スポーツ 世界選手権 柔道

柔道世界選手権2017│混合団体戦日本代表の結果と日程&テレビ放送は?

更新日:

8月28日から開幕する世界柔道選手権2017。日本からは23選手が世界一を目指して派遣されており、混合団体戦では5人の選手が選出されています。

団体戦は従来、男女別々の5人制が実施されていましたが本大会では行われず、代わりに東京五輪で正式採用された男女混合の団体戦が行われます。

団体戦メンバーで最も注目されるのは、世界選手権初出場の高校2年生・素根輝(そね あきら)選手ではないでしょうか。素根選手は高校では無敵を誇る超高校級。

今年7月に行われた金鷲旗高校柔道大会では、準決勝で4人抜き、決勝では相手チームの阿部詩選手に4人抜きをされ、完全に劣勢な状態から大将の素根選手が5人抜きオール1本勝ちで大逆転優勝を決めました。

そんな素根選手が世界選手権の舞台でどんな活躍をするのか非常に楽しみです♪

ここでは、2017年世界柔道選手権の男女混合団体戦に出場する日本代表選手と試合日程や結果、テレビ放送などをご紹介します。

▼世界選手権2017の結果はこちら
 男子    女子    団体戦

▼世界選手権の結果まとめはこちら
※各国のメダル獲得数・メダリストなど

 

 

スポンサーリンク

 

◆大会日程とテレビ放送について

▼大会日程
男子・女子個人戦の日程も合わせて掲載

8月28日(月)
男子60kg級 高藤 直寿、永山 竜樹
女子48kg級 近藤 亜美、渡名喜 風南
8月29日(火)
男子66kg級 阿部 一二三
女子52kg級 角田 夏実、志々目 愛
8月30日(水)
男子73kg級 橋本 壮市
女子57kg級 芳田 司
8月31日(木)
男子81kg級 永瀬 貴規
女子63kg級 出場選手なし
9月1日(金)
男子90kg級 出場選手なし
女子70kg級 新井 千鶴
女子78kg級 佐藤 瑠香、梅木 真美
9月2日(土)
男子100kg級 ウルフアロン、羽賀 龍之介
男子100kg超級 王子谷 剛志、原沢 久喜
女子78kg超級 朝比奈 沙羅
9月3日(日)
男女混合団体戦
長澤 憲大、中矢 力
素根 輝、新添左季、宇高 菜絵

 

▼テレビ放送について
<放送局>
フジテレビ系列

<放送日程>
※放送時間が変更になる場合があります

日付 時間
8月28日(月) 24:25~25:40
8月29日(火) 24:25~25:40
8月30日(水) 24:25~25:40
8月31日(木) 24:25~25:25
9月1日(金) 24:55~26:10
9月2日(土) 24:35~26:05
9月3日(日) 24:30~26:30

 

◆混合団体戦について

混合団体戦のチーム構成やルールについて簡単にご説明します。

▼チーム構成
1チーム6人(男子3選手、女子3選手)
・各選手の体重(階級)は以下の通り

<男子>
73kg以下、90kg以下、90kg超

<女子>
57kg以下、70kg以下、70kg超

なお、混合団体戦の5階級は出場予定選手は決定していますが、残りの90kg超級の選手は個人代表から選出されます。

 

▼ルール
<試合時間>
試合時間は全ての試合4分。時間無制限の延長戦も行われます。

<勝ち点>
「一本」「不戦」「棄権」による勝ち点は10点、「技あり」は1点、「指導差」の勝ちは0点。

なお、6選手の試合終了後、勝利数や得点が並んだ場合は、無作為で選ばれた階級の選手同士で代表戦が行われて勝敗を決めます。

<シード権>
各チームの選手の世界ランキングを得点化し、その合計数により、シード権が4チームに与えられます。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆混合団体戦日本代表選手

▼男子

長澤 憲大(ながさわ けんた)
年 齢 23歳
出身地 神奈川県
身 長 176cm
出身校 東海大学
所 属 パーク24
階 級 90kg級
得意技 内股
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
5月 GSエカテリンブルグ/優勝
4月 選抜体重別/3位

 

中矢 力(なかや りき)
年 齢 28歳
出身地 愛媛県
身 長 168cm
出身校 東海大学
所 属 ALSOK
階 級 73kg級
得意技 背負投・寝技
五 輪 ロンドン/銀メダル
世界選手権 4回目
※本大会では中矢選手は団体戦のみの出場
▼世界選手権過去の成績
2015年 73kg級/2位
2014年 73kg級/優勝
2011年 73kg級/優勝
▼2017年戦績
4月 選抜体重別/3位
3月 GSバクー/2位

 

▼女子

素根 輝(そね あきら)
年 齢 17歳
出身地 福岡県
身 長 163cm
出身校 田主丸中学校
所 属 南筑高校(2年)
階 級 78kg超級
得意技 大内刈り・体落とし
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
8月 インターハイ/個人:優勝、団体:3位
7月 金鷲旗/優勝
4月 選抜体重別/優勝
3月 全国高校選手権/個人:優勝、団体:3位
2月 GPデュッセルドルフ/3位

 

新添 左季(にいぞえ さき)
年 齢 21歳
出身地 奈良県
身 長 170cm
出身校 天理高校
所 属 山梨学院大学(3年)
階 級 70kg級
得意技 内股
世界選手権 初出場
▼2017年戦績
8月 ユニバーシアード/個人:2位、団体:優勝
6月 優勝大会/優勝
5月 GSエカテリンブルグ/3位
5月 選抜体重別/2位
2月 GPデュッセルドルフ/3位
2月 GSパリ/7位

 

宇高 菜絵(うだか なえ)
年 齢 32歳
出身地 愛媛県
身 長 161cm
出身校 帝京大学
所 属 コマツ
階 級 57kg級
得意技 大外刈り
世界選手権 3回目
▼世界選手権過去の成績
2014年 57kg級/優勝
2010年 57kg級/3回戦敗退
▼2017年戦績
6月 全日本実業団対抗/優勝
5月 GSエカテリンブルグ/2位
5月 選抜体重別/優勝
2月 GPデュッセルドルフ/3位

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆混合団体戦の結果

トーナメント表

<Pool A>

1回戦   2回戦     準々決勝
                   
日 本                  
        日 本 5        
アルジェリア 1     ウクライナ 1        
ウクライナ 5             日 本 5
モンゴル               ドイツ 1
        モンゴル 2        
ドイツ       ドイツ 4        
                   

 

▼【2回戦出場選手と結果】を開く

 

▼【準々決勝出場選手と結果】を開く

 

<Pool B>

1回戦   2回戦     準々決勝
                   
フランス                  
        フランス 4        
カザフスタン 0     ハンガリー 2        
ハンガリー 6             フランス 2
イギリス               韓 国 4
        イギリス 2        
トルコ 0     韓 国 4        
韓 国 6                

 

<Pool C>

1回戦   2回戦     準々決勝
                   
オランダ                  
        オランダ 2        
ロシア 4     ロシア 4        
キューバ 2             ロシア 5
ジョージア               ジョージア 1
        ジョージア 3        
クロアチア       クロアチア 3        
                   

 

<Pool D>

1回戦   2回戦     準々決勝
                   
ブラジル                  
        ブラジル 5        
中 国 2     ポーランド 1        
ポーランド 4             ブラジル 5
ルーマニア               カナダ 1
        ルーマニア 2        
カナダ       カナダ 4        
                   

 

<敗者復活戦&3位決定戦>

敗者復活戦   3位決定戦
ドイツ 2          
フランス 4     フランス 5
        ロシア 1
ジョージア 2          
カナダ 4     カナダ 1
        韓 国 5

 

<準決勝 ~ 決勝>

準決勝   決 勝
日 本 5          
韓 国 1     日 本 6
ロシア 2     ブラジル 0
ブラジル 4          

 

▼【準決勝出場選手と結果】を開く

 

▼決勝戦対戦表

 日本  勝敗 ブラジル
芳田 司 -57kg   ラファエラ・L・シルバ
橋本 壮市 -73kg   マルセロ・コンティニ
新井 千鶴 -70kg   マリア・ポルテラ
長澤 憲大 -90kg   ビクトル・ペナルベル
朝比奈沙羅 +70kg   マリア・アルテマン
王子谷剛志 +90kg   ラファエル・シルバ

 

総合結果

日 本
ブラジル
フランス
韓 国
5 ロシア
カナダ
7 ドイツ
カナダ 

 

 

●まとめ

2020年東京五輪の正式種目として採用された男女混合団体戦。世界選手権で初めて実施され、日本が初代王者となりました。

各国との対戦成績や奪ったポイントなどを見ると圧倒的な強さを見せた日本。これも代表選手らの努力の賜物です。

また、原沢久喜選手や王子谷剛志選手らは個人戦で結果が残せませんでしたが、団体戦できっちりと勝星をあげたのは個人的にうれしいです。

さらに、団体戦の1試合のみですが、高校生でありながら世界選手権に出場した素根輝選手の初勝利も喜ばしいです。次は是非、個人戦で素根選手の活躍が見たいです。

最後に、混合団体戦は予想以上に面白いと感じました。男女のオールスター戦って感じするし、何よりもガチンコのオールスターなんてなかなか他の競技でも見る機会がないのではないでしょうか?

国際大会の目玉種目になることを祈ります。

 

【柔道関連記事】
世界選手権2017の結果はこちら
 男子    女子   団体戦

▼世界選手権の結果まとめはこちら
※各国のメダル獲得数・メダリストなど

▼全日本選手権の結果はこちら
 男子    女子

▼選抜体重別の結果はこちら
【1日目】 【2日目】

▼リオ五輪の結果はこちら
 男子    女子

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界選手権, 柔道

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.