スポーツ 世界陸上2017 大会結果

世界陸上2017 ハードル&3000m障害の結果は?大会日程やテレビ放送も

更新日:

2017年8月4日から開幕する世界陸上2017。47種目が行われ、日本代表選手のメダル獲得や日本新記録などに期待が寄せられます。

ただ、種目によっては日本人選手が上位に進出するには、非常に難しいものもあります。そのひとつとして、ハードルや3000m障害などの種目が挙げられます。

ハードルや3000m障害には、男女合わせて8人の日本代表選手が出場。自己ベストを更新しても、簡単には上位に行ける種目ではありませんが、大舞台で自己ベストを更新する走りをみせてほしいですね。

ここでは、世界陸上2017の「110mH&100mH」「400mH」「3000m障害」の大会日程や結果、テレビ放送と2017年に記録された各種目の世界TOP5をご紹介します。

※記録は国際陸上競技連盟(IAAF)の公式サイトより(2017.8.1現在)

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆110mH&100mH日本代表選手一覧

高山 峻野(22歳)

 たかやま しゅんや

出身地/広島県
身 長/182cm
体 重/73kg
出身校/広島工業大学高校
所 属/ゼンリン
出場種目/110mH

【主な代表歴】
初出場

【110mH自己ベスト】
13.44 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
110mH/13.44 (世界41位)

 

増野 元太(24歳)

 ますの げんた

出身地/北海道
身 長/182cm
体 重/75kg
出身校/国際武道大学
所 属/ヤマダ電機
出場種目/110mH

【主な代表歴】
アジア大会・仁川(2014年)

【110mH自己ベスト】
13.40 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
110mH/13.40 (世界34位)

 

大室 秀樹(27歳)

 おおむろ ひでき

出身地/北海道
身 長/180cm
体 重/70kg
出身校/筑波大学院
所 属/大塚製薬
出場種目/110mH

【主な代表歴】
初出場

【110mH自己ベスト】
13.48 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
110mH/13.48 (世界48位)

 

紫村 仁美(26歳)

 しむら ひとみ

出身地/北海道
身 長/167cm
体 重/56kg
出身校/早稲田大学
所 属/東邦銀行
出場種目/100mH

【主な代表歴】
世界選手権・モスクワ(2013年)

【110mH自己ベスト】
13.02 (2013.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
100mH/13.03 (世界66位)

 

木村 文子(29歳)

 きむら あやこ

出身地/広島県
身 長/168cm
体 重/54kg
出身校/横浜国立大学
所 属/エディオン
出場種目/100mH

【主な代表歴】
ロンドン五輪(2012年)

【110mH自己ベスト】
13.03 (2013.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
100mH/13.06 (世界74位)

 

◆400mH日本代表選手一覧

安部 孝駿(25歳)

 あべ たかとし

出身地/岡山県
身 長/192cm
体 重/81kg
出身校/中京大学
所 属/デサントTC
出場種目/400mH

【主な代表歴】
世界選手権・大邱(2011年)
世界選手権・モスクワ(2013年)

【400mH自己ベスト】
48.94 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
400mH/48.94 (世界23位)

 

石田 裕介(22歳)

 いしだ ゆうすけ

出身地/千葉県
身 長/188cm
体 重/78kg
出身校/船橋高校
所 属/早稲田大学
出場種目/400mH

【主な代表歴】
初出場

【400mH自己ベスト】
49.35 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
400mH/49.35 (世界49位)

 

鍜治木 崚(21歳)

 かじき りょう

出身地/鳥取県
身 長/178cm
体 重/68kg
出身校/鳥取中央育英高校
所 属/城西大学
出場種目/400mH

【主な代表歴】
初出場

【400mH自己ベスト】
49.33 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
400mH/49.33 (世界46位)

 

◆3000m障害日本代表選手

潰滝 大記(24歳)

 つえたき ひろのり

出身地/和歌山県
身 長/175cm
体 重/60kg
出身校/中央学院大学
所 属/富士通
出場種目/3000m障害

【主な代表歴】
初出場

【400mH自己ベスト】
8:29.05 (2017.6 日本選手権)

【2017年最高記録】
3000m障害/8:29.05 (世界62位)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆テレビ放送

▼地上波放送局
TBS系列

▼放送日時
※日時は日本時間
※予選などの放送時間は各種目に記載。ここでは決勝のみ。

▼110mH&100mH決勝の放送時間
▼400mH決勝の放送時間
▼3000m障害決勝の放送時間

 

◆110mH&100mHの結果

男子110mH

【世界記録】
12.80(2012年)
アリエス・メリット(アメリカ)

【大会記録】
12.91(1993年)
コリン・ジャクソン(アメリカ)

【日本記録】
13.39(2004年)
谷川 聡

▼男子110mH 2017年世界TOP5を開く

 

<男子110mH予選の結果>
【予選】
増野 元太/13.58

2組4位(全体24位) ※準決勝進出

高山 峻野/13.65
1組7位(全体32位) ※予選敗退 

大室 秀樹/13.78
3組7位(全体34位) ※予選敗退 

 

【準決勝】
増野 元太/13.79

1組7位(全体20位) ※準決勝敗退

 

【男子110mH決勝の結果】

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 1304 O.マクリオド JAM 1 13.10
2 1314 S.シュベンコフ ANA 3 13.22
3 1328 B.バーイ HUN 5 13.23
4 1330 G.ダリエン FRA 2 13.17
5 1331 A.メリット USA 6 13.25
6 1332 S.ブラスウェイト BAR 7 13.26
7 1337 O.オルテガ ESP 4 13.23
8 1337 H.パーチメント JAM 8 13.27

BAR=バルバドス ANA=ドーピング問題で出場停止のロシア選手の中で出場を許された選手

 

女子100mH

【世界記録】
12.20(2016年)
ケンドラ・ハリソン(アメリカ)

【大会記録】
12.28(2011年)
サリー・ピアソン(オーストラリア)

【日本記録】
13.00(2000年)
金沢イボンヌ

▼女子100mH 2017年世界TOP5を開く

 

<女子100mH予選の結果>
【予選】
木村 文子/13.15
2組4位(全体27位) ※2組着順で準決勝進出

紫村 仁美/13.29
4組6位(全体31位) ※予選敗退

木村選手は世界陸上の女子100mHで、日本女子初の準決勝進出となりました。

 

【準決勝】
木村 文子/13.29
2組8位(全体 位) ※準決勝敗退 

 

<女子100mH決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 12.59   S.ピアソン AUS 1 12.53
2 12.63   D.ハーパー ネルソン USA 2 12.63
3 12.72   P.ドゥキエビッツ GER 3 12.71
4 12.736 K.ハリソン USA 8 12.86
5 12.737 C.マニング USA 4 12.71
6 12.91   A.タライ BLR 7 12.85
7 12.83   N.ビッサー NED 6 12.83
8 13.04   N.アリ USA 5 12.79

 

◆400mHの結果

男子400mH

【世界記録】
46.78(1992年)
ケビン・ヤング(アメリカ)

【大会記録】
47.18(1993年)
ケビン・ヤング(アメリカ)

【日本記録】
47.89(2001年)
為末 大

▼男子400mH 2017年世界TOP5を開く

 

<男子400mHの結果>

【予選】

安部 孝駿/49.65
1組2位(全体14位) ※準決勝進出

石田 裕介/50.35
2組5位(全体28位) ※予選敗退 

鍜治木 崚/51.36
4組6位(全体30位) ※予選敗退 

【準決勝】
安部 孝駿/49.93
2組5位(全体14位)

2005年大会に銅メダルを獲得した為末大さん以来となる決勝進出を目指した阿部選手でしたが、7台目のハードルを当てて倒すなどタイムロスをしてしまい準決勝敗退となりました。

 

【男子400mH決勝の結果】

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 48.35 K.ワーホルム NOR 2 48.43
2 48.49 Y.コペロ TUR 6 48.91
3 48.52 K.クレメント USA 1 48.35
4 48.99 K.モウァト JAM 4 48.66
5 49.00 TJ.ホームズ USA 7 49.12
6 49.04 J.サントス DOM 3 48.59
7 49.74 A.サンバ QAT 5 48.75
8 50.07 K.フセイン SUI 8 49.13

QAT=カタール

 

女子400mH

【世界記録】
52.34(2003年)
ユリア・ペチョンキナ(ロシア)

【大会記録】
52.42(2009年)
メレーン・ウォーカー(ジャマイカ)

【日本記録】
55.34(2011年)
久保倉 里美

 

<女子400mH決勝の結果>

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 53.07 K.カーター USA 4 54.92
2 53.50 D.ムハマド USA 5 55.00
3 53.74 R.トレイシー JAM 2 54.79
4 54.20 Z.ヘイノバ CZE 1 54.59
5 54.59 L.スプルンガー SUI 3 54.82
6 54.92 S.ワトソン CAN 6 55.05
7 55.43 C.テイト USA 7 55.31
8 55.71 E.ドイル GBR 8 55.33

 

◆3000m障害の結果

男子3000m障害

【世界記録】
7:53.63(2004年)
サイフ・サイード・シャヒーン(カタール)

【大会記録】
8:00.43(2009年)
エゼキエル・ケンボイ(ケニア)

【日本記録】
8:18.93(2003年)
岩水 嘉孝

▼男子3000m障害 2017年世界TOP5を開く

 

<男子3000m障害の結果>
▼日本代表予選結果
潰滝 大記/8:45.81
2組13位(全体38位) ※予選敗退

 

【男子3000m障害決勝の結果】

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 8:14.12 C.キプルト KEN 10 8:23.80
2 8:14.49 S.エルバカリ MAR 5 8:22.60
3 8:15.53 E.ジャガー USA 1 8:20.36
4 8:15.80 M.メキシ FRA 6 8:22.83
5 8:21.09 S.K.ケベネイ USA 12 8:24.19
6 8:21.84 M.ヒューズ CAN 13 8:24.79
7 8:22.12 D.テスファイ ETH 14 8:25.33
8 8:23.02 T.セボカ ETH 2 8:20.48
9 8:25.28 G.ワレ ETH 7 8:23.00
10 8:25.94 A.チェムタイ UGA 8 8:23.18
11 8:29.38 E.ケンボイ KEN 4 8:20.61
12 8:32.90 J.K.ビレチ KEN 11 8:23.84
13 8:34.53 Y.コワル FRA 3 8:20.60
14 8:49.18 J.アラプタニー UGA 15 8:25.86
失格   B.タブティ ALG 9 8:23.28

 

女子3000m障害

【世界記録】
8:52.78(2016年)
ルース・ジェベト(バーレーン)

【大会記録】
9:06.57(2007年)
エカテリーナ・ヴォルコワ(ロシア)

【日本記録】
9:33.93(2008年)
早狩 実紀

 

【女子3000m障害決勝の結果】

決 勝 選手名 準決勝
順位 タイム 順位 タイム
1 9:02.58 E.コバーン USA 6 9:27.42
2 9:03.77 C.フレリクス USA 3 9:25.14
3 9:04.03 H.K.ジェプケモイ KEN 16 9:39.89
4 9:10.45 B.チェプコエチ KEN 1 9:19.03
5 9:13.96 R.ジェベト BRN 2 9:19.52
6 9:15.04 C.C.チェスポル KEN 5 9:27.35
7 9:22.46 E.ディロ ETH 10 9:31.87
8 9:22.67 W.M.ヤビ BRN 8 9:28.00
9 9:23.87 G.F.クラウス GER 15 9:39.86
10 9:25.62 P.C.キルイ KEN 17 9:40.53
11 9:25.99 B.カセッタ ARG 12 9:35.78
12 9:26.25 G.ラカズ AUS 7 9:27.53
13 9:29.99 G.ラロンド CAN 9 9:31.81
失格   A.プロート JAM 4 9:26.37
棄権   B.フェンテェ ETH 11 9:33.99

 

▼世界陸上2017 他の競技の日程はこちら
日本代表選手&種目一覧と大会日程は?

▼世界陸上2017結果まとめ
全種目のメダリスト&日本代表の結果まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界陸上2017, 大会結果

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.