恋するフォーチュンクッキー

49.嵐
Monster
ファイトソング
GUTS !

50.ゆず
栄光の架橋

51.福山雅治
聖域
家族になろうよ

52.TOKIO
宙船

53.V6
Sexy.Honey.Bunny!
TAKE ME HIGHER

54.星野源 

Family Song

55.ウルフルズ
バカヤロー
ガッツだぜ!!

56.B’z
声明
ultra soul

57.YOSHIKI
Forever Love


 

◆元気が出るウルトラソングベスト100

※番組放送中に更新します

ベスト100 → 71

100 → 91

▼100位
Choo Choo TRAIN(2003年)
EXILE

HIROさんが在籍したZOOのヒット曲カバー。イントロのダンスはEXILEが左回り、ZOOが右回りとのこと。

▼99位
三百六十五歩のマーチ(1968年)
水前寺清子

高度経済成長期に歌詞&曲がマッチし大ヒット。

▼98位
やってみよう(2017年)
WANIMA

auの三太郎シリーズでお馴染みのWANIMA。使用されたCM曲は「2017年上半期 You Tube音楽動画再生回数1位」を獲得したそうです。

▼97位
ようかい体操第一(2014年)
Dream5

大ヒットアニメ「妖怪ウォッチ」のエンディング曲。関連グッズがなかなか手に入らなかったのはいい思い出…(笑)

▼96位
熱くなれ(1996年)
大黒 摩季

1996年男アトランタ五輪で使用された応援ソング。20年ぶりにウルトラフェスで披露されました。

▼95位
ロコローション(2004年)
ORANGE RANGE

10年以上前に、メンバーが出演した微炭酸飲料「MATCH」のCMソングとして使用されました。

▼94位
YOUNG MAN/Y.M.C.A.(1979年)
西城 秀樹

アメリカのディスコグループであるヴィレッジ・ピープルのカバー曲。振付が大流行。

▼93位
明日も(2017年)
SHISHAMO

メンバーと堤真一さん、綾野剛さん出演のCMソング。イイ曲だ!!

▼92位
T T -Japanese Ver.-(2017年)
TWICE

日本人3人を含む韓国発の9人組ガールズグループ。「T Tポーズ」が話題に。

▼91位
TOMORROW(1995年)
岡本 真夜

友達を励ますために作成した曲で、1996年のセンバツ高校野球の入場行進の曲に使用されました。

90 → 81

▼90位
ようこそジャパリパークへ(2017年)
どうぶつビスケッツ×PPP

超巨大総合動物園「ジャパリパーク」で、女の子の姿になった動物たちの大冒険を描いた大人気アニメ「けものフレンズ」。

奥深い世界観にハマる大人も多いそうです。

▼89位
明日があるさ(1963年)
坂本 九

ウルフルズや吉本芸人がカバーして話題になりました。

▼88位
ええじゃないか(2014年)
ジャニーズWEST

関西ジャニーズJr.出身の7人組。2014年にこの曲でデビューしました。

▼87位
残酷な天使のテーゼ(1995年)
高橋 洋子

アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」のオープニング曲。カラオケランキングアニソン部門で7年連続1位(JOY SOUND)に。

ちなみに、高橋さんは20年ぶりにMステでの歌唱となりました。

▼86位
あ~夏休み(1990年)
TUBE

夏の定番元気ソング。TUBEとしては初めて曲名に「夏」が入ったシングルとのこと。

この曲の元々のタイトルは「Oh!SUMMER HOLIDAY」。

▼85位
ワタリドリ(2015年)
[Alexandros]

ラグビー選手で有名な五郎丸歩さんが出演したCMソング。

▼84位
フライングゲット(2011年)
AKB48

オリコン史上初、初日にミリオンを達成した曲で、レコード大賞を初めて獲得した曲にもなりました。

▼83位
青い珊瑚礁(1980年)
松田 聖子

新人賞を総ナメし、大ブレイクに繋がった曲。

センバツ高校野球の入場行進の曲に使用され、松田さんも開会式にゲスト出演。

▼82位
LOVEマシーン(1999年)
モーニング娘。

不景気の日本を盛り上げた曲で、カラオケの定番の曲にもなっています。

ちなみに、モー娘としてもこの曲が自身初のミリオンとなりました。

▼81位
インフルエンサー(2017年)
乃木坂46

乃木坂46初のミリオン。CMでよく耳にしました。

80 → 71

▼80位
ギンギラギンにさりげなく(1981年)
近藤 真彦

最近では、近藤さん自身が出演したCMで替え歌を披露しました。

それにしても、映像を見ると結構凄い衣装で歌ってたんですね…。

▼79位
走れ! -Z ver.-(2015年)
ももいろクローバーZ

ももクロ主演映画「幕が上がる」の挿入歌や楽天時代の田中将大さんの登場曲に使用。

▼78位
みんなのうた(1988年)
サザンオールスターズ

映画やテレビ番組などで使用された曲。サザンの夏のライブの定番の曲にもなっています。

▼77位
気分上々↑↑(2006年)
mihimaru GT

100万ダウンロードを突破し、グループ最大のヒット曲となりました。この曲で紅白歌合戦にも出場。

▼76位
上を向いて歩こう(1961年)
坂本 九

世界で1500万枚以上を売上げました。数多くのアーティストがカバーをしています。

ちなみに、今井了介さんが発足人となって結成されたユニット「VOICE OF LOVE POSSE」がカバーしアレンジした「上を向いて歩こう」はオススメです。

▼75位
Everybody Go(2011年)
Kis-My-Ft2

ローラースケートでのパフォーマンスが話題に。

▼74位
HOT LIMIT(1998年)
T.M.Revolution

ミュージックビデオの、奇抜な衣装と強風の中踊る姿が話題に。

なお、黒色のテープで、この奇抜な衣装の真似をする人をネットで見かけることも…。

▼73位
Dream Fighter(2008年)
Perfume

Perfumeのラジオ番組で、受験応援ソングとして定番化。

▼72位
空も飛べるはず(1994年)
スピッツ

長瀬智也さん出演ドラマ「白線流し」の主題歌。

▼71位
Dragon Night(2014年)
SEKAI NO OWARI

クリスマス休戦からインスパイアを受けて生まれた歌とのこと。

Fukaseさんの着用するモッズコートが人気にもなりました。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト70 → 41

70 → 61

▼70位
Get Wild(1987年)
TM NETWORK

アニメ「シティーハンター」のED曲。中年の方とカラオケに行くと、よく耳にします…。

▼69位
銀河鉄道999(1979年)
ゴダイゴ

漫画家・松本零士さん原作の同名アニメ主題歌。

▼68位
My Revolution(1986年)
渡辺 美里

小室哲哉さん作曲で40代50代の方からの支持が多いそうです。

▼67位
ハピネス(2011年)
AI

コカ・コーラのCMで使用された曲で、300万ダウンロード以上を記録しました。

AIさんと言えば、2016年に発表された「みんながみんな英雄」も大ヒットし、紅白で歌いました。

▼66位
ファイト!(1983年)
中島 みゆき

多くのアーティストがカバーする名曲。初めて聴いた時、なんて暗い歌なんだと思いましたが、めちゃくちゃ心に響きます。

▼65位
フラワー(1999年)
Kinki Kids

Kinki Kidsの代表曲のひとつ。ミリオンセラーを記録しています。

▼64位
愛をこめて花束を(2008年)
Superfly

結婚式の花束贈呈のBGMとして人気の曲。

▼63位
READY STEADY GO(2004年)
L'Arc~en~Cie

人気アニメ「鋼の錬金術師」のオープニング曲で使われました。

▼62位
ミュージック・アワー(2000年)
ポルノグラフィティ

自身のラジオ番組での投稿をヒントに制作した曲。カラオケで盛り上がる定番曲でもあります。

▼61位
宙船(2006年)
TOKIO

中島みゆきさんが作詞・作曲した力強い応援歌。TOKIOの代表曲として、テレビでよく聞きます。

60 → 51

▼60位
weeeek(2007年)
NEWS

「一週間」をテーマにGReeeeNが作詞・作曲。新社会人や働く人に向けて歌う応援歌。

▼59位
サイレントマジョリティー(2016年)
欅坂46

平手友梨奈さんが14歳でセンターを務めたデビュー曲。8ヶ月後には、この曲で紅白歌合戦に出場しました。

▼58位
ファイトソング(2007年)

嵐自身の番組に視聴者から「応援歌を作って」と要望があり、メンバー全員で作詞。作曲は二宮和也さんが担当。

▼57位
いい日旅立ち(1978年)
山口 百恵

国鉄のキャンペーンソングに使用され、新幹線の車内メロディーでも耳にします。

また、「日本の歌百選」にも選出。

▼56位
浪漫飛行(1990年)
米米CLUB

航空会社のCMソングに起用され、ミリオン達成。

ちなみに、シングルはジャケット&カップリング違いの「東日本版」「西日本版」の2種類が発売されたそうです。

▼55位
睡蓮花(2007年)
湘南乃風

ライブや夏フェスでのタオル回しを定着させた曲。

▼54位
ズッコケ男道(2007年)
関ジャニ∞

今年、初参加した野外フェスでバンドver.を披露

▼53位
勝手にシンドバッド(1978年)
サザンオールスターズ

サザンがこの曲で音楽番組出演した時、歌詞が聴き取りにくいため、歌詞テロップが一般的に広まるきっかけになったそうです。

▼52位
RPG(2013年)
SEKAI NO OWARI

「映画クレヨンしんちゃん」の主題歌になったこの曲は、FukaseさんとSaoriさんの喧嘩をきっかけに生まれた歌詞とのこと。

▼51位
夢をあきらめないで(1980年)
岡村 孝子

予備校のCMや熱闘甲子園(テレビ朝日)のイメージソングに起用されました。

50 → 41

▼50位
遠く遠く(1992年)
槇原 敬之

NTT東日本のCMソングに起用され話題に。

▼49位
トリセツ(2015年)
西野 カナ

男性と女性の間で、共感の度合いの差が大きかったような気がしました…。イイ曲なのに…。

▼48位
小さな恋のうた(2001年)
MONGOL800

MONGOL800の代表曲で、色んなアーティストにカバーされています。

▼47位
明日はきっといい日になる(2015年)
高橋 優

「元気が出るウルトラソング」の趣旨にバッチリあったような曲。

ダイハツのCMソングに使用され、何度も耳にしてると「明日はいい日になる」ような気がしました。

▼46位
ありがとう(2010年)
いきものがかり

朝ドラ「ゲゲゲの女房」の主題歌。2013年から高校の音楽の教科書に掲載。

▼45位
TRAIN-TRAIN(1988年)
THE BLUE HEARTS

カラオケの定番曲。斉藤由貴さん主演の「はいすくーる落書」(TBS)の主題歌にも起用され、ドラマの世界観とマッチし、大ヒットを記録。

▼44位
サクラ咲ケ(2005年)

櫻井翔さん出演の予備校CMソング。受験生の応援ソングとして定着。

▼43位
俺たちの明日(2007年)
エレファントカシマシ

おっさんによるおっさんのための応援ソングのイメージが強い曲。「ウコンの力」のCMソングとして使用されました。

▼42位
Hero(2016年)
安室 奈美恵

2016年、リオ五輪のテーマソングとして使用。

▼41位
SUN(2015年)
星野 源

この曲で星野さんは紅白初出場を果たしました。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト40 → 11

40 → 31

▼40位
バンザイ ~好きでよかった~(1996年)
ウルフルズ

結婚式で歌われる定番曲のひとつ。また、再レコーディングした「バンザイ ~まだまだ好きでよかった~」と曲もあります。

▼39位
女々しくて(2009年)
ゴールデンボンバー

カラオケランキング(DAM)で48週連続1位を記録。紅白歌合戦で5年連続「女々しくて」を歌うのかと期待していましたが、残念ながら昨年は紅白出場を逃すこととなりました。

ちなみに、今回のウルトラFESを含め、Mステでの「女々しくて」の披露は8回目となります(笑)

▼38位
勇気100%(1993年)
光GENJI

アニメ「忍たま乱太郎」のオープニング曲。ジャニーズで歌い継がれる元気ソング。

▼37位
HELLO(1995年)
福山 雅治

福山さん10枚目のシングル。深津絵里さん主演の「最高の片思い」(フジ)の主題歌。

▼36位
うれしい!たのしい!大好き!(1989年)
DREAM COME TRUE

ポッキーのCM曲。2015年にE-girlsがカバーし話題に。

▼35位
TAKE ME HIGHER(1996)
V6

デビュー20周年コンサートで嵐をバックに披露されました。

また、メンバーの長野博さん出演「ウルトラマンティガ」のオープニング曲にもなりました。

▼34位
365日の紙飛行機(2015年)
AKB48

朝ドラ「朝が来た」の主題歌。AKB48グループが朝ドラの主題歌を手掛けたのは初めてのことでした。

▼33位
ともに(2016年)
WANIMA

熊本地震で被災した人々を思い制作された曲。

▼32位
(1989年)
X JAPAN

X JAPANを代表する一曲。イントロが長いので、カラオケではメンバーによっては顰蹙を買うことも…。

▼31位
みんながみんな英雄(2016年)
AI

au三太郎シリーズのCM曲。AIさんは紅白でもこの曲を歌われました。

30 → 21

▼30位
夏色(1998年)
ゆず

定番の元気ソングです。

▼29位
さくらんぼ(2003年)
大塚 愛

この曲をレコード会社に送り、デビューが決定した大塚愛さん。着うたでは、史上初となる100万DLを達成。

▼28位
ひまわりの約束(2014年)
秦 基博

2014年公開映画「STAND BY ME ドラえもん」の主題歌。

▼27位
Runner(1988年)
爆風スランプ

「天才たけしの元気が出るテレビ!!」(日テレ)の挿入歌。おっさん世代がよくカラオケで歌っています。

▼26位
Happiness(2007年)

二宮和也さんと櫻井翔さん出演ドラマ「山田太郎ものがたり」の主題歌。

▼25位
どんなときも。(1991年)
槇原 敬之

槇原さんの代表曲のひとつで、自身最大のヒット曲。この曲で槇原さんは名前が広く知れ渡ることに。

▼24位
元気を出して(1987年)
竹内 まりあ

薬師丸ひろ子さんに楽曲提供したあと、自身でセルフカバーされた曲です。

▼23位
Rising Sun(2011年)
EXILE

東日本大震災の復興支援チャリティーソング。

▼22位
タマシイレボリューション(2010年)
Superfly

2010年、サッカー南アフリカW杯の応援歌。Superflyのライブでも一番の盛り上がりを見せる楽曲とのこと。

▼21位
希望の轍(1990年)
サザンオールスターズ

桑田佳祐さんが初監督を務めた映画「稲村ジェーン」の挿入歌。

20 → 11

▼20位
全力少年(2005年)
スキマスイッチ

長澤まさみさん出演映画「ラフ ROUGH」挿入歌。永野芽郁さんが出演したカルピスのCMでも使用されました。

▼19位
オリジナル スマイル(1994年)
SMAP

2011年、「みんなを勇気づける曲」としてファン投票1位を獲得。

▼18位
終わりなき旅(1998年)
Mr.Children

ミスチル15枚目のシングルで、通算10作目のシングルミリオンセラーを記録。

▼17位
GO FOR IT!!(2012年)
西野 カナ

剛力彩芽さんが出演するヤマパンのランチパックのCMソングに使われました。

▼16位
恋するフォーチュンクッキー(2013年)
AKB48

企業や地方自治体の「踊ってみた」動画の火付け役となった曲。

MV再生回数は国内アイドル最速の1億回を突破。

▼15位
リンダ リンダ(1987年)
THE BLUE HEARTS

ブルーハーツのメジャーデビュー曲。カラオケの締めによく歌ったことがあります。

▼14位
前前前世(2016年)
RADWIMPS

邦画の興行収入歴代2位になった映画「君の名は。」の主題歌。

▼13位
それが大事(1991年)
大事MANブラザーズバンド

大事MANブラザーズバンドの大ヒット曲。ただ、ボーカルの立川俊之さんが「しくじり先生」(テレ朝)に出演した時、24年間も「それが大事」を歌ってたら「何が大事が分からなくなった」と語りました…。

▼12位
じょいふる(2009年)
いきものがかり

ボーカルの吉岡聖恵さんが出演した「ポッキー」のCMソング。

▼11位
GUTS!(2014年)

応援団や野球をイメージした振付で話題に。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト10 → 1

▼10位
R.Y.U.S.E.I.(2014年)
三代目 J Soul Brothers

2015年カラオケ年間ランキング(DAM)1位。間奏で踊る“ランニングマン”が大流行に。

▼9位
愛は勝つ(1990年)
KAN

オリコンで8週連続1位を記録するロングセラーとなったKANさんの代表曲。日本レコード大賞の受賞や紅白歌合戦の出場に繋がりました。

▼8位
キセキ(2008年)
GReeeeN

ドラマ「ROOKIES」の主題歌。この曲の誕生秘話を描いた映画が2017年に公開され、菅田将暉さんら出演俳優がカバーしたことで話題にもなりました。

▼7位
世界に一つだけの花(2003年)
SMAP

1980年代以降の作品で、売上歴代1位を獲得したSMAPを代表する曲のひとつ。

草彅剛さん主演ドラマの「僕の生きる道」(フジ)の主題歌。

▼6位
栄光の架橋(2004年)
ゆず

アテネ五輪以降の応援ソングの定番となりました。

▼5位
何度でも(2005年)
DREAMS COME TRUE

東日本大震災発生直後、リクエストが殺到した曲。

当時、全国ラジオ局で最もオンエアされた邦楽曲。

▼4位
(2016年)
星野 源

星野さん自身が出演した「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌。

2017年のセンバツ高校野球の入場行進曲にもなりました。

▼3位
負けないで(1993年)
ZARD

ZARDの知名度と人気を不動のものにした一曲。発売から24年以上経ちましたが、今でも幅広い世代から支持を得ています。

坂井さんが存命だったら、今でも素晴らしい曲を作っていたのではと思わずにはいられないです。

▼2位
ガッツだぜ!!(1995年)
ウルフルズ

小室哲哉さんから「ディスコっぽい曲をやれば」というアドバイスで作った曲とのこと。

初登場の順位は低かったものの、徐々に人気を博し、ブレイクを果たしました。

▼1位
ultra soul(2001年)
B'z

B'zの代表曲のひとつで、世界水泳選手権の大会公式テーマソング。

家で「そして~輝くウルトラソウル!!!」と叫べば、どこからか「ヘイ!!!」と声が聞こえてくるのが我が家の定番となっています。多分、こんなご家庭は多いのではないでしょうか?

 

▼関連記事
ウルトラFES2016
日本に影響を与えた曲ベスト100

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-音楽, ミュージックステーション

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.