スポーツ フィギュアスケート 平昌オリンピック

フィギュアスケート平昌五輪│代表選手は誰?全日本選手権で決定!!

投稿日:

2017年6月23日、日本スケート連盟はフィギュアスケートの平昌五輪を含む、主要な国際大会の日本代表選手の選考方法を発表しました。

男子シングル、女子シングルともに1人目の五輪日本代表が決まる全日本選手権が最も注目される大会になるでしょう。

果たして誰が日本代表選手に選ばれるのか楽しみです。

ここでは、2018年平昌五輪のフィギュアスケート日本代表選手の選考方法と五輪連覇を狙う羽生結弦選手をはじめとした注目選手のシーズン初戦の大会や日程をご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆平昌五輪代表の選考方法は?

フィギュアスケートの男子シングル、女子シングルの代表枠は、男子が3枠、女子が2枠となっています。

その内、男女1人目の日本代表選手は12月に行われる全日本選手権で決定します。

そして、2人目以降の選考方法は、男子の場合、全日本選手権の2位と3位、グランプリファイナル2018の上位2人(全日本選手権優勝者は除く)の中から2人目が選考。

3人目は2人目の選考で外れた選手や全日本選手権終了時の世界ランキングなどから総合的に判断されます。

女子の2人目の選考方法は男子の2、3人目と同様の条件で判断され選考されます。

 

以上をまとめると以下のようになります。

<男子シングル>

▼1人目
全日本選手権大会の優勝者

▼2人目
・全日本選手権大会の2位、3位の選手
・ISUグランプリファイナル出場者上位2名
 ※全日本選手権優勝者は除く

▼3人目
・2人目選考基準を満たし、平昌五輪日本代表に選出されていない選手
・全日本選手権大会終了時点で、各種世界ランキングの上位3名の選手

 

<女子シングル>

▼1人目
全日本選手権大会の優勝者

▼2人目
・全日本選手権大会の2位、3位の選手
・ISUグランプリファイナル出場者上位2名
・全日本選手権大会終了時点で、各種世界ランキングの上位3名の選手

 

<代表選考会の日程>

▼ISUグランプリファイナル名古屋
 会場:愛知県名古屋市
 期間:2017年12月7日(木)~10日(日)

▼全日本選手権大会
 会場:武蔵野の森総合スポーツ施設
 期間:2017年12月20日(水)~24日(日)

 

<ペア&アイスダンスについて>

ペアとアイスダンスはオリンピック最終予選(ネーベルホルン杯)で出場枠が獲得できるかどうかが判明します。

ペアは残り4枠、アイスダンスは残り5枠となっています。

▼ネーベルホルン杯(ドイツ)
2017年9月27日~30日

・ペア
 須藤澄玲&フランシス・ブドローオデ組

・アイスダンス
 村元哉中&クリス・リード組

 

◆選考方法で変わった点

従来の五輪選考基準では、世界ランキング上位3名やISU公認シーズン最高得点上位3名が採用されていました。

世界ランキングは3シーズン分の成績で出されるため、シニアデビューしたばかりの選手は五輪の選考の場に上がることが出来ませんでした。

しかし、今回から「ISU シーズンベストスコア上位3名」という選考項目が加わり、1シーズンの成績でも五輪の選考テーブルに上がることができます。

新たな条件が加わったことで、シニアデビューが決定している本田真凛選手や坂本花織選手など将来有望な選手も代表争いに加わることになりそうです。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆注目選手のシーズン初戦は?

五輪代表を獲得するために、全日本選手権やグランプリシリーズに向けて各選手調整を行っていることと思いますが、ここで気になる注目選手の平昌五輪シーズン初戦の大会と日程をご紹介します。

※選手名の後ろのカッコ内は所属になります

<男子シングル>

▼羽生 結弦(ANA)
大会名 :オータム・クラシック
開催場所:カナダ・モントリオール
大会期間:2017年9月20~23日

▼宇野 昌磨(中京大)
大会名 :ロンバルディア杯
開催場所:イタリア・ベルガモ
大会期間:2017年9月14日~17日

 

<女子シングル>

▼宮原 知子(関西大学)
大会名 :フィンランディア杯
開催場所:フィンランド・エスポー
大会期間:2017年10月6日~8日

▼三原 舞依(神戸ポートアイランドFSC)
大会名 :オータム・クラシック
開催場所:カナダ・モントリオール
大会期間:2017年9月20日~23日

▼本田 真凛(関西大学高等部)
大会名 :USインターナショナルクラシック
開催場所:アメリカ・ソルトレークシティ
大会期間:2017年9月13日~17日
※シニアデビュー

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか?

男子シングルでは、羽生結弦選手や宇野昌磨選手がケガなどで不測の事態に陥らない限り、平昌五輪の代表に選出されると思われます。

3人目は田中刑事選手か無良崇人選手、あるいはケガの回復によっては山本草太選手らの争いになるのではないかと予想しています。

 

女子の方では、正直誰が選出されるでしょうか?本命は宮原知子選手ですが、左股関節の疲労骨折からどこまで調子を戻すのか…。全日本選手権までまだ時間があるとは言え、再びケガが再発しないとも限らないし…。

とにかく、万全を期して戻って来てほしいところです。

また、宮原選手以外では、三原舞依選手、本郷理華選手、樋口新葉選手、本田真凜選手、坂本花織選手、白岩優奈選手らがおり、誰が抜きんでてくるのか予想が出来ません。

いずれにせよ、誰が代表に選ばれるのか楽しみです♪

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, フィギュアスケート, 平昌オリンピック

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.