スポーツ 箱根駅伝 学生駅伝 駅伝

箱根駅伝2018 中央学院大学 区間エントリーと結果は?

更新日:

中央学院大学は前回の箱根駅伝で6位となり、チーム初となる3年連続のシード権獲得という好成績をおさめ続けています。また、2017年の全日本大学駅伝でも、2年連続のシード権を獲得し、確実にチーム力を上げています。

中央学院大学の箱根駅伝における最高成績は2008年の3位。今回はその成績に迫る結果が期待されています。3強崩しの伏兵として、中央学院大学の活躍に注目したいです。

ここでは、第94回箱根駅伝に出場する中央学院大学のエントリー選手一覧と、区間オーダーや大会結果などをご紹介します。

※箱根駅伝の結果は大会終了後、情報を更新します。

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

 

スポンサーリンク

 

◆中央学院大学 近年の戦績

<箱根駅伝出場歴>
16年連続19回目
(前回6位/3年連続シード権獲得中)

▼箱根駅伝 過去4大会の順位

総合 往路 復路
17 6位 7位 8位
16 9位 14位 7位
15 8位 5位 14位
14 12位 13位 8位

▼最高総合順位
3位(2008年)

 

<三大駅伝4シーズンの成績>

シーズン 出 雲 全日本 箱 根
17-18 8位 6位  
16-17 4位 5位 6位
15-16 7位 9位 9位
14-15 不出場 14位 8位

 

◆中央学院大学・駅伝部について

中央学院大学の駅伝部は1966年に創部され、1994年に箱根駅伝初出場を果たしました。そして、2003年からは連続で箱根駅伝に出場を続けています。

中央学院大学の特徴は、育成力に定評があり、「叩き上げチーム」の代表格と評されています。また、近年は三大駅伝での成績も安定していることと、有力ルーキーが複数人加入していることで、大学駅伝での存在感が増しているチームです。

今回の箱根駅伝での上位争いのキーマンとして名前が挙がっているのは、細谷恭平選手と樋口陸選手と横川巧選手の3人。

あまり大きく話題にはなっていませんが、中央学院大学は上りの5区と下りの6区の特殊区間を得意としています。前回大会の5区と6区の合計タイムを見ると、全チーム中トップ。その記録を出した5区の細谷選手と樋口選手が残っているとあって、どれだけタイムが稼げるかが上位争いのポイントになります。

また、将来的に中央学院大学のエースとして期待される横川巧選手は、今シーズン10000mの自己ベストを1分24秒も更新する28分29秒12を記録し、監督に「不思議な選手」と言わせる逸材です。

ただ、横川選手は全日本大学駅伝を故障で欠場し、その後の調子がどうなのか心配されます。箱根に万全の調子で出場してほしいところです。

なお、中央学院大学の陸上部OBには、タレントとして活躍をしている武井壮さんも所属していました。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆箱根駅伝2018 中央学院大学の結果

区間エントリー

※往路・復路ともに大会当日までにメンバー変更が可能なので、区間エントリーが変わる場合があります。

<2018年1月2日発表オーダー>
▼往路
1区/大森澪(4年)
2区/高砂大地(2年)→市山翼(3年)
3区/横川巧(2年)
4区/高橋翔也(1年)
5区/細谷恭平(4年)

<2018年1月3日発表オーダー>
▼復路
6区/樋口陸(3年)
7区/新井翔理(4年)
8区/有馬圭哉(2年)
9区/廣佳樹(3年)
10区/城田航(2年)→藤田大智(2年)

【補欠】
由見光道(4年)
釜谷直樹(3年)
福岡海統(3年)
光武洋(3年)

 

往路の結果

箱根駅伝2018│往路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
1区 大森 澪 (4年) 9 1:02:52 9 1:02:52
2区 市山 翼 (3年) 14 2:13:15 17 1:10:23
3区 横川 巧 (2年) 17 3:18:39 16 1:05:24
4区 高橋 翔也(1年) 16 4:22:26 10 1:03:47
5区 細谷 恭平(4年) 11 5:34:43 3 1:12:17

<中央学院大学・往路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
1区/1:02:12('16年)潰滝 大記・4年
2区/1:07:42('08年)木原真佐人・3年
3区/1:03:07('15年)塩谷 桂大・3年
4区/1:06:07('17年)新井 翔理・3年
5区/1:13:08('17年)細谷 恭平・3年

メモ

・往路では順位が伸び悩んだ中央学院大学でしたが、5区の細谷選手が区間3位の走りでシード権内の11位に順位を押し上げる活躍を見せました。なお、細谷選手は自身が持つ5区のチーム記録を更新しました。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

復路の結果

箱根駅伝2018│復路の総合順位

区間 名前
総合
順位
総合
タイム
区間
順位
区間
タイム
6区 樋口 陸 (3年) 10 6:34:30 6 0:59:47
7区 新井 翔理(4年) 10 7:39:44 6 1:05:14
8区 有馬 圭哉(2年) 8 8:47:38 10 1:07:53
9区 廣 佳樹 (3年) 10 10:00:33 14 1:12:54
10区 藤田 大智(2年) 10 11:14:25 17 1:13:52

<中央学院大学・復路歴代区間別最高記録>
※区間記録は現行コースのもの
6区/0:58:47('16年)樋口 陸 ・1年
7区/1:05:02('12年)沼田 大貴・2年
8区/1:04:48('06年)杉本 芳規・4年
9区/1:08:01('08年)篠藤 淳 ・4年
10区/1:11:16('14年)山田 侑紀・3年

メモ

・中央学院大学は、チーム史上初めての4年連続でシード権を獲得。なお、11位の順天堂大学との差は14秒でした。

 

総合成績まとめ

▼総合成績/10位(11:14:25)
【参考記録】
チームの総合タイム最高成績
11:09:18(2015年)
※1999年以降の記録が対象

▼往路成績/11位(トップと6分14秒差)
※10位の中央大学とは、25秒差
▼復路成績/ 12位(トップと11分08秒差)

参考:前回2017年大会の結果
総合/6位、往路/7位、復路/8位

 

◆中央学院大学エントリー選手一覧

※ボタンを押すと各チームの情報にジャンプします

 

※各大会の順位は区間順位となります。

新井 翔理(4年)※主将
【出身地】群馬県【出身校】東農大二
・2017年シーズン
全日本/2区9位

▼箱根駅伝
2017年/4区11位
2016年/4区13位

 

大森 澪(4年)
【出身地】大阪府【出身校】関大北陽
・2017年シーズン
出 雲/1区3位
全日本/1区6位

▼箱根駅伝
2017年/1区8位
2016年/2区10位

 

細谷 恭平(4年)
【出身地】茨城県【出身校】水城
・2017年シーズン
全日本/8区9位

▼箱根駅伝
2017年/5区3位
2016年/8区3位

 

由見 光道(4年)
【出身地】大分県【出身校】鶴崎工業

 

廣 佳樹(3年)
【出身地】兵庫県【出身校】県西宮
・2017年シーズン
出 雲/4区3位
全日本/3区8位

▼箱根駅伝
2017年/8区13位

 

釜谷 直樹(3年)
【出身地】兵庫県【出身校】西脇工業

 

樋口 陸(3年)
【出身地】群馬県【出身校】武蔵越生

▼箱根駅伝
2017年/6区5位
2016年/6区3位

 

福岡 海統(3年)
【出身地】埼玉県【出身校】花咲徳栄
・2017年シーズン
出 雲/6区14位

 

光武 洋(3年)
【出身地】大阪府【出身校】大阪体育大浪商

 

市山 翼(3年)
【出身地】埼玉県【出身校】大宮東
・2017年シーズン
全日本/5区6位

 

横川 巧(2年)
【出身地】群馬県【出身校】中之条
・2017年シーズン
出 雲/2区4位

▼箱根駅伝
2017年/3区12位

 

高砂 大地(2年)
【出身地】大阪府【出身校】関大北陽
・2017年シーズン
出 雲/3区9位
全日本/4区10位

▼箱根駅伝
2017年/2区15位

 

藤田 大智(2年)
【出身地】兵庫県【出身校】西脇工業

▼箱根駅伝
2017年/9区12位

 

有馬 圭哉(2年)
【出身地】兵庫県【出身校】東播磨
・2017年シーズン
全日本/7区7位

 

城田 航(2年)
【出身地】群馬県【出身校】東農大二

 

髙橋 翔也(1年)
【出身地】栃木県【出身校】市船橋
・2017年シーズン
出 雲/5区6位
全日本/6区6位

 

▼関連記事
箱根駅伝2018│往路の結果

箱根駅伝2018│復路の結果

2017年出雲駅伝の結果

2017年全日本大学駅伝の結果

2017年度駅伝の主な大会まとめ

2017年度マラソンの主な大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 箱根駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2018 AllRights Reserved.