スポーツ 箱根駅伝 学生駅伝 駅伝

箱根駅伝2018 拓殖大学 区間エントリーと結果は?

更新日:

前回の箱根で3年ぶりのシード権を目指した拓殖大学は、デレセ選手や主将の宇田朋史選手らの活躍で、10位の日本大学に41秒差の14位につけ、シード権獲得に望みを繋げました。

しかし、復路では終盤かけ順位を上げられず、総合14位と言う結果に。10位の東海大学と7分22秒差でシード権争いには、課題が残ることとなりました。

今回の箱根予選会では、エースのデレセ選手がケガにより万全とは言えない状態でしたが、全員が力を合わせ予選会5位で通過。昨年の予選会の合計タイムを比べると、6分以上タイムを縮めています。

2017年12月10日に行われた箱根記者発表では、「チームに勢いがついて活気がある」というコメントが出されました。コメント通り勢いに乗って、今年こそシード権争いをする走りをしてほしいです。

ここでは、第94回箱根駅伝に出場する拓殖大学のエントリー選手一覧と、区間エントリーや大会結果などをご紹介します。

※箱根駅伝の結果は大会終了後、情報を更新します。

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

 

スポンサーリンク

 

◆拓殖大学 近年の戦績

<箱根駅伝出場歴>
5年連続39回目
(前回14位/予選会5位)

▼箱根駅伝 過去4大会の順位

総合 往路 復路
17 14位 14位 15位
16 16位 10位 19位
15 16位 11位 18位
14 9位 6位 13位

▼最高総合順位
7位(2011年)

 

<三大駅伝4シーズンの成績>

シーズン 出 雲 全日本 箱 根
17-18 不出場 不出場  
16-17 不出場 8位 14位
15-16 不出場 不出場 16位
14-15 不出場 16位

※2014年の出雲駅伝は台風で中止

 

◆拓殖大学・陸上競技部について

拓殖大学の陸上競技部は1921年に創部され、箱根駅伝には1933年に初出場を果たしています。初出場から連続出場を続けていましたが、1950~60年代、1980~90年代は低迷により長く出場できないこともありました。

箱根での過去最高順位は7位で、シード権獲得は通算4回。高校からの有力選手の入学が少ないものの、地道な育成で箱根での出場を続けています。

なお、拓殖大学の陸上競技部OBには、ロンドン五輪男子マラソン6位の中本健太郎選手(安川電機)や、同じくロンドン五輪男子マラソン代表の藤原新選手(ミキハウス)らが所属していました。

さて、今回の箱根での拓殖大学の注目選手は、1年生から2区を走るワークナー・デレセ選手。デレセ選手は前回の箱根でも2区を走り、14位でタスキを受けると10人抜きの走りを見せ区間2位に。また、チームの順位も4位に浮上させました。

今シーズンはケガにより、万全の調子で予選会に臨めなかったものの、粘りの走りを見せ予選会突破に貢献しました。デレセ選手のケガは、本選までに完治する見込みで、エース区間での活躍に期待です。

また、主将の西智也選手にも注目。西選手は2016年の箱根予選会では71位でしたが、今回の予選会では18位と成長ぶりを見せています。

西選手とデレセ選手を中心に拓殖大学のシード権争いに期待したいと思います。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆箱根駅伝2018 拓殖大学の結果

区間エントリー

※往路・復路ともに大会当日までにメンバー変更が可能なので、区間エントリーが変わる場合があります。

<2018年1月2日発表オーダー>
▼往路
1区/馬場祐輔(3年)
2区/W.デレセ(3年)
3区/鈴見侑大(3年)→赤﨑暁(2年)
4区/西智也(4年)
5区/戸部凌佑(3年)

<2018年1月3日発表オーダー>
▼復路
6区/硴野魁星(3年)
7区/長田悠太郎(3年)→石川佳樹(1年)
8区/白髪大輝(3年)
9区/中井槙吾(2年)
10区/苅田広野(4年)

【補欠】
清水崚汰(1年)
藤井拓実(2年)
土師悠作(4年)
吉原遼太郎(1年)

往路の結果

箱根駅伝2018│往路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
1区 馬場 祐輔(3年) 13 1:03:02 13 1:03:02
2区 W.デレセ(3年) 5 2:10:55 5 1:07:53
3区 赤﨑 暁 (2年) 5 3:15:03 10 1:04:08
4区 西 智也 (4年) 4 4:18:20 6 1:03:17
5区 戸部 凌佑(3年) 4 5:33:07 11 1:14:45

<拓殖大学・往路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
1区/1:02:00('16年)金森 寛人・4年
2区/1:07:50('17年)W.デレセ・2年
3区/1:03:20('12年)D.モゼ  ・2年
4区/1:04:44('17年)宇田 朋史・4年
5区/1:15:35('17年)戸部 凌佑・2年

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

復路の結果

箱根駅伝2018│復路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
6区 硴野 魁星(3年) 6 6:33:04 7 0:59:59
7区 石川 佳樹(1年) 6 7:38:47 9 1:05:44
8区 白髪 大輝(3年) 10 8:47:59 18 1:09:11
9区 中井 槙吾(2年) 8 9:59:41 7 1:11:41
10区 苅田 広野(4年) 8 11:12:32 10 1:12:51

<拓殖大学・復路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
6区/0:59:55('17年)馬場 祐輔・2年
7区/1:04:22('11年)野本 大喜・2年
 〃 /1:04:22('12年)奥谷 裕一・2年
8区/1:06:06('01年)重松 修平・2年
9区/1:10:36('03年)和田 政志・4年
10区/1:11:22('11年)住本 祐樹・4年

メモ

・拓殖大学は総合成績8位で、4年ぶりにシード権を獲得しました。

・また、新コースとなった2017年大会の11時間24分22秒の記録を大幅に上回り、チーム最高タイムを更新。

 

総合成績まとめ

▼総合成績/8位(11:12:32)
【参考記録】
チームの総合タイム最高成績
11:11:28(2011年)
※1999年以降の記録が対象

▼往路成績/4位(トップと4分36秒差)
▼復路成績/11位(トップと10分53秒差)

参考:前回2017年大会の結果
総合/14位、往路/14位、復路/15位

 

◆拓殖大学エントリー選手一覧

※ボタンを押すと各チームの情報にジャンプします

 

※各大会の順位は区間順位となります

西 智也(4年)※主将
【出身地】熊本県【出身校】球磨工業
▼箱根駅伝
2017年/1区14位
2015年/4区11位

 

苅田 広野(4年)
【出身地】神奈川県【出身校】光明学園相模原
▼箱根駅伝
2017年/7区14位

 

土師 悠作(4年)
【出身地】大分県【出身校】大分東明
▼箱根駅伝
2017年/9区19位

 

長田 悠太郎(3年)
【出身地】静岡県【出身校】加藤学園

 

硴野 魁星(3年)
【出身地】熊本県【出身校】八代工業

 

白髪 大輝(3年)
【出身地】広島県【出身校】神辺旭

 

鈴見 侑大(3年)
【出身地】福岡県【出身校】飯塚

 

戸部 凌佑(3年)
【出身地】群馬県【出身校】前橋育英
▼箱根駅伝
2017年/5区11位
2016年/7区15位

 

馬場 祐輔(3年)
【出身地】福岡県【出身校】九州産業大九州
▼箱根駅伝
2017年/6区7位
2016年/5区15位

 

ワークナー・デレセ(3年)
【出身地】エチオピア【出身校】メダニアレム
▼箱根駅伝
2017年/2区2位
2016年/2区11位

 

赤﨑 暁(2年)
【出身地】熊本県【出身校】開新
▼箱根駅伝
2017年/10区12位

 

中井 槙吾(2年)
【出身地】東京都【出身校】錦城学園

 

藤井 拓実(2年)
【出身地】広島県【出身校】広島国際学院

 

石川 佳樹(1年)
【出身地】栃木県【出身校】烏山

 

清水 崚汰(1年)
【出身地】群馬県【出身校】中之条

 

吉原 遼太郎(1年)
【出身地】千葉県【出身校】千葉南

 

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

2017年出雲駅伝の結果

2017年全日本大学駅伝の結果

2017年度駅伝の主な大会まとめ

2017年度マラソンの主な大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 箱根駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.