スポーツ フィギュアスケート GPシリーズ

フィギュア女子 結果速報&滑走時間│ロシア大会【GPシリーズ2017】樋口出場!!

更新日:

2017年10月20日より、約2か月にわたるフィギュアスケートのグランプリシリーズ2017が開幕。本大会は、平昌五輪直前に行われる最後の世界大会とあって、五輪メダリストを占ううえで重要な大会となります。

また、日本女子フィギュア界は、平昌五輪の代表争いが熾烈になると予想されており、誰が代表の座を勝ち取るのか注目が集まっています。

開幕戦となるロシア大会では、9月に自己ベストを更新した樋口新葉選手と、今シーズンがシニアデビューとなる坂本花織選手が出場。両選手とも今シーズンは、トリプルアクセルに挑戦したいと語っているそうで、演技に組み込むのか楽しみです。

ここでは、グランプリシリーズ2017のロシア大会、女子シングルの結果とポイント表をご紹介します。

▼関連記事
GPシリーズ&ファイナル2017 結果まとめ

 

スポンサーリンク

 

◆GPシリーズ2017 ロシア大会

▼大会名(開催場所)
ロステレコム杯(モスクワ)

▼日程(日本時間)
10月20日(金)~22日(日)

▼テレビ放送
テレビ朝日系列地上波

種 目 放送日時
男子ショート 10月20日(金)/よる8時~
女子ショート
男子フリー 
10月21日(土)/よる6時56分~
女子フリー  10月22日(日)/深夜2時36分~

 

◆ロシア大会出場選手一覧

ロシア大会には世界女王メドベデワ選手が出場します。メドベデワ選手は現在、世界大会9連勝中です。

また、昨シーズンはメドベデワ選手自身が持つ世界最高得点をショート、フリー、トータルスコアの全てにおいて更新しました。

ちなみに、メドベデワ選手と樋口選手は2014年のジュニアGPの同じ大会でともに表彰台に登り、そこから交流が始まったそうです。今では毎日、連絡を取るほどの親友になったそうです。

選手名 世界
ランク
エフゲニア・メドベデワ RUS 1位
長洲 未来 USA 10位
エリザベット・トゥルシンバエワ KAZ 11位
エレーナ・ラジオノワ RUS 12位
樋口 新葉 JPN 14位
マライア・ベル USA 22位
カロリーナ・コストナー ITA 23位
坂本 花織 JPN 25位
マエ・ベレニス・メイテ FRA 35位
ニコル・ショット GER 41位
アナスタシヤ・ガルスチャン ARM 42位
ワレリヤ・ミハイロワ RUS 153位

※世界ランキングは2017年10月14日時点のもの

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆GPシリーズ2017 ロシア大会滑走順

<ショートプログラム滑走順と日本時間>

▼SPの滑走順を開く

 

<フリースケーティング滑走順>

選手名 日本時間
10月22日(日)
1 A.ガルスチャン AM1:27 ~
2 ニコル・ショット AM1:35 ~
3 マエ・ベレニス・メイテ AM1:42 ~
4 マライア・ベル AM1:50 ~
5 長洲 未来 AM1:58 ~
6 ワレリヤ・ミハイロワ AM2:05 ~
7 エレーナ・ラジオノワ AM2:21 ~
8 E.トゥルシンバエワ AM2:28 ~
9 坂本 花織 AM2:36 ~
10 樋口 新葉 AM2:44 ~
11 エフゲニア・メドベデワ AM2:51 ~
12 カロリーナ・コストナー AM2:59 ~

 

◆ロシア大会結果

樋口新葉選手は3位で表彰台に。そして、坂本花織選手はシニアデビューで見事5位という結果を残し、両選手ともにポイントを獲得しました。このあと、樋口選手は11月3日の中国大会、坂本選手は11月25日のアメリカ大会に出場する予定となっています。

樋口選手が出場する中国大会では、三原舞依選手や本田真凛選手も出場。また、ラジオノワ選手(ロシア)や、昨シーズンの世界選手権3位のデールマン選手(カナダ)などもいるので、なかなか見ごたえのある中国大会になりそうです。

さて、圧倒的な演技で優勝した世界女王メドベデワ選手は、フリーで転倒しましたが、その後のてへぺろ☆(・ω<)的な笑顔で演技を続ける姿は、何とも言えない可愛らしさでした。

親日家でもあるメドベデワ選手の次戦は、日本大会となります♪

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

  選手名     国   Total   SP   FS 
1 E.メドベデワ RUS 231.21 80.75(1) 150.46(1)
2 C.コストナー ITA 215.98 74.62(2) 141.36(2)
3 樋口 新葉 JPN 207.17 69.60(3) 137.57(3)
4 E.ラジオノワ RUS 195.52 68.75(5) 126.77(4)
5 坂本 花織 JPN 194.00 68.88(4) 125.12(5)
6 マライア・ベル USA 188.56 63.85(7) 124.71(6)
7 V.ミハイロワ RUS 185.09 63.38(8) 121.71(8)
8 E.トゥルシンバエワ KAZ 184.95 63.92(6) 121.03(9)
9 長洲 未来 USA 178.25 56.15(9) 122.10(7)
10 N.ショット GER 168.72 55.55(10) 113.17(10)
11 マエ・B・メイテ FRA 160.96 54.24(11) 106.72(12)
12 A.ガルスチャン ARM 154.90 48.10(12) 106.80(11)

▼関連記事
男子シングル・ロシア大会の結果

 

◆GPシリーズポイント表

※結果が分かり次第追記します。
※「○」は出場予定の大会

   選手名    合計 RUS CAN CHN JPN FRA USA
E.メドベデワ(RUS) 15 15        
C.コストナー(ITA) 13 13        
樋口 新葉(JPN) 11 11        
E.ラジオノワ(RUS) 9 9        
坂本 花織(JPN) 7 7        
M.ベル(USA) 5 5        
V.ミハイロワ(RUS) 4 4          
E.トゥルシンバエワ(KAZ) 3 3        
長洲 未来(USA) 0 0        
A.ガルスチャン(ARM) 0 0          
M.B.メイテ(FRA) 0 0        
N.ショット(GER) 0 0          
K.クライン(AUS) -1 -1        
L.オーストマン(CAN) -1 -1        
A.チャートランド(CAN) -1 -1      
G.デールマン(CAN) -1 -1      
K.オズモンド(CAN) -1 -1      
リ コウギョウ(CHN) -1 -1      
リ シクン(CHN) -1 -1      
チョウ シセン(CHN) -1 -1        
L.ルカブリエ(FRA) -1 -1      
本田 真凜(JPN) -1 -1      
本郷 理華(JPN) -1 -1      
三原 舞依(JPN) -1 -1      
宮原 知子(JPN) -1 -1      
白岩 優奈(JPN) -1 -1      
チェ・ダビン(KOR) -1 -1      
パク・ソヨン(KOR) -1 -1        
A.レオノワ(RUS) -1 -1      
A.パゴリラヤ(RUS) -1 -1      
M.ソツコワ(RUS) -1 -1      
P.ツルスカヤ(RUS) -1 -1      
E.トゥクタミシェワ(RUS) -1 -1      
A.ザギトワ(RUS) -1 -1      
N.ライチョヴァー(SVK) -1 -1      
K.チェン(USA) -1 -1      
P.エドモンズ(USA) -1 -1        
C.ヒックス(USA) -1 -1        
B.テネル(USA) -1 -1        
A.ワグナー(USA) -1 -1      

 

▼GPシリーズ2017関連記事
各大会出場選手一覧とテレビ放送

男子シングル出場選手プロフィール

女子シングル出場選手プロフィール

GPシリーズ&ファイナル2017 結果まとめ

▼GPシリーズ2016関連記事
GPシリーズ
各大会の結果とポイント表

GPファイナル
男子結果    女子結果

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, フィギュアスケート, GPシリーズ

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.