音楽 ミュージックステーション

MステウルトラFES2017│元気が出るウルトラソングBEST100は?

投稿日:

2015年に始まり、2017年で3回目を迎え、恒例化しつつあるミュージックステーションのウルトラFES。

番組は9月18日(月)の“敬老の日”に放送され、司会を務めるのは約1か月前に72歳になったばかりのタモリさん。CMでは、10時間の放送は止めてもらいたいとボヤいていましたが、元気なタモリさんを見てると、来年もまだウルトラFESの司会が務められるんじゃないかと思う次第です(笑)

さて、ここでは、ミュージックステーションウルトラFESの放送中に紹介される“元気が出るウルトラソングベスト100”と出演アーティストやセットリストなどをご紹介します。

▼関連記事
ウルトラFES2016
日本に影響を与えた曲ベスト100

 

スポンサーリンク

 

◆Mステ ウルトラFES出演者一覧

※各時間をクリック(タップ)をすると、午前・午後それぞれの主演者&曲名一覧が開きます。

12:00~<予定出演順昼>

17:00~<予定出演順>

 

◆元気が出るウルトラソングベスト100

※番組放送中に更新します

ベスト100 → 71

100 → 91

90 → 81

80 → 71

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト70 → 41

70 → 61

60 → 51

50 → 41

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト40 → 11

40 → 31

30 → 21

20 → 11

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

ベスト10 → 1

▼10位
R.Y.U.S.E.I.(2014年)
三代目 J Soul Brothers

2015年カラオケ年間ランキング(DAM)1位。間奏で踊る“ランニングマン”が大流行に。

▼9位
愛は勝つ(1990年)
KAN

オリコンで8週連続1位を記録するロングセラーとなったKANさんの代表曲。日本レコード大賞の受賞や紅白歌合戦の出場に繋がりました。

▼8位
キセキ(2008年)
GReeeeN

ドラマ「ROOKIES」の主題歌。この曲の誕生秘話を描いた映画が2017年に公開され、菅田将暉さんら出演俳優がカバーしたことで話題にもなりました。

▼7位
世界に一つだけの花(2003年)
SMAP

1980年代以降の作品で、売上歴代1位を獲得したSMAPを代表する曲のひとつ。

草彅剛さん主演ドラマの「僕の生きる道」(フジ)の主題歌。

▼6位
栄光の架橋(2004年)
ゆず

アテネ五輪以降の応援ソングの定番となりました。

▼5位
何度でも(2005年)
DREAMS COME TRUE

東日本大震災発生直後、リクエストが殺到した曲。

当時、全国ラジオ局で最もオンエアされた邦楽曲。

▼4位
(2016年)
星野 源

星野さん自身が出演した「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌。

2017年のセンバツ高校野球の入場行進曲にもなりました。

▼3位
負けないで(1993年)
ZARD

ZARDの知名度と人気を不動のものにした一曲。発売から24年以上経ちましたが、今でも幅広い世代から支持を得ています。

坂井さんが存命だったら、今でも素晴らしい曲を作っていたのではと思わずにはいられないです。

▼2位
ガッツだぜ!!(1995年)
ウルフルズ

小室哲哉さんから「ディスコっぽい曲をやれば」というアドバイスで作った曲とのこと。

初登場の順位は低かったものの、徐々に人気を博し、ブレイクを果たしました。

▼1位
ultra soul(2001年)
B'z

B'zの代表曲のひとつで、世界水泳選手権の大会公式テーマソング。

家で「そして~輝くウルトラソウル!!!」と叫べば、どこからか「ヘイ!!!」と声が聞こえてくるのが我が家の定番となっています。多分、こんなご家庭は多いのではないでしょうか?

 

▼関連記事
ウルトラFES2016
日本に影響を与えた曲ベスト100

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-音楽, ミュージックステーション

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.