スポーツ 世界陸上2017 大会結果

世界陸上2017 100m 200m 400m│結果や日程・日本代表選手や放送時間は?

更新日:

2017年8月4日からロンドンで開幕する世界陸上2017。男子24種目、女子23種目の合計47種目が実施されます。

本大会で最も注目されるのは、この世界陸上を最後に現役引退を表明しているウサイン・ボルト選手。大会初日からボルト選手が登場するとあって、どんな盛り上がりを見せるのか楽しみです。

また、ボルト選手以外では、日本代表選手の若手有望株のサニブラウン選手や多田修平選手らの台頭も頼もしいです。日本代表選手が100mをはじめ短距離走で、どこまで世界に力を見せてくれるか注目です。

 

ここでは、世界陸上2017の「100m」「200m」「400m」に関する

・日本代表選手
・日程、テレビ放送
・世界記録、日本記録、大会記録
・2017年に記録された各種目の世界TOP10
・「100m」「200m」「400m」の結果(男女)

などをご紹介します。

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆短距離走 日本代表

※100m、200m、400mの女子日本代表選手は派遣なし

サニブラウン・アブデル・ハキーム(18歳)

出身地/福岡県
身 長/188cm
体 重/78kg
出身校/城西高校
所 属/東京陸協
世界陸上/2大会連続2回目
出場種目/100m、200m
※サニブラウン選手は「4×100mリレー」のエントリーメンバーでもあります

【主な代表歴】
世界陸上・北京(2015年)

【100m自己ベスト】
10.05(2017.6 日本選手権)

【2017年 100mベスト記録】
10.05(世界29位)

【200m自己ベスト】
20.32(2017.6 日本選手権)

【2017年 200mベスト記録】
20.32(世界43位)

 

多田 修平(21歳)

 ただ しゅうへい

出身地/大阪府
身 長/176cm
体 重/66kg
出身校/大阪桐蔭高校
所 属/関西学院大学
世界陸上/初出場
出場種目/100m
※多田選手は「4×100mリレー」のエントリーメンバーでもあります

【主な代表歴】
初代表

【100m自己ベスト】
10.08(2017.6 日本学生選手権)

【2017年 100mベスト記録】
10.08(世界43位)

 

ケンブリッジ飛鳥(24歳)

出身地/ジャマイカ
身 長/180cm
体 重/76kg
出身校/日本大学
所 属/Nike
世界陸上/初出場
出場種目/100m
※ケンブリッジ飛鳥選手は「4×100mリレー」のエントリーメンバーでもあります

【主な代表歴】
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【100m自己ベスト】
10.08(2017.6 日本選手権)

【2017年 100mベスト記録】
10.08(世界43位)

 

飯塚 翔太(26歳)

 いいづか しょうた

出身地/静岡県
身 長/185cm
体 重/80kg
出身校/中央大学
所 属/ミズノ
世界陸上/2大会ぶり2回目
出場種目/200m
※飯塚選手は「4×100mリレー」のエントリーメンバーでもあります

【主な代表歴】
ロンドン五輪(2012年)
世界選手権・モスクワ(2013年)
アジア大会・仁川(2014年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【100m自己ベスト】
10.08(2017.6 布勢スプリント)

【2017年 100mベスト記録】
10.08(世界43位)

【200m自己ベスト】
20.11(2016.6 日本選手権)

【2017年 200mベスト記録】
20.40(世界70位)

 

北川 貴理(20歳)

 きたがわ まさたか

出身地/福井県
身 長/177cm
体 重/70kg
出身校/敦賀高校
所 属/順天堂大学
世界陸上/2大会連続2回目
出場種目/400m
※北川選手は「4×400mリレー」のエントリーメンバーでもあります

【主な代表歴】
世界選手権(2015年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【400m自己ベスト】
45.48(2017.6 日本選手権)

【2017年 400mベスト記録】
45.48(世界73位)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆テレビ放送

▼放送日程を開く

 

◆100m結果

男子100m

【世界記録】
9.58(2009年)
ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

【大会記録】
9.58(2009年)
ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

【日本記録】
10.00(1998年)
伊藤 浩司

▼男子100m 2017年世界TOP10を開く

 

<男子100m 予選の結果>

▼予選結果を開く

 

<男子100m準決勝 日本勢の結果>

サニブラウン/10.28
2組7位(全体19位) ※準決勝敗退

多田 修平/10.26
3組5位(全体17位) ※準決勝敗退

ケンブリッジ飛鳥/10.25
1組6位(全体16位) ※準決勝敗退

残念ながら日本の3選手は準決勝敗退となりました。多田選手は予選よりリアクションタイムが良かったんですが、後半伸びずに予選よりタイムを落とす結果となりました。

また、期待のサニブラウン選手はスタート直後に態勢を崩したのが悔やまれます…。ただ、日本勢が準決勝に3人残ったのは日本陸上史の歴史的一歩ではないでしょうか。

 

<男子100m決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 9.92 J.ガトリン USA 6 10.09
2 9.94 C.コールマン USA 1 9.97
3 9.95 U.ボルト JAM 2 9.98
4 9.99 Y.ブレイク JAM 3 10.04
5 10.01 A.シンビネ RSA 5 10.05
6 10.08 J.ビコ FRA 6 10.09
7 10.17 R.プリスコッド GBR 4 10.05
8 10.27 ソ ヘイテン CHN 8 10.10

ガトリン選手とコールマン選手のアメリカ勢が金・銀を獲得。ガトリン選手は12年ぶりの金メダル獲得となり、うれし涙を流したガトリン選手が印象的でした。

また、個人100m最後のレースで3位になったボルト選手は、銅メダルの獲得は初めてのことだとか…。それだけ勝ち続けてきたという証でもありますね。

さて、ボルト選手は100mは敗れましたが、レース後のいたビューで4×100mリレーに出場することを明言。

どんなレースになるのか期待です。

▼4×100mリレーの結果はこちら

 

女子100m

【世界記録】
10.49(1988年)
フローレンス・ジョイナー(アメリカ)

【大会記録】
10.70(1999年)
マリオン・ジョーンズ

【日本記録】
11.21(2010年)
福島 千里

▼女子100m 2017年世界TOP10を開く

 

<女子100m決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 10.85 T.ボウイ USA 4 10.91
2 10.86 M.タルー CIV 2 10.87
3 10.96 D.シパーズ NED 5 10.98
4 10.98 M.アウレ CIV 6 10.99
5 10.98 E.トンプソン JAM 1 10.84
6 11.01 M.アイエ TTO 7 11.04
7 11.06 R.サントス BRA 3 10.91
8 11.09 K.バプティステ TTO 8 11.07

 

◆200m結果

男子200m

【世界記録】
19.19(2009年)
ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

【大会記録】
19.19(2009年)
ウサイン・ボルト(ジャマイカ)

【日本記録】
20.03(2003年)
末續 慎吾

▼男子200m 2017年世界TOP10を開く

 

<男子200m 予選の結果>

サニブラウン/20.52
1組2位(全体18位/45人中) 

飯塚 翔太/20.58
7組2位(全体23位/45人中) 

サニブラウン選手は着順で準決勝進出!!

飯塚選手は着順4位と全体のタイム順で予選通過ラインに達することが出来ませんでしたが、飯塚選手と同組の1位と3位の選手が失格となりました。

この結果、飯塚選手は7組2位となり着順で準決勝進出が決まりました。

 

<男子200m 準決勝の結果>

サニブラウン/20.43
2組2位(全体10位/25人中) 

飯塚 翔太/20.62
1組5位(全体16位/25人中)  ※準決勝敗退

サニブラウン選手が末續慎吾選手以来となる日本勢14年ぶりの決勝進出!!もう一段階ギアを上げたいとコメントしていたので、メダル獲得を期待したいですね♪

 

<男子200m決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 20.09 R.グリエフ TUR 4 20.17
2 20.11 W.バンニーキルク RSA 7 20.28
3 20.11 J.リチャーズ TTO 2 20.14
4 20.24 N.ミッチェル ブレイク GBR 5 20.19
5 20.26 A.ウェブ USA 6 20.22
6 20.44 I.マクワラ BOT 3 20.14
7 20.63 サニブラウン・A ハキーム JPN 10 20.43
8 20.64 I.ヤング USA 1 20.12

本大会、日本勢初の入賞を果たしたサニブラウン選手。前半、良い走りでひょっとしたらメダルが獲れるんじゃないかと思いましたが、さすがに世界の壁は高かったですね。

ただ、サニブラウン選手はレース後のインタビューで、息を切らしながらも自身の走りについて、冷静にコメントをしているのを見ると今後が頼もしく思えました。この後のリレーが楽しみです。

最後に、2年後の世界陸上の舞台にサニブラウン選手がきっと帰ってくると思うので、その時は本当にメダルを期待したいです。

 

女子200m

【世界記録】
21.34(1988年)
フローレンス・ジョイナー(アメリカ)

【大会記録】
21.63(2015年)
ダフネ・シュキッパーズ(オランダ)

【日本記録】
22.28(2016年)
福島 千里

▼女子200m 2017年世界TOP10を開く

 

<女子200m決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 22.05 D.シパーズ NED 1 22.49
2 22.08 M.タルー CIV 3 22.50
3 22.15 S.ミラー BAH 2 22.49
4 22.22 D.アッシャー スミス GBR 6 22.73
5 22.44 D.スティーブンス USA 4 22.71
6 22.59 K.ダンカン USA 5 22.73
7 22.60 C.エマニュエル CAN 7 22.85
8 23.07 T.ゲイター BAH 8 22.85

 

◆400m結果

男子400m

【世界記録】
43.03(2016年)
ウェイド・ファン・ニーケアク(南アフリカ)

【大会記録】
43.18(1999年)
マイケル・ジョンソン(アメリカ)

【日本記録】
44.78(1991年)
高野 進

▼男子400m 2017年世界TOP10を開く

 

男子400mの結果>
▼日本代表予選結果
北川 貴理47.35 ※予選敗退
6組6位(全体45位)

▼決勝の結果

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 43.98 W.バンニーキルク RSA 3 44.22
2 44.41 S.ガーディナー BAH 1 43.89
3 44.48 A.ハロウン QAT 8 44.64
4 44.66 B.テーベ BOT 5 44.33
5 44.88 N.アレン JAM 2 44.19
6 45.04 D.ゲイ JAM 7 44.55
7 45.23 F.カーリー USA 6 44.51
棄権   I.マクワラ BOT 4 44.30

BAH=バハマ BOT=ボツワナ QAT=カタール

 

女子400m

【世界記録】
47.60(1985年)
マリタ・コッホ(東ドイツ)

【大会記録】
47.99(1983年)
ヤルミラ・クトフヴィロヴァ(チェコスロバキア)

【日本記録】
51.75(2016年)
丹野 麻美

▼女子400m 2017年世界TOP10を開く

 

<女子400mの結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 49.92 P.フランシス USA 4 50.37
2 50.06 S.E.ナセル BRN 1 50.08
3 50.08 A.フェリックス USA 2 50.12
4 50.49 S.ミラー BAH 3 50.36
5 50.76 S.ジャクソン JAM 8 50.70
6 50.86 S.A.マクファーソン JAM 5 50.56
7 51.15 K.ムポポ ZAM 6 50.60
8 51.48 N.ウィリアムズ ミルズ JAM 7 50.67

BRN=バーレーン BAH=バハマ ZAM=ザンビア

 

▼世界陸上2017 他の競技の日程はこちら
日本代表選手&種目一覧と大会日程は?

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界陸上2017, 大会結果

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.