スポーツ 富士山女子駅伝 学生駅伝 駅伝

富士山女子駅伝2016│出場チームのエントリー選手と注目選手は?

更新日:

通算11回目の開催となる全日本大学女子選抜駅伝競走大会。静岡県に舞台を移してから「富士山女子駅伝」の名で親しまれています。

富士山周辺コースは今大会で4回目。今年からさまざまな要望からより白熱したレースになるようコースや中継所が刷新されることとなりました。新しいコースではどんな戦いになるのか楽しみですね。

ここでは、出場チームのエントリー選手と各選手の記録、各距離のトップ20をご紹介します。

▼富士山女子駅伝出場チームとコースの情報はこちら
出場チーム一覧とコースや放送日程について

区間エントリーとレース結果

▼全日本女子大学駅伝(杜の都)の結果はこちら
2016年全日本大学女子駅伝のレース結果

▼その他の学生駅伝・実業団はこちらから
2016年度駅伝大会まとめ

 

スポンサーリンク

 

エントリー選手一覧

※各選手の記録は富士山女子駅伝公式サイトより

1.松山大学

【監督】大西 崇仁 【主将】中原 海鈴
エントリー選手一覧を開く

 

2.立命館大学

【監督】浅井 明輝 【主将】菅野 七虹
エントリー選手一覧を開く

 

3.名城大学

【監督】米田 勝朗 【主将】湯澤 ほのか
エントリー選手一覧を開く

 

4.京都産業大学

【監督】伊東 輝雄 【主将】藪田 裕衣
エントリー選手一覧を開く

 

5.大東文化大学

【監督】外園 隆 【主将】木村 芙有加
エントリー選手一覧を開く

 

6.大阪学院大学

【監督】志水 貢一 【主将】清水 真帆
エントリー選手一覧を開く

 

7.日本体育大学

【監督】佐藤 洋平 【主将】田中 真愛
エントリー選手一覧を開く

 

8.東洋大学

【監督】永井 聡 【主将】天羽 彩佳
エントリー選手一覧を開く

 

9.関西大学

【監督】武田 夏実 【主将】廣瀬 亜美
エントリー選手一覧を開く

 

10.福岡大学

【監督】梶原 龍士 【主将】髙木 結加
エントリー選手一覧を開く

 

11.東京農業大学

【監督】長田 千治 【主将】田嶋 叶
エントリー選手一覧を開く

 

12.城西大学

【監督】鈴木 尚人 【主将】竹今 紗英
エントリー選手一覧を開く

 

13.白鷗大学

【監督】竹島 克己 【主将】小澤 夏美
エントリー選手一覧を開く

 

14.佛教大学

【監督】北野 剛教 【主将】黒川 沙莉愛
エントリー選手一覧を開く

 

 

15.大阪芸術大学

【監督】中瀬 洋一 【主将】白石 莉理
エントリー選手一覧を開く

 

16.関西外国語大学

【監督】山本 泰明 【主将】床呂 沙紀
エントリー選手一覧を開く

 

17.玉川大学

【監督】山下 誠   【主将】岩崎 愛未
エントリー選手一覧を開く

 

18.東北福祉大学

【監督】冠木 雅守 【主将】和気 恭平
エントリー選手一覧を開く

 

19.東日本選抜

【監督】杉山 喜一 【主将】出水田 眞紀
エントリー選手一覧を開く

 

20.西日本選抜

【監督】塚田 佳孝 【主将】大井 千鶴
エントリー選手一覧を開く

 

21.静岡県学生選抜

【監督】野津 一浩 【主将】白鳥 ちあき
エントリー選手一覧を開く

※轡田選手(大阪芸大)、名倉選手(名城大)、松浦選手(名城大)、金子選手(大阪学大)、平野選手(日体大)、上杉選手(玉川大)の6名は所属大学とのダブルエントリーとなります

 

 

各距離のトップ20

※富士山女子駅伝公式サイトの記録をそれぞれの距離で並べ替え

<1500m>

順位名前大学1500m
1向井 智香 (1年)名城大学4分16秒76
2高見沢 里歩(1年)松山大学4分22秒26
3岡田 佳子(1年)松山大学4分23秒16
4岡本 佳代(3年)福岡大学4分24秒46
5鈴木 瑞季 (1年)名城大学4分24秒93
6落合 沙紀(3年)佛教大学4分25秒09
7高見澤 安珠(3年)松山大学4分25秒61
8藏本 菫(1年)佛教大学4分26秒44
9中島 侃(1年)筑波大学4分27秒28
10中原 海鈴(4年)松山大学4分27秒31
11古瀨 凪沙(3年)大阪学院大学4分27秒49
12奥川 愛羅(1年)関西大学4分28秒66
13谷 珠祈(2年)松山大学4分29秒07
14鈴木 菜々(2年)東北福祉大学4分29秒89
15緒方 美咲(2年)松山大学4分30秒05
16今村 菜々子(1年)福岡大学4分31秒77
17工藤 佑華(2年)福岡大学4分33秒87
18岡本 奈々依(1年)大阪学院大学4分34秒44
19今 さつき(1年)城西大学4分35秒88
20尾関 真衣(2年)東北福祉大学4分36秒19

 

<3000m>

順位名前大学3000m
1大森 菜月 (4年)立命館大学9分09秒54
2青木 和 (2年)名城大学9分09秒55
3廣瀬 亜美(4年)関西大学9分12秒04
4加賀山 恵奈 (2年)立命館大学9分13秒33
5佐藤 成葉 (1年)立命館大学9分14秒60
6高橋 真以(2年)日本体育大学9分16秒55
7松本 彩花 (3年)立命館大学9分16秒60
8池内 彩乃 (4年)立命館大学9分17秒64
9廣田 麻衣 (4年)立命館大学9分18秒20
10加藤 美菜(2年)立教大学9分19秒20
11横山 友里乃 (4年)名城大学9分21秒12
12小澤 夏美(4年)白?大学9分21秒46
13德永 香子 (1年)名城大学9分22秒24
14向井 智香 (1年)名城大学9分22秒78
15酒井 優莉菜(2年)日本体育大学9分23秒53
16鈴木 瑞季 (1年)名城大学9分23秒89
17高谷 愛奈(1年)大阪学院大学9分24秒40
18上杉 円香(3年)松山大学9分24秒63
19藤原 あかね(2年)松山大学9分25秒12
20安藤 優香(2年)白?大学9分25秒29

 

<5000m>

順位名前大学5000m
1大森 菜月 (4年)立命館大学15分28秒32
2太田 琴菜 (3年)立命館大学15分33秒74
3関谷 夏希(1年)大東文化大学15分33秒95
4出水田 眞紀(3年)立教大学15分35秒56
5中原 海鈴(4年)松山大学15分36秒22
6上原 明悠美(4年)松山大学15分37秒89
7新井 沙紀枝(4年)大阪学院大学15分40秒64
8菅野 七虹 (4年)立命館大学15分40秒68
9齋藤 暁(2年)大東文化大学15分42秒16
10関 紅葉 (2年)立命館大学15分42秒36
11廣瀬 亜美(4年)関西大学15分43秒69
12小枝 理奈(4年)大東文化大学15分44秒02
13湯澤 ほのか (4年)名城大学15分44秒17
14谷萩 史歩(3年)大東文化大学15分44秒85
15高橋 真以(2年)日本体育大学15分45秒60
16古谷 奏(2年)松山大学15分46秒09
17池内 彩乃 (4年)立命館大学15分46秒74
18廣田 麻衣 (4年)立命館大学15分46秒96
19唐沢 ゆり(3年)日本体育大学15分47秒95
20玉城 かんな (2年)名城大学15分48秒85

 

<10000m>

順位名前大学10000m
1細田 あい(3年)日本体育大学32分26秒99
2上原 明悠美(4年)松山大学32分36秒25
3出水田 眞紀(3年)立教大学32分39秒18
4玉城 かんな (2年)名城大学32分40秒28
5関 紅葉 (2年)立命館大学32分40秒79
6唐沢 ゆり(3年)日本体育大学32分40秒81
7和田 優香里 (3年)立命館大学32分47秒74
8清水 真帆(3年)大阪学院大学32分49秒18
9松田 杏奈(4年)松山大学32分54秒41
10菅野 七虹 (4年)立命館大学32分55秒97
11古谷 奏(2年)松山大学32分56秒78
12新井 沙紀枝(4年)大阪学院大学32分59秒30
13太田 琴菜 (3年)立命館大学33分19秒43
14赤坂 よもぎ (3年)名城大学33分20秒57
15湯澤 ほのか (4年)名城大学33分20秒69
16坪倉 琴美(3年)佛教大学33分26秒32
17渡部 貴江(3年)関西学国語大学33分27秒85
18佐藤 早也伽(4年)東洋大学33分28秒94
19齋藤 菜摘 (4年)名城大学33分34秒07
20床呂 沙紀(4年)関西学国語大学33分44秒04

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

大会注目選手は?

今大会でも将来が期待される素晴らしい選手が多くおり、注目したい選手を独断と偏見でピックアップしてみました。

<松山大学>
・中原 海鈴(4年)
主将を務める中原選手は2年時からずっとけがで苦しんできましたが、2016年のトラックシーズンでは全種目表彰台と大活躍。

杜の都駅伝でも区間賞を獲得する走りを見せました。最後のレースでは、どんな走りを見せてくれるか楽しみです。

・上原 明悠美(4年)
松山大学1年時から全ての全国大会にて1区を務めてきた上原選手。学生のためのオリンピックといわれるユニバーシアード(2年毎に開催)では、2015年女子ハーフマラソンで銅メダルを獲得しており、将来を期待されている選手です。

・高見澤 安珠(3年)
女子長距離界初の大学生オリンピアとしてリオ五輪に出場した高見澤選手。杜の都駅伝ではアンカーをつとめ区間新記録の走りで、記念すべき初優勝のゴールテープを切りました。

・緒方 美咲(2年)
日本学生ハーフでは優勝をしたこともある尾方選手。杜の都駅伝では、2区を走り1区の遅れを取り戻す走りを見せ、11人抜きを披露しました。この走りで区間賞を獲得したのは松山大学にとって史上初のことでした。

・高見沢 里歩(1年)
日本人離れしたダイナミックな走りで、杜の都駅伝では松山大学初の区間新記録を達成。今後の松山大学を担う選手として最も期待されている選手です。

 

<立命館大学>
・菅野 七虹(4年)
1年時から主力としてずっと立命館大学を支えてきた菅野選手。主将も務めチームの大黒柱です。

菅野選手は2015年ユニバーシアード・女子ハーフマラソンで、銀メダルを見事獲得しました。

日本一奪還に向けて、並々ならぬ力を発揮してくれそうです。

・大森 菜月(4年)
菅野選手とともにダブルエースとして1年時から活躍してきた大森選手。学生界のエースでもあり、将来日本代表選手として期待されている選手の一人です。

杜の都駅伝では、万全の調子ではなかったものの区間2位の走りをしました。最後の大学駅伝となる富士山女子駅伝では、素晴らしい走りを見せてくれるでしょう。

 

<名城大学>
・湯澤ほのか(4年)
名城大学の主将を務める湯沢選手。杜の都駅伝では、30秒以上の差をつける圧倒的な走りを見せ区間賞を獲得しました。

・玉城かんな(2年)
名城大学の次期エースとして期待されている玉城選手。勝負強い走りをするという事もあり、前回の富士山女子駅伝ではアンカーを任され、松山大学に競り勝ち総合2位に貢献しました。

 

<京都産業大学>
・橋本 奈津(1年)
171cmと長身の橋本選手。杜の都駅伝では1区を走り、区間新記録まであと5秒という記録を残しました。ラスト400mのスパートは圧巻でした。

 

<大東文化大学>
・小枝 理奈(4年)
2015年ユニバーシアードでは、5000m、10000mとダブル入賞を果たした小枝選手。杜の都駅伝では、満足いくような走りとはならなかったものの本来の力強い走りが期待されます。

 

<日本体育大学>
・細田あい(3年)
関東インカレ5000m、10000mで2冠を達成し、関東駅伝2区でも区間所を獲得した細田選手。

前回大会は、上り区間を走り2位という成績をおさめました。今年もおそらく上り区間を走ると見られており山の女神候補になっています。

また、区間賞を狙う細田選手の活躍次第によっては、日本体育大学の上位進出の可能性が高くなりそうです。

 

<福岡大学>
・逸木和香菜(4年)
福岡大学のエースでもあり主将を務める逸木選手。

過去3大会連続で上りの7区を走りました。今年も上り区間を走る可能性が高く、山の女神候補に挙げられます。

 

<大阪学院大学>
・新井沙紀枝(4年)
大阪学院で才能が開花した新井選手。関西インカレでは1500m、5000mで2冠を達成。2015年日本インカレ5000mでも優勝、同年ユニバーシアード代表にも選出されました。

 

<東京農業大学>
・棟久由貴(1年)
初挑戦した10000mで学生歴代4位をマークし、日本インカレでもダブル表彰台を達成した棟久選手。長距離界期待の選手として将来が期待されています。

 

<立教大学>
・出水田 眞紀(3年)
本大会では、東日本選抜の主将を務める出水田選手。

国内外の主要大会ではレース序盤から先頭集団に出る走りや、実業団のトップ選手に食らいつく走りを見せてくれます。2015年ユニバーシアード・女子ハーフマラソンでは4位入賞という成績をおさめました。

五輪出場を目指しており、ひょっとしたら東京五輪の代表争いで名前を聞くようになるかもしれませんね。注目していきたい選手のひとりです。

 

まとめ

富士山女子駅伝では、立命館大学が圧倒的な強さを誇っています。その連覇阻止の筆頭候補に挙げられるのは、やはり、杜の都駅伝を初制覇した松山大学。選手たちも自信を持って本大会に臨むものと思われます。

しかし、今までチーム全員が負けを知らなかった立命館大学がこのままで終わるはずはないです。菅野選手は「4回生最後だから集大成、綺麗にかっこよく終わりたいではなく、どんな手を使ってでも勝ちたい」とコメントをしています。

勝ち方を十分に知っている立命館が杜の都駅伝での雪辱を果たすのか、それとも松山大学や名城大学がその勢力図を一気に塗り変えるのか…。

選手たちは大変ですけど、女子大学駅伝の節目となる大一番の大会になるかもしれないので、どんなレース展開になるのかめちゃくちゃ楽しみにしています♪

 

▼富士山女子駅伝出場チームとコースの情報はこちら
出場チーム一覧とコースや放送日程について

区間エントリーとレース結果

▼全日本女子大学駅伝(杜の都)の結果はこちら
2016年全日本大学女子駅伝のレース結果

▼その他の学生駅伝・実業団はこちらから
2016年度駅伝大会まとめ

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

ダブルレクタングル用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 富士山女子駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.