スポーツ 世界陸上2017 大会結果

世界陸上2017│全種目のメダリスト&日本代表選手の競技結果まとめ

更新日:

世界陸上2017が8月4日から開幕し、織田裕二さんを筆頭に盛り上がっています。特に、ウサイン・ボルト選手の現役最後のレースとあって世界中から注目を集めています。

ここでは、世界陸上2017の全種目のメダリストと日本代表選手の結果と各国のメダル獲得数の内訳などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆日本代表のメダリスト&入賞者

▼銀メダル
【男子50km競歩】
荒井 広宙

▼銅メダル
【男子50km競歩】
小林 快

【4×100mリレー】
多田 修平、飯塚 翔太
桐生 祥秀、藤光 謙司

※陸上競技の場合、メダルを貰えるのは決勝を走ったメンバーのみとのこと

▼8位入賞
【男子200m】7位
サニブラウン・アブデル・ハキーム

【男子50km競歩】5位
丸尾 知司

 

◆世界陸上メダル獲得数一覧

順位 合計
1 アメリカ 10 11 9 30
2 ケニア 5 2 4 11
3 南アフリカ 3 1 2 6
4 フランス 3 0 2 5
5 中 国 2 3 2 7
6 イギリス 2 3 1 6
7 エチオピア 2 3 0 5
8 ポーランド 2 2 4 8
9 ANA 1 5 0 6
10 ドイツ 1 2 2 5
11 チェコ 1 1 1 3
12 オーストラリア 1 1 0 2
バーレーン 1 1 0 2
コロンビア 1 1 0 2
トルコ 1 1 0 2
16 ジャマイカ 1 0 3 4
オランダ 1 0 3 4
18 クロアチア 1 0 1 2
ノルウェー 1 0 1 2
ポルトガル 1 0 1 2
カタール 1 0 1 2
トリニダード・トバゴ 1 0 1 2
ベネズエラ 1 0 1 2
24 ベルギー 1 0 0 1
ギリシャ 1 0 0 1
リトアニア 1 0 0 1
ニュージーランド 1 0 0 1
28 コートジボワール 0 2 0 2
29 日 本 0 1 2 3
30 バハマ 0 1 1 2
ハンガリー 0 1 1 2
32 ブルンジ 0 1 0 1
モロッコ 0 1 0 1
メキシコ 0 1 0 1
スウェーデン 0 1 0 1
ウガンダ 0 1 0 1
ウクライナ 0 1 0 1
38 ブラジル 0 0 1 1
キューバ 0 0 1 1
イタリア 0 0 1 1
カザフスタン 0 0 1 1
シリア 0 0 1 1
タンザニア 0 0 1 1
合計 48 48 49 145

※1 ANAは"Authorised Neutral Athletes"の略で、ドーピング問題で出場停止のロシア選手の中で出場を特別に許可された選手のこと

 

◆男子結果

トラック&ロード種目

男子100m

ガトリン選手が12年ぶりの金メダル獲得。3位になったボルト選手は銅メダル獲得は初めてのこと。

順位 選手名 タイム
1 ジャスティン・ガトリン アメリカ 9.92
2 クリスチャン・コールマン アメリカ 9.94
3 ウサイン・ボルト ジャマイカ 9.95

【予選】
サニブラウン  /10.05(全体6位タイ)
多田 修平   /10.19(全体17位タイ)
ケンブリッジ飛鳥/10.21(全体20位)
※3選手とも予選通過

【準決勝】
ケンブリッジ飛鳥/10.25(全体16位)
多田 修平   /10.26(全体17位)
サニブラウン  /10.28(全体19位)
※3選手とも準決勝敗退

 

男子200m

サニブラウン選手が今大会、日本勢初の入賞を果たしました。

順位 選手名 タイム
1 ラミル・グリエフ トルコ 20.09  
2 ウェイド・バンニーキルク 南アフリカ 20.106
3 ジェリーム・リチャーズ トリニダード・トバゴ 20.107
 
7 サニブラウン・A ハキーム 日 本 20.63  

【予選】
サニブラウン/20.52(全体18位)
飯塚 翔太 /20.58(全体23位)
※両選手とも準決勝進出

【準決勝】
サニブラウン/20.43(全体10位)
飯塚 翔太 /20.62(全体16位)
※サニブラウン選手は2組2位の着順で決勝進出。日本勢の決勝進出は14年ぶり。

 

男子400m

順位 選手名 タイム
1 ウェイド・バンニーキルク 南アフリカ 43.98
2 スティーブン・ガーディナー バハマ 44.41
3 アブドーラ・ハロウン カタール 44.48

【予選】
北川 貴理/47.35(全体45位)
※予選敗退

 

男子800m

順位 選手名 タイム
1 ピエール=アンブロワーズ・ボス フランス 1:44.67
2 アダム・クチョット ポーランド 1:44.95
3 キプイエゴン・ベット ケニア 1:45.21

 

男子1500m

順位 選手名 タイム
1 エリジャ・M・マナンゴイ ケニア 3:33.61
2 ティモシー・チェルイヨト ケニア 3:33.99
3 フィリップ・インゲブリクセン ノルウェー 3:34.53

 

男子5000m

順位 選手名 タイム
1 ムクタル・エドリス エチオピア 13:32.79
2 モハメッド・ファラー イギリス 13:33.22
3 ポール・キプケモイ・チェリモ アメリカ 13:33.30

 

男子10000m

モハメッド・ファラー選手が凄まじいラストスパートを見せ、大会第1号の金メダルを獲得。マラソン転向を1年遅らせて、地元ロンドンでトラックレース有終の美を飾りました。

順位 選手名 タイム
1 モハメッド・ファラー イギリス 26:49.51
2 J.K.チェプテゲイ ウガンダ 26:49.94
3 P.K.タヌイ ケニア 26:50.60

 

男子マラソン

代表最後のレースとなった川内選手は、世界陸上自己最高位の9位という結果になりました。ただ、8位入賞の選手と3秒差だったのは惜しかった…。

順位 選手名 タイム
1 ジェフリー・キルイ ケニア 2:08:27
2 タミラト・トラ エチオピア 2:09:48
3 アルフォンス・シンブ タンザニア 2:09:51

  9位/川内 優輝(2:12:19)
10位/中本健太郎(2:12:41)
26位/井上 大仁(2:16:54)

 

男子110mハードル

ANA=ドーピング問題で出場停止のロシア選手の中で出場を特別に許可された選手のこと

順位 選手名 タイム
1 オマール・マクリオド ジャマイカ 13.04
2 セルゲイ・シュベンコフ ANA 13.14
3 バラージュ・バーイ ハンガリー 13.28

【予選】
増野 元太/13.58(全体24位)
高山 峻野/13.65(全体32位)
大室 秀樹/13.78(全体34位)

【準決勝】
増野 元太/13.79(全体20位)

 

男子400mハードル

順位 選手名 タイム
1 カールステン・ワーホルム ノルウェー 48.35
2 ヤズマニ・コペロ トルコ 48.49
3 カーロン・クレメント アメリカ 48.52

【予選】
安部 孝駿/49.65(全体14位)
石田 祐介/50.35(全体28位)
鍛冶木 崚/51.36(全体30位)

【準決勝】
安部 孝駿/49.93(全体14位)

 

男子3000m障害

順位 選手名 タイム
1 コンセスラス・キプルト ケニア 8:14.12
2 ソフィアン・エルバカリ モロッコ 8:14.49
3 エヴァン・ジャガー アメリカ 8:15.53

【予選】
潰滝 大記/8:45.81(全体38位)

 

男子20km競歩

順位 選手名 タイム
1 エイデル・アレバロ コロンビア 1:18:53
2 セルゲイ・シロボコフ ANA 1:18:55
3 カイオ・ボンフィム ブラジル 1:19:04

11位/藤澤 勇 (1:20:04)
14位/高橋 英輝(1:20:36)
38位/松永 大介(1:23:39)

 

男子50km競歩

順位 選手名 タイム
1 ヨアン・ディニズ フランス 3:33:12
2 荒井 広宙 日 本 3:41:17
3 小林 快 日 本 3:41:19
 
5 丸尾 知司 日 本 3:43:03

 

男子4×100mリレー

日本が世界陸上初のメダルを獲得しました。リオ五輪に続き、国際大会での躍進が続きます。なお、現役最後のレースとなったウサイン・ボルト選手は、レース途中に足を痛めるアクシデントに見舞われ、フィニッシュラインを割ることは出来ませんでした。

順位 チーム タイム
1 イギリス 37.47
2 アメリカ 37.52
3 日 本 38.04

【予選】
第1走/多田 修平
第2走/飯塚 翔太
第3走/桐生 祥秀
第4走/ケンブリッジ飛鳥
▼タイム:38.21(全体6位)

【決勝】
第1走/多田 修平
第2走/飯塚 翔太
第3走/桐生 祥秀
第4走/藤光 謙司

 

男子4×400mリレー

順位 チーム タイム
1 トリニダード・トバゴ 2:58.12
2 アメリカ 2:58.61
3 イギリス 2:59.00

 

フィールド種目

男子走高跳

順位 選手名 タイム
1 ムタズ・エサ・バーシム カタール 235
2 ダニイル・リセンコ ANA 232
3 マジュド・エジン・ガザル シリア 229

 

男子棒高跳

順位 選手名 記 録
1 サム・ケンドリクス アメリカ 5m95
2 ピオトル・リセク ポーランド 5m89
3 ルノー・ラビレニ フランス 5m89

【予選】
萩田 大樹/5m45(全体18位)
山本 聖途/5m30(全体26位)

 

男子走幅跳

順位 選手名 記 録
1 ルヴォ・マニョンガ 南アフリカ 8m48
2 ジャリオン・ローソン アメリカ 8m44
3 ルシュヴァール・サマーイ 南アフリカ 8m32

 

男子三段跳

順位 選手名 記 録
1 クリスチャン・テイラー アメリカ 17m68
2 ウィル・クレイ アメリカ 17m63
3 ネルソン・エボラ ポルトガル 17m19

【予選】
山本 凌雅/16m01(全体29位)

 

男子砲丸投

順位 選手名 記 録
1 トーマス・ウォルシュ ニュージーランド 22m03
2 ジョー・コバクス アメリカ 21m66
3 スティーペ・ズニッチ クロアチア 21m46

 

男子円盤投

順位 選手名 記 録
1 アンドリウス・グドジウス リトアニア 69m21
2 ダニエル・スタール スウェーデン 69m19
3 メーソン・フィンリー アメリカ 68m03

 

男子やり投

順位 選手名 記 録
1 ヨハネス・ベター ドイツ 89m89
2 ヤクブ・バドレイク チェコ 89m73
3 ペトル・フリードリッヒ チェコ 88m32

 

男子ハンマー投

順位 選手名 記 録
1 パヴェウ・ファイデク ポーランド 79m81
2 バレリー・プロンキン ANA 78m16
3 ヴォイチェフ・ノビキ ポーランド 78m03

 

十種競技

順位 選手名 記 録
1 ケヴィン・メイヤー フランス 8768
2 リコ・フライムス ドイツ 8564
3 カイ・カツミレク ドイツ 5488

中村 明彦/7646(19位)
右代 啓祐/7498(20位)

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆女子結果

トラック&ロード種目

女子100m

順位 選手名 タイム
1 トーリ・ボウイ アメリカ 10.85
2 マリージョゼ・タルー コートジボワール 10.86
3 ダフネ・シパーズ オランダ 10.96

 

女子200m

順位 選手名 タイム
1 ダフネ・シパーズ オランダ 22.05
2 マリージョゼ・タルー コートジボワール 22.08
3 ショーナ・ミラー バハマ 22.15

 

女子400m

順位 選手名 タイム
1 フィリス・フランシス アメリカ 49.92
2 サルワ・エイド・ナセル バーレーン 50.06
3 アリソン・フェリックス アメリカ 50.08

 

女子800m

順位 選手名 タイム
1 キャスター・セメンヤ 南アフリカ 1:55.16
2 フランシーヌ・ニヨンサバ ブルンジ 1:55.92
3 アジー・ウィルソン アメリカ 1:56.65

 

女子1500m

順位 選手名 タイム
1 フェイス・キピエゴン ケニア 4:02.59
2 ジェニファー・シンプソン アメリカ 4:02.76
3 キャスター・セメンヤ 南アフリカ 4:02.90

 

女子5000m

予選敗退となりましたが、鍋島莉奈選手が初代表の大舞台で自己ベストを更新!!

順位 選手名 タイム
1 ヘレン・オンサド・オビリ ケニア 14:34.86
2 アルマズ・アヤナ エチオピア 14:40.35
3 シファン・ハッサン オランダ 14:42.73

【予選】
15:11.83/鍋島 莉奈(2組9位 全体18位)
15:24.86/鈴木亜由子(1組14位 全体26位)

 

女子10000m

アヤナ選手が2位に約46秒の差をつけるぶっちぎりの優勝。鈴木選手は8位入賞者と約3秒差でした。

順位 選手名 タイム
1 アルマズ・アヤナ エチオピア 30:16.32
2 ティルネシュ・ディババ エチオピア 31:02.69
3 アグネス・ティロップ ケニア 31:03.50

10位/鈴木亜由子(31:27.30)
19位/松田 瑞生(31:59.54)
24位/上原 美幸(32:31.58)

 

女子マラソン

リオ五輪8位だったローズ・ケリモ選手がエドナ・キプラガト選手を逆転で終盤に突き放し、初優勝を飾りました。

順位 選手名 タイム
1 ローズ・ケリモ バーレーン 2:27:11
2 エドナ・キプラガト ケニア 2:27:18
3 エイミー・クラッグ アメリカ 2:27:18

16位/清田 真央(2:30:36)
17位/安藤 友香(2:31:31)
27位/重友 梨佐(2:36:03)

 

女子100mハードル

順位 選手名 タイム
1 サリー・ピアソン オーストラリア 12.59
2 ドーン・ハーパー ネルソン アメリカ 12.63
3 パメラ・ドゥキエビッツ ドイツ 12.72

 

女子400mハードル

順位 選手名 タイム
1 コリ・カーター アメリカ 53.07
2 ダリラ・ムハマド アメリカ 53.50
3 リスタナーナ・トレイシー ジャマイカ 53.74

 

女子3000m障害

順位 選手名 タイム
1 エマ・コバーン アメリカ 9:02.58
2 コートニー・フレリクス アメリカ 9:03.77
3 ヒュビン・キエン・ジェプケモイ ケニア 9:04.03

 

女子20km競歩

順位 選手名 タイム
1 楊 家玉 中 国 1:26:18
2 マリア・G・ゴンザレス メキシコ 1:26:19
3 アントネッラ・パルミサノ イタリア 1:26:36

18位/岡田 久美子(1:31:19)

 

女子50km競歩

順位 選手名 タイム
1 イネス・エンリケス ポルトガル 4:05:56
2 HANG YIN 中 国 4:08:58
3 Shuqing YANG 中 国 4:20:49

 

女子4×100mリレー

順位 チーム タイム
1 アメリカ 41.82
2 イギリス 42.12
3 ジャマイカ 42.19

 

女子4×400mリレー

順位 チーム タイム
1 アメリカ 3:19.02
2 イギリス 3:25.00
3 ポーランド 3:25.41

 

フィールド種目

女子走高跳

順位 選手名 記 録
1 マリア・ラシツケネ ANA 2m03
2 ユリア・レブチェンコ ウクライナ 2m01
3 カミラ・リクビンコ ポーランド 1m99

 

女子棒高跳

順位 選手名 記 録
1 エカテリーニ・ステファニディ ギリシャ 4m91
2 サンディ・モリス アメリカ 4m75
3 ロベイリス・ペイナド ベネズエラ 4m65
ヤリスレイ・シルバ キューバ

 

女子走幅跳

順位 選手名 記 録
1 ブリトニー・リース アメリカ 7m02
2 ダリヤ・クリシナ ANA 7m00
3 ティアナ・バートレッタ アメリカ 6m97

 

女子三段跳

順位 選手名 記 録
1 ジュリマール・ロハス ベネズエラ 14m91
2 カテリーン・イバルグエン コロンビア 14m89
3 オルガ・リパコワ カザフスタン 14m77

 

女子砲丸投

順位 選手名 記 録
1 キョウ リッコウ 中 国 19m94
2 アニタ・マリトン ハンガリー 19m49
3 ミッシェル・カーター アメリカ 19m14

 

女子円盤投

順位 選手名 記 録
1 サンドラ・ペルコビッチ クロアチア 70m31
2 ダニ・スティーブンス オーストラリア 69m64
3 メリーナ・ロベール ミション フランス 66m21

 

女子やり投

順位 選手名 記 録
1 バルボラ・スポタコバ チェコ 66m76
2 李 玲蔚 中 国 66m25
3 呂 会会 中 国 65m26

【予選】
宮下 梨沙 /63m86(全体16位)
斉藤 真理菜/57m51(全体24位)
海老原 有希/53m83(全体29位)

 

女子ハンマー投

順位 選手名 記 録
1 アニタ・ヴォダルチク ポーランド 77m90
2 王 崢 中 国 75m98
3 マルヴィナ・コプロン ポーランド 74m76

 

七種競技

順位 選手名 記 録
1 ナフィサトウ・ティアム ベルギー 6784
2 カロリン・シャファー ドイツ 6696
3 アヌーク・ベッター オランダ 6636

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 世界陸上2017, 大会結果

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.