スポーツ 箱根駅伝 学生駅伝 駅伝

箱根駅伝2018 国学院大学 区間エントリーと結果は?

更新日:

昨シーズンの国学院大学は、全日本大学駅伝で9位と健闘し、箱根でも過去最高成績の10位を上回るのではないかと期待されました。しかし、2区の終盤からの悪い流れが経ち切れず、16位という結果に終わりました。

今シーズンの国学院大学は、「下剋上」というスローガンを掲げ、チームの強化に努めてきたそうです。箱根予選会では6位と、前回の8位から順位を伸ばしています。

主将の向晃平選手と予選会チームトップの浦野雄平選手を中心に、7年ぶりのシード権が獲得できるか注目です。

ここでは、第94回箱根駅伝に出場する国学院大学のエントリー選手一覧と、区間エントリーや大会結果などをご紹介します。

※箱根駅伝の結果は大会終了後、情報を更新します。

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

 

スポンサーリンク

 

◆国学院大学 近年の戦績

<箱根駅伝出場歴>
2年連続11回目
(前回16位/予選会6位)

▼箱根駅伝 過去4大会の順位

総合 往路 復路
17 16位 19位 16位
16
15 14位 19位 11位
14 17位 18位 15位

▼最高総合順位
10位(2011年、2012年)

 

<三大駅伝4シーズンの成績>

シーズン 出 雲 全日本 箱 根
17-18 不出場 11位  
16-17 不出場 9位 16位
15-16 不出場 15位 不出場
14-15 不出場 不出場 14位

 

◆国学院大学・陸上競技部について

国学院大学の陸上部が創部されたのがいつなのか、はっきりとした記録が残っていないそうですが、1928年に関東インカレの成績が残っているとのこと。

箱根駅伝の初出場は、2001年と新しいです。箱根での最高順位は2011年と2012年の10位。往路の最高成績は6位、復路の最高成績は11位となっています。

国学院大学陸上競技部OBには、実業団駅伝で活躍中の蜂須賀源選手(コニカミノルタ)がいました。

さて、今回の国学院大学の中心選手は、主将の向晃平選手と2年生の浦野雄平選手。向選手は昨シーズン、ケガに悩まされましたが、体づくりを見直し、ケガもなく順調とのこと。今シーズンは5000mや10000mで自己ベストを更新し、前田康弘監督からもシード権争いのキーマンになると指名されています。

また、次期エース候補になるであろう浦野雄平選手は、1年時から箱根を経験しています。2017年の全日本大学駅伝で1区を走り、区間8位と健闘。今回、箱根でどんな走りをするのか楽しみです。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆箱根駅伝2018 国学院大学の結果

区間エントリー

※往路・復路ともに大会当日までにメンバー変更が可能なので、区間エントリーが変わる場合があります。

<2018年1月2日発表オーダー>
▼往路
1区/浦野雄平(2年)
2区/向晃平(4年)
3区/青木祐人(2年)
4区/花沢拓己(4年)→土方英和(2年)
5区/河野敢太(4年)

<2018年1月3日発表オーダー>
▼復路
6区/臼井健太(1年)
7区/内田健太(4年)
8区/渡邉貴(4年) →松永拓馬(4年)
9区/熊耳智貴(4年)
10区/中山貴裕(3年)→江島崚太(3年)

【補欠】
國澤優志(4年)
長谷勇汰(3年)
田川良昌(1年)

往路の結果

箱根駅伝2018│往路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
1区 浦野 雄平(2年) 2 1:02:30 2 1:02:30
2区 向 晃平 (4年) 18 2:13:41 20 1:11:11
3区 青木 祐人(2年) 14 3:17:21 5 1:03:40
4区 土方 英和(2年) 9 4:19:57 3 1:02:36
5区 河野 敢太(4年) 14 5:36:58 18 1:17:01

<國學院大学・往路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
1区/1:03:15('15年)蜂須賀 源・2年
2区/1:08:51('11年)萩野 皓平・3年
3区/1:03:25('03年)山岡 雅義・3年
4区/1:08:25('17年)稲毛 悠太・4年
5区/1:17:40('17年)市川 創史・4年

メモ

・1区の浦野選手は前回大会で6区17位でしたが、今大会では1区2位の快走で、チームの区間タイムを更新しました。

・4区の土方選手は前回の箱根では3区18位でしたが、今回は4区で区間3位と順位を上げました。なお、土方選手は4区のチーム記録を大幅に塗り替えました。

・5区を走った河野選手は、チームの区間タイムを更新。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

復路の結果

箱根駅伝2018│復路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
6区 臼井 健太(1年) 16 6:39:08 19 1:02:10
7区 内田 健太(4年) 14 7:44:14 5 1:05:06
8区 松永 拓馬(4年) 15 8:52:57 16 1:08:43
9区 熊耳 智貴(4年) 15 10:06:06 15 1:13:09
10区 江島 崚太(3年) 14 11:18:06 5 1:12:00

<國學院大学・復路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
6区/1:00:55('15年)細森 大輔・2年
7区/1:04:38('14年)廣川 倖暉・1年
8区/1:05:19('06年)南 智浩 ・4年
9区/1:09:42('15年)廣川 倖暉・3年
10区/1:10:40('15年)湯川 智史・4年

メモ

・國學院大学は新コースとなった前回大会の総合成績(11時間28分45秒)を大幅に上回る11時間18分06秒をマーク。

 

総合成績まとめ

▼総合成績/14位(11:18:06)
【参考記録】
チームの総合タイム最高成績
11:13:23(2011年)
※1999年以降の記録が対象

▼往路成績/14位(トップと8分29秒差)
10位の中央大学と2分40秒差
▼復路成績/14位(トップと12分34秒差)

参考:前回2017年大会の結果
総合/16位、往路/19位、復路/16位

 

◆国学院大学エントリー選手一覧

※ボタンを押すと各チームの情報にジャンプします

 

※各大会の順位は区間順位となります

向 晃平(4年)※主将
【出身地】長崎県【出身校】鎮西学院
・2017年シーズン
全日本/2区13位

 

内田 健太(4年)
【出身地】埼玉県【出身校】埼玉栄
・2017年シーズン
全日本/6区17位

▼箱根駅伝
2017年/7区13位

 

河野 敢太(4年)
【出身地】宮崎県【出身校】小林
・2017年シーズン
全日本/7区13位

 

國澤 優志(4年)
【出身地】千葉県【出身校】八千代松陰

▼箱根駅伝
2017年/9区10位

 

熊耳 智貴(4年)
【出身地】栃木県【出身校】作新学院

▼箱根駅伝
2017年/8区6位

 

花沢 拓己(4年)
【出身地】   【出身校】柏日体

 

松永 拓馬(4年)
【出身地】静岡県【出身校】藤枝明誠
・2017年シーズン
全日本/8区11位

 

渡邉 貴(4年)
【出身地】山形県【出身校】東海大山形

 

江島 崚太(3年)
【出身地】長崎県【出身校】諫早
・2017年シーズン
全日本/3区11位

 

中山 貴裕(3年)
【出身地】   【出身校】諫早

 

長谷 勇汰(3年)
【出身地】千葉県【出身校】八千代松陰

 

青木 祐人(2年)
【出身地】愛知県【出身校】愛知

 

浦野 雄平(2年)
【出身地】富山県【出身校】富山商業
・2017年シーズン
全日本/1区8位

▼箱根駅伝
2017年/6区17位

 

土方 英和(2年)
【出身地】千葉県【出身校】埼玉栄
・2017年シーズン
全日本/4区12位

▼箱根駅伝
2017年/3区18位

 

臼井 健太(1年)
【出身地】鳥取県【出身校】鳥取城北
・2017年シーズン
全日本/5区9位

 

田川 良昌(1年)
【出身地】千葉県【出身校】八千代松陰

 

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

2017年出雲駅伝の結果

2017年全日本大学駅伝の結果

2017年度駅伝の主な大会まとめ

2017年度マラソンの主な大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 箱根駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.