社会 政治

出会い系バー出入りの前川喜平前事務次官の援助交際視察調査ってホント?

投稿日:

連日、加計学園問題に揺れる安倍政権。一旦は終息するかに見えましたが、ここで新たな刺客・前川喜平氏が登場し、「第二の籠池」としてまた別の局面へ向かいつつあります。

しかし、前川氏は「出会い系バー」に入りびたりだったと各メディアが報じたことで、世間の目が「前川氏出会い系バー」問題に集まっています。

ここでは、前川氏と出会い系バーの関わりや、出会い系バーがどんなところなのかご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆「第2の籠池」前川前事務次官について

安倍晋三首相の友人が理事長を務める加計学園の「獣医学部新設」問題について、連日報じられています。これは、「総理のご意向」で便宜を図ったことを記した文書があったとかなかったとかで揉めています。

この詳細については割愛しますが、政府は件の文書について「怪文書のようなもの」と一蹴。沈静化を図ろうとしていたところに降ってわいたのが、「文書はあった」と発言した前川喜平氏(前文部省事務次官)です。

前川氏は文部科学省の再就職あっせん問題…つまり「天下り問題」により2017年1月に引責辞任したばかりです。定例会見での菅官房長官の発言によると、「なかなか辞任せず地位に恋々としがみついていた」と言われるような人物。前川氏はこれに対して反論もあるようですが…。

そんな前川氏ですが、結局、政権を揺るがすことにはつながらなかった「籠池問題」。民進党はまたしても懲りずに、まるで「第二の籠池」にしか見えないピエロ…前川氏を連れてきて、加計学園問題をことさら大きくしようと企てているのかもしれませんね。

 

それはさておき。ここでは、なんだかよくわからないことで引っ張られてきて、一躍時の人となったように見える「前川前文科省事務次官」の、公共の人として、また、教育に携わる人として「あるまじき行為」が発覚したので掘り下げてみましょう!

それは、「出会い系バー」に足しげく通っていたということです。

 

本人はこれを認めており、

「女性の貧困について、ある意味実地の視察調査の意味合いがあった」

と、釈明しました。また、

「バーでデートの相手を見つけたり、場合によって援助交際の相手を見つけたりしてお金をもらう女性の姿を紹介する番組を見て、実際に会って話を聞いてみたいと思った」

とも答えています。

 

実際に、バーで出会った女性と食事をし、お金をあげて話を聞いたこともあるとか…。

「バーに出入りしたことで文科行政、教育行政の課題が見いだせた。そういう意味では役に立ったと思っているし、意義があったと思っている」

※以上、引用元:産経ニュース

と、まるで仕事ですと言わんばかり。

 

さぁ、これを聞いて、「なんて仕事熱心な人だ」と思う人は、皆無ではないでしょうか。どう考えても、「仕事をテイの良い言い訳にしてるだけじゃん」「ただのスケベオヤジ」にしか思えませんよね!

何を言ってんだ、コイツは!って感じではないでしょうか。

では、この「出会い系バー」って、一体何なのか…次章にて簡単に解説します。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆出会い系バーってどんなとこ?

前川氏が出入りしていた出会い系バーは歌舞伎町にあるお店と報じられており、そこで女性の貧困について前川氏は視察を行っていたようです。本当にちゃんと仕事をしていたのでしょうか?視察を忘れて楽しんでたと思うんだけど…。

さて、出会い系バーとは、その名の通り店内で男女が出会って、お酒やご飯を飲み食いするところです。そして、気が合えば(交渉成立?)、夜の街に消えていくという流れが基本のようです。似たような形態に相席居酒屋もあります。

料金システムはお店にもよりますが、女性は時間無制限の飲み放題。男性は30分飲み放題で1,000円~2,000円とのこと。

これもお店によるでしょうが、相席居酒屋との違いは、出会い系バーは1名でも入店できますが、居酒屋は2名からというところが多いようです。

前川氏は1人でも入店できる出会い系バーを利用したのか…なんて勘ぐってしまいます。

 

いずれにせよ、こういう場所で女性の貧困などを調査しようと考えた前川氏の発想に感服します。やっぱりエリート様は考え方が違うようです。

ちなみに、前川氏は次官在職中の2016年秋に、首長官邸幹部から出会い系バーの出入りについて注意されていたそうです。

な~んだ、やっぱりだめなんじゃん(笑)

 

◆前川喜平前事務次官略歴

前川 喜平(62歳)
・東京大学法学部卒業
・1979年 文部省(現・文部科学省)入省
・1994年 文部大臣秘書官(事務取扱)
・2014年 文部科学審議官
・2016年 文部科学事務次官
・2017年 文部科学事務次官引責辞任

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか?

「総理のご意向」についての文書が本当かどうかはこれから検証されていくことなので、ここではあえてそのことは語りませんが、民進党が連れてきた人物ってなんでこうもまともじゃなさそうな人が多いんでしょうかね?

そりゃエリート官僚だった人かもしれませんが、よりによって辞任させられたような人物でしょ?そんな人物を持ち上げて、どうやって安倍政権を倒すのでしょうか?

今後の成り行きを生暖かく見守りたいと思います。

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-社会, 政治

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.