ゲーム テレビゲーム

ミニスーパーファミコン発売決定!!日本版と海外版のソフトの違いは?

投稿日:

2017年6月27日、家庭用ゲーム機でおなじみの任天堂株式会社がミニファミコンに続き、「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」(以下、ミニスーファミ)を2017年10月5日(木)に発売することを発表。

おっさん世代にとっては、めちゃくちゃ思い入れのある機種のひとつではないでしょうか?自分もお金を貯めて、発売からだいぶ経ってから買った記憶があります。楽しくて、熱中したタイトルが多くありましたが、期待して買ったゲームがクソゲーでガッカリしたことも…。

あの経験から何かを買う時は、熟考して買うことを覚えました。そんな大人の階段を登らせてくれたスーファミが小っちゃくなって日本版と海外版で復活します。

ここでは、ミニスーファミの21タイトル一覧と日本版と海外版の収録タイトルの違いと世界発リリースとなる「スターフォックス2」についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆ミニスーパーファミコンについて

スーパーファミコンは1990年11月21日に発売開始。同時に、「スーパーマリオワールド」と「F-ZERO」が発売されました。

発売当時のスーパーファミコンの本体価格は25,000円。お年玉や小遣いを貯めて、やっとの思いで買った記憶があります。

その後、本体価格は下がり、最終的に発売当初の約3分の1まで下がりました。

▼1996年8月14日発売
希望小売価格:9,800円(税別)

▼1998年3月27日発売
スーパーファミコンジュニア
希望小売価格:7,800円(税別)

 

さて、そのスーパーファミコンが「ニンテンドークラシックミニ スーパーファミコン」として、2017年10月に発売されます。収録タイトルは21タイトルで当時、遊んでいた方にとっては馴染みのあるタイトルが多いと思われます。

コントローラーのサイズやボタンの配置は当時とそのままで、本体のみがミニサイズに。

商品概要は以下のようになります。

<発売予定日>
2017年10月5日(木)

<メーカー希望小売価格>
7,980円(税別)

<収録タイトル>
21タイトル
※スーパーファミコン用のカセットを差し込んだり、ダウンロードしてタイトルを追加して遊ぶなどは不可能

<対象年齢>
CERO B(12才以上対象)

 

なお、海外版の購入についてはキュレーションセールスのヴェルテが、並行輸入を代行して販売を行うことを発表しており、そちらでの購入が可能です。

ただし、輸入の送料代行料として別途料金が必要になりますが、意外にカッコイイ外観なのでお金に余裕のあるかたは購入を検討してもいいかもしれませんね。

海外版のミニスーファミ

 

収録タイトルについては、日本版と海外版の違いを合わせて次章でご紹介します。

 

◆日本版と海外版のタイトルの違いは?

日本版と海外版では21タイトルと収録数は同じものの、内容が若干異なります。

<日米共通タイトル>

※( )内は海外タイトル
※発売日は日本のもの

▼スーパーマリオワールド
 (Super Mario World)
メーカー:任天堂
発売日 :1990年11月21日

▼F-ZERO
 (F-ZERO)
メーカー:任天堂
発売日 :1990年11月21日

▼超魔界村
 (Super Ghouls 'n Ghosts)
メーカー:カプコン
発売日 :1991年10月4日

▼ゼルダの伝説 神々のトライフォース
 (The Legend of Zelda:A Link to the Past)
メーカー:任天堂
発売日 :1991年11月21日

▼魂斗羅スピリッツ
 (Contra III: The Alien Wars)
メーカー:KONAMI
発売日 :1992年2月28日

▼スーパーマリオカート
 (Super Mario Kart)
メーカー:任天堂
発売日 :1992年8月27日

▼スターフォックス
 (Star Fox)
メーカー:任天堂
発売日 :1993年2月21日

▼聖剣伝説2
 (Secret of Mana)
メーカー:スクウェア
発売日 :1993年8月6日

▼ロックマンX
 (Mega Man X)
メーカー:カプコン
発売日 :1993年12月17日

▼スーパーメトロイド
 (Super Metroid)
メーカー:任天堂
発売日 :1994年3月19日

▼ファイナルファンタジーVI
 (Final Fantasy III)
※表記は「III」ですが、内容は「VI」
メーカー:スクウェア
発売日 :1994年4月2日

▼スーパーストリートファイターII
 (Street Fighter II Turbo:Hyper Fighting)
メーカー:カプコン
発売日 :1994年6月25日

▼スーパードンキーコング
 (Donkey Kong Country)
メーカー:任天堂
発売日 :1994年11月26日

▼スーパーマリオ ヨッシーアイランド
 (Yoshi's Island)
メーカー:任天堂
発売日 :1995年8月5日

▼スーパーマリオRPG
 (Super Mario RPG:Legend of the Seven Stars)
メーカー:任天堂
発売日 :1996年3月9日

▼星のカービィ スーパーデラックス
 (Kirby Super Star)
メーカー:任天堂
発売日 :1996年3月21日

▼スターフォックス2
 (Star Fox 2)
※日本、海外ともに未発売
メーカー:任天堂

以上が日本と海外版の共通タイトルとなります。次に異なるタイトルをご紹介します。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

<日本版>

▼がんばれゴエモン ゆき姫救出絵巻
メーカー:KONAMI
発売日 :1991年7月19日

▼スーパーフォーメーションサッカー
メーカー:ヒューマン
発売日 :1991年12月13日

▼ファイアーエムブレム 紋章の謎
メーカー:任天堂
発売日 :1994年1月21日

▼パネルでポン
メーカー:任天堂
発売日 :1995年10月27日

 

<海外版>

※( )内は日本版のタイトル

▼EarthBound
(MOTHER 2 ギーグの逆襲)
メーカー:任天堂

▼Kirby's Dream Course
(カービィボウル)
メーカー:任天堂

▼Super Castlevania IV
(悪魔城ドラキュラ)
メーカー:KONAMI

▼Super Punch-Out!!
(スーパーパンチアウト!!)
メーカー:任天堂

 

以上が日本版と海外版の違いとなります。

ネット上では、「MOTHER 2 ギーグの逆襲」が入っていないことに、「残念…」という声が挙がっているようですが、任天堂広報担当者は

「その国の指向性を考えてラインアップを決めている。個別のタイトルについてはコメントできない」

「人気、知名度があり、ボリューム感がある作品で、幅広いユーザーに好まれるソフトをバランスを考慮しながら選んでいる」

と答えているそうです。とりあえず、「MOTHER 2」については、Newニンテンドー3DSやWii Uでダウンロード版を購入することができるので、そちらで我慢するしかないですね。

 

◆スターフォックス2がなぜ収録?

3Dシューティングゲームとして人気を博した「スターフォックス」。その続編となった「スターフォックス2」がなぜ今頃発売となったのか…。

ITニュースサイト「ITmedia NEWS」によると、

完成を間近にしてスーパーファミコンの後継機「NINTENDO64」と発売時期が重なったため、発売中止となった。

とのこと。

 

その後、ハードをNINTENDO64に変え、「スターフォックス64」として発売。世界中で大ヒットし、約403万本売り上げました。

そして、20年以上の時を経て、ミニスーファミに収録されることとなったのは、収録するゲームタイトルを選考する時に、「いい機会だから」という声が上がったからだそうです。

また、後押しになったのが、ダウンロードなどの配信では、技術的な問題でデジタル配信が不可能であり、ハードウェアでなら復活させることができたからでした。

そんなわけで今回、世に送り出せることになったそうです。当時、「スターフォックス2」の開発に携わった方たちも喜んでいるのではないでしょうか。

スターフォックスは64で遊んで以来なので、この機会にミニスーファミを購入して「スターフォックス2」を遊んでみようと思っています^^

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-ゲーム, テレビゲーム

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.