スポーツ シンクロナイズドスイミング

世界水泳2017│シンクロ日本代表の結果は?乾友紀子メダル獲得なるか!?

更新日:

世界水泳2017が7月14日より開幕し、トップバッターとして、シンクロナイズドスイミング日本代表の乾友紀子選手が、ソロテクニカル予選に出場。

乾選手はリオ五輪でデュエットとチームで銅メダルを獲得しており、今回の世界選手権でもメダル獲得が期待されています。

ここでは、世界水泳2017のシンクロナイズドスイミング日本代表の大会結果をご紹介します。

※記事の下に世界水泳・マーメイドジャパンの成績まとめがあります

 

スポンサーリンク

 

◆ソロ結果

テクニカル

<予 選>
・日本時間/7月14日(金) 18:00~20:30

乾友紀子選手は3位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月15日(土) 18:00~19:30

※スマホは横向き表示にすると見やすくなります

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 印象点 要素点
1 S.コレスニチェンコ RUS 95.2036   28.8000 28.7000 37.7036
2 O.カルボネル ESP 93.6534 1.5502 28.3000 28.3000 37.0534
3 A.ボロシナ UKR 91.9992 3.2044 27.7000 27.8000 36.4992
4 乾 友紀子 JPN 91.7490 3.4546 27.8000 27.7000 36.2490
5 J.シモーヌ CAN 89.5000 5.7036 27.1000 26.8000 35.6000
6 L.セルッティ ITA 88.3369 6.8667 26.6000 26.7000 35.0369
7 E.プラタニオティ GRE 86.5328 8.6708 26.0000 26.2000 34.3328
8 V.アレクサンドリ AUT 83.9967 11.2069 25.5000 25.3000 33.1967
9 ミン・ヘヨン PRK 83.1769 12.0267 25.4000 24.6000 33.1769
10 G.ヒメネス MEX 82.4507 12.7529 24.9000 25.1000 32.4507
11 L.メチニグ LIE 81.8521 13.3515 24.5000 24.8000 32.5521
12 V.コッホ SUI 80.2700 14.9336 24.1000 24.3000 31.8700

 

日本ソロ10年ぶりのメダルが期待された乾選手でしたが、あと一歩というところで惜しくも4位という結果に終わりました。銅メダルを獲得したアンナ・ボロシナ選手(ウクライナ)とのポイント差は“0.2502”

素人目から見ると、あとちょっとと思うのですが、トップレベルの戦いになるとこの差が大きいのでしょうね。ただ、乾選手はこの種目では、2015年の世界水泳より順位を上げているので、この結果を励みに残り6種目でメダル獲得を目指してほしいですね。

 

フリー

<予 選>
・日本時間/7月18日(火) 2:00~3:30

乾友紀子選手は4位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月19日(水) 18:00~19:30

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 芸術点 難度点
1 S.コレスニチェンコ RUS 96.1333   28.9000 38.5333 28.7000
2 O.カルボネル ESP 95.0333 1.1000 28.5000 38.1333 28.4000
3 A.ボロシナ UKR 93.3000 2.8333 28.2000 37.2000 27.9000
4 乾 友紀子 JPN 92.0667 4.0666 27.9000 36.6667 27.5000
6 L.セルッティ ITA 90.6000 5.5333 27.3000 36.4000 26.9000
5 J.シモーヌ CAN 90.1333 6.0000 27.0000 36.1333 27.0000
7 E.プラタニオティ GRE 88.0000 8.1333 26.5000 35.2000 26.3000
8 V.アレクサンドリ AUT 86.3333 9.8000 25.9000 34.5333 25.9000
9 E.PLANEIX FRA 84.6000 11.5333 25.3000 34.0000 25.3000
10 V.KHANDOSHKA BLR 83.7667 12.3666 25.3000 33.4667 25.0000
11 ミン・ヘヨン PRK 82.9000 13.2333 25.0000 33.2000 24.7000
12 G.ヒメネス MEX 82.3667 13.7666 25.1000 32.6667 24.6000

上位3人の選手がソロテクニカルに続き、同順位でメダルを獲得。

乾選手もソロテクニカルに続き4位になりましたが、世界水泳のこの種目、自身の最高位を更新しました。

 

◆デュエット結果

テクニカル

<予 選>
・日本時間/7月14日(金) 23:00~翌1:00

乾友紀子&中村麻衣ペアは4位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月16日(日) 18:00~19:30

※スマホは横向き表示にすると見やすくなります

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 印象点 要素点
1 S.コレスニチェンコ
A.パツケビッチ
RUS 95.0515   28.7000 28.5000 37.8515
2 ショウ テイテイ
ショウ ブンブン
CHN 94.0775 0.9740 28.6000 28.0000 37.4775
3 A.ボロシナ
Y.ヤーノ
UKR 92.6482 2.4033 28.0000 27.6000 37.0482
4 乾 友紀子
中村 麻衣
JPN 92.0572 2.9943 27.6000 27.5000 36.9572
5 O.カルボネル
P.ラミレス
ESP 90.7507 4.3008 27.2000 27.4000 36.1507
6 L.セルッティ
C.フェロ
ITA 89.2463 5.8052 26.9000 27.0000 35.3463
7 C.ホルツナー
J.シモーヌ
CAN 87.6523 7.3992 26.3000 26.2000 35.1523
8 A.M.アレクサンドリ
E.アクレサンドリ
AUT 85.7694 9.2821 25.5000 25.8000 34.4694
9 E.アパゾグル
E.プラタニオティ
GRE 85.7439 9.3076 25.7000 25.8000 34.2439
10 アチャク
ディオスダード
MEX 85.2599 9.7916 25.5000 25.4000 34.3599
11 C.トレンブル
L.トレンブル
FRA 83.9734 11.0781 25.0000 25.2000 33.7734
12 A.アルバレス
V.ウォロニエツキ
USA 83.4715 11.5800 24.8000 25.0000 33.6715

昨年10月に新コンビを組んだ乾・中村ペア。乾選手はこの種目で2大会連続のメダル獲得を目指しましたが、惜しくもウクライナペアに及びませんでした。

リオ五輪でもメダルを獲ったチームで勢いに乗ってほしいですね。

 

フリー

<予 選>
・日本時間/7月19日(水) 2:00~3:30

乾友紀子&中牧佳南ペアは4位通過で決勝進出

<決 勝>
・日本時間/7月20日(木) 18:00~19:30

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 芸術点 難度点
1 S.コレスニチェンコ
A.パツケビッチ
RUS 97.0000   29.1000 38.8000 29.1000
2 ショウ テイテイ
ショウ ブンブン
CHN 95.3000 1.7000 28.8000 38.0000 28.5000
3 A.ボロシナ
Y.ヤーノ
UKR 93.2667 3.7333 28.1000 37.4667 27.7000
4 乾 友紀子
中牧 佳南
JPN 93.1333 3.8667 27.9000 37.3333 27.9000
5 O.カルボネル
P.ラミレス
ESP 91.7333 5.2667 27.5000 36.9333 27.3000
6 L.セルッティ
C.フェロ
ITA 90.5667 6.4333 27.2000 36.2667 27.1000
7 C.ホルツナー
J.シモーヌ
CAN 89.000 8.0000 26.8000 35.6000 26.6000
8 E.アパゾグル
E.プラタニオティ
GRE 87.6333 9.3667 26.4000 34.9333 26.3000
9 A.M.アレクサンドリ
E.アクレサンドリ
AUT 86.7000 10.3000 25.8000 34.8000 26.1000
10 アチャク
ディオスダード
MEX 56.5333 10.4667 26.1000 34.5333 25.9000
11 A.アルバレス
V.ウォロニエツキ
USA 54.1333 12.8667 25.0000 33.7333 25.4000
12 N.アレクサンドラ
N.ヤカタリーナ
KAZ 83.9000 13.1000 25.3000 33.6000 25.0000

ん~、“0.1334”差で4位…。ほんと僅かな差で残念です。今大会は4位という順位が続いており、日本代表選手たちにとって、結構辛い大会になっているのではないでしょうか?

演技終了後のインタビューでの乾選手と中牧選手らの悔しい表情が何とも言えませんでしたが、井村ヘッドコーチはよくやったと乾選手らの演技を讃えていたので、力を出し切ったことと思いますし、素晴らしい演技でした。

 

◆ミックスデュエット結果

テクニカル

<予 選>
・日本時間/7月16日(日) 2:00~3:00

足立夢実&安部篤史ペアは4位通過で決勝進出。

 

<決 勝>
・日本時間/7月17日(月) 18:00~19:30

※スマホは横向き表示にすると見やすくなります

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 印象点 要素点
1 M.フラミニ
G.ミニシーニ
ITA 90.2979   27.2000 27.4000 35.6979
2 M.カランチャ
A.マリツェフ
RUS 90.2639 0.0340 27.5000 27.4000 35.3639
3 ビル・メイ
佳奈子スペンドラブ
USA 87.6682 2.6297 26.4000 26.9000 34.3682
4 安部 篤史
足立 夢実
JPN 86.2679 4.0300 26.3000 26.1000 33.8679
5 S.フェレーラス
P.リベス
ESP 84.3336 5.9643 25.5000 25.8000 33.0336
6 R.プレボ
I.ランプリング
CAN 82.3413 7.9566 25.1000 24.9000 32.3413
7 R.ソウザ
G.ステファン
BRA 79.0853 11.2126 24.1000 24.2000 30.7853
8 A.エーベルト
N.ストッペル
GER 70.3147 19.9832 21.5000 22.0000 26.8147
9 V.ゴルトシラス
O.コルギアンタキ
GRE 69.8654 20.4325 21.4000 21.0000 27.4654
10 A.ベロー
A.ピント
PAN 59.8113 30.4866 18.1000 18.4000 23.3113

安部&足立ペアは素晴らしい演技を見せてくれました。特に、ダイナミックなジャンプの飛び上がりや支え方は、よく出来るなって感心しました。

メダルには届きませんでしたが、伝えられた情報によると、2人は規定要素をほぼ完ぺきにこなし、大きな同調性の乱れも無く、会心の出来だったそうです。

また、86点台に乗せるという目標も達成し、次のミックスデュエットフリーにいい形で望めそうです。期待したいですね♪

 

フリー

<予 選>
・日本時間/7月22日(土) 2:00~3:30

※スマホは横向き表示にすると見やすくなります

足立夢実&安部篤史ペアは4位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月23日(日) 2:00~3:30

順位   選手名    国  TOTAL  Point差 技術点 芸術点 難度点
1 M.カランチャ
A.マリツェフ
RUS 92.6000   27.7000 37.2000 27.7000
2 M.フラミニ
G.ミニシーニ
ITA 91.1000 1.5000 27.4000 36.4000 27.3000
3 ビル・メイ
佳奈子スペンドラブ
USA 88.7667 3.8333 26.7000 35.8667 26.2000
4 安部 篤史
足立 夢実
JPN 88.0000 4.6000 26.3000 35.6000 26.1000
5 S.フェレーラス
P.リベス
ESP 85.7333 6.8667 26.0000 34.1333 25.6000
6 R.プレボ
I.ランプリング
CAN 83.5667 9.0333 25.2000 33.0667 25.3000
7 R.ソウザ
G.ステファン
BRA 80.0667 12.5333 23.9000 31.8667 24.3000
8 SHENG Shuwen
SHI Haoyu
CHN 77.2333 15.3667 22.8000 31.7333 22.7000
9 A.エーベルト
N.ストッペル
GER 74.5000 18.1000 22.5000 30.0000 22.0000
10 V.ゴルトシラス
V.コフィディ
GRE 69.8333 22.7667 21.4000 27.7333 20.7000
11 A.ベロー
A.ピント
PAN 60.7667 31.8333 18.5000 24.6667 17.6000

 

 

◆チーム結果

テクニカル

<予 選>
・日本時間/7月17日(月)2:00~3:30

▼出場選手
阿久津咲子、福村 寿華、乾 友紀子
河野みなみ、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃

・結果
1位 ロシア  /95.0121
2位 中 国  /93.0711
3位 日 本  /91.7484
4位 ウクライナ/91.4917

日本は3位通過で決勝進出

<決 勝>
・日本時間/7月18日(火)18:00~19:30

※スマホは横向き表示にすると見やすくなります

順位  チーム  TOTAL Point差 技術点 印象点 要素点
1 ロシア 96.0109   28.8000 29.1000 38.1109
2 中国 94.2165 1.7944 28.1000 28.5000 37.6165
3 日本 93.1590 2.8519 27.9000 28.0000 37.2590
4 ウクライナ 92.3596 3.6513 27.7000 28.0000 36.6596
5 イタリア 90.7617 5.2492 27.3000 27.3000 36.1617
6 スペイン 88.4687 7.5422 26.9000 26.6000 34.9687
7 カナダ 86.2044 9.8065 26.1000 25.8000 34.3044
8 メキシコ 85.9664 10.0445 26.0000 25.8000 34.1664
9 ギリシャ 83.9112 12.0997 25.4000 25.1000 33.4112
10 北朝鮮 83.4354 12.5755 24.8000 25.0000 33.6354
11 アメリカ 82.8546 13.1563 24.7000 25.2000 32.9546
12 ベラルーシ 82.2796 13.7313 24.6000 24.6000 33.0796

▼出場選手
阿久津咲子、福村 寿華、乾 友紀子
河野みなみ、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃

日本代表マーメイドジャパンは、今大会日本勢として初めてのメダルを獲得。また、マーメイドジャパンは2大会連続のメダル獲得となりました。

リオ五輪では12年ぶりの銅メダルを獲得しましたが、その後、メンバーの入れ替えなどがあり、新チームとして世界水泳に臨むこととなり、結構不安があったのではないでしょうか?

そんななか、予選・決勝と初代表の阿久津選手、福村選手、河野選手らとともにキャプテンの乾選手を中心に素晴らしい演技を見せてくれました。チームフリーにいい感じで望めそうですね。

ちなみに、井村ヘッドコーチ、選手らのインタビューでのホッとした顔が印象的でした。

おめでとうございます♪

 

フリー

<予 選>
・日本時間/7月20日(木)2:00~5:00

<出場選手>
阿久津咲子、福村 寿華、林 愛子
乾 友紀子、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃

・結果
1位 ロシア  /96.8000
2位 中 国  /94.3667
3位 日 本  /92.9000
4位 ウクライナ/92.4667

日本は3位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月21日(金)18:00~19:30

順位  チーム  TOTAL Point差 技術点 芸術点 難度点
1 ロシア 97.3000   29.2000 38.8000 29.3000
2 中 国 95.2333 2.0667 28.6000 38.1333 28.5000
3 ウクライナ 93.9333 3.3667 28.2000 37.7333 28.0000
4 日 本 93.1000 4.2000 27.9000 37.2000 28.0000
5 イタリア 91.7000 5.6000 27.5000 36.8000 27.4000
6 スペイン 90.7000 6.6000 27.1000 36.4000 27.2000
7 カナダ 88.8000 8.5000 26.6000 35.6000 26.6000
8 メキシコ 87.9000 9.4000 26.2000 35.2000 26.5000
9 ギリシャ 86.4333 10.8667 25.8000 34.5333 26.1000
10 フランス 85.4667 11.8333 25.5000 34.2667 25.7000
11 北朝鮮 83.7667 13.5333 25.1000 33.4667 25.2000
12 アメリカ 83.5667 13.7333 25.1000 33.4667 25.0000

▼出場選手
阿久津咲子、福村 寿華、林 愛子
乾 友紀子、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃

素晴らしい演技を見せてくれたマーメイドジャパンでしたが、ウクライナがまた立ちはだかりました。

力を出し切っても、メダルが獲れないのは、まだまだ世界の壁が高いってことなのでしょうか…。

とにかく最後のフリーコンビネーションでも、チームフリーと同じく力を出し切って大会を終えてほしいですね。

 

◆フリーコンビネーション結果

<予 選>
・日本時間/7月21日(金)2:00~3:30

<出場選手>
阿久津咲子、福村 寿華、乾 友紀子
河野みなみ、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃、大澤友里子
田崎明日花

・結果
1位中 国  /95.5333
2位ウクライナ/93.1667
3位日 本  /92.9667
4位イタリア /90.7333
5位スペイン /90.2000
6位メキシコ /87.5333

日本は3位通過で決勝進出

 

<決 勝>
・日本時間/7月22日(土)18:00~19:30

順位  チーム  TOTAL Point差 技術点 芸術点 難度点
1 中 国 96.1000   29.0000 38.4000 28.7000
2 ウクライナ 94.0000 2.1000 28.4000 37.6000 28.0000
3 日 本 93.2000 2.9000 28.0000 37.2000 28.0000
4 イタリア 91.6667 4.4333 27.6000 36.6667 27.4000
5 スペイン 90.6667 5.4333 27.3000 36.2667 27.1000
6 メキシコ 88.7333 7.3667 26.9000 35.3333 26.5000
7 ギリシャ 87.0000 9.1000 26.2000 34.8000 26.0000
8 フランス 85.0667 11.0333 25.7000 33.8667 25.5000
9 北朝鮮 84.2000 11.9000 25.4000 33.6000 25.2000
10 ベラルーシ 83.4000 12.7000 25.2000 33.2000 25.0000
11 スイス 82.0333 14.0667 24.5000 32.9333 24.6000
12 カザフスタン 82.0000 14.1000 24.9000 32.8000 24.3000

<出場選手>
阿久津咲子、福村 寿華、乾 友紀子
河野みなみ、丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃、大澤友里子
田崎明日花

 

マーメイドジャパンはその名の通り、人魚をテーマにした見事な演技を披露してくれました。ロシアがいなかったとはいえ、最後にメダルを獲得してくれてよかったです。

乾友紀子キャプテンをはじめ代表選手もひとまず胸を撫で下ろしてるかなと思ったら、まさか田崎明日花選手が悔し涙を流すとは思いもしませんでした…。そりゃ何度もウクライナに負けたから気持ちはわからないでもないですが…。

とりあえず、ウクライナに勝つ方法は井村ヘッドコーチらが考えてくれると思うので、選手たちは結果を受け入れて、めちゃくちゃ喜んでから、また頑張ってほしいですね。お疲れ様でした。

 

◆世界水泳シンクロ成績まとめ

日本代表成績

ソロ
テクニカル 乾 友紀子 4位
フリー 乾 友紀子 4位
デュエット
テクニカル 乾友 紀子&中村 麻衣 4位
フリー 乾友 紀子&中牧 佳南 4位
ミックスデュエット
テクニカル 足立 夢実&安部 篤史 4位
フリー 足立 夢実&安部 篤史 4位
チーム
テクニカル 阿久津咲子、福村 寿華
乾 友紀子、河野みなみ
丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃
銅メダル
フリー 阿久津咲子、福村 寿華
小俣 夏乃、乾 友紀子
丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、林 愛子
4位
フリーコンビネーション
阿久津咲子、福村 寿華
乾 友紀子、河野みなみ
丸茂 圭衣、中牧 佳南
中村 麻衣、小俣 夏乃
大澤友里子、田崎明日花
銅メダル

 

大会成績

<ソロ>

・テクニカル
1位 S.コレスニチェンコ(ロシア)
2位 O.カルボネル(スペイン)
3位 A.ボロシナ(ウクライナ)

4位 乾 友紀子(日本)

・フリー
1位 S.コレスニチェンコ(ロシア)
2位 O.カルボネル(スペイン)
3位 A.ボロシナ(ウクライナ)

4位 乾 友紀子(日本)

 

<デュエット>

・テクニカル
1位 ロシア
S.コレスニチェンコ
A.パツケビッチ

2位 中 国
ショウ テイテイ
ショウ ブンブン

3位 ウクライナ
A.ボロシナ
Y.ヤーノ

4位 日 本
乾 友紀子
中村 麻衣

・フリー
1位 ロシア
S.コレスニチェンコ
A.パツケビッチ

2位 中 国
ショウ テイテイ
ショウ ブンブン

3位 ウクライナ
A.ボロシナ
Y.ヤーノ

4位 日 本
乾 友紀子
中牧 佳南

 

<ミックスデュエット>

・テクニカル
1位 イタリア
M.フラミニ
G.ミニシーニ

2位 ロシア
M.カランチャ
A.マリツェフ

3位 アメリカ
ビル・メイ
佳奈子スペンドラブ

4位 日 本
安部 篤史
足立 夢実

・フリー
1位 ロシア
M.カランチャ
A.マリツェフ

2位 イタリア
M.フラミニ
G.ミニシーニ

3位 アメリカ
ビル・メイ
佳奈子スペンドラブ

4位 日 本
安部 篤史
足立 夢実

 

<チーム>

・テクニカル
1位 ロシア
2位 中 国
3位 日 本

・フリー
1位 ロシア
2位 中 国
3位 ウクライナ

4位 日 本

 

<フリーコンビネーション>

1位 中 国
2位 ウクライナ
3位 日 本

 

◆シンクロ名称変更について

国際水泳連盟(FINA)は2017年7月22日に総会を開き、シンクロナイズドスイミングの名称を「アーティスティックスイミング」に変更することを決定しました。

変更に至ったのは国際オリンピック委員会(IOC)などから「シンクロナイズド(同調した)」に代わり、「アーティスティック(芸術的な)」を用いた名称変更案が出ていたそうです。

2020年東京五輪はこの新名称が実施される見通しになっています。

 

…ん~、略称はどうするんでしょうかね?“アーティス”とか言うんでしょうか…?

シンクロが言いやすかったから、慣れるまで違和感は拭えないでしょうね。フルネーム言いづらいな(笑)

 

▼世界水泳2017関連記事
シンクロナイズドスイミング日本代表一覧

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, シンクロナイズドスイミング

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.