スポーツ 箱根駅伝 学生駅伝 駅伝

箱根駅伝2018 東京国際大学 区間エントリーと結果は?

更新日:

東京国際大学は、前々回の箱根駅伝で初の本選出場を果たし17位という結果を残しました。翌年、連続出場を掛け箱根予選会に臨みましたが、結果は15位と敗退。

再起をかけた予選会では、スタンレイ選手と伊藤達彦選手が好走するなど、全学年の選手で箱根最後の切符を手にしました。

前回の箱根では復路で無念の繰り上げスタートとなっているので、シード権獲得を含め最後までタスキを繋げてほしいです。

ここでは、第94回箱根駅伝に出場する東京国際大学のエントリー選手一覧と、区間エントリーや大会結果などをご紹介します。

※箱根駅伝の結果は大会終了後、情報を更新します。

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

 

スポンサーリンク

 

◆東京国際大学 近年の戦績

<箱根駅伝出場歴>
2年ぶり2回目
(予選会10位)

▼箱根駅伝 過去4大会の順位

総合 往路 復路
17
16 17位 12位 18位
15
14

▼最高総合順位
17位(2016年)

 

<三大駅伝4シーズンの成績>

シーズン 出 雲 全日本 箱 根
17-18 不出場 不出場  
16-17 不出場 不出場 不出場
15-16 不出場 不出場 17位
14-15 不出場 不出場 不出場

 

◆東京国際大学・駅伝部について

東京国際大学の駅伝部は、2011年と新しく創部されたばかりです。創部当初は、選手3名とマネージャー1名だったそうです。翌年になると27名の新入部員が入部し、本格始動しました。

箱根駅伝の初出場は創部から5年目の2016年で、往路12位、復路18位の総合順位17位という結果を残しています。

東京国際大学の駅伝部OBには、実業団駅伝で活躍中の照井明人選手(現・NDソフト)がいます。照井選手と言えば、2017年の第93回箱根駅伝に関東学生連合チームで出場。

10区を走り区間トップとなりましたが、オープン参加の学生連合チームだったため幻の区間賞となりました。

さて、今シーズンの東京国際大学の話題の選手と言えば、元実業団ランナーで2011年世界陸上男子5000m代表になった渡邊和也選手です。

渡邊選手は、「将来指導者になりたい」とのことで大学進学を選び、年の離れた選手たちと箱根を目指しました。

今シーズンは右ひざを故障し、出遅れるものの今回の箱根出場に貢献。調子も戻り始めているそうで、本選では渡邊選手を起用する可能性が高いそうです。

なお、東京国際大学の注目選手といえば、急成長中の伊藤達彦選手。伊藤選手は箱根予選会で、28位とチームでスタンレイ選手に続き2番目の結果を残しています。

また、2017年11月25日に行われた八王子ロングディスタンスでも28.46.74と自己ベストを更新。将来チームのエースとして期待される選手です。

初めての箱根でどんな走りをするのか注目したいです。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆箱根駅伝2018 東京国際大学の結果

区間エントリー

※往路・復路ともに大会当日までにメンバー変更が可能なので、区間エントリーが変わる場合があります。

<2018年1月2日発表オーダー>
※メンバー変更なし
▼往路
1区/真船恭輔(2年)
2区/伊藤達彦(2年)
3区/スタンレイ(4年)
4区/鈴木博斗(4年)
5区/濱登貴也(4年)

<2018年1月3日発表オーダー>
▼復路
6区/河野歩(3年)
7区/山田大地(3年)→渡邊和也(1年)
8区/堤完一(3年) →佐伯涼(1年)
9区/鈴木聖人(4年)
10区/相沢悠斗(2年)

【補欠】
新田裕貴(4年)
浦馬場裕也(3年)
佐藤雄志(2年)
菅原直哉(2年)

往路の結果

箱根駅伝2018│往路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
1区 真船 恭輔(2年) 20 1:03:55 20 1:03:55
2区 伊藤 達彦(2年) 20 2:14:11 15 1:10:16
3区 スタンレイ(4年) 20 3:21:15 20 1:07:04
4区 鈴木 博斗(4年) 18 4:25:29 15 1:04:14
5区 濱登 貴也(4年) 19 5:41:45 15 1:16:16

<東京国際大学・往路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
1区/1:03:53('16年)関 竜大・4年
2区/1:09:56('16年)S.スタンレイ・2年
3区/1:05:23('16年)照井 明人・3年
4区/ -
5区/ -
※2017年大会は不出場のため、新コースとなった4区、5区の記録なし

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

復路の結果

箱根駅伝2018│復路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
6区 河野 歩 (3年) 18 6:42:04 8 1:00:19
7区 渡邊 和也(1年) 17 7:47:24 7 1:05:20
8区 佐伯 涼 (1年) 18 8:56:29 17 1:09:05
9区 鈴木 聖人(4年) 18 10:10:46 21 1:14:17
10区 相沢 悠斗(2年) 17 11:22:59 6 1:12:12

<東京国際大学・復路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
6区/1:00:43('16年)熊谷 光 ・16年
7区/1:08:27('16年)山中 章弘・16年
8区/1:10:23('16年)鈴木 大貴・16年
9区/1:14:05('16年)石井 辰樹・16年
10区/1:12:16('16年)小針 旭人・16年

メモ

・東京国際大学は、復路の9区以外でチームの区間記録を更新。

 

総合成績まとめ

▼総合成績/17位(11:22:59)
【参考記録】
チームの総合タイム最高成績
11:24:00(2016年)
※1999年以降の記録が対象

▼往路成績/19位(トップと13分16秒差)
10位の中央大学と7分27秒差
▼復路成績/15位(トップと12分40秒差)

参考:前々回2016年大会の結果
総合/17位、往路/12位、復路/18位

 

◆東京国際大学エントリー選手一覧

※ボタンを押すと各チームの情報にジャンプします

 

※各大会の順位は区間順位となります

鈴木 聖人(4年)
【出身地】埼玉県【出身校】聖望学園

 

鈴木 博斗(4年)
【出身地】山形県【出身校】鶴岡工業
▼箱根駅伝
2016年/4区11位

 

新田 裕貴(4年)
【出身地】愛知県【出身校】豊川

 

濱登 貴也(4年)
【出身地】岩手県【出身校】一関学院
▼箱根駅伝
2016年/5区7位

 

シテキ・スタンレイ(4年)
【出身地】ケニア【出身校】モコロギュニア
▼箱根駅伝
2016年/2区13位

 

河野 歩(3年)
【出身地】埼玉県【出身校】浦和実業

 

浦馬場 裕也(3年)
【出身地】長崎県【出身校】鎮西学院

 

堤 完一(3年)
【出身地】愛知県【出身校】愛工大名電

 

山田 大地(3年)
【出身地】兵庫県【出身校】市立尼崎

 

伊藤 達彦(2年)
【出身地】静岡県【出身校】浜松商業

 

佐藤 雄志(2年)
【出身地】山形県【出身校】鶴岡工業

 

菅原 直哉(2年)
【出身地】山形県【出身校】東海大山形

 

真船 恭輔(2年)
【出身地】福島県【出身校】学法石川

 

相沢 悠斗(2年)
【出身地】宮城県【出身校】聖和学園

 

渡邊 和也(1年)
【出身地】兵庫県【出身校】報徳学園

 

佐伯 涼(1年)
【出身地】兵庫県【出身校】須磨学園

 

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

2017年出雲駅伝の結果

2017年全日本大学駅伝の結果

2017年度駅伝の主な大会まとめ

2017年度マラソンの主な大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 箱根駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.