スポーツ 全日本大学駅伝 学生駅伝 駅伝

全日本大学駅伝2017│予選会のエントリー大学や日程・結果は?

更新日:

2017年11月5日(日)、「秩父宮賜杯 第49回全日本大学駅伝対校選手権大会」(以下、全日本大学駅伝)が、愛知県・熱田神宮から三重県・伊勢神宮の8区間106.8kmで開催されます。

昨年は学生三大駅伝3冠を達成した青山学院大学が、全日本大学駅伝を初制覇。前回大会に続き、青山学院大学が連覇を達成するのか注目が集まるでしょう。

さて、全日本大学駅伝では、全国各地の予選会を勝ち抜いた25大学が出場し、日本一を競います。なお、総出場数はオープン参加の全日本大学選抜、東海学連選抜の2チームを含めた27チームとなります。

ここでは、全日本大学駅伝2017の予選会の日程やエントリー大学、結果などをご紹介します。

▼関連記事
全日本大学駅伝2017 出場校とコース

全日本大学駅伝2017 大会結果

 

スポンサーリンク

 

◆全日本大学駅伝2017 概要

<概要>
全日本大学駅伝は、箱根駅伝、出雲駅伝とともに学生三大駅伝のひとつ。毎年11月第1日曜日に開催されています。コースは、愛知県の熱田神宮から三重県の伊勢神宮までの8区間106.8km。

総出場チームは、27チーム(シード校6チーム、各地区代表校19チーム、選抜2チーム)。本大会の優勝校が、駅伝日本一の大学となります。

 

<日程>
2017年11月5日(日)
午前8時05分スタート

 

<出場チーム内訳詳細>
▼2016年大会上位 6チーム(シード校)
※カッコは前回大会の順位
(1)青山学院大学(5年連続7回目)
(2)早稲田大学 (11年連続23回目)
(3)山梨学院大学(6年連続30回目)
(4)駒澤大学  (22年連続24回目)
(5)中央学院大学(5年連続11回目)
(6)東洋大学  (10年連続25回目)

▼各地区の合計 19チーム(予選会突破校)
北海道「1」 東北「1」 関東「9」
北信越「1」 東海「2」 関西「3」
中四国「1」 九州「1」

▼オープン参加 2チーム(選抜チーム)
・全日本大学選抜チーム「1」
 ※東海地区を除く全国7地区の学連選抜
・東海学連選抜チーム 「1」

 

<テレビ放送>
▼放送局
テレビ朝日系全国ネット

▼日時
2017年11月5日(日)
7:00~13:40(放送予定)

 

◆予選会の日程と結果

<2017年度 全日本大学駅伝地区予選一覧>

地区 競技場
6 17(土) 九州 平和台陸上競技場
18(日) 関東 さいたま市駒場運動公園競技場
関西 西京極総合運動公園陸上競技場
7 9(日) 東海 パロマ瑞穂スタジアム
23(日) 北信越 デンカビッグスワンスタジアム
8 19(土) 北海道 モエレ沼公園
9 14(木) 東北 北上総合運動公園陸上競技場
23(日) 中国四国 道後山高原クロカンパーク

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

<北海道地区>

▼大会名
第29回北海道知事杯北海道大学駅伝対校選手権大会

▼会場(札幌市)
モエレ沼公園

▼予選会日時
2017年8月19日(土)/9:00~(スタート)

▼前回予選突破校
北海道教育大学

▼予選会の結果
※出場枠/1校
※北海道予選は、8区間の駅伝形式で代表校を決定します

北海道大学が6大会ぶり21回目の全日本出場を決めました。

順位 総合タイム 大学名
1位 北海道大学 5時間29分13秒
2位 北海道教育大学 5時間33分08秒
3位 星槎道都大学 5時間34分54秒
4位 札幌学院大学 5時間35分52秒
5位 北海学園大学 5時間56分06秒
6位 小樽商科大学 6時間28分53秒
7位 北星学園大学 6時間31分25秒
8位 帯広畜産大学 6時間35分44秒

 

<東北地区>

▼大会名
秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝東北地区代表選考会

▼会場(岩手県北上市)
北上総合運動公園陸上競技場

▼予選会日時
2017年9月14日(木)/スタート時間未定

▼前回予選突破校
東北大学

▼予選会の結果
※出場枠/1校
※各大学8人がエントリー。4人が15km、残り4人が10kmを走り合計タイムで代表校を決定しました。

東北大学が5大会連続12回目の全日本出場を決めました。

順位 総合タイム 大学名
1位 東北大学 5時間18分46秒40
2位 東北学院大学 5時間30分04秒78
3位 仙台大学 5時間31分10秒30
4位 東北福祉大学 5時間32分03秒98
5位 山形大学 5時間39分44秒69
6位 岩手大学 5時間49分07秒63
7位 秋田大学 5時間56分18秒53

 

<関東地区>

▼大会名
第49回全日本大学駅伝関東学連推薦校選考会

▼会場(さいたま市)
駒場運動公園(駒場スタジアム)競技場

▼予選会日時
2017年6月18日(日)/17:30~(スタート)

▼前回予選突破校
山梨学院大学、日本大学、日本体育大学、拓殖大学、帝京大学、國學院大学、中央学院大学、大東文化大学、国士舘大学

▼予選会の結果
※出場枠/9校(シード校含まず)
※10000mを走り、各校の上位8人の合計タイムで順位が決定

神奈川大学が1位で予選会を突破。今年の神奈川大学は箱根に続き、調子が良さそうで楽しみです♪全日本大学駅伝の出場校は以下の通りになります。

・神奈川大学 (2年ぶり16回目)
・東海大学  (4年連続30回目)
・國學院大学 (3年連続5回目)
・大東文化大学(5年連続42回目)
・法政大学  (4年ぶり10回目)
・帝京大学  (3年連続10回目)
・明治大学  (10年連続11回目)
・順天堂大学 (2年ぶり22回目)
・城西大学  (3年ぶり6回目)

<関東地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 3時間56分17秒 神奈川大学
2位 3時間56分58秒 東海大学
3位 3時間57分44秒 國學院大学
4位 3時間57分50秒 大東文化大学
5位 3時間58分11秒 法政大学
6位 3時間58分35秒 帝京大学
7位 3時間58分41秒
(3:58:40.53)
明治大学
8位 3時間58分41秒
(3:58:40.74)
順天堂大学
9位 3時間59分06秒 城西大学
10位 3時間59分18秒 日本体育大学
11位 3時間59分19秒 創価大学
12位 4時間00分14秒 中央大学
13位 4時間00分26秒 国士舘大学
14位 4時間00分38秒 東京国際大学
15位 4時間00分56秒 拓殖大学
16位 4時間00分57秒 日本大学
17位 4時間01分33秒 専修大学
18位 4時間02分11秒 筑波大学
19位 4時間05分09秒 上武大学
20位 4時間07分59秒 亜細亜大学

 

▼個人成績・上位8位

 

<記事中>

スポンサーリンク

 

<北信越地区>

▼大会名
第49回全日本大学駅伝対校選手権大会北信越選考会

▼会場(新潟市)
デンカビッグスワンスタジアム

▼予選会日時
2017年7月22日(土)/16:00~(スタート)

▼前回予選突破校
新潟大学

▼予選会の結果
※出場枠/1校
※10000mを走り、各校の上位8人の合計タイムで順位が決定

前回の予選会では新潟大学と新潟医療福祉大学が19秒差と接戦になりましたが、今回は新潟大学が大きく突き放し、2年連続11回目の出場を決めました。

順位 総合タイム 大学名
1位 4時間22分56秒 新潟大学
2位 4時間29分48秒 新潟医療福祉大学
3位 4時間31分59秒 金沢大学
4位 4時間32分31秒 信州大学
5位 4時間54分16秒 富山大学
6位 4時間56分04秒 金沢星稜大学
7位 4時間56分45秒 金沢工業大学
▼個人成績・上位8位

 

<東海地区>

▼大会名
第49回全日本大学駅伝対校選手権大会東海地区選考会

▼会場(名古屋市)
パロマ瑞穂スタジアム

▼予選会日時
2017年7月9日(日)/18:00~

▼前回予選突破校
岐阜経済大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/2校
愛知工業大学が6年ぶり16回目の出場を決めました。そして、2枠目は全日本初出場となる皇學館大学に決定。皇學館大学って伊勢神宮にめちゃくちゃ近いですね。きっと沿道の応援がすごいのではないでしょうか。

2校が全日本でどんな走りを見せてくれるのか楽しみです^^

<東海地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 4時間16分54秒 愛知工業大学
2位 4時間20分40秒 皇學館大学
3位 4時間21分33秒 名古屋大学
4位 4時間24分36秒 岐阜経済大学
5位 4時間25分37秒 中京大学
6位 4時間30分14秒 東海学園大学
7位 4時間32分08秒 至学館大学
8位 4時間37分25秒 静岡大学
9位 4時間41分02秒 三重大学
10位 4時間43分13秒 愛知大学
11位 4時間49分27秒 名古屋工業大学
12位 5時間01分16秒 岐阜大学
棄 権 愛知教育大学
▼個人成績・上位8位

 

<関西地区>

▼大会名
第49回全日本大学駅伝対校選手権大会関西学連選考会

▼会場(京都市)
西京極総合運動公園陸上競技場

▼予選会日時
2017年6月18日(日)/18:00~(スタート)

▼前回予選突破校
立命館大学、京都産業大学、大阪経済大学、関西大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/3校
※10000mを走り、各校の上位8人の合計タイムで順位が決定

関西学院大学がトップで予選会を通過し、2年ぶり8回目の出場を決めました。関西学院大学は昨シーズン辛いことがありましたが、再び全日本大学駅伝の舞台に戻って来たのは喜ばしい事です。

昨年の全日本大学駅伝では、関東勢全チームが5度目の他地区のチームに完全勝利をしました。今回、出場する関西勢3校には、何とか関東勢に一矢報いてもらえればと思います。

・関西学院大学(2年ぶり8回目)
・立命館大学 (17年連続29回目)
・京都産業大学(5年連続45回目)

なお、全日本大学選抜には、藤山悠斗選手(大阪経済大)、山口晃平選手(関西大)が候補選手となりました。

 

<関西地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 4時間4分9秒 関西学院大学
2位 4時間5分9秒 立命館大学
3位 4時間6分1秒 京都産業大学
4位 4時間7分15秒 関西大学
5位 4時間7分39秒 大阪経済大学
6位 4時間13分59秒 龍谷大学
7位 4時間14分26秒 京都大学
8位 4時間16分40秒 近畿大学
9位 4時間18分46秒 大阪体育大学
10位 4時間19分3秒 びわこ学院大学
11位 4時間20分37秒 佛教大学
12位 4時間20分59秒 同志社大学
▼個人成績・上位8位

 

<中国四国地区>

▼大会名
第49回全日本大学駅伝対校選手権大会中国四国地区選考会
(兼)出雲全日本大学選抜駅伝競走中国四国選抜チーム選考会

▼会場(広島県庄原市)
西城陸上トレーニングセンター

▼予選会日時
2017年9月23日(土)/12:00~(スタート)

▼前回予選突破校
広島経済大学

▼予選会エントリー校と結果
※出場枠/1校
※10000mを走り、各校の上位8人の合計タイムで順位が決定

広島経済大学が2位の環太平洋大学を2分以上突き放し、4年連続21回目の全日本大学駅伝の出場権を獲得。おめでとうございます♪

なお、広島経済大学を最後に全日本大学駅伝の出場校が出揃いました。

 

<中国四国地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 4時間07分05秒 広島経済大学
2位 4時間09分43秒 環太平洋大学
3位 4時間11分02秒 広島大学
4位 4時間17分21秒 山口大学
5位 4時間18分43秒 愛媛大学
6位 4時間19分43秒 岡山大学
7位 4時間21分20秒 島根大学
8位 4時間23分20秒 広島修道大学
9位 4時間30分37秒 松山大学
10位 4時間40分43秒 徳島大学
11位 4時間43分18秒 高知大学
棄 権 広島工業大学
▼個人成績・上位8位

 

<九州地区>

▼大会名
秩父宮賜杯第49回全日本大学駅伝九州地区選考会

▼会場(福岡市)
平和台陸上競技場

▼予選会日時
2017年6月17日(土)/10:00~(スタート)

▼前回予選突破校
日本文理大学

▼予選会の結果
※出場枠/1校
※10000mを走り、各校の上位8人の合計タイムで順位が決定

第一工業大学が九州地区の選考会で優勝を果たし、全日本大学駅伝2年ぶり22回目の出場を決定。

なお、全日本大学選抜には、古川大晃選手(熊本大)、山田泰史選手(日本文理大)が候補選手となりました。

 

<九州地区選考会の結果>

順位 総合タイム 大学名
1位 4時間10分42秒 第一工業大学
2位 4時間12分41秒 日本文理大学
3位 4時間18分35秒 志學館大学
4位 4時間19分43秒 福岡大学
5位 4時間19分48秒 九州大学
6位 4時間20分55秒 九州国際大学
7位 4時間24分04秒 熊本大学
8位 4時間27分43秒 沖縄国際大学
9位 4時間28分06秒 久留米大学
▼個人成績・上位8位

 

▼関連記事
全日本大学駅伝2017 大会結果

全日本大学駅伝2017 出場校とコース

2016年全日本大学駅伝/区間エントリー・レース速報と結果は?

2016年全日本大学駅伝/エントリー選手一覧!優勝候補や注目選手は?

2017年度 主な駅伝大会の日程と結果まとめ

<2016年度・駅伝関連の記事一覧>
箱根駅伝・ニューイヤー駅伝ほか│2016年度男子・女子の大会まとめ

記事下用

スポンサーリンク

関連コンテンツ

-スポーツ, 全日本大学駅伝, 学生駅伝, 駅伝

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.