スポーツ 世界陸上2017 大会結果

世界陸上2017 競歩に出場する日本代表選手や結果は?大会日程やテレビ放送も

更新日:

2017年8月4日から開幕する世界陸上2017。男女合わせて47種目が実施され、日本選手がいくつメダルを獲るか注目されます。

そのなかで、日本人選手のメダル獲得の可能性が高いと言われている種目に挙げられるのが、大会最終日に実施される男子競歩。

男子50km競歩では、リオ五輪で銅メダルを獲得した荒井広宙選手が出場。2017年シーズンのタイムでも世界8位に位置しています。

また、男子20kmでは、リオ五輪で金・銀を獲得した中国のワンジェン選手とカイゼリン選手が世界陸上不参加。さらに、男子20km競歩の2017年シーズンのタイムが高橋英輝選手が2位、藤澤勇選手が3位と好位置につけています。

もちろん、レースは水物なのでランク通りにはいかないでしょうが、大いに期待できます。どんなレースになるのか楽しみです。

ここでは、世界陸上2017の競歩に出場する日本代表選手と大会日程や結果、テレビ放送と2017年に記録された各種目の世界TOP10をご紹介します。

※記録は国際陸上競技連盟(IAAF)の公式サイトより(2017.8.1現在)

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆50km競歩日本代表選手一覧

荒井 広宙(29歳)

 あらい ひろおき

出身地/長野県
身 長/180cm
体 重/62kg
出身校/福井工業大学
所 属/自衛隊体育学校

【主な代表歴】
世界選手権・テグ(2011年)
世界選手権・モスクワ(2013年)
世界選手権・北京(2015年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【50㎞競歩自己ベスト】
3:40:20(2015.4 日本選手権)

【2017年最高記録】
3:47:18(世界8位)

 

小林 快 (24歳)

 こばやし かい

出身地/秋田県
身 長/165cm
体 重/53kg
出身校/早稲田大学
所 属/ビックカメラ

【主な代表歴】
初出場

【50㎞競歩自己ベスト】
3:42:08(2016.10 全日本50km競歩高畠)

 

丸尾 知司(25歳)

 まるお さとし

出身地/京都府
身 長/175cm
体 重/60kg
出身校/びわこ成蹊スポーツ大学
所 属/愛知製鋼

【主な代表歴】
初出場

【50㎞競歩自己ベスト】
3:49:17(2017.4 日本選手権)

【2017年最高記録】
3:49:17(世界20位)

 

◆20km競歩日本代表選手一覧

髙橋 英輝(24歳)

 たかはし えいき

出身地/岩手県
身 長/175cm
体 重/56kg
出身校/岩手大学
所 属/富士通

【主な代表歴】
アジア大会・仁川(2014年)
世界選手権・北京(2015年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【20㎞競歩自己ベスト】
1:18:03(2015.2 日本選手権)

【2017年最高記録】
1:18:18(世界2位)

 

藤澤 勇 (29歳)

 ふじさわ いさむ

出身地/長野県
身 長/165cm
体 重/53kg
出身校/山梨学院大学
所 属/ALSOK

【主な代表歴】
アジア大会・広州(2010年)
世界選手権・ベルリン(2009年)
ロンドン五輪(2012年)
世界選手権・北京(2015年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【20㎞競歩自己ベスト】
1:18:23(2017.2 日本選手権)

【2017年最高記録】
1:18:23(世界3位)

 

松永 大介(22歳)

 まつなが だいすけ

出身地/神奈川県
身 長/174cm
体 重/58kg
出身校/東洋大学
所 属/富士通

【主な代表歴】
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【20㎞競歩自己ベスト】
1:18:53(2016.2 全日本競歩能美)

【2017年最高記録】
1:19:40(世界13位)

 

山西 利和(21歳)

 やまにし としかず
※山西選手は男子20km競歩の日本代表の補欠となります。

出身地/京都府
身 長/164cm
体 重/53kg
出身校/堀川高校
所 属/京都大学

【主な代表歴】
初出場

【20㎞競歩自己ベスト】
1:19:03(2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
1:19:03(世界7位)

 

岡田 久美子(25歳)

 おかだ くみこ

出身地/埼玉県
身 長/158cm
体 重/47kg
出身校/立教大学
所 属/ビックカメラ

【主な代表歴】
世界選手権・北京(2015年)
リオデジャネイロ五輪(2016年)

【20㎞競歩自己ベスト】
1:29:40(2016.2 日本選手権)

【2017年最高記録】
1:29:40(世界24位)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆テレビ放送

▼地上波放送局
TBS系列

▼50km競歩の放送時間
・男子
8月13日(日)/15:45~

▼20km競歩の放送時間
・男子
8月13日(日)/22:20~

・女子
8月13日(日)/23:45~

 

◆50km競歩の結果

男子

【世界記録】
3:32.33(2014年)
ヨアン・ディニズ(フランス)

【大会記録】
3:36.03(2003年)
ロベルト・コジェニョフスキ(ポーランド)

【日本記録】
3:40.12(2009年)
山﨑 勇喜

▼男子50km競歩 2017年世界TOP10を開く

 

<男子50km競歩の結果>

順位   選手名    国   タイム   備考 
1 Y.ディニズ FRA 3:33:12  
2 荒井 広宙 JPN 3:41:17  
3 小林 快 JPN 3:41:19  
4 I.グラバン UKR 3:41:42  
5 丸尾 知司 JPN 3:43:03  
6 M.ヘレブラント HUN 3:43:56  
7 R.アウグスティン POL 3:44:18  
8 R.ヒファーナン IRL 3:44:41  
9 M.デルカ ITA 3:45:02  
10 C.ドーマン GER 3:45:21  
11 J.ビエイラ POR 3:45:28  
12 Q.リュー NZL 3:46:29  
13 K.ユングハンズ GER 3:47:01  
14 A.オヤラ FIN 3:47:20  
15 E.ダンフィー CAN 3:47:36  
16 H.ナバ MEX 3:47:53  
17 J.I.ディアス ESP 3:48:08  
18 C.ビラヌエバ ECU 3:49:27  
19 I.バンゼルク UKR 3:49:49  
20 J.A.ルイース COL 3:50:37  
21 J.L.オヘダ MEX 3:51:17  
22 R.フェダチンスキ POL 3:52:11  
23 J.キンヌネン FIN 3:55:44  
24 A.ブロキ POL 3:55:49  
25 M.ビロドウ CAN 3:56:54  
26 F.アルシーヤ ESP 3:57:27  
27 M.ザカルニスツティ UKR 3:57:29  
28 A.ハンソン SWE 3:58:00  
29 パク チルソン KOR 3:59:46  
30 牛 文斌 CHN 4:01:35  
31 N.S.ミハイラ ROU 4:02:27  
32 P.イシドロ POR 4:02:30  
33 R.キスペ BOL 4:08:22  
99 于 偉 CHN 9:59:59 途中棄権
99 M.アントネッリ ITA 9:59:59 途中棄権
99 A.マスティアニカ LTU 9:59:59 途中棄権
99 D.マイダン SVK 9:59:59 途中棄権
99 L.ロペス COL 9:59:59 途中棄権
99 I.パフエロ ESP 9:59:59 途中棄権
99 E.アラヤ CHI 9:59:59 失格
99 呉 銭龍 CHN 9:59:59 失格
99 A.チョチョ ECU 9:59:59 失格
99 V-P.パルタネン FIN 9:59:59 失格
99 D.キング GBR 9:59:59 失格
99 O.セパタ MEX 9:59:59 失格
99 H.ハウクネス NOR 9:59:59 失格
99 F.A.スティルブ ROU 9:59:59 失格
99 A.F.フロレス SUI 9:59:59 失格
99 B.ボイス IRL 9:59:59 棄権

世界記録保持者のディニズ選手が大会新記録で初の金メダルを獲得。トイレに行きつつも、2位以下を大きく突き放して、優勝&大会新記録…。次はトイレに行かずに世界記録更新を期待します(笑)

そして、何よりも嬉しいのが日本勢3人が入賞以上の成績を納めました!!

荒井選手がリオ五輪を超える銀メダル、初代表の小林選手が銅メダル、丸尾選手が5位入賞。解説者も言ってましたが、盆と正月が一緒に来たようです。

40km過ぎたところで、荒井選手と小林選手のメダルは確信できましたが、2人より遅れていた丸尾選手が8位以内に順位を上げてから、テレビから目が離せなくなりました。

レース後のインタビューで、荒井選手がメダル候補の選手が出場していなかったと言っていましたが、そんな中でもきっちり結果を残したのはさすがです。

これからの日本競歩界は大きく注目されるでしょう。

ただ、インタビュアーが荒井選手に「競歩が日本のお家芸に」なんて言ってましたが、まだお家芸というには早いのではないかと…。とにかく、そういうキャッチーなフレーズで代表選手に変なプレッシャーだけは与えないでほしいところです。

 

女子

【世界記録】
4:08.26(2017年)
イネス・エンリケス(ポルトガル)

【大会記録】
2017年、世界陸上が初開催

<女子50km競歩の結果>
SB=2017年ベストタイム PB=自己ベスト

順位   選手名   タイム   SB     PB  
1 I.エンリケス 4:05:56 POR 4:08:26 4:08:26
2 Hang YIN 4:08:58 CHN 4:22:22 4:22:22
3 Shuqing YANG 4:20:49 CHN 4:27:24 4:27:24
4 K.BURNETT 4:21:51 USA 4:26:37 4:26:37
9:59:59 N.D.ROSA 途中棄権 BRA 4:39:28 4:39:28
9:59:59 S.RANDALL 途中棄権 USA 4:54:12 4:54:12
9:59:59 E.TALCOTT 失格 USA 4:29:33 4:29:33

男女平等の観点から本大会より新設された女子50km競歩。最も過酷な競技のひとつとあって、女子選手の参加人数は少ないですが、この大会を機に参加選手が増えるかもしれません。

さて、金メダルを獲ったエンリケス選手は自身の持つ世界記録を更新。2位以下の選手も10分以上突き放すという強さを見せました。

日本からこの競技に参加する選手が出てくるのか注目です。

 

◆20km競歩の結果

男子20km競歩

【世界記録】
1:16.36(2015年)
鈴木 雄介(日本)

【大会記録】
1:17.21(2003年)
ジェファーソン・ペレス(エクアドル)

【日本記録】
1:16.36(2015年)
鈴木 雄介

▼男子20km競歩 2017年世界TOP10を開く

 

<男子20km競歩の結果>

順位   選手名    国   タイム   備考 
1 E.アレバロ COL 1:18:53  
2 S.シロボコフ ANA 1:18:55  
3 C.ボンフィム BRA 1:19:04  
4 L.シャンジ RSA 1:19:18  
5 C.リンケ GER 1:19:21  
6 D.B スミス AUS 1:19:28  
7 王 凱華 CHN 1:19:30  
8 A.マルティン ESP 1:19:41  
9 A.アメズカ ESP 1:19:46  
10 M.A.ロペス ESP 1:19:57  
11 藤澤 勇 JPN 1:20:04  
12 A.ブジョゾフスキ POL 1:20:33  
13 D.ガルシア ESP 1:20:34  
14 高橋 英輝 JPN 1:20:36  
15 N.ブレムバー GER 1:20:42  
16 G.ルビーノ ITA 1:20:47  
17 H.ポーレ GER 1:20:53  
18 B.ピンタード ECU 1:21:17  
19 金 向前 CHN 1:21:24  
20 D.ブウァツキ POL 1:21:29  
21 E.バロンド GUA 1:21:34  
22 A.リアコビク BLR 1:21:39  
23 I.K ソディ IND 1:21:40  
24 K.カンピオン FRA 1:21:46  
25 F.フォルトゥナト ITA 1:22:01  
26 キム ヒュンソブ KOR 1:22:08  
27 R.ドミトレンコ UKR 1:22:26  
28 M.アルテアガ ECU 1:22:28  
29 M.ジウカス LTU 1:22:38  
30 S.I.ガシンバ KEN 1:22:52  
31 チョ ビョンカン KOR 1:22:54  
32 I.ロセフ UKR 1:23:03  
33 C.A.ロドリゲス PER 1:23:05  
34 王 瑞 CHN 1:23:09  
35 J.T.ベガ MEX 1:23:10  
36 G.シェイコ KAZ 1:23:11  
37 P.カルストローム SWE 1:23:36  
38 松永 大介 JPN 1:23:39  
39 Y.アラヤ CHI 1:23:46  
40 J.A.バロンド GUA 1:23:47  
41 C.ウィルキンソン GBR 1:23:54  
42 A.パパミハル GRE 1:23:56  
43 P.D.ゴメス MEX 1:24:11  
44 A.イバネス SWE 1:24:23  
45 E.タシール TUR 1:24:43  
46 J.M.カノ ARG 1:24:49  
47 M.E.ソト COL 1:24:56  
48 M.ジュッポン ITA 1:25:20  
49 D.ジウビン BLR 1:25:41  
50 S.デベンダー IND 1:25:47  
51 B.ソーン CAN 1:26:56  
52 J.M.レイムンド GUA 1:27:09  
53 J.イェロネック POL 1:27:43  
54 G.クリシュナン IND 1:28:32  
55 S.ブジャ UKR 1:29:25  
56 R.コーリー AUS 1:30:40  
57 キム デホ KOR 1:30:41  
58 M.アトル TUR 1:31:26  
99 S.ワチラ KEN 9:59:59 途中棄権
99 E.サンチェス MEX   途中棄権
99 S.コークマズ TUR 9:59:59 途中棄権
99 T.ボスワース GBR   失格
99 A.ライト IRL 9:59:59 失格
99 R.バルガス VEN 9:59:59 失格

男子50km競歩に続き、世界ランク上位の高橋英輝選手や藤澤勇選手らにメダル獲得・入賞を期待しましたが、残念ながら思うような結果にはなりませんでした。

ただ、諦めずにまたこの世界陸上の舞台に帰って来てほしいです。

 

女子20km競歩

【世界記録】
1:24.38(2015年)
劉虹/リュウコウ(中国)

【大会記録】
1:25.41(2005年)
オリンピアダ・イワノワ(ロシア)

【日本記録】
1:28.03(2009年)
渕瀬 真寿美

▼女子20km競歩 2017年世界TOP5を開く

 

<女子20km競歩の結果>

順位 選手名 タイム
1 楊 家玉 CHN 1:26:18
2 M.G.ゴンザレス MEX 1:26:19
3 A.パルミサノ ITA 1:26:36
4 E.デセナ BRA 1:26:59
5 S.アレナス COL 1:28:10
6 A.カベチーニャ POR 1:28:57
7 K.ガルシア PER 1:29:13
8 王 娜 CHN 1:29:26
 
18 岡田 久美子 JPN 1:31:19

 

▼世界陸上2017 他の競技の日程はこちら
日本代表選手&種目一覧と大会日程は?

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界陸上2017, 大会結果

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.