スポーツ 世界選手権 柔道

柔道世界選手権2017│女子日本代表の結果と日程&テレビ放送は?

更新日:

ハンガリーのブタペストで8月28日から開幕する2017年世界柔道選手権。日本代表は23選手が派遣され世界一を目指します。

女子では、昨年のリオ五輪女子48kg級で銅メダルを獲得した近藤亜美選手をはじめ、満を持して世界の舞台に登場する朝比奈沙羅選手や芳田司選手の戦いが楽しみです。

また、個人的にはリオ五輪の初戦で敗退し、悔しい思いをした梅木真美選手が、世界選手権2連覇を果たすかメダルを獲得して、うっぷんを晴らしてくれることを期待しています。

ここでは、2017年世界柔道選手権の女子の各階級の結果や試合日程とテレビ放送などをご紹介します。

▼世界選手権2017の結果はこちら
 男子    女子    団体戦

▼世界選手権の結果まとめはこちら
※各国のメダル獲得数・メダリストなど

 

 

スポンサーリンク

 

◆大会日程とテレビ放送について

▼大会日程
※男子と団体戦の日程も合わせて掲載

8月28日(月)
男子60kg級 高藤 直寿、永山 竜樹
女子48kg級 近藤 亜美、渡名喜 風南
8月29日(火)
男子66kg級 阿部 一二三
女子52kg級 角田 夏実、志々目 愛
8月30日(水)
男子73kg級 橋本 壮市
女子57kg級 芳田 司
8月31日(木)
男子81kg級 永瀬 貴規
女子63kg級 出場選手なし
9月1日(金)
男子90kg級 出場選手なし
女子70kg級 新井 千鶴
女子78kg級 佐藤 瑠香、梅木 真美
9月2日(土)
男子100kg級 ウルフアロン、羽賀 龍之介
男子100kg超級 王子谷 剛志、原沢 久喜
女子78kg超級 朝比奈 沙羅
9月3日(日)
男女混合団体戦
長澤 憲大、中矢 力
素根 輝、新添左季、宇高 菜絵

 

▼テレビ放送について
<放送局>
フジテレビ系列

<放送日程>
※放送時間が変更になる場合があります

日付 時間
8月28日(月) 24:25~25:40
8月29日(火) 24:25~25:40
8月30日(水) 24:25~25:40
8月31日(木) 24:25~25:25
9月1日(金) 24:55~26:10
9月2日(土) 24:35~26:05
9月3日(日) 24:30~26:30

 

◆女子48kg級 日本代表選手と結果

近藤 亜美(こんどう あみ)
年 齢 22歳
出身地 愛知県
身 長 156cm
出身校 大成高校
所 属 三井住友海上
得意技 払い腰
リオ五輪 銅メダリスト
世界選手権 3回目
▼世界選手権過去の成績
2015年 48kg級/3位
2014年 48kg級/優勝
▼2017年戦績
5月 エカテリンブルグ/優勝
4月 選抜体重別/優勝
2月 GSパリ/3位

 

渡名喜 風南(となき ふうな)
年 齢 22歳
出身地 神奈川県
身 長 148cm
出身校 修徳高校
所 属 帝京大学(4年)
得意技 足技
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
5月 アジア選手権/5位
4月 選抜体重別/2位
2月 GPデュッセルドルフ/優勝

 

<女子48kg級の結果>

※トーナメント表は3回戦から掲載します

【渡名喜 風南選手の結果】
1回戦/BYE

2回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs L.アリエフ(アゼルバイジャン)

3回戦/優勢勝ち(GS・小内刈)
○ vs S.コヤマ(ブラジル)

準々決勝/一本勝ち(横四方固)
○ vs M.ニコリック(セルビア)

準決勝/優勢勝ち(GS・小内刈)
○ vs O.ガルバドラフ(カザフスタン)

決 勝/優勢勝ち(小外刈)
○ vs U.ムンフバト

渡名喜選手が世界選手権初出場で金メダルを獲得!!渡名喜選手は、この1年間で最も成長した選手のひとりと言われていました。

世界選手権優勝で、近藤選手との実力差が埋まったと思われるので、今後の活躍が楽しみな選手の一人になりました。

金メダルおめでとうございます♪

 

【近藤亜美選手の結果】
1回戦/BYE

2回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs K.ブイスー(アメリカ)

3回戦/一本勝ち(肩固)
○ vs リ ヤンアン(中 国)

準々決勝/優勢勝ち(小外刈)
○ vs I.ドルゴワ(ロシア)

準決勝/優勢負け(GS・指導)
● vs U.ムンフバト(モンゴル)

決 勝/一本勝ち(上四方固)
○ vs M.ニコリッチ(セルビア)

近藤選手が本大会第1号のメダル、銅メダルを獲得!!リオ五輪に続き、世界大会2連続でのメダル獲得となりました。

ただ、近藤選手自身は銅メダルという結果に満足しておらず、悔し涙も見られました…。

月並みですが、来年は決勝に上がって、一番いい色のメダルを獲ってほしいです。

 

<メダリスト>

渡名喜 風南 日 本
U.ムンフバト モンゴル
近藤 亜美 日 本
O.ガルバドラフ カザフスタン

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
O.ガルバドラフ(KAZ)        
渡名喜 風南(JPN)     渡名喜 風南(JPN)
U.ムンフバト(MGL)     U.ムンフバト(MGL)
近藤 亜美(JPN)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
N.ミンスク(ISR)        
M.ニコリッチ(SRB)     M.ニコリッチ(SRB)
      近藤 亜美(JPN)
M.クレマン(FRA)        
I.ドルゴワ(RUS)     I.ドルゴワ(RUS)
      O.ガルバドラフ(KAZ)

 

▼3回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆女子52kg級 日本代表選手と結果

角田 夏実(つのだ なつみ)
年 齢 25歳
出身地 千葉県
身 長 161cm
出身校 東京学芸大学
所 属 了徳寺学園職
得意技 関節技
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
4月 選抜体重別/2位
2月 GSパリ/2位

 

志々目 愛(ししめ あい)
年 齢 23歳
出身地 宮崎県
身 長 158cm
出身校 帝京大学
所 属 了徳寺学園職
得意技 内股
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
5月 アジア選手権/個人:優勝、団体:優勝
4月 選抜体重別/優勝
2月 GPデュッセルドルフ/3位

 

<女子52kg級の結果>

※トーナメント表は3回戦から掲載します

【志々目 愛選手の結果】
1回戦/BYE

2回戦/一本勝ち(内股)
○ vs S.メネゼス(ブラジル)

3回戦/一本勝ち(崩袈裟固)
○ vs K.サボー(ハンガリー)

準々決勝/優勢勝ち(内股)
○ vs N.クジュティナ(ロシア)

準決勝/優勢勝ち(GS・内股すかし)
○ vs M.ケルメンディ(コソボ)

決 勝/一本勝ち(内股)
○ vs 角田 夏実(日 本)

 

【角田 夏実選手の結果】
1回戦/一本勝ち(崩袈裟固)
○ vs S.バラサニャン(アルメニア)

2回戦/一本勝ち(腕挫十字固)
○ vs L.フレイタス(ポルトガル)

3回戦/一本勝ち(腕挫十字固)
○ vs A.デルガード(アメリカ)

準々決勝/一本勝ち(GS・巴投)
○ vs E.ミランダ(ブラジル)

準決勝/優勢勝ち(巴投)
○ vs G.コーヘン(イスラエル)

決 勝/一本負け(内股)
● vs 志々目 愛(日 本)

女子52kg級は世界選手権初出場の志々目愛選手と角田夏実選手の日本人対決となりました。

両選手とも決勝に至るまで、名だたる強敵を打ち破ってきました。特に、志々目選手は準決勝で、リオ五輪金メダリストのマイリンダ・ケルメンディ選手(コソボ)を破る大金星。志々目選手が日本人で初めてケルメンディ選手を破りました。

さて、決勝では一瞬の隙をついた志々目選手が角田選手に内股で一本勝ち。志々目選手が世界選手権初制覇を成し遂げました。

男子を含め女子も初日に続き最高の結果を残しました。

 

<メダリスト>

志々目 愛 日 本
角田 夏実 日 本
N.クジュティナ ロシア
E.ミランダ ブラジル

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
M.ケルメンディ(KOS)        
志々目 愛(JPN)     志々目 愛(JPN)
角田 夏実(JPN)     角田 夏実(JPN)
G.コーヘン(ISR)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
A.ブシャード(FRA)        
N.クジュティナ(RUS)     N.クジュティナ(RUS)
      G.コーヘン(ISR)
E.ミランダ(BRA)        
D.クラスニキ(KOS)     E.ミランダ(BRA)
      M.ケルメンディ(KOS)

 

▼3回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

◆女子57kg級 日本代表選手と結果

芳田 司(よしだ つかさ)
年 齢 21歳
出身地 京都府
身 長 156cm
出身校 敬愛高校
所 属 コマツ
得意技 内股
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
6月 全日本実業団対抗/優勝
5月 アジア選手権/個人:優勝、団体:優勝
4月 選抜体重別/3位
2月 GSパリ/3位

 

<女子57kg級の結果>

※トーナメント表は3回戦から掲載します

【芳田 司選手の結果】
1回戦/BYE

2回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs L.Enkhriilen(モンゴル)

3回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs J.ロギッチ(スロバキア)

準々決勝/優勢勝ち(GS・指導)
○ vs レン ツェンリン

準決勝/一本勝ち(横四方固)
○ vs H.ルスボー(フランス)

決 勝/優勢負け(GS・腰車)
● vs D.スミヤ(モンゴル)

世界選手権初出場となった芳田司選手は、準決勝世界ランキング3位のエレーヌ・ルスボー選手(フランス)を破り、決勝に進出。

決勝ではリオ五輪銀メダリストのドルジスレン・スミヤ選手(モンゴル)と対戦し、延長の末、惜しくも敗戦。初出場ながら銀メダルという素晴らしい成績をおさめました。

 

<メダリスト>

D.スミヤ モンゴル
芳田 司 日 本
H.ルスボー フランス
N.デイビス イギリス

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
D.スミヤ(MGL)        
M.ローパー(PAN)     D.スミヤ(MGL)
芳田 司(JPN)     芳田 司(JPN)
H.ルスボー(FRA)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
クォン ユジョン(KOR)        
T.モンテイロ(POR)     T.モンテイロ(POR)
      H.ルスボー(FRA)
レン ツェンリン(TPE)        
N.デイビス(GBR)     N.デイビス(GBR)
      M.ローパー(PAN)

 

▼3回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

◆女子63kg級 日本代表選手と結果

※日本代表選手の派遣はなし
※トーナメント表は3回戦から掲載します

<メダリスト>

C.アグベニュー フランス
T.トルステニャク スロベニア
A.オズドバ ポーランド
B.ムングンチメグ モンゴル

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
T.トルステニャク(SLO)        
楊俊霞(CHN)     T.トルステニャク(SLO)
A.オズドバ(POL)     C.アグベニュー(FRA)
C.アグベニュー(FRA)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
A.リヴィゼイ(GBR)        
M.トライドス(GER)     M.トライドス(GER)
      A.オズドバ(POL)
K.クアドロス(BRA)        
B.ムングンチメグ(MGL)     B.ムングンチメグ(MGL)
      楊俊霞(CHN)

 

▼3回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

◆女子70kg級 日本代表選手と結果

新井 千鶴(あらい ちづる)
年 齢 23歳
出身地 埼玉県
身 長 172cm
出身校 児玉高校
所 属 三井住友海上
得意技 内股
世界選手権 2回目
▼世界選手権過去の成績
2015年 70kg級/5位
▼2017年戦績
6月 全日本実業団対抗/3位
4月 選抜体重別/優勝
2月 GPデュッセルドルフ/優勝

 

<女子70kg級の結果>

※トーナメント表は3回戦から掲載します

【新井 千鶴選手の結果】
1回戦/BYE

2回戦/優勢勝ち(大内刈)
○ vs A.ベルンホルム(スウェーデン)

3回戦/優勢勝ち(小内刈)
○ vs A.ポガニック(スロベニア)

準々決勝/優勢勝ち(GS・指導)
○ vs M.ポルテラ(ブラジル)

準決勝/優勢勝ち(内股)
○ vs Y.アルベアル(コロンビア)

決 勝/一本勝ち(送襟絞)
○ vs M.ペレス(プエルトリコ)

世界選手権2大会連続2回目の新井千鶴選手が準決勝で、世界選手権3度の優勝を誇り、リオ五輪銀メダリストのジュリ・アルベアル選手を破る活躍で決勝に進出。

決勝ではマリア・ペレス選手を送り襟締めの一本勝ちで勝利をおさめ、世界選手権初優勝を果たしました。

リオ五輪代表本命と言われながら、代表落ちした悔しさを本大会で晴らせたのではないでしょうか。おめでとうございます!!

 

<メダリスト>

新井 千鶴 日 本
M.ペレス プエルトリコ
Y.アルベアル コロンビア
M.ベルナベウ スペイン

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
A.ニアン(MAR)        
M.ペレス(PUR)     M.ペレス(PUR)
新井 千鶴(JPN)     新井 千鶴(JPN)
Y.アルベアル(COL)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
クォン サンヨン(PRK)        
M.ガイエ(FRA)     M.ガイエ(FRA)
      Y.アルベアル(COL)
M.ポルテラ(BRA)        
M.ベルナベウ(ESP)     M.ベルナベウ(ESP)
      A.ニアン(MAR)

 

▼3回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆女子78kg級 日本代表選手と結果

佐藤 瑠香(さとう るいか)
年 齢 25歳
出身地 福岡県
身 長 170cm
出身校 八幡工業高校
所 属 コマツ
得意技 大内刈り
世界選手権 4回目
▼世界選手権過去の成績
2014年 78kg級/3回戦敗退
2013年 78kg級/7位
2010年 無差別/2回戦敗退
▼2017年戦績
6月 GPフフホト/3位
6月 全日本実業団体対抗/優勝
4月 選抜体重別/3位
2月 GSパリ/2位

 

梅木 真美(うめき まみ)
年 齢 22歳
出身地 大分県
身 長 175cm
出身校 環太平洋大学
所 属 ALSOK
得意技 大外刈り
リオ五輪 初戦敗退
世界選手権 2回目
▼世界選手権過去の成績
2015年 78kg級/優勝
▼2017年戦績
5月 GSエカテリンブルグ/優勝
4月 選抜体重別/優勝
2月 GPデュッセルドルフ/優勝

 

<女子78kg級の結果>

※トーナメント表は2回戦から掲載します

【梅木 真美選手の結果】
1回戦/一本勝ち(上四方固)
○ vs S.ソアレス(ブラジル)

2回戦/一本勝ち(上四方固)
○ vs ヘ フーゼン(中国)

準々決勝/一本勝ち(三角絞)
○ vs K.アントマーチ(キューバ)

準決勝/優勢勝ち(大内刈)
○ vs M.フェルケルク(オランダ)

決 勝/優勢負け(GS・小内刈)
● vs M.アギアル(ブラジル)

世界選手権連覇を狙った梅木選手は、準々決勝まで一本勝ちで勝ち進みます。決勝では、2014年の世界選手権王者でリオ五輪銅メダリストのマイラ・アギアル選手と対戦。

試合は両者決め手に欠け、延長戦へ突入。延長に入ってまもなくアギアル選手が出した小内刈りが決まり、技ありを取られ梅木選手の敗戦。

梅木選手は金メダルが獲れず納得はしていないかもしれませんが、リオ五輪初戦で敗退した後のインタビューを見てる側としたら、今回の梅木選手が獲った銀メダルは素晴らしい結果です。

また世界一になる選手と思うので、今後の活躍に期待です。

 

【佐藤 瑠香選手の結果】
1回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs A.ターキン(ウクライナ)

2回戦/優勢勝ち(GS・指導)
○ vs A.ワグナー(ドイツ)

準々決勝/一本勝ち(GS・体落)
○ vs N.パウエル(イギリス)

準決勝/優勢負け(背負投)
● vs M.アギアル(ブラジル)

3位決定戦/優勢負け(裏投)
● vs K.アントマルチ(キューバ)

佐藤選手は準決勝で本大会優勝したマイラ・アギアル選手に敗れ、3位決定戦へ。

世界選手権初メダルを目指して臨んだ3位決定戦でしたが、試合中盤にキューバのアントマルチ選手の裏投げで技ありを奪われ、その後、逃げるアントマルチ選手からポイントを奪い返せず敗戦となりました。

言っても仕方ないし、佐藤選手も多分考えてもいないでしょうが、もっと早く2枚目の指導が出てれば、試合の流れが変わったかなって思ってマス…あ~悔しい💢

なお、佐藤選手は世界選手権5位という結果で終わりましたが、自身過去最高位の順位となりました。

 

<メダリスト>

M.アギアル ブラジル
梅木 真美 日 本
K.アントマルチ キューバ
N.パウエル イギリス

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
M.フェルケルク(NED)        
梅木 真美(JPN)     梅木 真美(JPN)
M.アギアル(BRA)     M.アギアル(BRA)
佐藤 瑠香(JPN)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
A.ガレオネ(ITA)        
K.アントマルチ(CUB)     K.アントマルチ(CUB)
      佐藤 瑠香(JPN)
A.チュメオ(FRA)        
N.パウエル(GBR)     N.パウエル(GBR)
      M.フェルケルク(NED)

 

▼2回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

 

◆女子78kg超級 日本代表選手と結果

朝比奈 沙羅(あさひな さら)
年 齢 20歳
出身地 東京都
身 長 176cm
出身校 渋谷教育学園渋谷高校
所 属 東海大学(3年)
得意技 払い腰
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
5月 GSエカテリンブルグ/優勝
4月 全日本女子皇后盃/優勝
2月 GSパリ/優勝

 

<女子78kg超級の結果>

※トーナメント表は2回戦から掲載します

【朝比奈 沙羅選手の結果】
1回戦/一本勝ち(払腰)
○ vs H.ンバラ(カメルーン)

2回戦/一本勝ち(横四方固)
○ vs K.チビソワ(ロシア)

準々決勝/一本勝ち(後袈裟固)
○ vs T.ザフエルコウルス(オランダ)

準決勝/優勢勝ち(GS・支釣込足)
○ vs K.サイト(トルコ)

決 勝/優勢負け(GS・指導)
● vs ユ・ソン(中 国)

1回戦から一本勝ちで順当に勝ち進んだ朝比奈選手は、決勝でリオ五輪銅メダリストで前回大会の覇者・ユソン選手と対戦。

78kg超級は中国が得意としている階級でその牙城をなんとか崩したいところでしたが、惜しくも延長戦、指導差で朝比奈選手は敗れました。

試合後のインタビューで朝比奈選手は涙を流していましたが、世界選手権初出場で銀メダルを獲ってくれたのは見てる方としてはめちゃくちゃ嬉しいです。

東京五輪世代の朝比奈選手の活躍に期待です。

 

<メダリスト>

ユ・ソン 中 国
朝比奈 沙羅 日 本 
キム ミンジョン 韓 国
I.キンゼルスカ アゼルバイジャン

 

▼準決勝 ~ 決勝

準決勝   決 勝
           
I.キンゼルスカ(AZE)        
ユ・ソン(CHN)     ユ・ソン(CHN)
朝比奈 沙羅(JPN)     朝比奈 沙羅(JPN)
K.サイト(TUR)        

 

▼敗者復活戦 ~ 3位決定戦

敗者復活戦   3位決定戦
L.ツェリッチ(BIH)        
キム ミンジョン(KOR)     キム ミンジョン(KOR)
      K.サイト(TUR)
T.ザフエルコウルス(NED)        
E.アンデオル(FRA)     T.ザフエルコウルス(NED)
      I.キンゼルスカ(AZE)

 

▼2回戦 ~ 準々決勝

▼トーナメント表を開く

 

【柔道関連記事】
世界選手権2017の結果はこちら
 男子    女子   団体戦

▼世界選手権の結果まとめはこちら
※各国のメダル獲得数・メダリストなど

▼全日本選手権の結果はこちら
 男子    女子

▼選抜体重別の結果はこちら
【1日目】 【2日目】

▼リオ五輪の結果はこちら
 男子    女子

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界選手権, 柔道

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.