音楽 ミュージックステーション

「Mステ」今聴きたいラブソングベスト10/20世紀vs21世紀

更新日:

2017年1月20日(金)放送のテレビ朝日「ミュージックステーション(Mステ)」2時間スペシャルにて、「今聴きたいラブソングベスト10」を紹介しました。

なお、番組では、20世紀と21世紀それぞれのランキングベスト10を発表。20世紀(2000年までに発売の曲)と21世紀(2001年以降発売の曲)では、選ぶ曲もかなり違いますもんね!

ということで、「今聴きたいラブソングベスト10」を20世紀と21世紀に分けてご紹介します♪

 

スポンサーリンク

 

21世紀ラブソングベスト10

<10位>
RADWIMPS
「前前前世(original ver.)」

映画「君の名は。」の主題歌。新海監督はセリフと歌詞を聴かせる編集にこだわっており、CDと映画では歌詞の一部が違うとのこと。

<9位>
back number
「クリスマスソング」

10代・20代から圧倒的に支持されています。また、この歌を聴くと恋愛の妄想が捗るとのこと…(笑)

 

<8位>
AKB48
「恋するフォーチュンクッキー」

AKB48を代表する大ヒット曲。日本中で「恋するフォーチュンクッキー」のダンスが流行しましたね。

 

<7位>
YUI
「CHE.R.RY」

この楽曲の歌詞は好きな人とのメールがモチーフになっており、10代・20代から共感を得ています。また、曲名に“.”をつけることで甘酸っぱい片思いを表現したそうです。

 

<6位>
宇多田ヒカル
「First Love」

宇多田ヒカルさんが15歳の時に、この曲を作詞作曲。テレビ初出演の視聴率は番組歴代最高26.5%を記録しました。

水曜日のダウンタウンで「思ってるんだはー」の説をさらに検証していましたね。

 

<5位>
Love so sweet」

松本潤さん出演ドラマ「花より男子2」主題歌。櫻井翔さんは相葉雅紀さんの誕生日会で歌ったこともあるそうです。

 

<4位>
One Love

映画「花より男子ファイナル」の主題歌。2016年の紅白歌合戦大トリでも披露されました。また、歌手別毎分最高視聴率43.7%を記録。

 

<3位>
GReeeeN
キセキ

この曲は、比喩表現を極力使わずダイレクトに伝わる直球の歌詞を意識して作詞されたそうです。

 

<2位>
西野カナ
トリセツ

友達や会社のスタッフに書いてもらった「私の取扱説明書」を参考に作詞されたそうです。

ちなみに、この曲ではないですが、2016年のレコード大賞を受賞しましたね。

 

<1位>
星野源

TBSドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の主題歌。新垣結衣さんや星野源さんら出演者が躍るエンディングのダンスも話題になりました。

踊りたくなる曲を作りたいと制作された楽曲です。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

20世紀ラブソングベスト10

<10位>
中島みゆき
「糸」

福山雅治さんや柴咲コウさん、Bank Bandなどさまざまなアーティストにカバーをされている名曲。歌詞に登場する「仕合わせ」とは“巡り合わせ”を意味するそうです。

<9位>
山下達郎
「クリスマス・イブ」

言わずと知れたクリスマスの定番ソング。31年連続オリコンTOP100入りはギネス記録を更新しています。

 

<8位>
SMAP
「らいおんハート」

発売から12年後のアルバム「GIFT of SMAP」にアンサーソング「エンジェルはーと」が収録されています。

 

<7位>
小田和正
「ラブ・ストーリーは突然に」

昔の人気ドラマ「東京ラブストーリー」の主題歌。当時は携帯電話がさほど普及しておらず、すれ違いからドラマティックな展開に。

多分、今の若い世代が見るとイライラすると思う…。

 

<6位>
MONGOL800
「小さな恋のうた」

さまざまなアーティストにカバーされる名曲。歌いやすく初めて聴く人でも何となく歌えるのでカラオケで盛り上がる定番曲。

 

<5位>
福山雅治
「桜坂」

この曲の“別れても思い続ける深い愛情”に多くの方から支持をされています。

20世紀最後の200万枚突破のシングルになりました。また、桑田佳祐さんや森進一さんなど多くのアーティストがカバーをしています。

 

<4位>
DREAMS COME TRUE
「未来予想図Ⅱ」

小学校1年から作曲を始めた吉田美和さんが、高校時代に作りデビュー前に完成させた曲。

 

<3位>
久保田利伸
「LA・LA・LA LOVE SONG」

この楽曲で印象的な「ラララ」の部分は、実はサビの歌詞が思い浮かばなかったため「ラララ」で埋めたそうです。

 

<2位>
尾崎豊
I LOVE YOU

尾崎豊さんが17歳の時に作詞作曲した名曲。即興で出だしを口ずさんだことから生まれたそうです。

昨年のMステでは、息子の尾崎裕哉さんがこの曲を披露しました。

 

<1位>
DREAMS COME TRUE
「LOVE LOVE LOVE」

堂本剛さん、徳永英明さんらがカバー。原曲は「ホワイトデー」という曲名で、メンバーの中村さんがデビュー前に当時の彼女のために作った曲とのこと。

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-音楽, ミュージックステーション

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.