バイアスロン 平昌オリンピック

平昌五輪2018│バイアスロンの種目って?初心者でもわかる簡単解説

更新日:

2018年2月9日から平昌オリンピック(以下、平昌五輪)、15競技102種目が行われます。ここでは、ヨーロッパで盛んに行われているバイアスロン競技について取り上げます。

銃を扱う競技ということもあり、日本では普及に難しいところがあり競技人口は他競技に比べ少ないですが、日本人選手の活躍に期待したいところです。

ちなみに、個人的な意見ですが、射撃場まで滑走してきた選手たちの銃をガチャガチャと構える姿はカッコイイです。また、画面を通じて激しく聞こえる息遣いが、射撃態勢に入った瞬間、呼吸が整っているのには感心します。

それでは、バイアスロン競技についてあまりご存じない方向けに、概要や各種目の解説をしていきます。

 

スポンサーリンク

 

バイアスロン概要

バイアスロン競技の由来は、北欧の猟師たちが冬の期間、弓等の装備を背負いスキーを履いて獲物を探して野山を駆け巡っていたものが、雪の中での戦闘や森林警備隊の技術として応用されていくうちに発展して競技化されたものです。

バイアスロンの語源は、2つを意味する「バイ」と競技を意味する「アスロン」が組み合わさってできた言葉。すなわち、バイアスロンはクロスカントリーとライフル射撃との組み合わせで行われる競技です。

選手たちは銃を背負って、スキーで一定距離走行し、定められたポイントで射撃を行います。射撃には2種類の射撃姿勢があり、伏射と立射があります。スキーで走り込んで射撃を行うことから、いかに乱れた呼吸や心拍を整え、精密射撃が行えるかが勝利のカギとなります。

射撃場

 

平昌五輪で行われるバイアスロンの種目は、個人(インディビデュアル)、スプリント(短距離)、パシュート(追い抜き)、マススタート(一斉スタート)、リレーの男女10種目と男女ミックスリレー1種目合わせて11種目が行われます。

それでは、それぞれの各種目について解説をします。

 

 

バイアスロンの各種目について

個人(インディビデュアル)

選手は30~60秒毎に時間をずらしてそれぞれスタート。既定の距離を滑走し、合計4回の射撃を行います。1回の射撃で5発撃ち、外すとペナルティで1分が加算されます。

個人では滑走所要タイムとペナルティタイムの総合タイムで競われます。

 

<競技方法>

  男子 女子
走行距離 20km(4km×5周) 15km(3km×5周)
射撃方法 伏射→立射→伏射→立射(各射撃5発)
ペナルティ 外した弾1発につき1分加算

 

<レースの流れ>

男子
5km→伏射→5km→立射→5km→伏射→5km→立射→5km

女子
3km→伏射→3km→立射→3km→伏射→3km→立射→3km

 

 

スプリント(短距離)

選手は30~60秒間隔で、1人ずつスタート。既定の距離を滑走後、1回5発の射撃を合計2回行います。標的に当てられなかった場合、1発につき150mの滑走がプラスされます。

スプリントでは、滑走所要タイムで順位が決定されます。

 

<競技方法>

  男子 女子
走行距離 10km(約3.3km×3周) 7.5km(2.5km×3周)
射撃方法 伏射→立射→伏射→立射(各射撃5発)
ペナルティ 外した弾1発につき150m滑走

 

<レースの流れ>

男子
約3.3km→伏射→約3.3km→立射→約3.3km

女子
2.5km→伏射→2.5km→立射→2.5km

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

パシュート(個人追い抜き)

パシュートでは、前もって行われたスプリントのタイム差によってスタート順が決まります。例えていうと、箱根駅伝の2日目(復路)のスタートの仕方と同じ方法です。

既定の距離を滑走後、1回5発の射撃を合計4回行います。また、標的に1発外すたびに150mの滑走がプラスされます。

パシュートでは、フィニッシュした着順で勝敗が決まります。

 

<競技方法>

  男子 女子
走行距離 12.5km(2.5km×5周) 10km(2km×5周)
射撃方法 伏射-伏射-立射-立射(各射撃5発)
ペナルティ 外した弾1発につき150m滑走

 

<レースの流れ>

男子
2.5km→伏射→2.5km→伏射→2.5km→立射→2.5km→立射→2.5km

女子
2km→伏射→2km→伏射→2km→立射→2km→立射→2km

 

 

マススタート(一斉スタート)

全選手が同時にスタートし、既定の距離を滑走後、1回5発の射撃を合計4回行います。標的を外した場合は、1発につき150mの滑走がプラスされます。マススタートでは、フィニッシュした着順で勝敗が決まります。

 

<競技方法>

  男子 女子
走行距離 15km(3km×5周) 12.5km(2.5km×5周)
射撃方法 伏射-伏射-立射-立射(各射撃5発)
ペナルティ 外した弾1発につき150m滑走

 

<レースの流れ>

男子
3km→伏射→3km→伏射→3km→立射→3km→立射→3km

女子
2.5km→伏射→2.5km→伏射→2.5km→立射→2.5km→立射→2.5km

 

 

リレー

各チーム4人の選手で編成されます。各チームの最初の選手が同時にスタート。伏射と立射をそれぞれ1回ずつ行います。また、それぞれの射撃で5つの標的に対し5発の弾を発射します。5発で標的を全て当てられなかった場合は予備弾が3発まで認められます。予備弾でも外した場合は、残った標的の数だけペナルティーが課されます。フィニッシュした着順で勝敗が決定。

 

<競技方法>

  男子 女子
走行距離 7.5km(2.5km×3周)×4人 6km(2km×3周)×4人
射撃方法 伏射-立射(各射撃5発+予備弾3発)
ペナルティ 外した弾1発につき150m滑走

 

<レースの流れ>

男子
第1走者
2.5km→伏射→2.5km→立射→2.5km→次の走者へ
(以下最終走者まで同じ)

女子
第1走者
2km→伏射→2km→立射→2km→次の走者へ
(以下最終走者まで同じ)

 

ミックスリレー(男女混合)

基本ルールはリレーと同じですが、チームが男子2人、女子2人で編成されます。フィニッシュした着順で勝敗が決定。

 

<競技方法>

  男子+女子
走行距離 7.5km(2.5km×3周)×2人+6km(2km×3周)×2人
射撃方法 伏射-立射(各射撃5発+予備弾3発)
ペナルティ 外した弾1発につき150m滑走

 

<レースの流れ>

第1、第2走者(女子)
2km→伏射→2km→立射→2km→第3走者から男子

第3、第4走者(男子)
2.5km→伏射→2.5km→立射→2.5km→第4走者フィニッシュ

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-バイアスロン, 平昌オリンピック

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.