スポーツ 箱根駅伝 学生駅伝 駅伝

箱根駅伝2018 帝京大学 区間エントリーと結果は?

更新日:

今年、2年ぶりに箱根駅伝の予選会に回った帝京大学は、チーム史上最速のタイムをマークし、予選会をトップ通過。個人記録でも畔上和弥選手が、日本人トップの7位でゴールをするなど、トップ20に3選手がランクイン。

さらに、全日本大学駅伝でも後半から順位を伸ばし、チーム歴代最高の8位という成績を残しました。

帝京大学は、今回の箱根の目標は、シード権獲得だけでなく、過去最高順位4位を上回る3位を目標にしているそうです。

前回、神奈川大学が予選会から勝ち上がり、本選で5位になったように、帝京大学も今回の箱根でそうなれるのか注目したいです。

ここでは、第94回箱根駅伝に出場する帝京大学のエントリー選手一覧と、区間オーダーや大会結果などをご紹介します。

※箱根駅伝の結果は大会終了後、情報を更新します。

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

 

スポンサーリンク

 

◆帝京大学 近年の戦績

<箱根駅伝出場歴>
11年連続19回目
(前回11位/予選会1位)

▼箱根駅伝 過去4大会の順位

総合 往路 復路
17 11位 11位 12位
16 10位 9位 11位
15 11位 16位 9位
14 8位 12位 5位

▼最高総合順位
4位(2000年、2013年)

 

<三大駅伝4シーズンの成績>

シーズン 出 雲 全日本 箱 根
17-18 不出場 8位  
16-17 10位 10位 11位
15-16 不出場 14位 10位
14-15 不出場 11位

※2014年の出雲駅伝は台風で中止

 

◆帝京大学・駅伝競走部について

帝京大学の陸上競技部は1979年に創部され、箱根駅伝は1998年に初出場を果たしました。なお、翌年の1999年に独立する形で駅伝競走部が創部されました。

三大駅伝での最高成績は、出雲駅伝が7位(2000年)、全日本大学駅伝が8位(2017年)、そして箱根駅伝が4位(2000年、2013年)です。

今回の箱根での注目選手は、3年生の畔上和弥選手。畔上選手は1年時から箱根に出場し、チームのエースに成長。2017年の箱根駅伝の予選会では、日本人トップでゴール。

また、今シーズンの全日本大学駅伝では、5区3位の成績を残しています。11月に行われた10000m記録挑戦会でもチームトップの28分41秒68を記録。自己ベストを更新したということもあり、箱根での活躍に期待です。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆箱根駅伝2018 帝京大学の結果

区間エントリー

※往路・復路ともに大会当日までにメンバー変更が可能なので、区間エントリーが変わる場合があります。

<2018年1月2日発表オーダー>
※メンバー変更なし
▼往路
1区/岩佐壱誠(2年)
2区/畔上和弥(3年)
3区/濱川駿(3年)
4区/竹下凱(3年)
5区/平田幸四郎(2年)

<2018年1月3日発表オーダー>
▼復路
6区/田村岳士(2年)→横井裕仁(3年)
7区/星岳(1年)  →佐藤諒太(4年)
8区/田村丈哉(2年)
9区/小森稜太(2年)
10区/島貫温太(2年)

【補欠】
田中祐次(4年)
吉野貴大(2年)
小野寺悠(1年)
鳥飼悠生(1年)

往路の結果

箱根駅伝2018│往路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
1区 岩佐 壱誠(2年) 16 1:03:16 16 1:03:16
2区 畔上 和弥(3年) 12 2:12:46 11 1:09:30
3区 濱川 駿 (3年) 12 3:17:17 14 1:04:31
4区 竹下 凱 (3年) 11 4:20:38 7 1:03:21
5区 平田幸四郎(2年) 12 5:34:47 8 1:14:09

<帝京大学・往路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
1区/1:02:31('16年)堤 悠生 ・4年
2区/1:08:19('17年)内田 直斗・4年
3区/1:03:16('00年)北島 吉章・2年
4区/1:04:51('17年)畔上 和弥・2年
5区/1:18:24('17年)佐藤 諒太・3年

メモ

4区の竹下選手と5区の平田選手がチーム記録を更新。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

復路の結果

箱根駅伝2018│復路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
6区 横井 裕仁(3年) 7 6:34:07 4 0:59:20
7区 佐藤 諒太(4年) 9 7:39:40 8 1:05:33
8区 田村 丈哉(2年) 9 8:47:47 11 1:08:06
9区 小森 稜太(2年) 9 9:59:41 7 1:11:41
10区 島貫 温太(2年) 9 11:13:26 15 1:13:43

<帝京大学・復路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
6区/1:00:00('17年)横井裕仁・2年
7区/1:04:18('14年)蛯名聡勝・4年
8区/1:05:56('12年)山川雄大・3年
9区/1:09:50('15年)高橋裕太・3年
10区/1:10:27('15年)堤 悠生 ・3年

メモ

・6区の横井選手が5人抜きで、チームの区間記録も更新しました

・帝京大学は2年ぶりにシード権を獲得

 

総合成績まとめ

▼総合成績/9位(11:13:26)
【参考記録】
チームの総合タイム最高成績
11:13:03(2014年)
※1999年以降の記録が対象

▼往路成績/12位(トップと6分18秒差)
10位の中央大学と29秒差
▼復路成績/ 6位(トップと10分05秒)

参考:前回2017年大会の結果
総合/11位、往路/11位、復路/12位

 

◆帝京大学エントリー選手一覧

※ボタンを押すと各チームの情報にジャンプします

 

※各大会の順位は区間順位となります

佐藤 諒太(4年)
【出身地】【出身校】柏日体
・2017年シーズン
全日本/4区9位

▼箱根駅伝
2017年/5区18位

 

田中 祐次(4年)
【出身地】【出身校】遊学館

 

畔上 和弥(3年)
【出身地】【出身校】関根学園
・2017年シーズン
全日本/5区3位

▼箱根駅伝
2017年/4区7位
2016年/3区11位

 

竹下 凱(3年)
【出身地】【出身校】常葉学園橘
・2017年シーズン
全日本/2区11位

▼箱根駅伝
2017年/1区7位

 

濱川 駿(3年)
【出身地】【出身校】米子松蔭
・2017年シーズン
全日本/3区14位

▼箱根駅伝
2017年/3区5位

 

横井 裕仁(3年)
【出身地】【出身校】津島
・2017年シーズン
全日本/7区6位

▼箱根駅伝
2017年/6区9位

 

岩佐 壱誠(2年)
【出身地】【出身校】徳島科学技術
・2017年シーズン
全日本/1区13位

▼箱根駅伝
2017年/7区8位

 

小森 稜太(2年)
【出身地】【出身校】いなべ総合
・2017年シーズン
全日本/8区10位

 

島貫 温太(2年)
【出身地】【出身校】市立柏
・2017年シーズン
全日本/6区7位

 

田村 丈哉(2年)
【出身地】【出身校】市立船橋

 

田村 岳士(2年)
【出身地】【出身校】東京学館新潟

 

平田 幸四郎(2年)
【出身地】【出身校】久御山

▼箱根駅伝
2017年/9区8位

 

吉野 貴大(2年)
【出身地】【出身校】東海大望星

 

小野寺 悠(1年)
【出身地】【出身校】加藤学園

 

鳥飼 悠生(1年)
【出身地】【出身校】市立船橋

 

星 岳(1年)
【出身地】【出身校】明成

 

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

2017年出雲駅伝の結果

2017年全日本大学駅伝の結果

2017年度駅伝の主な大会まとめ

2017年度マラソンの主な大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 箱根駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.