音楽 ミュージックステーション

ブルーノ・マーズがMステ出演!誰?って人にもわかるCMソングを紹介

更新日:

2017年1月20日(金)、テレビ朝日の音楽番組「ミュージックステーション」(以下、Mステ)に、世界中に多くのファンを持つな実力派ポップ・シンガー、ブルーノ・マーズさんが出演!

透き通るような歌声かと思えば、パンチのあるファンクな一面を見せつつ、抜群のリズム感も秀逸なブルーノ・マーズさん。今回のMステで初めて見る!という方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、ブルーノ・マーズさんについて、プロフィールやおすすめの楽曲などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

ブルーノ・マーズって誰?

ポップでキャッチーでメロディアスでファンク…。さまざまな顔を見せる世界的シンガーのブルーノ・マーズさん。

Bruno Mars(ブルーノ・マーズ)
アメリカ・ハワイ州ホノルル出身
1985年10月8日生(32歳)
本名/ピーター・ジーン・ヘルナンデス

プエルトリコ系アメリカ人の父と、フィリピン出身の母を持つブルーノ・マーズさん。両親ともにミュージシャンだったため、幼いころからレゲエ・ロック・ヒップホップ・R&Bなど、さまざまな音楽に囲まれて育ちます。

地元の高校を卒業後、ロサンゼルスに移住。2010年に歌手活動を開始したブルーノ・マーズさんですが、すぐさま快挙を連発します。

 

新世代の「King of Pops」

まずは、2010年にリリースしたデビューシングル「Just The Way You Are」が全米4週連続1位を記録。同曲は、デビュー翌年、2011年の第53回グラミー賞で、最優秀ポップ・ボーカル・パフォーマンス賞を受賞。また、同年の世界で最も売れたシングル1位ではデビュー曲が、2位に2ndシングル「Grenade」がランクインしています。

2014年には、NFL第48回スーパーボウルのハーフタイムショーに最年少の28歳でゲスト出演。レッド・ホット・チリペッパーズと共演し、過去最高視聴率を記録しました。また、再び第56回グラミー賞で、最優秀ポップ・ボーカル・アルバム賞を獲得しました。

さらに、2016年の第50回NFLスーパーボウルのハーフタイムショーにも出演。ビヨンセさん、コールドプレイとも共演。同年の第58回グラミー賞では、最優秀レコード賞と最優秀ポップ・デュオ/グループ・パフォーマンス賞の2冠を獲得。

「King of Pops」と呼ばれたマイケル・ジャクソンさん亡き後のミュージックシーンにおいて、ブルーノ・マーズさんはその名を継いでも遜色のない、名実ともに世界的ポップスターです。

 

 

緊急来日で「Mステ」出演

そんなブルーノ・マーズさんが、2016年10月7日にリリースしたばかりの12thシングル「24K Magic」を引っ提げ、2017年3月からワールドツアーを開始&緊急来日!

2017年1月17日(火)には日本テレビ「スッキリ!!」に出演し、朝っぱらから見事なパフォーマンスを披露してくれました。

そして、1月20日(金)には、テレビ朝日「ミュージックステーション(Mステ)」に出演します。どんなパフォーマンスをみせてくれるのか、楽しみですね♪

なお、Mステでは2013年5月リリースの代表曲「Treasure」と、最新曲「24K Magic」を歌唱予定です。

 

おすすめの楽曲は?

<Treasure>

ブルーノ・マーズさんはソロのシンガーとして活動していますが、彼のパフォーマンスに欠かせないのが、「ザ・フーリガンズ」と呼ばれる8人組のバックバンド。

高い演奏技術もさることながら、楽曲によってはブルーノさんとともにステージでダンスを披露するなどエンターテイメント性も高く、ブルーノ・マーズさんの音楽には欠かせない存在でもあります。

ちなみに、「ザ・フーリガンズ」のドラマーは、ブルーノ・マーズさんの実のお兄さん。そんなところからも、息がぴったりのパフォーマンスが実現しているのかもしれません。

そんなブルーノ・マーズさんと「ザ・フーリガンズ」のステージを堪能できる1曲がこちら。Mステでも披露される「Treasure」です。

 

<Just The Way You Are>

ブルーノ・マーズさんのデビュー曲。美しい歌声が印象的な1曲。デビュー曲にしていくつもの賞を獲得したのもうなずけます。

日本では2015年にCM「三井のリハウス」に起用されたこともあり、耳にしたことがある人も多い楽曲です。PVもなかなかオシャレ。

 

<Uptown Funk>

2014年11月にリリースした「Uptown Funk」もおすすめの1曲。同曲は、Mark Ronson(マーク・ロンソン)さんの曲に客演として参加したもので、先に紹介した2曲とは雰囲気ががらりと変わった「ファンク」な曲。自然と体がリズムをとってしまうこと請け合い。

日本では2016年にCM「ホンダ フィット」に起用されています。

 

<The Lazy Song>

2011年2月にリリースした「The Lazy Song」。個人的にPVがシュールでたまらない1曲。しかも、「今日は何もしたくない…」で始まるゆるい感じの歌詞もたまりません(笑)こんな日もあるよねーってな具合でしょうか。歌詞が気になる人は、「The Lazy Song 歌詞」でググってみてください。

 

まとめ

Mステではすごいかっこよかったですね。見ててすごく楽しかったです!!

こう言っては悪いですが、決まった歌い方、踊り方もパフォーマンスのひとつとして大事かもしれませんが、ちょっと物足りないこともありますよね。でも、ブルーノ・マーズさんを見てると非常に表現力豊かに自分のパフォーマンスを見せてくれました。

また、バックバンドもブルーノ・マーズさんに負けず劣らずの迫力のパフォーマンスで観客を盛り上げてくれました。

この後に歌うKinKi Kidsはタモリさんとのトークで「やりづらい」とコメント。気持ちは分かります…。

最後にブルーノ・マーズさんにはまた来日して楽しいパフォーマンスを見せてほしいですね♪

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-音楽, ミュージックステーション

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.