スポーツ サッカー 本田圭佑 話題の人

本田圭佑の移籍先は?政治家転身の噂!?馳浩衆議院議員も興味を示す!!

更新日:

イタリアのプロサッカーリーグ・セリエAのACミラン所属の本田圭佑選手は、2017年6月30日に3年半の契約満了。

本田選手は初めてのクラブ無所属となり、7月1日からフリーエージェントとして所属クラブを探すこととなります。

複数のクラブが本田選手に興味を示していると報じており、本田選手がどこのチームに行くのか注目が集まっています。

ここでは、本田選手にオファーを出していると伝えられてるクラブや、本田選手が所属していたクラブ一覧、そして政治家転身などの噂についてご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆本田圭佑はどこに行く?

本田圭佑選手は、2014年セリエAの名門ACミランに入団。背番号10を背負うことで大きな注目を集めることとなりました。

しかし、チームを上位に導くまでの活躍には至らず、チーム全体の不調や度重なる監督の交代劇に翻弄され、少しずつ出場機会が与えられなくなりました。

 

2017年6月24日、本田選手を取材した「NEWS ZERO」(日テレ) によると

<現時点のオファーについて>
本田選手が望む

行きたい国
レベル
「(その国における)チームの強さ

を満たすクラブからのオファーはないとのことです。

上記の条件以外の「国」と「レベルのチーム」からは、いくつかオファーは来ているそうです。しかし、本田選手は当分、そこで妥協するつもりはないとコメントしています。

 

<自由契約なることについて>
本田選手が自由契約選手になることについて、周りから心配はされるそうですが、当の本人は逆に強みだと考えており、所属クラブについての決断の時期は、しっかり慎重に時間をとろうと考えているそうです。

 

<今後のビジョンについて>
本田選手はミランで活躍をして、レアルに移籍し、10番をつけることを夢見ていました。しかし、今回のミラン退団で本田選手は“レアルの10番は明らかに終わってしまった夢”と語っています。

3年半のプロジェクトで挫折を味わった本田選手ですが、取材の最後で今後のビジョンについて語っています。

「とにかく面白い人生を歩みたいなと思っていますし、僕にしか出来ない人生を歩みたいと思っていますんで。

そういう意味では期待してもらっても、裏切ることはないと…。僕の才能の範囲でのサプライズは常にお見せできると思います。」

引用元:NEWS ZERO

なお、本田選手の新しい所属クラブについて、半年以上前から噂が取りざたされていました。その中には、本田選手自身が知らない情報もあるそうです。よくある話と言えば、それまでですが…。

ただ、伝えられている情報によると、本田選手はヨーロッパ残留を希望しているそうです。本田選手に興味を持っているクラブは、スペインやプレミアリーグの中堅クラブ。Jリーグへの復帰の可能性は現時点では低いそうです。

 

欧州の移籍市場は7月1日に正式に開かれ、8月31日が期限となっています。ただ、本田選手の場合は無所属の選手となるため、9月以降も契約が可能です。

慎重に時間をかけて移籍先を探したいと語っている本田選手ですが、ワールドカップアジア最終予選の重要な試合も控えています。

・8月31日 オーストラリア戦(ホーム)
・9月5日  サウジアラビア戦(アウェー)

もし、本田選手が代表での出場や活躍を望むのであれば、コンディションの調整などが必要なので、あまり先延ばしに出来ないのではなかと思えます。

いずれにせよ、本田選手がどんな決断をするのか楽しみです。

 

◆本田選手への正式オファー

以下のクラブから本田選手に正式オファーが出されました。

トルコ1部リーグのガラタサライが本田選手に対して、年棒200万ユーロ(約2億5700万円)と2年間契約のオファーを出しました。

ガラタサライは、今季リーグ4位、来シーズンは予選からヨーロッパリーグ出場権を獲得しています。

しかし、このオファーについては、合意に至らず破たんとなりました。

 

◆本田選手移籍決定!!

<2017.7.14追記>
本田選手は7月14日、自身のインスタグラムとツイッターでメキシコの名門パチューカに移籍することを発表しました。

伝えられた情報によると、パチューカは複数のオファーのなかでも、トップクラスとなる条件を提示し、年棒は推定400万ドル(約4億5000万円)にのぼるようです。

パチューカは1901年にクラブが創設され、メキシコで最も古い歴史を持ちます。また、2017年4月、北中米カリブ海チャンピオンズリーグで5度目の優勝を果たし、2017年12月にUAEで行われるクラブワールドカップの出場権を得ています。

本田選手が新天地でどんな活躍をしてくれるか楽しみですね。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆本田圭佑所属クラブ一覧

ここでは、本田選手が所属していたクラブや成績についてご紹介します。

▼名古屋グランパスエイト(J1)
2005 ~ 2007年
リーグ戦通算/90試合11得点

▼VVVフェンロ―(オランダ1部・2部)
(フェーフェーフェーフェンロー)
2008 ~ 2009年12月
リーグ戦通算(1部)/32試合8得点
リーグ戦通算(2部)/36試合16得点

▼CSKAモスクワ(ロシア)
2010 ~ 2013年
リーグ戦通算(プレミア)/94試合20得点

▼ACミラン(イタリア)
2014年1月 ~ 2017年6月
リーグ戦通算(セリエA)/81試合9得点

<国際Aマッチの成績>
通算90試合出場/36得点

 

◆政治家転身の噂も!?

自民党の馳浩衆議院議員は、本田選手と同じ母校・星稜高校の出身者。馳議員は後輩である本田選手と親交があり、政治家転向に興味がないか聞いたこともあったそうです。その時はやんわりと断られたそうですが、馳議員は自身の後継者として目をつけているそうです。

そもそも、なぜそんな話になったのかというと、本田選手は若者の自殺問題や受動喫煙防止法などについてSNSで自身の考えを発信しています。

そして、2017年6月20日、麻生太郎財務相とも面会するなど、政治活動には関心が強いように見られ、現役引退後は政界進出するのではないかと噂されています。

スポーツ選手が現役引退後、政治家になるのは今や当たり前のようになっています。サッカー界でも元日本代表のFW釜本邦茂氏が参議院議員を務めたこともありました。

ひょっとしたら、馳議員の猛烈プッシュで政界進出なんてこともあり得そうです。そうなった時も本田選手らしい“サプライズ”になりそうですが。

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, サッカー, 本田圭佑, 話題の人

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.