リオ五輪 選手プロフィール フェンシング

2016リオ五輪/フェンシング男子見延・徳南!太田は最後の金なるか?

更新日:

s-タイトル

リオ五輪・フェンシング日本代表選手が決定しました。太田雄貴選手は、ロンドン五輪に続き3度目の五輪出場となります。見延和靖選手と徳南堅太選手は五輪初出場となります。太田選手は、2015年世界選手権フルーレ個人で日本人初の金メダルを獲得し、日本フェンシングの歴史に新たなページを刻みました。

それでは、フェンシングの各種目の解説と各選手のプロフィールをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

フェンシング各種目とルール解説

<共通ルール>
2人の選手がお互いに向き合い、ピストと呼ばれる壇上で競技が行われます。両選手はピスト中央に4mの距離をおき、構え(アンガルド)の姿勢で試合を開始します。ポイントになる場所を攻撃し、どちらかが15ポイントを先取すれば勝敗が決まります。

フルーレとエペは3分間を1ピリオドとし、3ピリオドを戦います。各ピリオド間には1分間の休憩を設けています。

サーブルは、どちらかが8ポイントを取ったところで1分の休憩に入り、どちらかが15ポイント取ったところで試合は終了します。

同点で3ピリオドが終了すると、1ポイント先取のサドンデスが行われます。

 

<フルーレのルールは?>
フルーレは、剣先にポイントがついており、突きだけが得点となります。ポイントの有効範囲は、ほかの種目に比べると狭くなります。ちなみに、有効範囲が狭いのはフェンシングの練習に制限のある防具を使用していた名残といわれています。特に顔面を突くことは危険なため、頭部は有効面から除外されていました。

フルーレには、「攻撃権」というのものがあります。先に腕を伸ばし剣先を相手に向けた方に「攻撃権」が生じます。この権利は攻撃が正しく終了するまで生き続けるので、相手は攻撃者の剣を払うなど何らかの方法で「攻撃権」を阻止しなければなりません。阻止に成功すれば権利は移行し、「反撃」の権利を得ます。

つまり、攻撃(アタック)→防御(パラード)→反撃(リポスト)→再攻撃(コントル・リポスト)といった瞬時の技の応酬がフルーレの見どころとなっています。

ちなみにフルーレで使用されている剣は、紳士の一般的な携帯武器であるレイピアが軽量化されたスモールソード用の練習剣に由来します。フルーレの剣は、柔軟な四角いブレードをもつ軽い剣です。

観戦する場合、有効面を突くと色ランプが、無効面では白ランプが点灯しますので、ポイントの有無が分かるようになっています。

 

<エペのルールは?>
エペは剣先にポイントが付いておりフルーレと同様、突きのみの武器になっています。ポイントの有効範囲は前進であり、3種目の中でもっとも広い範囲になっています。

決闘を起源とする競技で、フルーレと違って「攻撃権」は無く、先に突いた方の得点となります。また、両者の突きが同時である場合は両者の得点となります。

フルーレ同様、ランプの点灯に注目していればどちらの選手が得点を挙げたか判断でき、最も分かりやすい種目といえます。

 

<サーブルのルールは?>
サーブルは、突きに加えて斬りの動作があります。有効面は両腕、頭部を含む上半身の全てになり、下半身は無効面となります。

サーブルは騎乗での戦闘を起源とする競技で、馬を傷つけないという騎兵隊の動物愛護精神から来ているといわれています。

ルールはフルーレと同じく「攻撃権」が存在します。また斬りの動作が加わるため技の応酬はよりダイナミックになります。2004年から五輪正式種目となっています。

以上の3種目が基本的なルールとなります。それでは、最後に各種目の攻撃の有効範囲を図で示しておきます。

s-フェンシングルール※出典:コトバンク

それでは、代表選手のプロフィールをご紹介します。

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

フェンシング男子代表

太田 雄貴
おおた ゆうき
1985年11月25日([age 1985/11/25]歳)
滋賀県大津市出身
171cm
67kg
出身校:同志社大学
所属:森永製菓
五輪出場
アテネ、北京、ロンドン、リオデジャネイロ
五輪出場種目
フルーレ個人
 世界ランキング
 フルーレ/2位
主な戦績
2015年世界選手権/個人:金メダル
2015年アジア選手権/個人:優勝、団体:3位
2014年アジア大会/個人:銅メダル、団体:金メダル
五輪成績
ロンドン五輪/フルーレ団体:銀メダル
北京五輪/フルーレ個人:銀メダル
アテネ五輪/フルーレ個人:9位
主な記録
インターハイ/史上初3連覇
全日本選手権/優勝(※高校2年時:当時最年少記録)
北京五輪/フルーレ個人:銀メダル(日本フェンシング史、初の五輪メダル)
国際フェンシング連盟ランキング/日本人で初めて1位を獲得(※2009年5月)
ロンドン五輪/フルーレ団体:銀メダル(日本フェンシング史、初の団体五輪メダル)
世界選手権/フルーレ個人:金メダル(日本人初の金メダル)

<太田選手略歴>
父親の影響で小学校3年の時にフェンシングを始めるとめきめきと頭角を現し、小学校・中学校時代に全国規模の大会を連覇、高校時代にインターハイ3連覇など目覚ましい活躍を見せました。

五輪にも2004年のアテネ大会から日本代表として出場を続けています。

2004年はアテネ大会への出場権獲得をかけて、数々の国際大会で善戦を繰り広げ見事出場権を獲得。若干18歳で初の五輪に挑みました。

2008年の北京大会では男子フルーレ個人に出場し、決勝でドイツ選手に敗れたものの、日本フェンシング界初の五輪メダルをもたらしました。

2012年のロンドン大会でも男子フルーレ団体で銀メダルを獲得しています。

さらに昨年の世界選手権・男子フルーレ個人で初優勝を達成しており、リオ五輪でも金メダルの獲得に大きな期待が寄せられています。

競技以外にも、2020年の東京五輪パラリンピック招致アンバサダーとして、日本での五輪・パラリンピック大会開催の実現に尽力しました。

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

見延 和靖
みのべ かずやす
1987年7月15日([age 1987/07/15]歳)
福井県越前市出身
177cm
75kg
出身校:法政大学
所属:NEXUS
五輪出場
初出場
五輪出場種目
エペ個人
 世界ランキング
エペ/9位
主な戦績
2016年アジア選手権/個人:3位
2016年グランプリ大会(ブタペスト)/個人:10位
2015年ワールドカップ/個人:優勝

 

徳南 堅太
とくなん けんた
1987年8月17日([age 1987/08/17]歳)
福井県今立郡池田町出身
183cm
83kg
出身校:日本体育大学
所属:デロイト・トーマツ・コンサルティング
五輪出場
初出場
五輪出場種目
サーブル個人
 世界ランキング
サーブル/66位
主な戦績
2016年アジア選手権/個人:3位
2015年東京都大会/優勝
2014年全日本選手権/個人:3位

 

 

まとめ

フェンシングという競技は、ものすごく素早い競技で何がなんだかよくわからない競技です。ランプが点灯したら得点になったと認識できるものの、実際どこに当たったなんか目では追うことは難しいですよね。選手の集中力は半端なもんじゃないのが容易に想像できます。

ところで、太田選手はリオ五輪を「集大成」と位置付けています。太田選手にとっての最後の五輪の舞台はリオデジャネイロになるようです。北京、ロンドンの銀メダルでは満足しておらず、会見では「まだ足りていないものが、五輪の金メダル。そこだけを狙う」とコメントしています。

是非、太田選手には有終の美を飾ってほしいと思います。そして、見延選手、徳南選手も最高のパフォーマンスを五輪で発揮し、メダルを獲得してほしいです!

フェンシング男子の放送日時はこちらから
2016リオ五輪・フェンシング男子/試合日程・放送日時と結果は?

フェンシング女子はこちらから
2016リオ五輪/フェンシング女子は西岡・佐藤・青木が出場!

その他の競技はこちらのリンクからご覧ください(鋭意制作中)
2016年第31回リオデジャネイロ五輪/28競技と種目一覧と日程

 

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-リオ五輪, 選手プロフィール, フェンシング

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.