社会 流行り

4K番組の録画禁止を検討中!?テレビ局の思惑と視聴者の反応は?

更新日:

383954

従来のフルハイビジョンより高精細で綺麗な画質が楽しめる「4Kテレビ」が急激に普及しています。高精細で綺麗な画面で映画やスポーツを楽しむことができるようになってきました。しかし、ここに来てびっくりするニュースが入ってきました。なんと「4K番組の録画禁止」案が検討されています。そこにある思惑とテレビ業界はどうなるのかについて紹介します。

 

スポンサーリンク

 

そもそも4Kテレビって何?

4Kテレビと聞いて、何となく思いつくのがより綺麗な画質で見れるぐらいですよね。それ以上細かいことはわからないというのが正直なところです。実際4Kテレビを見た感触は、従来の液晶テレビよりも格段に綺麗だなとは思います。ただ我が家はプラズマテレビを愛用しているので、液晶と4Kテレビの差は格段に感じるけど、プラズマと4Kテレビはそこまで大きく差がないというのが個人的感想です。ま、明るいお店の中で見たから、プラズマとの差がよくわからなかったのかもしれませんが…。とはいえプラズマテレビは生産中止だし、買い替えるなら4K一択でしょうね。

それではここで4Kテレビについてちょっと難しい話?をしてみます。

まず4Kの「K」っていうのは、1000倍を意味する「キロ」のことです。距離80kmや体重50kgの「K」と同じです。

で、これをそのまま当てはめると4Kテレビは4000テレビ…4000テレビって何かすごそうだけど、意味不明ですね(笑)

この「4000」は、テレビの横方向のドットを表します。ドットとは「点」のことです。テレビやパソコンの画面や画像を構成する一点一点のことです。テレビやパソコンの画面に近づいてよく見てみると細かい点々が見えますよね。それがドットになります。要するに「4000」というのは画面の横方向に点々が4000個並んでいますよということです。

ただ、厳密にいうと「4K」の横解像度は「3840」なんですけど、約「4000」ということから「4K」と呼ぶようになりました。

ちなみに、解像度とは縦横のドットを表します。「4K」の縦解像度は「2160」で約2000となることから「2K」となります。横と縦の解像度から「4K2K」と呼ぶのが本当かもしれませんが、テレビメーカーが中心になって「4Kテレビ」という言葉を使っていることもあり、「4K」が定着しています。

ちなみに、解像度のことを書きましたのでフルHDと4Kと8Kをイメージした解像度を比較すると以下の図になります。

kaizoudo

※図は解像度のイメージになります

ごちゃごちゃと書きましたが、要するに解像度は画面の細かさのことです。テレビ画面の解像度が高いと細かいところまでくっきりと見え、肉眼で見るのと近い映像が画面に映し出せるようになるということです。余談ですが、解像度がどんどん上がると、テレビに出ているタレントや女優さんの肌の様子がよくわかるということにもなります。

より綺麗な画面でテレビが見たいという人は、解像度の高いテレビを買った方がいいということになります。しかし、解像度が高くても設置する部屋の大きさも関係しますので、そこはお住いの環境を考えてテレビを選ぶことにはなります。これに関しては割愛させていただきますが…。

それでは次に録画禁止がなぜ提案されたのかその経緯をご紹介します。

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

録画禁止の思惑は?

民放連の井上弘会長は17日の定例記者会見で、高精細の「4K」で放送される番組に関し、著作権を守るため、視聴者が録画できない技術仕様にすることも検討すべきだとの考えを示した。電機メーカーなどとつくる業界団体に対し、既に申し入れたとしている。

井上会長は、番組を違法コピーした動画がネット上に多く出回り、放送局や出演者らの権利を侵害している現状を指摘。「4Kは非常に高精細で、(原盤の)マザーテープがどんどん出ていくことになる。録画してくださいとはなかなかいかない」と述べた。番組をネット配信するなどして、視聴者の便宜を図る考えも示した。

引用元:共同通信

2015年から4Kテレビの売れ行きが好調です。一昔前はテレビの価格は下がりに下がって信じられないくらいの価格で売られていました。それこそ少し前までは、数十万円も高い価格で不人気商品と揶揄されてきた4Kテレビがヒット商品となっています。家電量販店でも1階のメイン売り場を占有しているスマホを追い出す勢いだとか。それなのに4Kテレビの録画を禁止にするとは…。4Kテレビ普及に足を引っ張ったりするんじゃないかと思うんですが?

ということで、なぜ民放連がこのような検討をし始めたのでしょうか?

1970年代後半から80年代前半にかけて映像コンテンツの権利者と家電業界が真っ向から対立した「ベータマックス事件」というものがありました。

ベータマックス事件の概要は以下のようになります。テレビ番組の著作権を有するユニバーサルがソニーに対し、ソニー製のVTRを使用してテレビ番組の録画をしている消費者の行為は著作権侵害にあたるとし、そのVTRを製造、販売しているソニーも著作権侵害の責めを負うものであると訴えました。結果として、最高裁まで争われ、このユニバーサルの訴えは退けられました。

つまり、ベータマックス事件の敗訴側の主張のみが形を変えて、息を吹き返してきたということのようですね。
※参考:ベータマックス事件概要(文部科学省

それでは録画禁止によるテレビ局側のメリットについて、ざっくりと書き出してみましょう。

制作した番組をDVD化した時、販売・レンタルの売り上げの増加が見込める

番組のネット配信により新しい利益を生み出す可能性がある

CMを飛ばされる心配がない

出演者のギャラに「録画されることへの補償」を上乗せする必要がなくなる

技術的にコピーワンスやダビング10より、コピーネバー(複製を完全に禁止する)のほうが簡単

などがあるようです。確かに、これらを実施できればテレビ局側からしたらメリットが大きくなるのは理解はできます。が、ただこれによって視聴者の反発を招くのは当然ですよね。

そこで次の章では、視聴者の反応をご紹介します。

 

<記事中に貼るレクタングル大>

スポンサーリンク

 

録画禁止に対する視聴者の反応は?

当然のことながら視聴者からは、不満の声が多数上がっています。場合によっては、テレビ業界の衰退に拍車がかかるのではないでしょうか?そこでネットで散見された反対意見をご紹介します。

録画できないなら見ない

便利な録画機能を禁止にする意味がわからない?

4Kテレビを買うのやめよー

深夜のアニメどうするんだよ?いちいち円盤買えってか?

民放が、4K放送の録画禁止を主張するのは、既得権益を守りたいからだろう

音楽の衰退を招いたJASRACと同じか…

テレビ離れに拍車がかかりますね

もうテレビ視聴も禁止でいいよ

やはり否定的な意見が多いですね。なんせ今まで便利で使っていた機能が禁止されるっていうのは、視聴者としたら意味がわからないとしか言いようがないですね。

 

まとめ

リオオリンピックに向けて、本格的に4K放送が開始されようとしています。2020年に向けて、その動きが加速していくのは容易に想像できますよね。より高精細な画面でテレビが見られるということは喜ばしいことなのに何故このように水を差すようなことをするんですかね?利益を確保したいんでしょうけど、そういうやり方では、結局利益の減少を招くのではないでしょうか?

視聴者からしたら、録画禁止とか言ってないでリアルタイムで見たくなるようなコンテンツを提供しろやっていうのが正直なところでもあります。

それに、学校もあるし仕事もあるし、一日中テレビに張り付いている人なんてうちの嫁ぐらいですよ(笑)

 

ダブルレクタングル用

ダブルレクタングル用

-社会, 流行り

Copyright© しゃぼん玉ニュース , 2017 AllRights Reserved.