スポーツ 杜の都駅伝 学生駅伝 駅伝

全日本大学女子駅伝2017 杜の都│予選会のエントリー大学や日程・結果は?

更新日:

2017年10月29日(日)、「全日本大学女子駅伝対校選手権大会(杜の都駅伝)」が、宮城県仙台市で開催されます。

昨年は6連覇をかけた立命館大学を松山大学が抑え、悲願の初優勝を手にしました。部員2人から始まり、9年目での全国制覇を成し遂げた松山大学の功績は、地方の大学駅伝部の励みになったのではないでしょうか。

以下の画像は、2016年全日本大学女子駅伝の区間順位の変動です。クリック(タップ)で大きくなります。

 

さて、2017年の全日本大学女子駅伝は、6月17日の九州地区の予選会を皮切りに再び動き出し始めます。前回大会8位以内に入ったシード校を除き、今年はどこが勝ち上がってくるのか楽しみですね。

ここでは、全日本大学女子駅伝2017の予選会の日程やエントリー大学、結果などをご紹介します。

 

スポンサーリンク

 

◆全日本大学女子駅伝2017 概要

<概要>
大学女子駅伝の日本一を決める「第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会」は、10月29日に開催。現在、宮城県仙台市で大会が行われているいうこともあり、「杜の都駅伝」の名前でも親しまれています。

2017年で35回目の大会となり、立命館大学が最多優勝回数10回、5連覇達成という記録を持ちます。昨年は松山大学が中四国勢初の栄冠を手にしました。

<日程>
2017年10月29日(日)
12時10分スタート
【スタート】弘進ゴムアスリートパーク仙台
【フィニッシュ】仙台市役所前市民広場

6区間 38.0km

 

<出場チーム内訳/25チーム+選抜1チーム>
▼2016年大会上位 8チーム(シード校)
※カッコ内は前回大会の順位
(1)松山大学  (10年連続10回目)
(2)立命館大学 (28年連続28回目)
(3)名城大学  (19年連続19回目)
(4)京都産業大学(24年連続24回目)
(5)大東文化大学(7年連続7回目)
(6)大阪学院大学(9年連続24回目)
(7)日本体育大学(6年連続29回目)
(8)東洋大学  (5年連続5回目)

▼予選会突破チーム合計 17チーム
北海道「1」 東北「1」 関東「6」
北信越「1」 東海「2」 関西「3」
中四国「1」 九州「3」

▼オープン参加 1チーム
東北学生連合選抜チーム

 

<テレビ放送>
▼放送局
日本テレビ系(全国生中継)

▼日時
2017年10月29日(日)
※放送時間は未定

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

◆予選会の日程と結果

<全日本大学女子駅伝地区予選一覧>

地区 競技場
6 17(土) 九州 平和台陸上競技場
7 22(土) 北信越 デンカビッグスワンスタジアム
8 19(土) 北海道 モエレ沼公園内周回コース
9 14(木) 東北 北上総合運動公園陸上競技場
17(日) 東海 パロマ瑞穂北陸上競技場
23(土) 中国四国 道後山クロカンパーク
関西 神戸しあわせの村
24(日) 関東 印西市千葉ニュータウン周回コース

 

<北海道地区>

▼大会名
第24回北海道教育長杯
北海道大学女子駅伝対校選手権大会

▼会場
未定

▼予選会日時
2017年8月19日(土)

▼前回予選突破校
北翔大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/1校
※詳細が分かり次第追記します

 

<東北地区>

▼大会名
第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会
東北地区代表選考会

▼会場
未定

▼予選会日時
2017年9月14日(木)

▼前回予選突破校
東北福祉大学
石巻専修大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/1校
※詳細が分かり次第追記します

 

<関東地区>

▼大会名
第23回関東大学女子駅伝対校選手権大会

▼会場
印西市千葉ニュータウン周回コース(千葉)

▼予選会日時
2017年9月24日(日)

▼前回予選突破校
東洋大学、白鴎大学、城西大学
順天堂大学、中央大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/6校
※詳細が分かり次第追記します

 

<北信越地区>

▼大会名
第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会
北信越予選会

▼会場
デンカビッグスワンスタジアム

▼予選会日時
7月22日(土)

▼前回予選突破校
新潟医療福祉大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/1校

新潟医療福祉大学が全日本大学女子駅伝6年連続6回目の出場を決めました。

<九州地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 1:51:50.45 新潟医療福祉大学
2位 2:00:03.86 新潟大学
3位 2:01:13.11 金沢大学
4位 2:12:19.32 富山大学

 

<個人成績・上位8位>

順位 選手名
大学
タイム
1位 小合 沙季(3年)
新潟医療福祉大学
17:50.54
2位 鎌田 有希子(3年)
新潟大学
18:01.70
3位 山田 はな(4年)
金沢大学
18:06.61
4位 佐々木 美希(4年)
新潟医療福祉大学
18:17.64
5位 小嶋 沙季(3年)
富山大学
18:26.12
6位 田村 理沙(2年)
新潟医療福祉大学
18:37.05
7位 今井 萌(1年)
新潟医療福祉大学
18:46.95
8位 秋山 景(3年)
新潟医療福祉大学
19:03.44

 

<東海地区>

▼大会名
第35回全日本大学女子駅伝対校選手権大会
東海地区選考会

▼会場
パロマ瑞穂北陸上競技場

▼予選会日時
9月17日(土)

▼前回予選突破校
中京大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/2校
※詳細が分かり次第追記します

 

<関西地区>

▼大会名
第27回関西学生対校女子駅伝競走大会

▼会場
神戸しあわせの村

▼予選会日時
9月23日(土)

▼前回予選突破校
京都産業大学
関西外国語大学
大阪芸術大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/3校
※詳細が分かり次第追記します

 

<中国四国地区>

▼大会名
第22回中国四国学生女子駅伝競走大会

▼会場
道後山クロカンパーク

▼予選会日時
9月23日(土)

▼前回予選突破校
環太平洋大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/1校
※詳細が分かり次第追記します

 

<九州地区>

▼大会名
第35回全日本大学女子駅伝
九州地区予選会

▼会場
平和台陸上競技場

▼予選会日時
6月17日(土)

▼前回予選突破校
福岡大学、鹿屋体育大学、活水女子大学

▼予選会の結果
※出場枠/3校

福岡大学が昨年に続き優勝を果たし、8年連続29回目の出場を決めました。また、残り2枠を活水女子大学(2年連続2回目)、鹿屋体育大学(10年連続14回目)が獲得し、全日本大学女子駅伝出場を決めました。

<九州地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 1:43:29.86 福岡大学
2位 1:45:42.94 活水女子大学
3位 1:49:06.77 鹿屋体育大学
4位 2:01:41.55 久留米工業大学

 

<個人成績・上位8位>

順位 選手名
大学
タイム
1位 守田 詩歩(3年)
福岡大学
16:49.39
2位 軸屋 七海(2年)
活水女子大学
16:51.65
3位 今村 菜々子(2年)
福岡大学
17:08.71
4位 髙木 結加(4年)
福岡大学
17:11.99
5位 光恒 悠里(2年)
福岡大学
17:18.59
6位 日隈 彩美(2年)
鹿屋体育大学
17:20.07
7位 吉田 麗羅(1年)
活水女子大学
17:21.91
8位 山川 小春(2年)
鹿屋体育大学
17:28.24

 

関連記事はこちら
2016年全日本大学女子駅伝/日程・出場チームやコースの特徴は?

2016年全日本大学女子駅伝/エントリー選手と自己ベスト記録一覧

2016年全日本大学女子駅伝/区間エントリーとレース速報と結果

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 杜の都駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.