音楽 ランキング

カバーされた回数が多い曲ランキングベスト8│バイキングで発表【5月16日】

更新日:

発表した曲がたくさんのアーティストにカバーされるのは、歌い手や作り手にとって大変名誉なこと。2017年5月16日放送の情報番組「バイキング」(フジ)で“カバーされた回数の多い曲ランキング”(邦楽)が紹介されました。

大ヒットした曲が実はカバー曲だったとか、後々知って驚くことがたまにあります。あまり大きな声では言えませんが、カバーした歌手の方が、めちゃくちゃ上手かった…なんてこともたまにあったりします(笑)とは言っても、オリジナルにはオリジナルの味があっていいんですけどね。

さて、ここではバイキングで紹介された邦楽の「カバーされた回数が多い曲」ランキングをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆カバーされた回数が多い曲ランキング

<第8位>
「なごり雪」(かぐや姫)
1974年 作詞・作曲/伊勢正三

カバーされた数:117組

▼カバーした歌手・グループ
イルカ、五木ひろし、島倉千代子、由紀さおり&安田祥子
天地真理、河村隆一、ももいろクローバーZ、福山雅治 他

個人的な話ですが、ずっとイルカさんのオリジナルソングだと思っていました…。これがカバーと知った時のショックは大きかったです。

イルカオリジナルソングと思いながら、カラオケで歌っていたとは…。まあ、この曲が発表された時、まだ生まれてなかったら仕方ないか…ということにしといてください。

 


 

<第7位>
「いい日旅立ち」(山口百恵)
1978年 作詞・作曲/谷村新司

カバーされた数:123組

▼カバーした歌手・グループ
秋川雅史、谷村新司、森光子、鬼束ちひろ
石川さゆり、森進一、中森明菜、森昌子 他

山口百恵さんの最大のヒット曲となり、国鉄のCMでも話題に。ちなみに、今でも新幹線の社内メロディーで使用されています。

…ただ、旅行中ならいいんでしょうが、出張中にあのメロディーを新幹線のなかで聞くのは、少々いい気がしない自分がいます…。

 


 

<第6位>
「卒業写真」(ハイ・ファイ・セット)
1975年 作詞・作曲:荒井由実

カバーされた数:139組

▼カバーした歌手・グループ
浜崎あゆみ、今井美樹、松任谷由美、石田ひかり
岩崎宏美、清水ミチコ、コブクロ、松山千春 他

もともと松任谷由美さんがハイ・ファイ・セットのデビュー・シングルとして提供した楽曲。その後、松任谷さんも「卒業写真」を歌い、自身のヒット曲の一つとなりました。卒業ソングの代表曲のひとつとしても知られます。

 


 

<第5位>
「川の流れのように」(美空ひばり)
1989年 作詞:秋元康 作曲:見岳章

カバーされた数:152組

▼カバーした歌手・グループ
川中美幸、五木ひろし、都はるみ、林家たい平
里見浩太朗、テレサ・テン、舟木一夫、水谷豊 他

美空ひばりさんの生前最後の発表されたシングル。150万枚を売り上げるミリオンセラーとなり、多くのCMや番組などでも使用されています。

また、日本人歌手以外にもアメリカのロックバンド「MR.BIG」のエリック・マーティンやテノール歌手、ホセ・カレーラスにもカバーされています。

さらに、カラオケの定番中の定番で多くの人に愛される曲になっています。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

<第4位>
「涙そうそう」(森山良子)
1998年 作詞:森山良子 作曲:BEGIN

カバーされた数:164組

▼カバーした歌手・グループ
夏川りみ、BEGIN、大友康平、加藤登紀子
森進一、天童よしみ、桑名正博、吉幾三 他

ライブで森山良子さんとBEGINが意気投合して出来た曲。森山さんが若くして世を去った兄を想う歌詞をつけたそうです。

夏川りみさんが歌う「涙そうそう」をよく聞いた方もおおいのではないでしょうか?

 


 

<第3位>
「花 すべての人の心に花を」(喜納昌吉&チャンプルーズ)
1980年 作詞・作曲:喜納昌吉

カバーされた数:188組

▼カバーした歌手・グループ
石川さゆり、BEGIN、加藤登紀子、嘉門達夫
由紀さおり&安田祥子、大竹しのぶ、米良美一、泉谷しげる 他

この曲は国内外問わず多くの歌手やグループがカバーをする名曲。2007年に文化庁が発表した「日本の歌百選」にも選ばれています。

 


 

<第2位>
「見上げてごらん夜の星を」(坂本九)
1963年 作詞:永六輔 作曲:いずみたく

カバーされた数:212組

▼カバーした歌手・グループ
水木一郎、松崎しげる、勝新太郎、鈴木雅之
吉川晃司、加山雄三、槇原敬之、高橋真梨子 他

坂本九さんの代表曲のひとつ。平井堅さんが紅白歌合戦でカバー。この時、平井さんと坂本さんのオリジナル映像とを組み合わせたPVが、まるで共演しているかのように見え話題を呼びました。

永六輔さん作詞で、非常にシンプルな歌詞ですが、心に響きます。

 


 

<第1位>
「上を向いて歩こう」(坂本九)
1961年 作詞:永六輔 作曲:中村八大

カバーされた数:268組

▼カバーした歌手・グループ
美空ひばり、松田聖子、南こうせつ、玉置浩二
桑田佳祐、さだまさし、天童よしみ、猿岩石 他

坂本九さん一番の代表曲。海外では「SUKIYAKI」の曲名でも有名。この曲はアメリカで最も権威のある音楽チャートでアジア圏歌手唯一となる週間1位を獲得。その後、国内外問わず多くの歌手にカバーされました。

 

●まとめ

いかがでしたでしょうか?

坂本九さんの名曲が1位、2位となりました。発表されてから50年以上経っていますが、こうして歌い継がれる曲に相応しいですね。

また、他の坂本九さんの名曲といえば、「明日があるさ(※吉本芸人がカバー)」「幸せならてを叩こう」「涙くんさよなら」などがあります。

坂本九さんの曲のように、現在発表される曲でも未来に歌い継がれる曲が多く出てくるといいですね。

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-音楽, ランキング

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.