スポーツ 全日本女子柔道 柔道

柔道女子全日本選手権2017 組合せと結果│世界選手権代表は誰の手に?

更新日:

2017年4月16日(日)に全日本女子柔道選手権大会が神奈川県横浜市で開催されます。この全日本女子では、2017年ブダペスト世界柔道選手権大会の78キロ超級日本代表の最終選考会となっています。

どの選手が勝ち上がり、代表の座を獲得するのか注目です。山部佳苗選手が大会2連覇を果たすのか、あるいは、世代交代を目指す朝比奈沙羅選手が初優勝を飾るのか、楽しみな大会になりそうです。

ここでは、全日本女子柔道選手権大会2017の組合せや大会結果、優勝候補の選手などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆組合せトーナメント表

※クリック(タップ)で拡大できます

 

◆優勝候補は?

大会の前評判では、五輪銅メダリストの山部佳苗選手や講道館杯、GSパリなどを制覇した朝比奈沙羅選手、そして2月に復帰戦を行いGPディッセルドルフで2位になった田知本愛選手ら推薦組が優勝候補の筆頭に挙げられます。

ただ、優勝候補の選手たちにも少々心配なところが…。

 

山部選手はリオ五輪で銅メダルを獲得したあと、国内外の3大会で優勝が出来ておらず体調が万全なのか気がかりです。

また、この全日本女子で初優勝という世代交代を目標に掲げている朝比奈選手は、2週間前に行われた選抜体重別でまさかの1回戦敗退を喫しました。ちょっとした油断で足元をすくわれないか心配です。

そして、2年ぶりの優勝を目指す田知本選手は昨年の大怪我から復帰をしましたが、選抜体重別は左ひざを痛めて欠場。左ひざがどこまでいけるのか不明で、厳しい戦いが予想されます。

以上、各優勝候補の選手らに心配事はありますが、やはり実力者なので上位に挙がってくる可能性は高いです。

なお、選抜体重別の78kg超級の決勝に進んだ稲森奈見選手が勝ち上がり、優勝候補の選手の中に割って入ってくると面白くなりそうだなって思っています。果たして…。

 

 

◆試合結果

Aブロック

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導

▼1回戦
梅津 志悠 ○ <一本> △ 石井 優花
  P:10 s:0    [4:00]   P:00 s:2
※梅津選手が崩袈裟固で一本勝ち

▼2回戦
山部 佳苗 ○ <反則> △ 鈴木 伊織
 P:10 s:2   GS[10:04]   P:00 s:3

髙山 莉加 ○ <一本> △ 小椋 香澄
  P:10 s:0      [1:26]       P:00 s:1
※高山選手が釣込腰→横四方固の合技で一本

藤原 恵美 ○ <一本> △ 立川 桃
   P:10 s:0    [1:29]      P:00 s:0
※藤原選手が上四方固で一本勝ち

小林 幸奈 △ <技有> ○ 梅津 志悠
  P:00 s:2   GS[8:21]    P:01 s:0
※梅津選手が延長戦、内股で技ありを奪い勝利

▼3回戦
山部 佳苗 △ <指導2> ○ 髙山 莉加
 P:00 s:2 GS[6:33] P:00 s:1

藤原 恵美 ○ <一本> △ 梅津 志悠
P:10 s:0   [2:28] P:00 s:0
※藤原選手が崩袈裟固で一本勝ち

▼4回戦
髙山 莉加 ○ <反則> △ 藤原 恵美
   P:00 s:1  GS[6:47]    P:00 s:3

 

Bブロック

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導

▼1回戦
山口 凌歌 <一本> 山本 沙羅
 P:00 s:0  [2:55]  P:10 s:1
※山本選手が内股→崩袈裟固の合技で一本勝ち

▼2回戦
朝比奈 沙羅 ○ <一本> △ 井上 愛美
    P:10 s:0    GS[6:30]    P:00 s:1
※朝比奈選手が払い腰で一本勝ち

ヌンイラ華蓮 △ <反則> ○ 前田 奈恵子
   P:00 s:3   GS[12:40]    P:10 s:2

粂田 晴乃 ○ <指導2> △ 松田 美悠
   P:00 s:3    GS[7:49]      P:00 s:2

吉村 静織 △ <一本> ○ 山本 沙羅
  P:00 s:0     GS[5:12]    P:10 s:0
※山本選手が隅落としで一本勝ち

▼3回戦
朝比奈 沙羅 ○ <一本> △ 前田 奈恵子
  P:10 s:0 GS[6:37] P:00 s:2
※朝比奈選手が内股で一本勝ち

粂田 晴乃 △ <一本> ○ 山本 沙羅
P:00 s:0 GS[7:49] P:10 s:0
※山本選手が大外刈→後袈裟固の合技で一本勝ち

▼4回戦
朝比奈 沙羅 ○ <有効> △ 山本 沙羅
   P:01 s:2   GS[11:45]    P:00 s:2
※朝比奈選手が延長戦、大内返しで有効を奪い勝利

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

Cブロック

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導

▼1回戦
佐俣 優依 <有効> 井坂 希望
 P:01 s:1  [8:12]  P:00 s:1
※佐俣選手が裏投げで有効を奪い勝利

▼2回戦
田知本 愛 ○ <vs> △ 日髙 美沙希
  P:10 s:0     [2:07]     P:00 s:1
※田知本選手が払い腰一本勝ち

麦田 舞 △ <一本> ○ 泉 真生
P:00 s:0      [1:02]      P:10 s:0
※泉選手が内股→横四方固の合技で一本勝ち

市川 香代子 △ <反則> ○ 後藤 美和
   P:00 s:3       [3:38]      P:00 s:1

児玉 ひかる ○ <技有> △ 佐俣 優依
   P:01 s:1      [5:00]       P:00 s:1
※児玉選手が隅落としで技有を奪い勝利

▼3回戦
田知本 愛 ○ <一本> △ 泉 真生
P:10 s:0 [1:40] P:00 s:0
※田知本選手が内股→谷落の合技で一本勝ち

後藤 美和 △ <一本> ○ 児玉 ひかる
  P:01 s:0 [3:03] P:10 s:0
※児玉選手が大外刈→崩袈裟固の合技で一本勝ち

▼4回戦
田知本 愛 ○ <一本> △ 児玉 ひかる
  P:10 s:0    GS[6:25]     P:00 s:2
※田知本選手が大外刈で一本勝ち

 

Dブロック

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導

▼1回戦
橋高 朱里 <一本> 吉岡 優里
  P:11 s:0   [2:08]  P:00 s:0
※橋高選手が横四方固めで一本勝ち

和田 梨乃子 <反則> 井上 あかり
     P:00 s:3   [6:03]  P:10 s:1
※和田選手が3つの指導により反則負け

▼2回戦
市橋 寿々華 ○ <一本> △ 濵田 尚里
   P:10 s:2       [4:39]      P:00 s:0
※市橋選手が膝車で一本勝ち

新垣 さつき ○ <反則> △ 橋高 朱里
   P:10 s:0    GS[5:56]     P:00 s:3

緒方 亜香里 ○ <一本> △ 畑村 亜希
   P:10 s:0      [0:33]       P:00 s:0
※緒方選手が内股で一本勝ち

稲森 奈見 ○ <一本> △ 井上 あかり
      P:10 s:0   [2:52]      P:00 s:0
※稲森選手が大内刈りで一本勝ち

▼3回戦
市橋 寿々華 ○ <一本> △ 新垣 さつき
   P:12 s:0       [3:07]      P:00 s:1
※市橋選手が横四方固で一本勝ち

緒方 亜香里 ○ <一本> △ 稲森 奈見
   P:10 s:0       [1:31]      P:00 s:0
※緒方選手が内股で一本勝ち

▼4回戦
市橋 寿々華 △ <一本> ○ 緒方 亜香里
   P:00 s:2      [4:16]       P:10 s:1
※緒方選手が小外刈で一本勝ち

 

準決勝

髙山 莉加 △ <一本> ○ 朝比奈 沙羅
  P:00 s:1     [4:47]    P:10 s:0
※朝比奈選手が払腰で一本勝ち

田知本 愛 ○ <有効> △ 緒方亜香里
     P:01 s:1 [5:00] P:00 s:2
※田知本選手が大内刈で有効を奪い勝利

 

決 勝

朝比奈 沙羅   <有効> △ 田知本 愛
  P:01 s:1 [5:00] P:00 s:2
※朝比奈選手が払巻込で有効を奪い勝利

朝比奈選手が全日本女子柔道選手権大会初優勝を飾りました。決勝では、非常に気合が入った戦いぶりを見せてくれました。特に、田知本選手から有効を奪った払巻込は、気合と気持ちがめちゃくちゃ出ていましたね。

是非、世界選手権の代表に選出されて活躍してほしいです。おめでとうございます!

 

▼2017年選抜体重別選手権についてはこちら
1日目の結果   2日目の結果

 

▼リオ五輪の柔道についてはこちら
柔道男子の結果  柔道女子の結果

 

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 全日本女子柔道, 柔道

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.