CM

au三太郎CMに登場しそうな昔話のキャラクター&キャスト予想♪【日本昔話編】

更新日:

au
桃太郎・浦島太郎・金太郎をはじめとする、さまざまな昔話のキャラクターが登場するauのCMが2015年1月よりスタートし人気になっています。2年目に突入してからも、CM人気は衰えずキャラクターも少しずつ増えています。

昔話はキャラクターの宝庫。日本人が子どものころから親しんでいるせいか、どのキャラクターが登場しても、違和感なく受け入れられるのが人気の秘密かもしれません。

日本の昔話に限っても、まだまだ登場していない昔話&キャラクターはたくさんいます。そこで、これから登場しそうな昔話のキャラクターとぴったりのキャストを独断偏見で予想してみたいと思います!

※昔話には諸説があり、また地域によっては話が違う場合などがあります。なので紹介しているあらすじは「まんが日本昔話」を参照しています。

 

スポンサーリンク

 

鶴の恩返し

<あらすじ>
罠にかかってた一羽の鶴をおじいが助けました。その夜、おじいの家に美しい娘に化けた鶴が困ったふりしてまんまと家に上がり込みました。織った布をおじいに町で売るように言いつけ、自分は来る日も来る日も布を織り続けたのです。機織り中は部屋を覗かないでって娘は頼んでいたけど、長時間労働のため少しずつやつれていく娘を心配したおじいとおばあはついつい覗いてしまいました。命を助けてくれた恩返しに来たけど、ばれちゃったからもうお別れですと告げて遠い空に飛び去りました…。

<予想キャスト>

鶴/三吉 彩花さん
miyoshi
若手女優の中でも、注目の三吉彩花さん。スタイル抜群で色も白くてすらっとした感じが鶴っぽくないですか?ちょっと前に日テレドラマの「エンジェルハート」でヒロイン役を演じ話題を呼びましたね。演技力もあるので、三太郎シリーズでのコミカルな演技を見てみたいですね。

 

いなばの白ウサギ

<あらすじ>
因幡(いなば)の国と海を挟んだ島に白ウサギが住んでいました。柔らかい草がたくさんある因幡の国にどうにかして渡る方法がないか考えあぐねていました。海を眺めていると結構な数のサメさんがいることに気が付きました。白ウサギの近くに顔を出したサメに訊ねてみました。

「サメさんとウサギってどっちの数が多いと思う?海面に一列に並んでくれたら、背中を飛んで数えるから因幡の国まで一列に並んでよ。」と

なんとサメさんは言うことを聞いて翌朝、因幡の国まで一列に並んでいました。意気揚々と白ウサギさんは数えるフリしてサメさんの背中をピョンピョンと飛んでいきました。因幡の国が近づくとテンション上がった白ウサギさんは余計なことを言っちゃいました!!

「因幡の国に渡ることが夢だったんだよね~。飛び石がわりにさせてもらっちゃった~♪」

言わなきゃいいのに、激おこぷんぷん丸のサメさんは仲間たちと一緒に白ウサギに襲い掛かり、皮を剥いでしまいました!あ~なんと残酷な…。ハンムラビ法典も真っ青な仕打ちです。倍返しもいいところ。

因幡の国に渡ったものの、何もできず傷ついた体を休ませていました。

そこに二人の旅人が通りがかって、白ウサギにアドバイスをしました。

「その傷を治すには海水で体を洗って、風通しのいい岩の上で体を乾かせばいいよプププ」

白ウサギは言われた通りにしたけど、塩が傷にしみ、痛みは増すばかりでした。体も真っ赤になってあまりの痛みにしくしく泣いていると、大きな袋担いだ旅人がもうひとりやって来ました。

この旅人は白ウサギに的確なアドバイスを告げ、根が素直な白ウサギはもう一度言われた通りにすると、白い毛が生えて体は元通りになりました。

この旅人は、なんと大国主(日本神話の神)でありました。その後、白ウサギは因幡の国で幸せに暮らしましたとさ。

<予想キャスト>

白ウサギ/出川哲郎さん
大国主/阿部寛さん

abedegawa

出川さんは人を騙すようなキャラじゃないですけど、根が素直そうだし言われた通り海水で傷口を洗いそうです。海水で洗ったあとに「ヤバイヤバイよー」なんて定番なリアクションが似合いそうです。

阿部寛さんは、モデルから俳優を経て現在では人気を不動のものとしています。人を貶めるような嘘なんか言わなさそうだし神様役も似合うかと。出川さんを慰める阿部さんを一度見てみたいものです。

 

 

こぶとりじいさん

<あらすじ>
片方のほっぺたに大きなこぶのあるノリのいいおじいとダンスが嫌いなおじいがいました。ノリのいいおじいが森に木を切りに行くと、大雨になったので雨宿りをしている内に眠りこけてしまいました。目が覚めると鬼たちが楽しそうに踊っていたので、ノリのいいおじいはついつい鬼にダンスバトルを挑みました。おじいのダンスを気に入った鬼は、また明日も来るようにと人質としておじいのこぶを取っちゃいました。

次の日、ノリのいいおじいは昨日のことをもうひとりのおじいに話すと、こぶが取りたい一心でさっそくその夜、鬼のダンスの輪の中に飛び込んでいきました。しかし、ダンス嫌いのおじいはイヤイヤ踊っているのが鬼にはばれちゃって、場はすっかり白けてしまいました。

「こぶを取って」と懇願するものの、機嫌を損ねた鬼に昨日預かっていたこぶをつけられてしまい、両方のほっぺたにこぶをつけて一生を送るはめになりましたとさ。

<予想キャスト>

ノリのいいおじい/市村正親
ダンスが嫌いなおじい/温水洋一

ichinuku

市村さんといえば、80年代の劇団四季を代表する看板俳優。鬼ちゃんを圧倒するダンスを見せてくれそうです。しまいには歌なんか歌っちゃったりして。

一方、温水さんは個性派俳優として数多くの舞台やドラマ、バラエティ番組に出演しています。「笑いの感覚は鍛えておきたい」という貪欲な姿勢があるのでCMでもお茶の間を笑わせてくれるのではないでしょうか?

 

わらしべ長者

<あらすじ>
何をやってもうまくいかない貧しい男がいました。ある日、神頼みしかないと藁にもすがる思いで願掛けをすると、観音様が現れてこう告げました。「お堂を出たときに初めて手にしたものを大切にして西に行くように」と。

男は一本の藁を手にして西に歩いていくと、次から次へと大切にしろと言われた藁から良いものを手にすることができました。最終的に、奥さんも貰うことができ、町では知らぬ者がいないほどの大長者になりましたとさ。

<予想キャスト>

貧しい男/加藤諒

kato

加藤さん…太い眉毛が特徴的な個性派俳優です。一度見たら忘れられない顔の持ち主かと。貧乏人から大金持ちになるギャップを是非見てみたいと思いました。

 

雪女

<あらすじ>
北国に父親とその息子がいました。猟の途中に雪が吹雪いて、二人は山小屋で夜を明かすことになりました。するとその夜ひとりの女が小屋に入ってきて、父親に息を吹きかけると体はどんどん凍り付き命を奪ってしまいました。殺人です。息子は若いという理由で命は助かりましたが、雪女はこのことを誰にも話すなと釘をさして出ていきました。

父親を亡くしひとりになった息子の元にある雪の夜、お雪という名の女が宿を求めてやってきました。息子はほいほいと女を家に上げ、お雪のことを気に入り一緒に暮らし始め、のちに妻に娶りました。

ある吹雪の夜、息子は酒に酔って、父親が殺された山小屋での出来事をお雪に話してしまいました。さらにお雪に対して「あのときの女はお前にそっくりじゃったな」と言うと、自分がその雪女だと告白しました。喋られたからにはここにはいられないと言って吹雪の中に姿を消していきました。雪女はどんな目的があって息子に近づいたのでしょうか?謎は吹雪の中に…。

<キャスト予想>
雪女/大島優子

oshima

※画像はドラマ「ヤメゴク」での一コマ

明るくて元気なイメージがある大島さんですけど、2015年に放送されていたドラマ「ヤメゴク」では喪服を着てまったく笑わない刑事役を演じていました。そのイメージもありまして、大島さんの雪女も見てみたと思いました。ただCMの雰囲気からして最後にはニッコリ笑ってくれる演技を見せてくれそうですが。

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

貧乏神と福の神

<あらすじ>
家に貧乏神が住んでいるせいで、ものすごく貧しい生活をしている男がいました。見かねた村人がその男に嫁の世話をしてやりました。その嫁は朝から晩まで良く働き、男もつられてせっせと働きました。するとニートをしていた貧乏神はだんだん居づらくなり年明けには、男の家を出ていかなければなりませんでした。それは年明けに福の神が来るからです。

優しい夫婦はなんと貧乏神にずっとうちでニートをしててもいいと言いましたが、福の神が貧乏神を追い出しにかかりました。ところが優しい夫婦は、なんと福の神を逆に追い出してしまいました。

その後、貧乏神の住むこの家は金持ちになることはなかったが、それでも結構幸せな暮らしを送ることができましたとさ。

<キャスト予想>
貧乏神/狩野英孝
福の神/石塚英彦

kanoishi

2016年、狩野さんは女好きが災いしてスキャンダルを起こしてしまいました。その中で変な女に捕まったがため貧乏くじを引いたようなものです。自業自得といえばそれまでですが…。ただ狩野さんはどことなく憎めないキャラなので、あらすじの貧乏神には適役かと。

石ちゃんこと石塚英彦さん。顔からして福の神が適役かと。ただ、追い出される役となると可哀想ですが、CMではコミカルに演じてくれそうだし貧乏神の狩野さんを逆に叩きだしそうです。
※2017.01.24追記
狩野英孝さんは淫行疑惑をフライデーされ、無期限謹慎になっちゃいました…てなわけことで、あり得ない配役となりましたね…。

 

三年寝太郎

<あらすじ>
一日中寝ていて、村人から怠け者と言われ寝太郎と呼ばれる男がいました。寝太郎は十日に一度起きて、山から小便はするもののそれ以外は何もせずに三年も寝続けました。

ある年のこと、村は日照りで水不足となりました。その原因は罰当たりの寝太郎がいるせいだとし、彼を殺そうとしました。その夜、寝太郎は起きて山の上の大きな岩を崖下に落としました。すると岩が落ちたことで大きな山崩れを引き起こし、川の流れが変化して村の近くまで水が届くようになりました。

寝太郎はただ寝ていたわけではなく、村を助けるためにどうすればいいかずっと考えていたのでありました。

<キャスト予想>
寝太郎/濱田岳

gaku

濱田岳さんといえば、そうすでにCMには金太郎役で出演をしています。ただ、あのいつも眠そうな顔は寝太郎にぴったりだと感じています。なのであえての一人二役なんてやってみてはどうでしょうか?ダブルでお得なので、ご検討されてみてはいかがでしょうか、auさん?

 

だいだらぼっち

だいだらぼっちは、日本の各地で伝承される巨人です。山や湖沼を作ったという伝承が多く、国づくりの神に対する巨人信仰が伝承を生み出したとも考えられています。

<キャスト予想>
だいだらぼっち/ゆいP

p
基本的にだいだらぼっちは、一つ目だったり異形だったり普通の巨人という様々な様相を呈しています。性別も男性が基本だと思います。ただしあえてゆいPをチョイスしてみました。足だけだったり顔だけの出演など部分的な出演になるぐらいでかいとかどうでしょうか?

 

座敷わらし

座敷わらしは、物陰から人間の暮らしを観察し、時にはいたずらに出てきたり、仲間に加わって一緒に遊んだりします。しかし、嫌になればいつでもいなくなります。家の守り神とも言われており、座敷わらしがその家にいる間は繁盛するが、いなくなるとたちまち落ちぶれてしまうとも言われています。

<キャスト予想>
座敷わらし/オカリナ

okarina
座敷わらしはおかっぱ頭の女の子とも言われています。そこで、真っ先に思いついたのが「おかずクラブ」のオカリナさんです。かわいい女の子にはちとほど遠いですが、家に住み着いたとしたら福をもたらしてくれそうな気もします。ただ夜出会ったらマジでビビるだろうな。

 

まとめ

勝手に予想してみましたが、皆さんはどんな方を想像されましたか?飽きが早い世の中の流れでこのauのCMシリーズがいつまで続くかは謎です。ただ楽しいCMのひとつなので頑張って続けていってほしいものです。

そういえば、昔話は時代時代によって変わってくるっていうことがあります。最近では、特に規制によってお話が変わっていますよね。まあ、お話の本質というものが子どもに伝わればいいとは思いますが…。

auのCMに出てくる昔話のキャラは、子どもの頃に接した堅苦しいキャラではなく今風な感じがCM人気を支えている要因のひとつかもしれませんね。

今後も是非楽しいキャラクターを世に出してほしいので制作陣は頑張ってください!!

 

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-CM

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.