スポーツ 全日本選抜体重別 柔道

柔道 全日本選抜体重別選手権2017│ベイカー茉秋やメダリストたちの結果は?【2日目】

更新日:

2017年4月1日(土)から2日間、全日本選抜体重別選手権が福岡で開催されています。本大会では、ハンガリーで行われる世界選手権の代表選考会も兼ねており、会場は熱気に包まれています。

1日目では、東京五輪で活躍が予想されている選手のひとり、阿部一二三選手がオール一本勝ちで優勝。女子52kg級に出場する妹の阿部詩選手との兄妹優勝の期待が掛かります。

また、2日目ではリオ五輪でメダルを獲得した選手らが多く登場し、注目が集まります。男子では、金メダルを獲得したベイカー茉秋選手をはじめ、永瀬貴規選手、羽賀龍之介選手、原沢久喜選手らが、女子では48kg級で銅メダルを獲得した近藤亜美選手が登場。

メダリストたちが大会を制覇するのか、あるいは、1日目に男子60kg級で銅メダリスト・高藤直寿選手が敗れる波乱があったように、2日目でも意外な戦いがあるかもしれません。

個人的には、100kg級の飯田健太郎選手、100kg超級の王子谷剛志選手の活躍が楽しみです。若手の台頭で日本柔道界がさらに活気づき、東京五輪で最も盛り上がる競技のひとつになってほしいです。

さて、本大会では、国際柔道連盟が昨年発表した新ルール(「合わせ技一本」や「有効」などの廃止)が初めて導入される大会となります。選手らの攻め方にどういう影響を及ぼすか気になるところです。

それでは、全日本選抜体重別選手権2017の2日目の大会結果や世界選手権の選考方法、日程などをご紹介します。

※ベイカー茉秋選手は、小林悠輔選手との初戦で右肩付近を負傷。脱臼と見られており大会を棄権することとなりました。残念です(´・ω・`)

 

スポンサーリンク

 

◆世界選手権選考方法について

2017年全日本選抜体重別選手権では、8月28日から9月3日までハンガリーのブタペストで行われる世界選手権の代表選考会を兼ねています。

代表選考は大会2日の日程終了後、全日本柔道連盟が強化委員会を開き、男女超級を除く12階級の世界選手権代表を決めます。

なお、男子100kg超級は4月29日の全日本選手権後、女子78kg超級は4月16日の全日本女子選手権後に選出されることとなっています。

 

◆男子

▼このページ以外の男子の階級はこちら
60kg・66kg・73kg

※所属は2017.3.2現在
※全柔連ホームページを元に作成

81kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.永瀬 貴規 ○<反則>△ 長島 啓太
    P:10 s:0   [3:29]   P:00 s:3

②.春山 友  △<内股>○ 丸山 剛毅
 P:00 s:0     [0:29]   P:10 s:0

③.渡邉 勇人○<腕挫十字固>△藤原崇太郎
    P:10 s:2     [7:33]     P:00 s:0

④.佐藤 正大 ○<大腰>△ 小原 拳哉
    P:01 s:2     [7:42]    P:00 s:2

▼準決勝
⑤.永瀬 貴規 ○<内股返>△ 丸山 剛毅
    P:01 s:1   [4:53]   P:00 s:1

⑥.渡邉 勇人 ○<背負投>△ 佐藤 正大
    P:10 s:0   [1:00]   P:00 s:0

▼決勝
⑦.永瀬 貴規 ○<内股>△ 渡邉 勇人
    P:01 s:0   [5:50]   P:00 s:1

 

優勝
永瀬 貴規
準優勝
渡邉 勇人
3位
丸山 剛毅 佐藤 正大

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

90kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.ベイカー茉秋 △<棄権>○ 小林 悠輔
        P:00 s:0   [7:09]   P:10 s:1
※ベイカー茉秋選手は負傷により棄権

②.釘丸 太一 △<上四方固>○ 向 翔一郎
    P:00 s:1    [3:06]     P:11 s:2

③.西山 大希 △<腕緘>○ 加藤 博剛
    P:00 s:0   [1:02]    P:10 s:0

④.長澤 憲大 ○<内股>△ 江畑 丈夫
    P:01 s:2   [5:32]   P:00 s:2

▼準決勝
⑤.小林 悠輔 △<反則>○ 向 翔一郎
    P:00 s:3    [6:20]   P:10 s:1

⑥.加藤 博剛 ○<後袈裟固>△ 長澤 憲大
    P:11 s:0    [1:25]     P:00 s:0

▼決勝
⑦.向 翔一郎 ○<指導2>△ 加藤 博剛
    P:00 s:0   [4:41]    P:00 s:2

 

優勝
向 翔一郎
準優勝
加藤 博剛
3位
小林 悠輔 長澤 憲大

 

100kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.羽賀 龍之介 ○<内股>△ 長尾 翔太
P:10 s:0   [4:17]   P:00 s:2

②.下和田 翔平 ○<反則>△ 後藤 隆太郎
P:10 s:0   [3:36]   P:01 s:3

③.ウルフ アロン ○<反則>△ 安達 裕助
P:10 s:1   [3:26]   P:00 s:3

④.飯田 健太郎 ○<指導2>△ 谷井 大輝
P:00 s:1   [4:49]   P:00 s:2

▼準決勝
⑤.羽賀 龍之介 ○<大内刈>△ 下和田 翔平
P:01 s:1   [4:00]   P:00 s:1

⑥.ウルフ アロン ○<内股>△ 飯田 健太郎
P:01 s:0   [4:00]   P:00 s:0

▼決勝
⑦.羽賀 龍之介 △<指導2>○ ウルフ アロン
P:00 s:2   [12:14]   P:00 s:1

 

優勝
ウルフ アロン
準優勝
羽賀 龍之介
3位
下和田 翔平 飯田 健太郎

 

 

100kg超級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.原沢 久喜 ○<大内刈>△ 小川 雄勢
    P:10 s:0   [4:29]   P:00 s:2

②.影浦 心  ○<小内刈>△ 上川 大樹
  P:10 s:1     [2:07]   P:00 s:0

③.王子谷剛志 ○<小外刈>△ 上田 轄麻
      P:01 s:2   [4:42]   P:00 s:2

④.七戸 龍  △<反則>○ 太田 彪雅
 P:00 s:3     [5:59]   P:10 s:2

▼準決勝
⑤.原沢 久喜 △<内股返>○ 影浦 心
    P:00 s:1   [4:00]   P:02 s:0

⑥.王子谷剛志 ○<支釣込足>△ 太田 彪雅
       P:10 s:1   [3:59]     P:00 s:2

▼決勝
⑦.影浦 心 △<送襟絞>○ 王子谷剛志
 P:00 s:1   [3:13]   P:10 s:1

 

優勝
王子谷 剛志
準優勝
影浦 心
3位
原沢 久喜 太田 彪雅

▼このページ以外の男子の階級はこちら
60kg・66kg・73kg

▼リオ五輪の結果はこちら
男子の結果はこちら

女子の結果はこちら

 

◆女子

※所属は2017.3.2現在
※全柔連ホームページを元に作成

48kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.近藤 亜美 ○<横四方固>△ 梅北 眞衣
    P:10 s:0     [3:00]    P:00 s:1

②.森﨑由理江 △<反則> ○小倉 葵
      P:10 s:0    [5:20]   P:00 s:3

③.渡名喜風南 ○<大内刈>△ 山﨑 珠美
      P:11 s:0   [0:43]   P:00 s:0

④.遠藤 宏美 △<小外掛>○ 岡本 理帆
    P:00 s:1   [4:00]   P:01 s:2

▼準決勝
⑤.近藤 亜美 ○<払腰>△ 小倉 葵
    P:02 s:1   [4:00]    P:00 s:1

⑥.渡名喜風南 ○<反則>△ 岡本 理帆
      P:10 s:0   [3:36]    P:00 s:3

▼決勝
⑦.近藤 亜美 ○<大外刈>△ 渡名喜風南
    P:10 s:0   [7:48]     P:00 s:0

 

優勝
近藤 亜美
準優勝
渡名喜風南
3位
 小倉 葵   岡本 理帆

 

52kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.角田 夏実 ○<巴投>△ 前田 千島
    P:01 s:1   [4:00]   P:00 s:2

②.立川 莉奈 ○<指導2>△ 橋本 優貴
    P:00 s:0   [7:27]   P:00 s:1

③.阿部 詩 ○<大内刈>△ 柳光 真麻
 P:10 s:0   [0:32]   P:00 s:0

④.志々目 愛 ○<反則>△ 内尾 真子
    P:10 s:0   [6:44]    P:00 s:3

▼準決勝
⑤.角田 夏実 ○<腕挫十字固>△ 立川 莉奈
    P:10 s:1      [4:53]      P:00 s:1

⑥.阿部 詩 △<内股>○ 志々目 愛
 P:00 s:0    [4:00]   P:01 s:2

▼決勝
⑦.角田 夏実 △<大外刈>○ 志々目 愛
    P:00 s:2   [4:06]   P:01 s:2

 

優勝
志々目 愛
準優勝
角田 夏実
3位
立川 莉奈  阿部 詩  

 

57kg級

※P:10=一本、P:01=技あり、s=指導
▼1回戦
①.芳田 司 ○<内股>△ 月野 珠里
 P:01 s:1   [4:00]    P:00 s:1

②.石川 慈 △<小内刈> ○舟久保 遥香
 P:00 s:1   [5:12]   P:10 s:1

③.宇髙 菜絵 ○<反則>△ 山本 杏
    P:10 s:1   [4:51]    P:00 s:3

④.玉置 桃 △<両者反則>△ 小野 彰子
 P:00 s:3     [7:10]    P:00 s:3

▼準決勝
⑤.芳田 司 △<指導2>○ 舟久保 遥香
 P:00 s:2     [5:27]    P:00 s:1

⑥.宇髙 菜絵 ○<不戦勝>△ 対戦者なし

▼決勝
⑦.舟久保 遥香 △<大外刈>○ 宇髙 菜絵
       P:00 s:1     [1:20]   P:10 s:0

 

優勝
宇髙 菜絵
準優勝
舟久保 遥香
3位
芳田 司       

▼選抜体重別選手権の関連記事はこちら
男子(60kg・66kg・73kg)

女子(63kg・70kg・78kg・78kg超級)

▼リオ五輪の結果はこちら
男子の結果はこちら

女子の結果はこちら

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 全日本選抜体重別, 柔道

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.